「脂肪肝から、肝臓ガンに?/ためしてガッテン」

肝臓がある意外な原因で、肝炎や肝硬変、肝臓ガンにまで悪化してしまうことが分かったそうです。

それを見つけたのは、日本の研究者。

ウイルス感染でもなく、アルコールでもない、思いもよらなかった原因とは、果たして何なんでしょう?

ある栄養素が肝臓にたまることでガンができるというのですが、それは何?

そして、それとは別に、肝臓に悪いものがあるらしい。

しかも、肝臓によいと思って、それを飲んでいたりする。

その栄養素とは、何だろう?


6月29日放送の「ためしてガッテン」より、「肝臓の健康を守れSP」からのメモ書きです。





脂肪肝から肝臓ガンに?





脂肪肝から、肝臓ガンに?


・肝臓に ある栄養素がたまると、肝臓が燃えるようになる。
・これを、バーンアウトというそう。


・その前に、肝臓の働きとは何か?

 ・アルコールの分解。
 ・老廃物の処理。
 ・エネルギーをつくる。
 ・脂肪の保管。
 ・胆汁をつくる。
 ・ビタミンの合成。
 ・解毒など。


・ある男性に、肝臓ガンが発見されました。
・この時の身長体重は、身長165cmに体重62kg。
・特に大きな病気もなかった。

・そんな中、肝臓ガンの原因が調べられます。
・輸血などで感染する肝炎ウイルスでは、ないらしい。
・アルコールも飲まない。
・なかなか原因が、分かりません。

・この男性は27年前に、同じ病院で肝臓の検査をし、
 その時に採取した組織が、保管されていました。
・その組織から、肝臓ガンの原因が分かった。

・この男性は、脂肪肝だったのです。
・そして、お医者さんが言うには、
「脂肪肝も進行してくると、典型的な肝硬変になって、“ガン”が出てくる」と。




ミトコンドリアの異変


・肝臓の化学工場を稼働させるのに欠かせない存在なのが、“ミトコンドリア”。
・肝臓が行う分解や解毒などすべての処理に必要な、エネルギーを作っています。
・細胞に入ってきた糖を食べて、エネルギーに変えてくれる。

・でも、脂肪肝になると、事態は一変。
・細胞の中に脂肪が入り込み、脹れ上がります。
・この時、異常をきたしたミトコンドリアは、脂肪でエネルギーを作りはじめる。
・が、この後、さらに異変が。
・ミトコンドリアはどんどん大きくなって、もうフラフラ。
・“ジャイアントミトコンドリア”と呼ばれるものに。

・このジャイアントミトコンドリアが死ぬと、細胞自体が死んでしまいます。
・しかもこの時、肝臓が炎症を起こす。
・この状態が、肝炎。

・そこに、星細胞がやって来て、ある仕事を。
・死んだ細胞の跡地を埋めるために、繊維=コラーゲンを、吐き出すのです。
・この結果、肝臓は、繊維でガチガチに。
・これが、肝硬変の状態。

・しかし、さらに最悪のパターンも。
・ここから、肝臓ガンに進行することも、あるそう。




NASH


・脂肪肝から進行する肝臓病を、NASHと呼びます。
・Non Alcoholic Steato Hepatitis.
・非アルコール性脂肪肝炎。

・NASHの予備軍は、1000万人ともいわれます。
・過度にお酒を飲まない脂肪肝。
・そのうち約2割が、10年でNASHに進行するともいわれる。


・日本人の肝硬変や肝臓ガンの原因は、肝炎ウイルスやアルコールがほとんど。
・一方、NASHは肥満や糖尿病がベース。
・生活習慣病の人が増えているので、NASHも増える傾向に。


・NASHからの肝がんは、途中で脂肪が消えていく。
・最後は、バーンアウト、焼けただれた NASHに。
・ジャイアントミトコンドリアが脂肪を食べているため、脂肪が見当たりません。

・このため、以前は、原因不明の肝臓ガンとされていた。
・原因となる脂肪が消失してしまっていたから。
・進行するにつれ脂肪がなくなるので、NASHからの肝臓ガンと診断できない。


・生活習慣病が増えてきている傾向を考えると、NASHからの肝臓ガンは、これから増えるかもしれません。






肝臓の脂肪を減らす技


・では、肝臓の脂肪を減らすには、どうしたらいいんだろう?
・双子のお笑いコンビ“ダイタク”に協力してもらい、番組で実験してみました。
・8時間で何グラム脂肪が燃焼できるか、試します。

・まずは、ウォーキングから。
・190kcalほど消費しましたが、肝臓で燃焼したのは、ほとんど糖。
・食後血糖値が高いうちは、糖がエネルギーとして消費されます。

・2時間後、ふたりは別の部屋で、脂肪燃焼の競争を。
・ここで差が出ました。

・8時間起きていた弟のタクさんに対し、兄のダイさんは4時間後以降、眠っていました。
・この差が、どう出るか?

・起きていたタクさんは、はじめ糖を消費する割合が多く、それが時間とともに下がり、脂肪が燃える割合が多くなっている。
・脂肪の方がよく燃えるようになったのは、7時間後から。

・一方、眠っていたダイさんは、眠りはじめた4時間後以降、常に脂肪の方がよく燃えています。
・糖質の燃焼は、起きている時に比べて、かなり少ない。

・この実験データから計算すると、理論的には、週に3日夜更かしする人とそうでない人とでは、1年間で1kg 脂肪燃焼に差が出るのだそう。


・この差には、脳が関係していました。

・脳は、糖で作られたエネルギーを好みます。
・そして心臓は、脂肪で作られたエネルギーを好む。

・そこで肝臓は、脳が起きている間は、糖をエネルギーにする。
・その間、心臓は、血液中の脂肪を使う。

・逆に寝ると、脳はそれほどエネルギーが必要でなくなるので、肝臓は糖をエネルギーにすることを止める。
・その代りに、脂肪を使って、心臓のためのエネルギーを作るようになります。

・このような働きがあるので、寝ている間の方が、肝臓の脂肪が燃焼すると。


・寝ている間に肝臓は、溜まった脂肪を燃焼してくれていたんですね。
・なので、できるだけ十分な睡眠をとることは大事になる。




ウコンの落とし穴


・脂質の他に、肝臓に悪さをするものがあるらしい。
・実は、その栄養素を含んだものを、けっこう飲んでいる。
・しかも、肝臓にいいからと。

・それは、ウコン
・でも、ウコンの栄養素って、何だ?


・ある女性は、肝炎の進行を抑えようと、頑張っておられました。
・けれど、なかなか症状がよくなりません。

・その原因は、意外なところに。
・肝臓にいいからと毎日飲んでいたウコン茶。
・さらに、ウコンの錠剤まで飲んでいた。
・これが、影響を与えていました。

・ウコンの中に含まれているある栄養素が、肝機能を悪化させていたのです。
・毎日毎日摂取したのが、悪かった。

・ウコンを飲むのを止めた女性。
・肝機能を示す値は、みるみる改善したといいます。



・C型肝炎やNASHに影響を及ぼすのは、“鉄分

・健康な人は、鉄分を貯蔵しないと、貧血などを起こします。
・しかし、C型肝炎やNASHだと、過剰鉄の状態になる。

・鉄が過剰にたまると、肝臓にたまった鉄が酸化します。
・これが、炎症を引き起こすのです。


・市販されているウコンの鉄量を測ったデータがあります。
・数値は、1日の摂取量。

 粉末ウコンA:3.4mg
 錠剤ウコンB:2.7mg
 粉末ウコンB:1.2mg
 錠剤ウコンB:0.3mg
 顆粒ウコンA:0.006mg
 カプセル状ウコンA:0.008mg


・C型肝炎やNASHでは、肝臓に鉄分がたまるということで、鉄の摂取を制限するそう。
・6mg/日 以下に抑えます。
・が、食事の他に鉄を多く含むウコンを摂取すると、制限量を超える場合も。

・ウコン自体が悪影響を与えるというよりは、ウコンの中の鉄分が影響を与える。
・そして、市販されているウコンの鉄分は、上記のようにいろいろあるようです。

・番組によると、市販されている約150個のウコン関連商品を調べたところ、鉄分の量が記載されていたのは、13個しかなかったそう。


フェリチン値というものがあります。
・これは、血液中に貯蔵されている鉄の量。
・血液検査で測定することができます。

・上述の女性は、ウコンの摂取を止めたことでフェリチン値が下がり、肝機能を示すALTも下がった。
・改善されました。

・C型肝炎やNASHの患者さんは、一度フェリチン値の測定を。


・なお、健康な人や、フェリチン値に異常のない人は、ウコンを飲んでも問題ありません。
・逆に、鉄分が制限されている人は、ウコンの他にも鉄分が含まれる健康食品があるので、注意を。






NASH・NAFLDの診療ガイド 2010




NHK ためしてガッテン 2011年 08月号 [雑誌]








今週も、いろんなことを教えられました。

肝臓にいいとされているウコンも、C型肝炎やNASHの人には、悪影響になる可能性が。

でも、これは、それぞれの条件によります。

「鉄分が制限されている人が、(知らずに)鉄分を摂取しているのがまずい」

また、「慢性的に摂取するのが、まずい」

逆に、健康な人なら問題ないし、制限されている人でも、一度や二度なら、あまり問題なさそう。

知らずに毎日続けるのが、問題なんですね。


あと、ウコン自体が万人に悪い影響を与えるという訳ではないので、注意。

関係するのはウコン内の鉄分量だし、その鉄分量も、商品によっていろいろ。

ただ、表示されていないと確認できないので、制限されている人にとっては、困るかな。

あと、どんなものを摂取しているか、お医者さんに話すことも、大事なようです。


さらに、鉄分を制限する必要のない人が、鉄分の摂取を止めてしまうと、貧血などになる可能性もあるので、注意。

何事も、ほどほど、適正範囲に。

あと、健康診断の時など、お医者さんのアドバイスを聞きましょう。





肝臓病の食事 (NHKきょうの料理 生活習慣病の食事シリーズ)






tag : ためしてガッテン 肝臓





web拍手 by FC2

にほんブログ村 健康ブログへ

人気ブログランキングへ

「糖尿病と歯周病菌/ためしてガッテン」

生活習慣と関係するといわれる糖尿病。

ある身近な病気と関係するといいます。

何と、その病気は、日本人の7割が罹っているらしい。

心臓病や脳梗塞のリスクも高めるというその病気は、いったい何なんでしょう?


6月22日放送の「ためしてガッテン」より、「免疫力を低下・突然死を招く感染症」からのメモ書きです。





糖尿病と歯周病菌





糖尿病が改善?


・食事の偏りや肥満などによって血液中の糖分が増えてしまう、糖尿病。
・ひどくなると、全身の血管がボロボロになってしまいます。

・ある男性は、血糖値の状態を示すヘモグロビンA1c の値が10%以上になるほど、病状が悪化していました。
・ヘモグロビンA1c は、過去数か月間の 血液中の糖分量を示す値。
・正常値は、5.8%以下です。
・さまざまな治療を試しますが、ヘモグロビンA1c の値は下がりませんでした。

・そんなある日、男性はまったく違う病院に行くように、医師から勧められます。
・そこで検査したところ、ある病状が発覚した。
・実は、ある細菌が大量に増殖し、男性の体を蝕んでいたのです。

・さっそく治療を受けた、男性。
・すると、治療前は9.8%だったヘモグロビンA1c の値が、治療後は 8.8%にまで下がった。
・別の男性も、この治療を受けた結果、ヘモグロビンA1c の値が、7.7% から 6.1%にまで下がりました。
・10年間、なかなか改善されなかったのに、です。

・糖尿病とは直接関係ないはずの治療で、どうして下がったんだろう?
・減らした細菌って、何?




鍵は、歯周病菌


・男性が受けた治療とは、歯科治療。
・減らした細菌とは、歯周病菌でした。

・あれ?
・でも、歯周病菌と糖尿病って、関係あるの?


・歯周病とは、細菌が口の中で繁殖して、歯ぐきが炎症を起こす病気。
・歯を支える骨にまで影響が及ぶと、いつの間にか歯が抜けてしまいます。
・中高年が歯を失う最大の原因が、この歯周病。
・痛みがないため、気づかない内に症状が悪化してしまいます。


・糖尿病は、2型の場合、運動不足や食事の偏りなどによって、血液中の糖分が高くなってしまう病気。
・健康な体の場合、食事をして血液中に糖分が増えても、インスリンがやって来て、細胞の中に糖分をしまってくれます。
・しかし、糖尿病の人の場合、細胞が糖分を取り込めなくなって、血液中に糖分が増えてしまう。
・その原因となるのが、インスリンの働きを悪くする通称“阻害君”。
・脂肪細胞から阻害君がどっと出て、インスリンの働きを邪魔する。


・歯周病には、たくさんの細菌が関係しています。
・粒状に見える菌、通称“つぶ太”。
・また、スピロヘータも。これはヘビのような姿をしているので、“へびぞう”と名付けられた。
・さらに、ジンジバリスという細菌も。
・実は、ジンジバリスが増えると、歯周病特有のあの臭いが発生します。
・番組はこれを、“ジンの輔”と名付けた。


・つぶ太は、歯周病菌軍団の切り込み隊長。
・健康な歯に取りついて、歯垢を作ります。
・すると、歯ぐきが腫れて、歯周ポケットが広がる。

・その次に現れるのが、へびぞう と ジンの輔。
・歯周ポケットに入り込み、毒を吐きます。
・歯ぐきをボロボロにしながら突き進み、仲間を増やす。
・そしてついには、歯の土台となる骨まで溶かしてしまう。
・これでは、歯がグラグラです。

・それを阻止しようと頑張ってくれるのが、“免疫細胞”。
・へびぞう と ジンの輔 を、食べてくれます。
・しかし、歯周病菌は増え続けるので、キリがありません。
・そこで、免疫細胞は、仲間を呼びました。
・免疫細胞と歯周病菌の戦いは続き、激しい戦場となった歯ぐきは、炎症が広がってボロボロに。


・ここでポイントとなるのが、「助けを呼ぶ免疫細胞」のシーン。
・免疫細胞マクロファージ。体内に侵入した細菌やウイルスと戦う免疫細胞です。

・マクロファージは敵が多すぎると、仲間を呼びました。
・この時、マクロファージは、援軍要請の合図に、ある物質を放出します。
・それが、あの、阻害君だったのです。

・阻害君は、インスリンの働きを阻害するほかに、他の免疫細胞を集める作用があったんですね。

・マクロファージはそもそも、歯周病菌と戦うために、やって来た。
・そして、援軍が必要だから、阻害君を出します。
・そうすると、どんどん阻害君が増えていく。
・結果、阻害君により、インスリンの働きが悪くなります。
・これで、糖尿病は悪化する。
・また、糖尿病が悪化すると、抵抗力が落ちる。
・抵抗力が落ちると、歯周病が増えやすくなる。
・そして、歯周病菌が増えると、マクロファージは頑張ろうとする。
・すると、阻害君が増えて…

・このような悪循環が。

・そして、悪循環を解消するために、歯周病菌を治療で取り除くと。
・上述の男性は、歯周病治療で、この悪循環を断ち切ったんですね。




他の病気も


・(進行した)歯周病がある人は、健康な人に比べて、以下のようにリスクが増大します。
・心臓病が、2.8倍。
・脳梗塞が、2.9倍。


・歯周病菌は、血管が詰まる病気や血管が膨らむ病気などの部位や静脈から、見つかっているそう。
・これが心臓の中で起これば、冠動脈を詰まらせて、心不全や心筋梗塞に。
・頭でも、脳の血栓が増えるのを助長する可能性が。


・歯周病菌が血管に入り込むメカニズムは、諸説あります。
・そのひとつが、これ。
・歯ぐきに炎症が起きると、そこに新しい血管を作ろうとする。
・そこから、歯周病菌が入り込んでしまう。


・ジンの輔ことジンジバリスですが、以下のような性質が。
・好きな物が、鉄分。
・嫌いな物が、酸素。
・だから、血管の中に入りたがります。
・血管の中には鉄分があるから。
・また、酸素を嫌うので、酸素の少ない歯周ポケットの奥に潜ろうとする。

・でも実は、血液中にも、酸素はあります。
・そこでジンジバリスは、血小板に入り込んで、酸素に触れないようにする。
・また、その血小板が、血栓の材料になるんですね。

・血小板の中に潜んできたジンジバリスは、血流が悪くなったところに溜まって、毒素を出します。
・すると、赤血球や血小板が固まって、血栓になる。






歯のお手入れの、落とし穴


・厚生労働省の調べだと、98%の人が毎日歯を磨いているそう。
・でも、それならどうして、多くの人が歯周病になってしまうんだろう?

・歯周病予防の落とし穴は、3つあるといいます。


(1) 磨き方

  歯ブラシを大きく動かしすぎている。
  ゴシゴシ磨きだと、隙間に毛先が入らない。

  おすすめは、クシュクシュ磨き。
  細かい毛先の動きで、歯石を落とします。
  毛先の動きは、1mm~3mmにおさめるのが理想。
  鉛筆を持つように、2本から3本の指で軽く握る。

  また、電動歯ブラシも、そのまま当てるだけだと、
  歯と歯の間に毛先が入らない。
  なので、毛先の角のところを使って、隙間を磨く。


(2) 生活習慣

  喫煙は、歯周病を悪化させやすい。
  ニコチンなどの成分が血管を収縮させ、
  歯肉は酸素や栄養の不足になりやすい。
  酸素の嫌いなジンの輔は、大喜び。


(3) 歯に自信のある人

  虫歯の場合は自覚症状があって、早期発見が可能。
  でも、歯周病は自覚症状がないため、悪化しやすい。

  定期検診が鍵です。
  専門家に診てもらって、プラークを取り除いてもらいましょう。
  磨き方も、指導してくれるはずです。



・歯垢が固まりはじめるのが、4~8時間。
・歯石化すると、歯ブラシでは落とせなくなります。
・ぜひ、歯科医院へ。

・また、歯周病菌が一番増殖するのが、夜寝てから。
・夜寝る前には、丁寧に磨きましょう。






NHK ためしてガッテン 2011年 08月号 [雑誌]



歯周病が治る歯ブラシ法 大人のための歯ブラシ教室







半年に1回は、定期検診に行くようにしています。

そこでプラークを除去してもらうとともに、歯ぐきの状態をチェックしてもらう。

磨き残しが多い場所なんかを、指摘してくれますよ。

また、最初は、歯の磨き方も指導してくれます。

半年もたつと、ちゃんと磨いているつもりでも、どうしても歯垢がついたりするんですよね。

口の中は自分ではなかなか見えないので、専門家に診てもらうのが、いいようです。

その方が、結果的に、歯医者に行く回数が減る。





ここ10年で、これだけ変わった! 最新医学常識99 (祥伝社黄金文庫)





tag : ためしてガッテン 糖尿病





web拍手 by FC2

にほんブログ村 健康ブログへ

人気ブログランキングへ

「男女の痔 トイレの正しい仕方/カラダのキモチ」

男性に多い痔と、女性に多い痔があるの?

痔になりにくい、トイレの正しい入り方は?



6月12日放送の「カラダのキモチ」より、「あなたは大丈夫? 人類の宿命『痔』のトラブル」からのメモ書きです。





男女の痔 トイレの正しい仕方





男性痔と女性痔


・男性と女性で、なりやすい痔の種類があるらしい。

・男性がなりやすい痔で有名なのが、“痔ろう”。
・痔ろうは、肛門と直腸の境目にある肛門腺に、細菌が入って化膿した状態。
・悪化すると肛門の周りに膿が溜まって、皮膚に穴を開けてしまう。

・痔ろうには3つの症状があって、それは、腫れ、痛み、発熱。
・一般的に、下痢体質の人に多いそう。
・というのも、液状の便が、隙間から入っていきやすいから。
・男性はお酒を呑むなどして、女性より、お腹がゆるくなりやすい。
・下痢は、より感染しやすいそうです。


・女性に代表的なタイプの痔は、“切れ痔”。
・女性はどちらかというと、便秘の人が多い。
・なので、硬い便が肛門を傷つけてしまい、出血する。




痔 危険度チェック


[質問項目]

(1) 便秘・下痢がちである
(2) 湯船につからず、シャワーですませてしまう
(3) 運動不足である
(4) 睡眠不足である
(5) 食事はほとんど外食



この内、1つ以上当てはまったら、痔になる可能性があるそう。


(1) 便秘・下痢がちである

 →上に書いた通り、液体の便は、傷から入りやすい。
  また、硬い便は肛門を傷つけやすい。


(2) 湯船につからず、シャワーですませてしまう

 →血流が悪くなりやすいから。
  血流をよくするために、全身浴をすることが大事


(5) 食事はほとんど外食

 →食物繊維不足になりがち。




正しいトイレの仕方


[チェック項目]

(1) 便意を感じたら、すぐトイレに行く
(2) トイレは何分くらい?
(3) 1回のトイレで、何回いきむ?
(4) シャワートイレの使用時間は?



(1) 便意を感じたら、すぐトイレに行く

 →すぐ行くのが基本。
  我慢すると、便が固くなって、出にくくなる。


(2) トイレは何分くらい?

 →トイレの時間は3分以内を心がけると、
  肛門への負担が軽減する。


(3) 1回のトイレで、何回いきむ?

 →1回目のいきみで、8~9割の便は出るそう。
  1回のトイレでいきむ回数は、1回にするのがいい。

  便座に座っているだけで、肛門には負担がかかっているそう。
  いきむ回数が増えると、さらに負担が。


(4) シャワートイレの使用時間は?

 →洗いすぎは、かぶれや かゆみの原因に。
  ぬるめで15秒程度を目安に。




最新の治療


・今は、イボ痔を切らないで治す治療もある。
・それは、“ALTA療法”。
・痔核に注射液を注入し、痔に流れ込む血液量を減らして、小さくしていく。
・ALTA療法は、保険が適用されるそう。

・ともかく早期発見が鍵。
・早めの受診を。





女医が教えるおしりの本―痔が心配?でも、もう大丈夫!



痔 (よくわかる最新医学)







いきむ回数は、1回が基本なのか。

出ない時は、無理せず引き返した方がよさそう。

そういえば、若い頃は、便意を我慢したなあ。あの頃、便秘気味だったし、あんまりよくなかったんだ。

最近はすぐ行くせいか、あまり便秘にはならない。

食物繊維を意識して摂っているので、お通じも、おおむね快調かな。


それでも、冬になると、便が固くなって、出血する時が。

血流が悪いのかも。

あと、座り姿勢が長いからかな。

もともと湯には長くつかる方だけど、さらに血流をよくする方法は、ないかいな。




 → 「カラダのキモチ 最終回と目次」




tag : カラダのキモチ 便秘





web拍手 by FC2

にほんブログ村 健康ブログへ

人気ブログランキングへ



FC2カウンター

 RSSリーダーで購読する

 メールで購読する



アーカイブ
 ためしてガッテンの
 アーカイブ 過去記事


 → 2011年 前半
 → 2011年 後半

 → 2012年 1月~3月
 → 2012年 4月~7月
 → 2012年 8月~12月

 → 2013年 1月~3月
 → 2013年 4月~6月

 → 食べ物・料理

 [全記事表示]

にほんブログ村 にほんブログ村へ

カレンダー
05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

荒巻ケンコー

Author:荒巻ケンコー
カラダを労わるためのメモ帳。

栄養管理でメタボは脱出。
できるところから、他もメンテナンス。

最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【水虫】 感染ルートは家族、対策はスリッパ/ガッテン Jul 27, 2017
【夏の病気】 ラクナ梗塞と腎臓病 【予防は水分補給】/ゲンキの時間 Jul 23, 2017
【疲れ目の原因】 寄せ目チェックと対策/ガッテン Jul 20, 2017
【むくみ改善】 パンパン法&ウンパニ体操/ゲンキの時間 Jul 16, 2017
【ひざ痛】 原因は関節包? 足伸ばし&風呂正座/ガッテン Jul 13, 2017
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
忍者
検索フォーム Google

記事内検索フォーム。
Google
注目記事
注目記事
忍者

注目記事
広告
食べ物の記事
健康の新常識
ダイエット 痩身
検索フォーム FC2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Flashゲーム&占いおみくじ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
にほんブログ村
ブログパーツ