【夏の病気】 ラクナ梗塞と腎臓病 【予防は水分補給】/ゲンキの時間


熱中症と間違えやすい、2つの病気。


<脳梗塞>

死亡率が上がる温度は?

流しそうめんで分かる、メカニズム。

脱水で赤血球が凝集塊となり、血管を詰まらせてしまう。

ラクナ梗塞の特徴。


<腎臓病>

脱水から、急性腎障害や腎結石に。

頻尿からくる、負のスパイラル。


「脱水の目安」と「予防のポイント」。

トイレとの関係。



ドクネット:東京慈恵会医科大学附属病院 腎臓・高血圧内科 横尾隆 主任教授。

ゲンキスチューデント:滝裕可里。

ゲンキリサーチャー:木本武宏(TKO)。



2017年7月23日放送の「健康カプセル! ゲンキの時間」より、「熱中症と間違えやすい2大病」からのメモ書きです。




ゲンキの時間 夏の2大病 脳梗塞と腎臓病




脳梗塞


ササミ
暑い日に気をつけたいのが、「熱中症」です。

でも、夏の病気は、熱中症だけじゃないようですよ。


「めまい」「吐き気」「倦怠感」「しびれ」

そんな時、熱中症だと自己診断すると、危険かも。

夏特有の2大病である可能性が!



その一つが、「脳梗塞」です。



まずは、恒例の基礎クイズから。


Q)脳梗塞による死亡率は、気温が〇〇℃を超えると、急上昇します。その温度は、次のうちどれでしょう?

 A:28℃。

 B:30℃。

 C:32℃。











答えは、「C:32℃」

海外のある研究では、死亡率が最も低かった「27~29℃」に比べ、「32℃」では 66%も高くなっていました。

暑い日は、注意が必要なようです。




夏特有の脳梗塞とは、いったい、どんなものなんでしょう?


東海大学 医学部 神経内科学の 瀧澤俊也 先生に、教えていただきます。


先生は5年前、50代男性を診察しました。

夏の暑い時期、最初に感じた違和感は、「めまい」「ふらつき」という、熱中症に似た症状だったらしい。


まだ暑さが残る9月上旬のこと。

当時53歳だったAさんは、仕事で外回りをしている最中、突然、めまいとふらつきを感じたのだそう。

「軽い熱中症にでも、かかったのかな?」

そう思ったAさんは、そのまま放置。

ところが、翌朝、顔を洗っていると、左手に軽いしびれを感じました。

何かおかしいと思ったAさんは、会社を休み、病院へ。

そこで判明した病名は、「脳梗塞」でした。


脳梗塞とは、高血圧や動脈硬化などによる血栓などが原因で、血管が詰まり、脳の神経細胞が死んでしまう病気のこと。

寝たきりや後遺症による長期のリハビリを強いられたり、一歩間違えば死に至るケースもある、危険な病気です。

脳梗塞は血圧の上がりやすい冬に多いと思われがちですが、最も多いのは、「6~8月」なのだ。


夏に多い脳梗塞



脳梗塞が夏に多い理由は、何なのでしょう?


その答えを解説するために向かったのは、東京都は板橋区にある「斉藤商店」。

明治22年創業の、老舗竹材店です。

竹で作った花瓶やザルなど、様々な商品が並んでいる。

中でも、「棕櫚箒(しゅろほうき)」が、おススメなのだとか。


今回の目的は、「流しそうめん」

でも、流しそうめんと脳梗塞が、どう関係するんだろう?


水の流れをゆるくし、スピードダウンさせると、そうめんはなかなか流れてきません。

実はこれ、「脱水状態の血管の中」を表現しものなのだ。


 竹=血管

 水=血液

 そうめん=赤血球


人間の身体の中は、何も問題がなければ、流しそうめんのように、赤血球を含んだ血液が、スムーズに流れています。

脱水状態になると、身体の水分が減ってしまうのですが、そのほとんどが、血液の水分なんですね。

すると、水を減らしスピードが遅くなった そうめんのような、ドロドロ血液になってしまうんです。


脱水状態になると、赤血球が固まり、「凝集塊(ぎょうしゅうかい)」を作ってしまう。

そうすると、血管の狭いところで引っかかってしまい、血液が流れなくなってしまうのだ。

結果、脳梗塞に。


夏特有の脳梗塞。

その主な原因は、「脱水」だったんですね。


脱水状態になると、時には、赤血球が固まる「凝集塊」ができてしまい、これが血管に詰まり、脳梗塞になってしまうことがあるんです。


先ほど紹介したAさんも、実は、大量の汗をかいていたにもかかわらず、仕事後 おいしくお酒を飲むために、水分を摂らずに過ごしていたのだそう。

結果、脱水状態になり、脳梗塞を発症してしまいました。



脳梗塞といっても、その要因は1つではありません。

中でも、熱中症のような症状になるものがあるのだそう。


熱中症のような症状になるのは、「ラクナ梗塞」と呼ばれるもの。

脳へ入っていく細い糸のような血管が、凝集塊などで詰まる、脳梗塞です。


一方、ラクナ梗塞ではない太い血管が詰まる脳梗塞では、周りにある多くの神経細胞が死んでしまうため、半身麻痺や意識障害、ろれつが回らない等、大きな症状が出ます。


細い血管が詰まるラクナ梗塞は、死んでしまう神経細胞が少ないため、熱中症のような小さな症状しか出ない場合があるんですね。


ただし、小さな梗塞だからといって放置するのは、危険です。

やがて、手足の麻痺が起こって、歩けなくなる可能性も。

非常に危険なことになるケースも、中にはあるんです。


決して侮ることのできない、ラクナ梗塞。

夏の脱水には、気をつけましょう。




脱水の目安


ササミ
脱水状態がいかに危険か、分かりました。

でも、自分ではなかなか気づけない場合もありますよね。


そんな時は、こんな方法を。

実は、ある程度、普段の症状で知ることができるのだ。



<脱水の目安>


(体重を基準にした場合の、水分損失割合)


 約2%=軽度。

 約5%=中等度。

 約7%以上=高度。



脱水の目安



[軽度の脱水]

約2%の水分損失。

症状は、のどの渇き、だるさ


[中等度の脱水]

約5%の水分損失。

症状は、口の中が乾きネバネバする、尿量が少なすぎる等。


中等度の時の血管内は、水を一番減らした流しそうめんと同じ状態だという。


[高度の脱水]

約7%以上の水分損失。

症状は、意識朦朧、血圧低下


この状態は、脳梗塞だけではなく、様々な要因で命の危険があるので、注意が必要です。



水分、ちゃんと摂れてますか?

1日の水分摂取量は「1.5リットル以上」が理想です。



<脱水予防の3つのポイント>


(1) 就寝前に、コップ1杯の水を飲む。

(2) お酒の飲み過ぎは避ける。

(3) 汗をかいた場合は、しっかりと水を飲む。





腎臓病


ササミ
夏特有の、2大病。

もう一つの病気とは?



[体験談]


45歳男性、Bさん。

現在は回復し、通常の生活を送っていますが、2年前の6月に突然、ある病気に襲われました。


Bさんの趣味は、マラソン。

当時、出場を予定していた大会があり、楽しみにしていました。

ところが、大会の2~3日前に、風邪気味の症状になってしまった。


マラソン大会に出場するため、Bさんは布団にくるまり、たくさんの汗を出して治そうとしたのだそう。

そのかいあってか、大会当日、熱は下がり、体調も問題なさそうだったので、出場することに。


参加したのは、5kmマラソン。

その時は、「このくらいの距離なら、病み上がりでも問題ないだろう」と思っていたそうです。


ところが、ラスト1kmぐらいの地点で、異変が。

スピードを上げようと思ったら、フラフラっと、ぼ~っとした感じになった。

けれど、「軽い熱中症かな?」と思い、あまり気にしないで、ゴールを目指して走ることに。


結局、Bさんはゴール手前で倒れ、救急車で病院に搬送されました。

気づいたらベッドの上だったといいます。


医師から告げられた病名は、「急性腎障害」でした。


夏特有の2大病。

2つ目は、「腎臓病」


東京都は港区にある、東京慈恵会医科大学附属病院。

腎臓・高血圧内科の 横尾隆 主任教授に、教えていただきます。


腎臓は、特に夏の暑い日に患いやすい臓器なのだそう。


そんな腎臓を理解するため、「人工透析器」を見せてもらうことになりました。

腎臓が働かなくなった患者さんの血液をきれいにする機械です。

筒状の部分が、腎臓の役割を果たしている。


今回は、牛乳を血液に見立てて、透析器にかけます。

すると、透明な液体が出てきた。

飲んでみると、確かに牛乳です。


実は、腎臓の働きをする部分には、細かな管が詰まってるんですね。

その管には、1ナノ程度の無数の穴が開いているのだ。(1ナノ=100万分の1ミリ)


この管を通ると、牛乳を白くしている たんぱく質や乳脂肪分などが、取り除かれるんです。

結果、味の成分だけを残した、透明な液体が出てくるってわけ。


人工透析器に牛乳を


本来の腎臓で、これと同じ役割を果たしているのが、「糸球体(しきゅうたい)」です。

これは、毛糸玉のようなに丸まった、毛細血管。

糸球体を通る血液が ろ過され、老廃物や余分な水分が、尿になります。



夏に腎臓病が多くなる理由も、実は「脱水」なんです。


脱水状態になると、血液量が減り、血圧も低下。

血圧が下がると、糸球体部分に当たる圧力も下がるので、老廃物が通過することができなくなり、尿毒素として、体内に溜まってしまうのです。


 脱水 → 血液量減 → 血圧低下 → ろ過する力が弱まり → 老廃物がたまってしまう。


この尿毒素が急に溜まった状態が、「急性腎障害」と呼ばれる状態。


マラソン中に倒れたBさんも、これでした。

布団をかぶって、汗をかいて治そうとした時、水分補給をしてなかったのだそう。

水分を摂らなかったため、脱水状態が続いていたんですね。




大きさによっては失神するほどの痛みが出るという、「腎結石」

地獄の苦しみと形容されることもあるそうな。

脱水によって、腎結石ができてしまうことがあるそうです。


脱水状態になり、体内の水分量が減ってしまうと、老廃物の量は変わらないまま水分が減るため、尿は濃くなります。

すると、腎臓の中で、カルシウムと老廃物のシュウ酸などが結合しやすくなり、腎結石ができてしまうのだ。

この結石が大きくなったり、尿管に詰まると、あの激痛が生じてしまう。



尿が濃くないから安心というわけでも、ないそうです。

そこには、頻尿が大きく関係している可能性が。


実は、腎臓は、体内の水分量を調整する働きもあるんです。

それが、「尿細管」と呼ばれる場所。

(水分量を調節する=尿の濃度を調整する)

この尿細管という部分が衰えてしまうと、頻尿に。


頻尿になってしまうと、尿を濃くできず、必要な水分も排出されるため、夜トイレに行く回数が増えてしまうんです。

原因は主に、加齢によるもの。


そして、夏の暑い日に、この頻尿状態を軽く見ている人が、一番危険だという。


これは腎臓だけではなく、他の病気につながる可能性も。

頻尿が引き起こす、もう一つの病気とは?


加齢などが原因で頻尿になると、夜トイレに行くのを避けるため、就寝前に水を飲まないで寝てしまいます。

しかし、尿細管の機能は低下しているので、夜中にトイレへ。

そしてまた、水分を摂らずに就寝。

さらには、夏の夜は気温が高いため、大量の寝汗を書きながら寝続けることに。

この状態を繰り返すことで、脱水状態になり、血液はドロドロ。

すると、前述のとおり、腎臓に老廃物が溜まり、腎臓の病気になりやすくなってしまいます。


そして、この状態からなりやすい、もう一つの病気がある。

それが、「脳梗塞」

夏の明け方は、一番脳梗塞を起こしやすいのだそう。


頻尿のみで命の危険はありませんが、脳梗塞になったら、話は別です。

命を守るためにも、水分を摂るよう、心掛けましょう。
 



ドクネット


引き続き、東京慈恵会医科大学附属病院 腎臓・高血圧内科の 横尾隆 主任教授に、教えていただきます。



<頻尿の目安は?>


人によって異なるので、一概には言えないのですが、一般的にはこう言われている。

1日のトイレの回数が7回程度なら、正常。

8回以上なら、少し頻尿を疑った方がよいかもしれません、とのこと。




<脱水セルフチェック>


起きた時の体重が、夜寝る前よりも、「0.5kg以上減っている」場合は、脱水の可能性あり。




人間は、1時間に2リットルまで汗をかくことができるのだとか。

外で作業をするとか、スポーツをした時に、(500mlの)ペットボトル2本くらい飲んで、十分水分は足りていると勘違いしている人もいるようですが、実は、全然足りていないというケースも。

それを見分けるためには、調子が悪いなと思った時に、体重をはかり、水分をしっかり摂っているはずなのに体重が減っていたら、その分の水分を補給した方がよいとのこと。



まだまだ暑い日が続きそうです。

脱水に気をつけ、しっかり水分補給しましょう!





イラストでやさしく解説! 「脱水症」と「経口補水液」のすべてがわかる本






[関係する記事]

 → 【夏の病気】脳梗塞と痛風 原因は脱水

 → 【隠れ熱中症】体験談&エアコン嫌い対策

 → 【食中毒】 BBQの注意点&ニラとスイセンの見分け方

 → 「尿の色 泡立ち トイレ回数 腎臓病チェックリスト」




tag : 健康カプセル!ゲンキの時間 動脈硬化 腎臓病





web拍手 by FC2

にほんブログ村 健康ブログへ

人気ブログランキングへ

【むくみ改善】 パンパン法&ウンパニ体操/ゲンキの時間


むくみに効く解消法は、どれだ?

 ・着圧ソックス。

 ・ドライヤー。

 ・青竹踏み。

 ・貧乏ゆすり。

 ・パンパン法。



第3のポンプ「深呼吸」の効果。

ふくらはぎの運動と組み合わせることで、静脈の流れが良くなる。


<病の方程式>


<顔のむくみにウンパニ体操>



ドクネット:東京女子医科大学 医学部 内科 渡辺尚彦 教授。

ゲンキスチューデント:滝裕可里。

ゲンキリサーチャー:ヴェートーベン(久保&青井)。

ゲスト:大久保佳代子(オアシズ) 。



2017年7月16日放送の「健康カプセル! ゲンキの時間」より、「~ 新発見! 〇〇するだけ ~ 超カンタン むくみ解消法」からのメモ書きです。




ゲンキの時間 むくみ解消 ウンパニ体操




夏のむくみ相談会


ササミ
朝起きると 顔がパンパンだったり、夜になると脚が重かったり。

朝はユルユルだった靴やブーツが、夕方には入りづらくなったり。

そんな「むくみ」を経験したこと、ありませんか?


しかも、むくみやすい人は、夏に注意が必要らしい。

これは、どういうことなんでしょうか?




まずは、恒例の基礎クイズから。


Q)むくみの原因として、正しいのは、次のうちのどれでしょう?

 A:水の摂り過ぎ。

 B:肉や魚などを食べない。

 C:歩き過ぎ。











答えは、「B:肉や魚などを食べない」

血管内のたんぱく質が不足すると、水分調整ができなくなり、むくんでしまうんです。


水は飲み過ぎても、体外に排出されるので、原則、むくみの原因にはなりません。

歩き過ぎてパンパンになるのは、筋肉の炎症などによって、足が張った状態。

むくみとは異なるのだ。





日々立ち仕事をしている人は、むくみに、どのように対処しているのでしょうか?


ヴェートーベンの二人が向かったのは、東京都は目黒区にある美容室「canaria」。

美容師さんに、むくみ解消法を教えてもらいます。



[矯正ソックス]

シリコンが貼り付けられていますね。

足裏のツボを刺激しつつ、姿勢を正ししてくれる効果もあるのだとか。


矯正ソックス




東京都は千代田区の「Neolive7」では、どうでしょう?


[炭酸ミスト&ほぐす]

炭酸ミストを噴射し、シュワシュワを感じながら、ふくらはぎをほぐす。


炭酸ミスト&ほぐす


みなさん、いろいろやってるんですね。





今や、たくさんのむくみ解消グッズが販売されています。

ネットでも、様々な情報が。


でも、本当に効くのだろうか?


そこで開催されたのが、これ。

「夏のむくみ相談会2017」

むくみに悩むゲンキチャレンジャーに集まってもらい、座談会が開かれました。


相談に乗ってくれた専門家は、この方。

東京女子医科大学 東医療センター 内科教授の 渡辺尚彦 先生です。

先生は、高血圧などの循環器病を専門とし、数々のむくみ患者を診てきたのだ。


そもそも、むくみとは、血液中の水分が細胞間に染み出し、その水分が何らかの理由で、静脈やリンパ管に回収されないまま、溜まってしまう状態のこと。

生理現象ですが、放置はいけないと、渡辺先生は言います。


渡辺先生の解説。

「極端にむくんでしまうとですね、例えば、靴が履けないとか、運動不足になったりということで、悪循環になってしまう可能性があるんですね」


また、単なる むくみだと思っていると、血管がクモの巣状に浮き出たり、変形し盛り上がったりする、「下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)」が隠れている恐れも。


下肢静脈瘤




それでは、ひとり一人の悩みや疑問を、聞いていきましょう。



[アルコールの影響]

お酒を飲んだ次の日に、パンパンにむくむ。

 ↓

アルコールを摂取すると、それだけで毛細血管から水分が染み出しやすくなり、むくみの原因に。

また、おしっこを止める抗利尿ホルモンが働かなくなるので、トイレが近くなり、ますます水分が欲しくなるのだとか。

つい飲み過ぎちゃう夏場は、要注意です。




[むくむ日と むくまない日がある]

歩き回った日は、むくんでいない。

 ↓

むくむ原因は明確になってきたと、渡辺先生。

心臓を「第1のポンプ」と言いますが、同様に、ふくらはぎを「第2のポンプと」呼びます。


ふくらはぎには、大きな筋肉群があるんです。

それを働かせて、静脈を圧迫したり、開放したりを繰り返すことで、ポンプのように、心臓まで血液を上げてくれるんですね。

なので、むくみの特効薬は、とにかく脚を動かすこと。

静脈の流れを促進し、むくみを軽減してくれます。




[塩分の影響]

週に2回はラーメン屋に行き、スープは全部飲み干す。

 ↓

ラーメン1杯当たりの塩分は、約6g 。

成人男性の食塩摂取基準は 8g ですから、かなり多い。


塩分を摂り過ぎると、血管内の塩分濃度が高くなり、それを薄めようと、水を抱え込みます。

すると、血管内の液量が増大し、膨張。

結果、水が漏れ出して、むくんでしまうんです。




塩分における夏のむくみ対策として、押さえておきたいのが、「おつまみ」だという。

ポイントは、塩分排出効果が高い「カリウム」です。



<夏のむくみ対策 おつまみ>


 ・豆類:枝豆や豆腐。

 ・アボカド。

 ・キュウリとワカメの酢和え。



夏のむくみ対策 おつまみ


ただし、塩や醤油など、塩分は控えめに。

また、腎臓に疾患のある人は、カリウムの摂取に注意してください。





[食塩感受性]

脂肪の多い体型の人は、摂取した塩分を上手に排出できず、体内にため込む傾向が。

すると、塩を追いかけるように体内水分量が増え、むくみにつながってしまうという。




むくみに効くのはどれ?


ササミ
巷で話題の方法を、試してみることに。



<むくみ解消法の検証>



 (1) 貧乏ゆすり。

 (2) ドライヤー温風あたため。

 (3) 青竹踏み。

 (4) 着圧ソックス。



まずは、むくみ具合を知るために、脚の体積を、こぼれた水で測定します。

ゲンキチャレンジャーの4人は、上の解消法を。

青井さんには、「ふくらはぎパンパン法」を試してもらう。



<ふくらはぎパンパン法>


(1) 両ヒザを立てた姿勢で、ふくらはぎを両手で挟むように、手のひらで強めに叩きます。

少し痛いと感じるぐらい強めに叩くと、効果的です。

(2) ふくらはぎの裏側も、拳で叩きましょう。



ふくらはぎパンパン法




着圧ソックスは、前日から履いています。

その他については、制限時間10分で実施。


貧乏ゆすりは、踵(かかと)ではなく、つま先を上下させるのがポイント。


ドライヤー温風あたためは、あまり近づけ過ぎず、心地よい温かさをキープ。


青竹踏みは、つま先を床につけたまま、踵を上下させる。

イスなどで身体を支えると、安定します。


着圧ソックスを選ぶには、ちょっとしたポイントが。

それは、「血行促進」と「段階圧力設計」という表記。

パッケージにこれらの表示があれば、医療機関で使用されているものと、同等の効果が期待できると言われているのだとか。


むくみ解消法の検証



10分後、再び、こぼれた水の体積で、むくみ具合を計測しました。

その結果が、これだ。


 第5位:ドライヤー温風あたため。

  -210ml。


次は、同列です。


 第3位:貧乏ゆすり。

 第3位:着圧ソックス。

  ともに、-220ml。


第2位:青竹踏み。

  -230ml。


第1位:ふくらはぎパンパン法。

  -300ml。



どの方法も、効果が出ました。

中でも、パンパン法が効いたようです。

(個人差があると思われますが)



ゲンキチャレンジャーの感想。

「軽くなりました」

「1日履いただけで、あんなに変わると思わなかった」



ここで試したのは、「第2のポンプ」である「ふくらはぎ」への刺激です。

でも、実は、もっと効果を上げる秘策があるのだとか。



それが、「第3のポンプ」




第3のポンプ


ササミ
第3のポンプとは、どこなんでしょう?


真相を探るために向かったのは、東京都は千代田区にある「お茶の水血管外科クリニック」。

広川雅之 院長に、協力していただきます。

先生は、下肢静脈瘤など、数々の血管トラブルを診てきたスペシャリストなのだ。


まず、普通に座った状態で、静脈の流れをエコーで確認。

脚から心臓に戻る 静脈の血流が、グラフで表示されました。

「ボボボ」と、血液の流れる音も聞こえる。



実は、足の静脈の血流が変わる方法があるんです。


それが、「深呼吸」

第3のポンプとは、「呼吸ポンプ」だったのです。


これは、「灯油ポンプ」に例えられます。

灯油ポンプの赤い部分が、「胸郭(きょうかく)」。

つまり、胸全体です。


赤い部分を握って広げた時、灯油が吸い上げられますよね。

私たちが呼吸をする時、これと同じ現象が起きてるってわけ。

胸がポンプの役割をし、静脈の血液が心臓まで吸い上げられる。


灯油ポンプと呼吸


エコーで確かめると、深呼吸した際、静脈の血流が増えているのが確認できます。

逆に、息を止めると、血流は止まる。



胸の呼吸ポンプと、脚の筋ポンプ。

両方働かせることによって、静脈の流れが良くなり、むくみが解消されます。
 



ドクネット


引き続き、東京女子医科大学 医学部 内科の 渡辺尚彦 教授に、教えていただきます。


今まで紹介した方法は、むくむ前に、1日数回、気がついた時に行うと、よいとのこと。


深呼吸については、よく吐いてから吸うと、たくさん息が吸えて、効果的です。


着圧ソックスは、就寝時に着けてはいけないものがあります。

パッケージをよく見て、確認してください。




<危険なむくみ>


むくみの中には、危険なむくみも。


寝ると治るような むくみは、心配ないそうです。

逆に、1週間以上続くと、病気のサインである可能性が。



<むくみの方程式>


「脚のむくみ」+「お腹のむくみ」=「肝臓病」



肝臓の機能低下 → 水分を保持するアルブミンが減少。

血管から水分が染み出し、むくんでしまう。



「脚のむくみ」+「咳」+「動悸・息切れ」=「心臓病」


心臓の機能が低下 → 血流が悪化 → 足がむくむ。

肺の血流も悪化 → 血管から水分が染み出す → 咳や息苦しさに。
 



顔のむくみを解消する体操


ササミ
足のむくみだけでなく、顔のむくみも、気になりますよね。

そんな時は、この方法を。



教えてくれるのは、この方。

早稲田大学 人間総合研究センター 招聘研究員の 菅原徹 工学博士です。


普段動かしてない表情筋を動かすことで、ポンプ作用によって、血流を促進する方法。

脚と同様、筋肉を動かし、静脈の流れを促すことで、余分な水分が回収され、むくみを解消できるのだとか。



<ウンパニ体操>


「ウ」 口をとがらせ、目を大きく見開く。

「ン」 顔が中心に集まるイメージ。口角を上げるのがポイント。

「パ」 驚いた顔を作り、顔の筋肉の緊張を解放する。

「ニ」 口角を上げ、笑顔を作る。


1セット 10~20回。

間隔を空けて、3セット行う。



ウンパニ体操


番組の検証では、顔全体が細くなり、明るい印象になりました。

まぶたの はれぼったさも、解消。




むくみを改善して、気持ちよく、夏を乗り切りましょう!





血液循環の専門医が見つけた 押すだけで体じゅうの血がめぐる長生きスイッチ



下肢静脈瘤は自分で治せる (足の血管のコブを退治する体操と生活)






[関係する記事]

 → 「足のむくみ(下肢静脈瘤)はストッキングで改善」

 → 「むくみチェック&解消法 潜む病気とは?」

 → 「むくみモドキ 甲状腺機能低下症」




tag : 健康カプセル!ゲンキの時間





web拍手 by FC2

にほんブログ村 健康ブログへ

人気ブログランキングへ

【ムダ汗】汗腺刺激トレーニング&梅醤番茶/ゲンキの時間


熱中症対策など、夏にこそ知っておきたい。

良い汗と悪い汗の見分け方は?

玉のような汗は、どっちだ。


辛い物だけでなく、酸っぱい物でも出るの?



<満里奈さんの体験ツアー>

・「鵠沼海岸」のビーチテニス。

・「うめ八」の梅干し。

・「綱島源泉 湯けむりの庄」の空気砲岩盤浴。



自宅でできる 汗腺刺激トレーニング。

梅醤番茶の作り方。



ゲンキスチューデント:滝裕可里。

ゲンキリサーチャー:レッド吉田。

ロケゲスト:やす(ずん)。



2017年7月9日放送の「健康カプセル! ゲンキの時間」より、「~ さらばムダ汗! ~ 汗腺刺激! 発汗ツアー」からのメモ書きです。




ゲンキの時間 ムダ汗




いい汗とムダ汗の違い


ササミ
いや~、本格的に暑くなってきましたね。

熱中症にも、注意したいところです。

今週のテーマは、「汗」

汗は、熱くなった身体をクールダウンしてくれる強い味方です。

でも、中には、「ムダ汗」もあるらしい。

ムダ汗だと、身体を冷やせず、熱中症も防ぎにくいらしいのだ。



さて、いい汗とは、どんなものなんでしょうか?





まずは、恒例の基礎クイズから。



Q)体温調節をする汗の説明で、正しいものはどれでしょう?

 A:毛穴からも出る。

 B:汗腺の数は、人種で異なる。

 C:全身から出る。











答えは、「B:汗腺の数は、人種で異なる」

汗腺の数は、遺伝による影響と育った環境で決まると、言われています。

ちなみに、日本人で、約230万個。

ロシア人では、約190万個だと言われている。


また、場所によっては毛穴からも汗は出ますが、肌から出る汗とは成分も量も異なり、体温調節の役割はありません。


さらに汗腺は、ほぼ全身にありますが、唇などには ないらしい。




汗腺は、生活習慣などが原因で機能が衰えやすく、汗が出にくくなることも。

そうなると、熱中症などのリスクを高めることになりかねない。


でも、ご安心を。

汗腺は、復活させることができます。


というわけで、今回は、MCの渡辺満里奈さんも参加し、たっぷり汗をかく ツアーに出発したのでした。

スペシャルゲストは、ずんの やすさんです。



発汗ツアーでまず向かったのは、神奈川県藤沢市の鵠沼海岸(くげぬまかいがん)。

「ビーチテニス」を体験することになりました。


ビーチテニスは、イタリアが発祥。

日本では、2007年に、鵠沼海岸から始まりました。

テニスとは違い、相手コートにボールを落とすことができたら、ポイントになります。

(そういう意味では、バレーにも近いですね)

足元が砂なので、運動負荷が大きく、身体が温まりやすいという特徴があります。

また、それだけでなく、40℃以上にもなる砂からの熱で、汗腺を刺激してくれるのだ。

汗をかくには、ピッタリ。


ビーチテニス



30分ほど、ビーチテニスを堪能。


やすさんの首すじには、見た目にもはっきりわかるほどの、大粒の汗が。

刈り込んだ頭にも、粒状の汗が見えます。


レッド吉田さんも、顔などに大粒の汗が見える。


満里奈さんは顔にはあまりかいてませんが、身体の方にはかいてるとのこと。


でも、一緒にプレーしてくれたビーチテニス経験者は、肌が湿っているだけで、汗は見えないぞ。




<いい汗とムダ汗の違い>


早稲田大学 人間科学学術院 体温・体液研究室の 永島計 教授に、教えていただきます。


先生によると、「玉のような汗は、汗のかき方があまり上手ではない」ことになるのだそう。


その秘密を探るため、実験が行われました。

41.5℃のお湯で、「足浴(そくよく)」を行ってもらいます。

特殊な体温計を耳に取り付け、体温の変化を、40分間、連続測定。

同時に、40倍に拡大できるマイクロスコープを使い、背中の汗の状態をチェックします。

体温の上昇と発汗に、どのような関係があるのか、検証する。



まずは、1人目。

体温が36.9℃になったところで、汗が出てきました。

汗が、皮膚の溝を伝うように、広がっていった。


さらに、体温が37.0℃になると、急に汗の量が増えました。

あっという間に、表面は汗だらけ。


汗の実験


しかし、驚いたことに、見た目には、汗をかいていない感じでした。

つまり、玉汗がない。

よく見ると、汗が溝に沿って、均等に広がっています。

それが肉眼だと、肌がうっすら湿っている程度に見える。


実は、これが「いい汗」なのだ。



永島先生の解説。

「汗は、蒸発して身体の熱を奪うことで、初めて、体温調節の役に立つ」

「汗をかくのが上手な人っていうのは、うっすらとまんべんなく汗をかきますから、短時間で汗が蒸発する。それによって、体温調節がうまくいく」


実際、1人目の実験結果を見ると、汗が増えた37℃あたりで、体温の上昇が抑えられていました。

いい汗だと、うまく体温調節ができるということです。




同じように、2人目も実験します。

しばらくすると、体温が37.0℃になりました。

が、汗は出ていないようです。

37.4℃になっても、うっすらと汗をかいているくらい。

かいてない部分もあります。


これは、汗腺の機能が低下して、汗が出なくなっている証拠だそうです。


しかし、よく見ると、ところどころに大粒の汗が。


実は、機能低下した汗腺から汗が出ない分、正常な汗腺から極端に多くの汗が出て、大粒になっているんです。


大粒の汗


額を見ても、はっきりと粒状の汗が。



1人目と2人目では、汗にどのような差があるんでしょうか?


永島先生の解説。

「汗をたくさんかいている場所が、粒のような汗をかいてましたけど、そういう汗というのはなかなか蒸発できない。熱を奪うことができない」

「いわゆる無効発汗の状態に近くなってしまうということで、汗のかき方があまり上手じゃないということになります」



「玉のような汗は、ムダ汗」

クールダウン効果が低い、見せかけだけの汗だったんです。



 1人目(いい汗):発汗量は160g。

 2人目(ムダ汗):発汗量は100g。


見た目に汗をかいていた2人目よりも、汗が見えなかった1人目の方が、実際の発汗量は多いという結果に。

ムダ汗かつ汗の量が少ないので、2人目では、実験中に体温の上昇は止まりませんでした。



今回、4人が実験に参加してくれましたが、体温が上がってしまう人と、上がらない人がいるのが分かりました。

これは、体温調節ができない人と、体温調節ができる人に、分かれるということ。


いい汗グループは、日頃から運動しているようです。

一方、ムダ汗グループには、運動習慣がありませんでした。


さらに、汗に含まれるナトリウム濃度を比べると、ここにも違いが。

運動しない2人目は、運動している1人目より、ナトリウムの濃度が2倍以上も多かったんです。


通常、ナトリウムは、汗を外に運ぶ「導管(どうかん)」で再吸収され、外にはあまり排出されません。

しかし、普段から汗をかいていないと、再吸収能力が低下。体内のナトリウムが、多く排出されてしまいます。


その結果、こんな症状が出ることも。

ずっとナトリウムがないと、疲れやすくなってしまう。

強い疲労感が出たり、動けなくなったり。



でも、大丈夫です。

汗腺は、普段から汗を流していれば、復活するんです。

目標は、「1週間に3日、20分程度の運動」



そしてお次は、最新の発汗スポットを紹介しちゃいます。




梅干しとの関係


ササミ
まずは、食事から。

汗をたくさんかける食材って、何なのでしょう?


訪ねたのは、東京都は八王子市にある、梅干し専門店「うめ八」。

梅干しは、出てしまった塩分を補給しながら汗をかける、いわば一石二鳥の食べ物なのだ。


うめ八の一番人気は、「坂東梅」

南高梅にハチミツを加えた、上品な甘酸っぱさが魅力です。

酸っぱさ、しょっぱさ、甘さのバランスがいい。


「トマト梅」なんていう変わり種も。

トマトジュースで漬けています。

甘みが強く、お茶請けや おやつに最適なのだとか。



社長の小磯道夫さんが、一番酸っぱいものを出してくれました。

それが、「梅肉エキス」

青梅の果汁を、10時間以上、煮詰めたものです。


これが酸っぱい。

やすさん、悶絶です。

満里奈さんも、大変なことに。

耳の後ろから後頭部にかけて、汗が出るのを感じたそうですよ。



うめ八の梅干し



でも、なぜ、酸っぱいものでも汗が出るのでしょうか?


専門家の話を聞いてみましょう。

汗に詳しい、五味クリニックの 五味常明 院長です。

「辛い物を食べて汗が出るのは、みなさん経験していますよね?」

「これを味覚性発汗というんです」


 辛い物を食べて発汗=味覚性発汗


「ところが、メカニズムはあまり分かってないんですが、辛い物以外でもですね、味覚性発汗が起こり得るんです」



平成10年、東京家政大学で行われた実験。

「塩味」「辛味」「苦味」「甘味」「酸味」で、どの味が一番発汗作用が強いか、女子学生10名を対象に、検証したのだそう。


結果、酸味に強い反応を示した被験者が、最も多かったんです。

発汗作用が強い方から、「酸味」「苦味」「辛味」「塩味」「甘味」という順番だった。



五味先生の解説。

「汗腺というのはね、どのような形でも、汗をかくこと、つまり、発汗することで、機能が高まって、トレーニングになるんです」

「ですから、辛い物が苦手な人はね、酸っぱい物でも、汗腺トレーニングになるんですね」




岩盤浴と自宅でできる汗腺刺激トレーニング


ササミ
続いては、リラックス編です。


向かったのは、「綱島源泉 湯けむりの庄」。

ここは、フィットネスなど汗腺刺激トレーニングができる、最先端の温泉施設。


おっと、ヨガ教室もあるようだ。

しかも、映像を見ながら、やってるぞ。


でも、発汗ツアーは、ヨガではありませんでした。

(ヨガも、いい汗かけますけどね)



今回の目的は、「岩盤浴」

こちらでは、「塩」「風」「岩」「和」「氷」「潤」、6つの岩盤浴が楽しめるのだ。


3人が体験するのは「風」です。

一見、普通の岩盤浴ですが、どんな特徴があるのでしょうか?


岩盤浴は、赤外線効果で、効率よく身体を温めることができます。

永島先生もおススメの汗腺刺激トレーニング。


5分後には、汗が吹き出てますね。

でも、メーンイベントは、ここかららしい。


!!

丸い穴から、丸い煙が出てきたぞ。

ドンドン向かってくる。


ああ、これ、空気砲だ。


綱島源泉 湯けむりの庄 空気砲岩盤浴


そう、これは、でんじろう先生が監修しているんです。

空気砲で、熱波を浴びせるんですね。

名付けて、「空気砲岩盤浴」。


岩盤浴「風」では、空気砲で発汗を促すアロマと、熱風を楽しむことができる。

(*アロマは、週によって変わります)

(*体調が悪い方は、入室を控えてくださいとのこと)




岩盤浴が近くにないという人には、これを。


<自宅でできる 汗腺刺激トレーニング>


43℃の熱めのお湯を、足首程度までためます。

そこに、両手両足をつける。



指には、熱いものに触れると拡張する血管が、大量にあります。

その広がった血管内の血液が温まって、効率よく全身を温められるってわけ。


うっすらと汗をかくまで毎日続けると、2週間ほどで効果が出るとのこと。


自宅でできる 汗腺刺激トレーニング

 



梅醤番茶


ササミ
辛い物が苦手な人は、梅やレモンで汗をかいても、汗腺刺激になるとのこと。


スタジオでは、「うめ八」さんおススメの「梅醤番茶」が運ばれてきました。

今回は、オーブンで3~5分焼いた「焼き梅干し」を使用。



<梅醤番茶の作り方>


(1) 梅干しを、1つ入れる。

(2) お好みで、ショウガと醤油を加えます。

(3) あとは、熱い番茶を注ぐだけ。



梅醤番茶の作り方


梅干しをつぶして、お召し上がりください。



<梅醤番茶の効果>

焼き梅干しには、血液サラサラ効果と、ダイエット効果が。

ショウガには、基礎代謝アップによる免疫力向上、デトックス、美肌効果が。





発汗してキレイになる本―スリム・キレイ・元気の秘訣は発汗にあった!






[関係する記事]

 → 「ニセ熱中症&ゲリラ豪雨」

 → 【隠れ熱中症】体験談&エアコン嫌い対策

 → 「蚊の好きな色、かき氷でキ~ンとならない方法」




tag : 健康カプセル!ゲンキの時間 熱中症





web拍手 by FC2

にほんブログ村 健康ブログへ

人気ブログランキングへ



FC2カウンター

 RSSリーダーで購読する

 メールで購読する



アーカイブ
 ためしてガッテンの
 アーカイブ 過去記事


 → 2011年 前半
 → 2011年 後半

 → 2012年 1月~3月
 → 2012年 4月~7月
 → 2012年 8月~12月

 → 2013年 1月~3月
 → 2013年 4月~6月

 → 食べ物・料理

 [全記事表示]

にほんブログ村 にほんブログ村へ

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

荒巻ケンコー

Author:荒巻ケンコー
カラダを労わるためのメモ帳。

栄養管理でメタボは脱出。
できるところから、他もメンテナンス。

最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【水虫】 感染ルートは家族、対策はスリッパ/ガッテン Jul 27, 2017
【夏の病気】 ラクナ梗塞と腎臓病 【予防は水分補給】/ゲンキの時間 Jul 23, 2017
【疲れ目の原因】 寄せ目チェックと対策/ガッテン Jul 20, 2017
【むくみ改善】 パンパン法&ウンパニ体操/ゲンキの時間 Jul 16, 2017
【ひざ痛】 原因は関節包? 足伸ばし&風呂正座/ガッテン Jul 13, 2017
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
忍者
検索フォーム Google

記事内検索フォーム。
Google
注目記事
注目記事
忍者

注目記事
広告
食べ物の記事
健康の新常識
ダイエット 痩身
検索フォーム FC2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Flashゲーム&占いおみくじ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
にほんブログ村
ブログパーツ