【肺活】 舌圧強化に早口言葉、COPD予防に 口すぼめ呼吸/ゲンキの時間


肺を健康に保つための秘訣を紹介。


<肺炎予防>

(1) 口の中をきれいにする=寝る前に、歯をしっかり磨く。

(2) 舌圧=早口言葉で、強化。

(3) 食事の姿勢=あごを引く。

(4) 肺炎球菌ワクチンの接種を受ける。



<COPD体験談>

予防トレーニング。

 ・口すぼめ呼吸。

 ・肩甲骨上下運動。

食材では、ブロッコリー。



ドクネット:昭和大学病院 感染症内科 二木芳人 教授。

 日本歯科大学 菊谷武 教授。

 山王病院 呼吸器センター長 奥仲哲弥 副院長。

ゲスト:鶴見辰吾。

ゲンキスチューデント:中村静香。

ゲンキリサーチャー:深沢邦之。



2017年3月12日放送の「健康カプセル! ゲンキの時間」より、「~ 咳・息切れ・肺炎に勝つ! ~ 今からやろう! 肺活」からのメモ書きです。




ゲンキの時間 肺活 口すぼめ呼吸




怖い肺炎


ササミ
今週のテーマは、「肺炎」

芸能界では、根津甚八さん、永六輔さん、蜷川幸雄さんも、肺炎を合併し他界しています。

命の危険がある病気なんですね。


そこで今回は、スペシャルなドクターが、肺の病気にならないための方法を、伝授してくれちゃうのだ。

肺機能をアップさせる活動、略して、「肺活(はいかつ)」のススメです。




今週のゲストは、芸能界きってのアスリート、鶴見辰吾さんだ。

自転車乗りで有名な鶴見さんですが、最近は、ランニングもやっているのだとか。

自転車では、100kmを越えるのを目標にしているそう。(距離は、なんと、東京から熱海くらい)

フルマラソンのタイムは、3時間9分くらい。

すごいですね。





まずは、恒例の基礎クイズから。



Q)肺炎の説明で、間違えているのはどれ?

 A:風邪から肺炎になる。

 B:緑色のタンが出る。

 C:40℃以上の高熱。











正解は、「A:風邪から肺炎になる」

風邪の原因は ほとんどがウイルスなんですが、風邪ウイルスが原因で肺炎になることはないのだそう。

風邪を引き、免疫力や抵抗力が低下して、肺炎になることはありますが、原因は別です。


とはいえ、風邪と肺炎は(初期)症状が似ていたりしますから、注意しましょうね。




日本人の死因 第3位として年間12万人もの人が亡くなっている、肺炎。


そんな肺炎について、専門家に教えてもらいましょう。

東京都は品川区にある、昭和大学病院。

感染症内科の 二木芳人 教授です。


肺炎になってしまう原因には、何があるのでしょう?


「肺炎になる原因はですね、口の中に住みついている微生物が 大きく関係することがあるんです」


真相を探るべく、深沢さんの口の中の粘膜を採取。

「グラム染色」で、どんな微生物がいるのか検査しました。


画像を見ると、小さい濃い色に染まったプツプツがあります。


口内の微生物 グラム染色


これが全部、細菌なんだそう。

このような細菌が肺の中に入ると、それが元で肺炎になることがあり得る。


肺炎の主な原因は、誰もが持つ細菌(口の中に住み着いている菌)なんですね。

ただ、それだけではなく、外から入ってくる菌も、免疫が低下している時など、肺炎の元になることも。


通常は、免疫物質が、細菌の肺への侵入を防いでくれています。

そのため、肺炎になることはありません。

しかし、加齢や病気で身体が弱くなったり、免疫力が低下してしまうと、細菌が肺に侵入し、一気に繁殖。

肺炎を引き起こしてしまうんです。


しかも、肺炎をひこ起こす細菌は、1種類だけではありません。

その数は、30種類以上だという。

(表皮ブドウ球菌、MRSA、トリコスポロン、ニューモシスチス、レジオネラ、ムーコル、カンジダ、インフルエンザ菌、クリプトコッカス、等)

中には、重度の肺炎を引き起こす細菌も。


一番怖いのは、「肺炎球菌」だという。

特に、お年寄りは要注意です。

繁殖すると、40℃以上の高熱に襲われ、命の危険に陥ることも。




では、肺炎にならないためには、どうしたらよいのでしょうか?


向かったのは、東京都は小金井市にある、日本歯科大学 口腔リハビリテーション多摩クリニック。

菊谷武 教授に、教えてもらいましょう。


肺炎を予防するには、「口の中をきれいにすること」だと、菊谷先生は言います。

「ありふれたことですけど、しっかり歯磨きしていただくことが、たいへん重要になります」



<肺炎予防の肺活(1)>


口の中。



肺炎予防には、口の中をきれいにすることが大切。

方法はシンプルで、歯を磨くことです。


ただし、歯磨きのポイントがあります。


と、その前に、実験です。

朝、目が覚めた時、口の中の細菌は、どのように変化しているのでしょうか?

歯を磨いて寝た時と、磨かないで寝た時、その差は?


ゲンキチャレンジャーのご夫婦に協力してもらい、細菌カウンターで計測だ。


1日目は、歯磨きをしてから、就寝。

翌朝、細菌を計測しました。

2日目は、歯磨きをしないで、就寝。

果たして、どのくらい、細菌は増えているんでしょう?


結果は、こうなりました。


 (歯磨きした1日目 → 歯磨きしなかった2日目)

 旦那さん:362万個 → 5410万個。

 奥さん:344万個 → 1700万個。


奥さんで、4.9倍。

旦那さんは、14.9倍に。



この理由は、何なんでしょう?


昼間は、唾液が出たり、食事をしたり、しゃべることで、口の中がきれいになるんです。

ところが、寝ている間は、唾液も出ないし、しゃべらないしで、どんどん口の中の細菌が増え続けるのだ。



というわけで、歯磨きの重要ポイントは、「時間」

細菌の増加を防ぐためにも、「眠る前は、必ず、歯磨きしましょう」




<肺炎予防の肺活(2)>


舌。



ものを飲み込む時は、舌を上あごに、グッと押し付けます。

その圧力を、「舌圧(ぜつあつ)」という。


舌が上あごを押し上げる力、「舌圧」と肺炎には、どのような関係があるのでしょうか?


舌圧測定器を使い、実験です。

30代から70代のゲンキチャレンジャーに、挑戦してもらいました。


その結果が、これ。


 30代:48.5kPa。

 40代:42.9kPa。

 50代:44.6kPa。

 60代:37.2kPa。

 70代:34.9kPa。


個人差はあると思いますが、やっぱり、60代と70代の方は、舌圧が下がっているようです。



全身の筋力は、加齢と共に低下します。

舌の筋肉も、加齢と共に低下するんですね。

そして、舌の筋力が低下すると、誤嚥性肺炎につながってしまう。


「誤嚥性肺炎」とは、食べ物や唾液が気管に入ることで、細菌が繁殖し、肺炎を引き起こす病気です。


通常、食べ物を飲み込む時、舌で上あごを押し上げます。

この時、「喉頭蓋(こうとうがい)」というフタも連動し、気管の入り口が、ふさがれるんです。

これで、誤嚥が防がれる。


舌圧と誤嚥


しかし、舌圧が低くなると、喉頭蓋の閉まる反応が遅くなってしまうため、食べ物の細菌が気管に入りやすくなってしまうんですね。

結果、誤嚥性肺炎を引き起こしてしまうのだ。



舌圧が低くなってしまう要因は、加齢の他にもあるといいます。


それが、「舌を使わない習慣」

例えば、やわらかいものを食べて、すぐ食事が終了してしまう人が 当てはまるそうな。



でも、ご安心を。

舌圧を上げる訓練があります。

それがこれ。


<早口言葉>


早口言葉は、舌の筋肉を必要とするため、舌圧の強化に最適らしい。

1日トータル 3分を毎日続けると、効果的です。

楽しみながら続けてくださいね。


レベル1

 「にゃんこ 子にゃんこ 孫にゃんこ ひ孫にゃんこ」



レベル2

 「詳細を調査中 注射を調査中」



レベル3 (神レベル)

 「魔術師 派出所にて手術中」



早口言葉で、舌圧を強化!



スタジオでも、早口言葉に挑戦です。

さすがは、鶴見辰吾さん、神レベルをクリアしちゃった!

すごい!




ドクネット


引き続き、昭和大学病院 感染症内科 教授の 二木芳人 先生に、教えていただきます。


誤嚥性肺炎を防ぐための肺活として やっていただきたいのは、他に、「食事の際の姿勢」があるのだそう。


というわけで、クイズです。


Q)誤嚥性肺炎の予防として、正しい食事の姿勢は、次のうちのどれ?

 A:あごを上げる。

 B:あごを引く。

 C:あごを出す。











答えは、「B:あごを引く」

正しい姿勢は、イスに座って、アゴを引き、やや前かがみになる姿勢。



<肺炎予防の肺活(3)>


食事の姿勢。



アゴを上げたままだと、食べ物が気管に入りやすくなってしまいます。

逆に、アゴを引けば、口の中と気管に角度がつき、誤嚥しにくくなるのだそう。


誤嚥と食事の姿勢



他にも、気をつけた方が良いことが。


<肺炎予防の肺活(4)>


ワクチンを受けるようにする。

肺炎球菌ワクチンの効果は、約5年です。





COPD体験談


ササミ
肺の病気の中には、肺炎以外にも、命を脅かすものが。



[体験談]


62歳の男性、Aさん。

初めて身体の異変に気づいたのは、およそ 20年前でした。

風邪を引いた時、咳が出て、長引くことがあった。

しかし、その時は、まだ症状が軽かったため、深刻に考えてはいませんでした。


気になったのは、激しい運動をした時。

駅まで急いで走ったら、息が整わない。

息が吐けないような状態に、なってしまった。

それが、10分近く続いたのだという。


それから約2年後、風邪を引き寝ていた Aさんを、突然、激しい咳が襲いました。

呼吸ができなくなるほどの、激しい咳だったという。

10分以上も続き、意識が朦朧(もうろう)とするほどでした。


このままだと死ぬかもしれない。

そう思った Aさんは、翌朝、病院へ。


そこで告げられた病名が、「COPD(慢性閉塞性肺疾患)」だった。




東京都は港区にある、山王病院。

呼吸器センター長で副院長の 奥仲哲弥 先生に、詳しく教えてもらいましょう。


COPDは基本的には、大気汚染とタバコが原因。

ただ、Aさんの場合、ほぼ100%タバコが原因だという。


COPDとは、慢性気管支炎と肺気腫の総称。

喫煙などが原因で、気管支に炎症が起き 咳やタンが続く 慢性気管支炎と、気管支の先にある組織が壊れ 空気を押し出す力が低下する 肺気腫の総称です。



【COPD】 - chronic obstructive pulmonary disease -

慢性閉塞性肺疾患。気管支や肺胞に炎症・破壊が生じ、呼吸機能に異常を起こす疾患の総称。肺気腫や慢性気管支炎など。咳や痰、息切れなどの症状がある。

(大辞林より)





Aさんは当時、1日に30本も、タバコを吸っていました。

そのため、うまく呼吸ができなくなり、COPDと診断されたのです。



奥仲先生のお話。

「例えば、40代後半になって、駅の階段を ダ~って駆け上がって、電車に乗ろうとする。それで苦しい。その苦しいのが、何秒何分で回復できるのか。これが、1つのチェックになります」


例えば、苦しくても、30秒ぐらいで治るなら、正常。

しかし、1分から2分続くなら、COPDの可能性が。

もし、そうなら、COPDを疑って、呼吸器科を受診していただきたいとのこと。



肺は、他の臓器とは違い、再生不可能。

一度壊れたら、二度と修復できません。


しかも、COPDを放置し、重症化してしまうと、怖ろしいことに。

まず、ご飯を食べるのも、たいへんになる。

また、しゃべるのも、たいへん。

5年間くらい、こういう生活をして、衰弱して、亡くなっていくのだそう。


実は、日本人の死因、第10位で、男性では 第8位。

にもかかわらず、あまり注目されていないんですね。



そんな怖ろしいCOPDにならないようにするためには、どうしたらいいのでしょう?


予防として、禁煙はもちろんですが、その他にも、こんな方法がある。



<COPD予防の肺活トレーニング>



<口すぼめ呼吸>


(1) 軽く閉じた唇の間から、息を吐きます。

肺の中の空気を出し切るイメージで、息を吐きましょう。

(2) そして、鼻から息をゆっくり吸い、吸い終わったら 3秒数え、またゆっくりと息を吐きだします。

(3) これを、毎日 2~3分。気づいた時に、行ってください。



口すぼめ呼吸


COPDの人は、肺が膨らんでしまって、気管支がペシャンコになっているのだそう。

だから、吐きにくい。

この時、口すぼめ呼吸で吐きにくくすると、気管支に圧がかかって、気管支が膨らむんですね。

すると、吐き出しやすくなるんです。





次は、肩甲骨まわりを やわらかくするトレーニング。

肩甲骨まわりを やわらかくすると、横隔膜周辺が楽になり、呼吸がしやすいようになるのだとか。



<肩甲骨上下運動>


(1) 背中にある肩甲骨を上げる意識で、息を吸いながら、両肩を上げます。

(2) 息を吸い切ったところで、一気に力を抜いて、両肩を思いっきり下げ、同時に、息も吐き出す。

(3) 3回を1セットとし、朝昼晩に、1セットずつ行ってください。



肩甲骨上下運動






二木先生によると、食べることで肺活になる食材があるそうな。


それが、「ブロッコリー」


アメリカでの研究ですが、ブロッコリーの中に含まれている「スルフォラファン」が、肺の抗酸化遺伝子の活動を復活させる効果があるらしい。





肺活で、健康的な生活を!





長生きしたけりゃ「肺活」しなさい



「食べる」介護がまるごとわかる本: 食事介助の困りごと解決法から正しい口腔ケアまで、全部教えます






[関係する記事]

 → 【肺炎ワクチン】 予防&撲滅 脾臓のマージナルゾーンB細胞
 → 「COPDと口すぼめ呼吸」

 → 「痰で分かる危険なセキ パフィング&ハチミツ」
 → 「禁煙のコツ」




tag : 健康カプセル!ゲンキの時間 呼吸器科





web拍手 by FC2

にほんブログ村 健康ブログへ

人気ブログランキングへ



FC2カウンター

 RSSリーダーで購読する

 メールで購読する



アーカイブ
 ためしてガッテンの
 アーカイブ 過去記事


 → 2011年 前半
 → 2011年 後半

 → 2012年 1月~3月
 → 2012年 4月~7月
 → 2012年 8月~12月

 → 2013年 1月~3月
 → 2013年 4月~6月

 → 食べ物・料理

 [全記事表示]

にほんブログ村 にほんブログ村へ

カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

荒巻ケンコー

Author:荒巻ケンコー
カラダを労わるためのメモ帳。

栄養管理でメタボは脱出。
できるところから、他もメンテナンス。

最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【交通事故防止】 4秒ルールと踏み間違い防止ペダル/ガッテン Apr 27, 2017
【天気痛】 耳マッサージ&スマホアプリ/ゲンキの時間 Apr 23, 2017
【強い心臓を作る方法】 心拍数110/ガッテン Apr 20, 2017
【脳疲労】 慢性疲労症候群/健康カプセル! ゲンキの時間 Apr 16, 2017
【緑内障】 なりやすい人は? コンタクトレンズ型眼圧計/ガッテン Apr 13, 2017
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
忍者
検索フォーム Google

記事内検索フォーム。
Google
注目記事
注目記事
忍者

注目記事
広告
食べ物の記事
健康の新常識
ダイエット 痩身
検索フォーム FC2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Flashゲーム&占いおみくじ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
にほんブログ村
ブログパーツ