【脳動脈瘤手術】 坂井伸幸/健康カプセル! ゲンキの時間(2/2)


スーパードクター二人目は、神戸市立医療センター中央市民病院 脳神経外科部長 脳卒中センター長の坂井伸幸 先生。

人呼んで、巨漢のゴッドハンド。

未破裂脳動脈瘤の治療で、7500人以上の命を救ってきた。

先生の考える、医者の在り方とは?



2017年2月19日放送の「健康カプセル! ゲンキの時間」より、「密着名医!脳卒中&謎の病」からのメモ書きです。




ゲンキの時間 脳動脈瘤のスーパードクター 坂井伸幸




脳外科医 坂井伸幸 


ササミ
続いてのスーパードクターは、この方。

兵庫県は神戸市にある、神戸市立医療センター中央市民病院。

脳神経外科部長で 脳卒中センター長の、坂井伸幸 先生。


体重およそ 100kg という、巨漢です。

太い指で操るのは、およそ 1mm のカテーテル。

繊細な技術力が求められる 脳外科の権威なんです。


坂井先生が考える、医師の在り方とは?


先生は言います。

「僕らは、職人や」

「最新の技術、機器の上に成り立つ医療やから、あたかも すごいこと やってるみたいに見えるけど、ま、基本的にはさ、道具と経験を使いこなして、目的を達する」

「まあ、職人や」



そんな職人技が発揮されるのが、「未破裂脳動脈瘤の予防治療」


脳動脈瘤とは、血管の壁に強い圧力がかかり、膨れてできた、やわらかい瘤(こぶ)のようなもの。

一度破裂してしまうと、くも膜下出血を引き起こし、およそ半数の人は命を落とす危険性があるため、破裂する前に処置することが大切なんです。


脳は言うまでもなく、とてもデリケートな場所。

その治療には、細心の注意と、高い技術力が要求されるのだ。


先生は、この動脈瘤の破裂を防ぐ治療を、年間200例行い、これまで救った命は、7500人以上。

飛び抜けた治療件数にもかかわらず、驚異の成功率を誇っているのだとか。





[治療の現場]


61歳の女性、Bさん。

自覚症状は、まったくなかったという。


昨年の5月、5年ごとに受けていた脳ドックで、2つの動脈瘤が見つかりました。

検査入院の結果、その大きさが発覚。

旦那さんの強い勧めで、治療を決めました。


一般的に治療した方がよいとされている動脈瘤の大きさは、5mm 以上。

Bさんの場合、1つは 5.4mm ですが、もう1つは 2.8mm という小ささ。

小さい方は 一般的には治療しないでよいとされる大きさですが、2つが隣り合っているのが、悩ましいところです。


けた外れの経験を持つ坂井先生をも、悩ませる症例でした。




そして、手術の日を迎えた。


今回行うのは、「脳動脈瘤コイル塞栓術(そくせんじゅつ)」

太ももの付け根の大動脈から、脳までカテーテルを挿入。

丸くなるように形状記憶された プラチナ製のコイルを、動脈瘤の中に詰める方法です。

コイルが詰まった動脈瘤には、血液が流れ込まないため、破裂を防ぐことができるのです。

日本では、1997年3月から、保険適用になった。

血管内治療のため、X線で透視しながら、カテーテルを進めます。


まずは、全長およそ 150cm のカテーテルを、太ももの付け根から、動脈瘤の入り口まで進めていく。

ただ入れればいいというわけではなく、血流のわずかな抵抗を、指先で読み取り、血管のカーブに合わせて、微妙にスピードを調節していかねばならない。


坂井先生は、わずか1分で、動脈瘤の手前に到着させました。

これは、通常の倍以上の速さだという。


患者さんは、カテーテルが脳に入った状態で、先生と会話しています。

実は、局所麻酔なので、患者さんは起きたまま。

会話などで様子を見ながら、治療を進める。


患部に到達し、いよいよコイルを挿入します。

コイルを詰めすぎれば破裂し、隙間が残ると血流を止められない。

職人技がものを言うのだ。


コイルの放出を数回繰り返し、隙間なく詰めていく。

コイルを入れ始めてからおよそ20分で、大きい方の動脈瘤が終了しました。

続いて、小さい方に着手する。


小さい方が難しいはずですが、さずか10分で終了。


脳動脈瘤コイル塞栓術


治療は無事、終わりました。

通常3時間以上かかるという治療を、約60分という驚異的なスピードで完了。

治療時間を短くすることで、ストレスや薬の量を減らし、患者の負担を軽くできます。




坂井先生は言う。

「一番大事なことは、治療の目的を見失わないこと」

「予防治療だから、完全を目指して 危険なことをやってはいけません」



患者さんの不安を、全力で取り去る。

坂井先生は、これからの患者の人生をも考慮して、治療にあたっているんです。



「医者は、ひと言で患者さんを、ホントに毎日、暗くしてしまうことができる職業なので、『大丈夫だと思う』という ひと言をいう」

「大丈夫じゃなかった時の医者にとってのリスク。だから、予防線を、医者が張りすぎない」

「自分の身を守るために、患者さんを不愉快な思いにさせるくらいだったら、自分の身がちょっと危うくても、科学的な根拠とか、医者の勘で、これは大丈夫やと思ったら、あえて、あんまり予防線を張らない」

「滅多に起こりそうもないような危険を、誇大に説明しない」






今回密着した、二人のスーパードクター。

その素晴らしい技術の裏には、たゆまぬ努力と、燃えるような情熱が秘められていました。





脳動脈瘤がみつかったら (健康ライブラリーイラスト版)






前半の記事 → 【総合診療科】 スーパードクター 生坂政臣





[関係する記事]

 → 「総合診療医ドクターGスペシャル」

 → 【動脈硬化】 簡単チェック法 アキレス腱&食後の眠気




tag : 健康カプセル!ゲンキの時間 脳卒中 動脈硬化





web拍手 by FC2

にほんブログ村 健康ブログへ

人気ブログランキングへ

【総合診療科】 スーパードクター 生坂政臣/ゲンキの時間(1/2)


今回は、二人のスーパードクターを紹介。


一人目は、問診だけで病気を突き止めるエキスパート。

千葉大学医学部附属病院 副病院長で、総合診療科 科長の 生坂政臣 先生。

全国から、原因不明の病気に悩む患者さんが、紹介されてくる。

3段階の問診で 90% 診断をつける、プロフェッショナルだ。


足のしびれに、体重減少。

その原因は?


症例:血管炎。



ゲンキスチューデント:春香クリスティーン。



2017年2月19日放送の「健康カプセル! ゲンキの時間」より、「密着! ニッポンが誇るスーパードクター」からのメモ書きです。




ゲンキの時間 スーパードクター 総合診療科 生坂政臣




総合診療科


ササミ
今回の主役は、二人の名医です。


痛みや不調を感じ、病院へ行っても、診断がつかず、正しい治療が受けられない。

そんな原因不明の病に苦しんでいる人が、実は、日本中にたくさんいるんです。

一人目は、こういった人々を救ってきた、総合診療科のスーパードクター。


二人目は、体重 約100kg以上でありながら、繊細な技術が求められる 脳卒中治療のエキスパート。

わずかなズレも許されない、そのスーパーテクニックの秘密とは?




番組出演者にとって、今まで印象に残るお医者さんは、どんな方なんでしょうか?


渡辺満里奈さんは、お母さんの白内障の手術をしてくれた、赤星先生。

患者を不安にさせないよう、物腰も柔らかく、やさしく接してくれたのだとか。


歯医者が苦手だった春香クリスティーンさんですが、日本では目の上にタオルを置いてくれたので、すごくリラックスできたらしい。


三宅裕司さんは、2011年に脊柱管狭窄症の手術をしました。

その時、お世話になった福井先生が、いち早く緊急手術してくれたのを、とても感謝しているそうです。





まずは、こんなクイズから。


Q)これら3つの症状が徐々に現れた時、どの診療科を受診するのが適切でしょうか?

 ・重い腰の痛み。

 ・肩や腕にも痛みがある。

 ・ニオイを感じにくい。











答えは、「神経内科」

整形外科に行きがちな症状ですが、それでもよくならない場合は、神経内科へ。

これらの症状は、パーキンソン病の可能性があるんです。


パーキンソン病とは、手足の震えや歩行障害が現れる、脳の神経細胞の異常による病気。

そのため、神経内科を受診するのが、治療への近道なんです。

しかし、腰や肩の痛みから、整形外科を受診してしまい、正しい診断がつかず、病院を転々とするはめになるケースも。



そんな患者さんの強い味方になってくれるのが、「総合診療科」なのだ。


総合診療科とは、患者さんから、症状について詳しく話を聞く「問診」を武器に、病気の正体を見抜くプロフェッショナル集団のこと。

この診断に特化した部門を大学病院に初めて導入した先生がいるんです。

それが、千葉大学医学部附属病院 副病院長で 総合診療科の科長、生坂政臣(いくさか まさとみ)先生だ。

総合診療科では、医者と患者の関係は独特だという。


生坂先生のお話。

「患者さんは、診断名は知らないけども、病気は分かってるんですよね」

「患者さんが真犯人を もう知ってて、推理小説の語りべとして、お話をしていただいて、それを我々は、聞かせてもらって、最後の犯人を当てる、あるいは、探す」

「それが診断名になりますから」


症状や不調の原因が分からず、他の医療機関から紹介される患者さんの数は、年間1000人以上だという。

そのうち、90%以上もの病気を、問診だけで突き止めることができるのだとか。


この驚きの数字を支えているのが、独特のシステムです。

より正確な診断をするために、3つの段階を設けている。


 (1) まず、専攻医が診て、

 (2) 指導医がチェックする。


それでも、病気の正体が分からない場合は、

 (3) 生坂先生が自ら、診察を行う。


(生坂先生が所属する千葉大学医学部附属病院 総合診療科への受診は、かかりつけ医からの紹介状が必要。なお、医師の指名はできません)





[診療の現場]


この日、総合診療科を訪れたのは、65歳の男性 Aさん。

症状が出たのは、およそ1年前です。

つらい症状を抱えたまま、8件も、診療科を受診しました。

様々な検査を受けたものの、いまだに診断がついていません。


(1) まずは、専攻医の太田先生(2年目)が問診します。


Aさんの症状は、以下の通り。

 ・最初、歩行時に、左足ふくらはぎに軽い痛みが出た。

 ・しかしやがて、しびれの強さは大きくなり、両足のヒザ下全体にまで広がった。

 ・現在は、常時しびれている状態。

 ・歩くと、しびれが強くなり、歩けなくなる。

 ・しかも、1年で体重が 10kg も減った。



太田先生の見立ては、こうでした。

代表的なのは、「血管の動脈硬化」もしくは「腰部脊柱管狭窄症」という2つの病気。

ですが、そのどちらでも説明できない症状(体重の減少)がある。



(2) 続いて、指導医の鋪野(しきの)先生(9年目)が問診。


最近、Aさんは、食べても体重が増えないのだという。


体重減少の場合、いくつが理由が。

 ・摂取量の減少。

 ・悪性腫瘍や炎症による、エネルギーの消耗。

 ・食べても吸収できない。


体重の減少と 足のしびれから推理する 鋪野先生の見立ては、「血管炎」。

血管炎は、身体に炎症があるため、体重がどんどん減ってしまうのです。



(3) 診断を確実にするため、今回は、生坂先生も直接問診することに。


先生の質問は、こうでした。

「他に、痛い場所はないですか? 例えば、顔とか」


そう聞かれて、Aさんは、ハッとした。

そういえば、最近、咀嚼(そしゃく)すると痛む。

噛んでいるうちに、痛くなる。


実は、顔についてのこの質問が、病名を決定づけることになったのでした。

顔の血管は、動脈硬化が起こりにくいため、血管炎と断定できる。


Aさんはその後、精密検査をし、「血管炎」の診断で確定しました。


血管炎とは、血管にアレルギー反応が起こっている状態のこと。

これにかかると、炎症により血管壁が むくんで、分厚くなってしまうんです。

すると、血管内が狭くなり、血液量が減少するので、酸素や栄養の供給不足になり、しびれや痛みが発生する。


Aさんの場合、その炎症が足やアゴなど、中くらいの太さの血管に起こっていたんですね。

また、血管の炎症は、多くのエネルギーを費やすため、体重が減りやすくなっていたんです。




Aさんはこの 1年、悩みに悩み、整形外科など、8件の診療科を受診。

レントゲンとMRIを2回ずつ、さらに、PET検査まで行ったそう。


それでも原因が分からなかった病気を、生坂先生率いる総合診療科チームは、3段階の問診のみで見抜いた。

まさか、しびれの原因が、血管だったとは。


診断の後、Aさんは、近所の医療機関で、治療を開始したという。




生坂先生に、モットーを教えてもらいました。

「私の座右の銘が日々向上なんですけど、日々向上が 我々プロフェッショナルとしての使命だと思ってますね」

「その当時、正しいと信じられていた知識、5年後には、半分はウソになるんです」

「もう、常に向上するしかない」

「現場に立っているかぎり、医師は向上しなければいけないんです」


「我々も、診断がつかない未解決ケースとして、X-ファイルというのを作っています」

原因不明の病に苦しむ患者さんたち。

その数をゼロにするため、定期的に近況を伺い、診断確定に努めているのだという。

「結論的に言えばですね、最終診断がつくまでは、追跡すると。あきらめないということですね」




原因不明の患者さんを救いたいという生坂先生たちの戦いは、これからも続きます。





めざせ!外来診療の達人-外来カンファレンスで学ぶ診断推論






後半は、脳動脈瘤のエキスパートが登場!




tag : 健康カプセル!ゲンキの時間





web拍手 by FC2

にほんブログ村 健康ブログへ

人気ブログランキングへ



FC2カウンター

 RSSリーダーで購読する

 メールで購読する



アーカイブ
 ためしてガッテンの
 アーカイブ 過去記事


 → 2011年 前半
 → 2011年 後半

 → 2012年 1月~3月
 → 2012年 4月~7月
 → 2012年 8月~12月

 → 2013年 1月~3月
 → 2013年 4月~6月

 → 食べ物・料理

 [全記事表示]

にほんブログ村 にほんブログ村へ

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
プロフィール

荒巻ケンコー

Author:荒巻ケンコー
カラダを労わるためのメモ帳。

栄養管理でメタボは脱出。
できるところから、他もメンテナンス。

最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【水中運動】 ART&お風呂ストレッチ 須藤明治/ゲンキの時間 Aug 13, 2017
【認知症】 接する時のポイント/きょうの健康 Aug 10, 2017
【熱中症クイズ】 室内でも要注意な理由と対策/ゲンキの時間 Aug 06, 2017
【部屋を広く見せる方法】 ホームステージング/ウラマヨ Aug 03, 2017
【不応性貧血】 樋口大悟さんの体験/ゲンキの時間 後編 Jul 30, 2017
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
忍者
検索フォーム Google

記事内検索フォーム。
Google
注目記事
注目記事
忍者

注目記事
広告
食べ物の記事
健康の新常識
ダイエット 痩身
検索フォーム FC2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Flashゲーム&占いおみくじ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
にほんブログ村
ブログパーツ