【緑内障】 なりやすい人は? コンタクトレンズ型眼圧計/ガッテン


白内障と違って、失明の可能性もある、緑内障。

40歳以上の20人に1人が発症するというけど、どんなタイプが なりやすいのだろうか?

いびきとの関係。


視野が欠けても、気づけない理由。


眼圧が高くなくても、要注意!

網膜の血流が下がると、視神経にダメージが。


眼底検査と、最新の「OCT」。

コンタクトレンズ型の眼圧計。



解説:東北大学医学部 眼科学教室 中澤徹 主任教授。



2017年4月12日放送の「ガッテン」より、「緑内障! こんなタイプは要注意だ」からのメモ書きです。




ためしてガッテン 緑内障になりやすい人




白内障と緑内障


ササミ
今週は、「目の健康を守りますSP」


スマホやパソコンなど、目を使うことが多くなった現代。

ドライアイだという人も、少なくありません。

ある程度の年齢になると、老眼だって始まる。


今回注目するのは、「緑内障」という目の病気です。

自分では気づかないのに、どんどん視野が狭くなって、最後は失明の危険もあるという。


この緑内障、なんと、40歳以上の20人に1人が、発症しているらしい。


いったい、どんな人が、緑内障になりやすいんだろうか?

自分で見つける方法は?




「白内障」というのは、眼球の水晶体が白く濁る病気です。


【白内障】

水晶体が灰白色に濁り、視力が衰える病気。老人性のものが最も多いが、外傷や糖尿病などによるものもある。しろそこひ。

(大辞林)



ゲストとして出演の岡田圭右さんのワンちゃんも、白内障なのだそう。


白内障の場合、手術すれば、かなりの確率で、視力は取り戻せるという。

でも、緑内障では、そうもいかないらしい。



でも、なぜ、「緑内障」という名前なんでしょう?


諸説ありますが、その一つに、「もともと青い瞳の人が失明すると、少し濁った緑色に見えた」というものがある。

他にも、「青い目が、濃い青に見えるようになる」というものも。


【緑内障】

眼圧が上昇して視機能に異常をきたす病気。頭痛・吐き気を伴い、重症では失明する。視力を失った瞳孔の色が青く見えるのでこの名がある。あおそこひ。グラウコーマ。

(大辞林)




白内障と緑内障の違いは、呼び名の色だけではありません。

白内障は気づきやすいのですが、緑内障は気がつかないんです。

それが失明につながることもあるので、非常に怖い。

緑内障が日本人の失明原因1位という研究も、あるのだとか。




[体験談(1)]


東京都は大田区で、メガネ店を営む、ご夫婦。

お客さんの視力を測って、時には、眼科を紹介することも あるという。

なんですが、実は、ご夫婦ともに、緑内障を患っている。

旦那さんは、診断されて、30年。

奥さんも、診断されてから、3年です。


両眼ともに緑内障だという、旦那さん。

特に、右の視野が狭いらしい。

検査の結果、右目の80%、左目の40%、視野が欠けていることが判明しました。

右目で残っているのは、中心部のみ。


こうなったのには、原因があります。

ともかく、気づかないのだ。

実は、緑内障で視野が狭くなっているのに 気づけない人は、とっても多いんです。



緑内障と診断されて7年の別の男性、Bさん。

症状があると言われるまで、まったく気がつかなかったという。

日常生活も、差しさわりなかった。



別の男性 Cさんも、診断されて10年になりますが、気づきませんでした。

ほとんど、目のトラブルはなかったという。



でも、どうして、視野が欠けているのに、気づけないんだろう?




視野が欠けているのに気づけない理由


ササミ
白内障がダメージを受けるのは、レンズです。

でも、緑内障の場合、ダメージを受けるのは、「網膜」なんですね。

レンズを通して、外から入ってくる情報を、キャッチする部分。

網膜は、視覚情報をとらえ、脳に伝達する働きを持つ。


この網膜に たくさん張り巡らされている視神経が ダメージを受けると、視野が欠けちゃうんです。

でも、この時、入ってこない視覚情報を、脳が補っちゃうんですね。


欠けている視野を脳が補正


この脳の補正によって、見えていると勘違いしちゃうのだ。


しかも、視野が欠けていくのは、ほとんどが外側から。

中心部が見えなくなるのは、最後の最後なんです。

だから、気づきにくいんですね。


さらに、いったん失われた視野は、元には戻りません。




今回の本題は、ここから。


緑内障には、なりやすいタイプがあるのだという。

それは、いったい…。




緑内障になりやすいタイプ


ササミ
1つ目のポイントは、夜のお悩みに関するもの。

ヒントは、「いびき」です。

でも、ただのいびきではない。

むしろ、いびきが止まるのが、怖い。


そう、1つ目のポイントは、「睡眠時無呼吸症候群」

ある女性は、寝ている時、32秒も 息が止まっていました。


ちゃんと論文も、出てるんです。

「Prevalence of Glaucoma in Patients With Obstructive Sleep Apnoea - A Cross - Sectional Case - Series」


睡眠時無呼吸の患者さん100人に、緑内障の検査を実施しました。

その結果、4人に1人が緑内障だった。

(普通の人の場合、40歳以上で、5%)




そもそもの原因を知るために、ガッテンボーイの宮森右京くんが、検査を受けることに。

目に風を当てる、「眼圧検査」

協力してくれたのは、眼科医の吉野真未さんです。


そう、緑内障の原因となるのは、「眼圧」


眼球の中は、水分で満たされています。

眼球を丸い形に保つための圧力が、眼圧なんですね。

ところが、この水分が増えすぎると、眼圧が高くなって、網膜の視神経を傷つけてしまうことがあるのだ。

これが、視野が欠けてしまう原因に。


眼圧と視神経



検査の結果、宮森くんの眼圧は、右が 13.7mmHg で、左が 13.0 でした。

眼圧の正常値は、10~22mmHg

宮森くん、問題ありません。



では、緑内障の人は、みんな眼圧が高いんでしょうか?


実は、必ずしも、そうではないらしい。

正常範囲内の人も、いるようです。


確かに、眼圧は関係ある。

でも、それがすべてではない。

この両方が、いえるんですね。


模型の網膜くんは、言いました。

「眼圧が高くないけど、困るんだ」


はて、何が困るんだ?


これを解明すると、緑内障と睡眠時無呼吸症候群が、つながるらしいぞ。



目の専門家、ふたりの女性に、聞いちゃいましょう。


使うのは、日本では限られた施設にしかない、最新装置です。

東京女子医科大学 眼科の 小暮朗子 先生によれば、「眼底の深いところの毛細血管まで捉えることができる」とのこと。



まずは、番組の若手スタッフが試すことに。

網膜の一部を、拡大します。


網膜の毛細血管


赤いはっきりした線は、網膜の動脈や静脈。

毛細血管は、周りの部分にある。

緑色の部分に、毛細血管がたくさん隠れているのだとか。


緑がかった部分は、正常。

スタッフさんの目は、健康なようですね。

(緑=網膜の毛細血管が健康)



若松河田眼科クリニックに協力いただき、実験です。

緑内障の患者さんを、この機器で、検査してもらう。

説明してくれるのは、東北大学医学部 眼科学教室の 相澤奈帆子 先生。


1枚目の画像の人は、正常な人と比べ、血流が下がって、少し青みが強いようです。

2枚目の画像の人は、もともと細い毛細血管が、より細くなっている。

3枚目の画像も、真っ青。


網膜の血流



緑内障って、網膜の血流も、大きく関係してるんですね。

血流が下がると、網膜に届く栄養や酸素が、足りなくなる。

そうすると、網膜の視神経が、虚弱状態に陥ってしまう。

正常な眼圧でも、大きなダメージを受けちゃうんですね。




中澤徹 先生の解説


ここでスタジオに、専門家の先生が登場。

東北大学医学部 眼科学教室の 中澤徹 主任教授です。

中澤先生は、眼科の専門医として、長年、緑内障と網膜の血流との関係について、研究してきました。


さて、緑内障になりやすいのは、どのようなタイプなんでしょうか?



睡眠時無呼吸症候群に続いて、2つ目は、「低血圧・高血圧」


低血圧は、全身の血流が悪い、典型例です。

なので、網膜の血流低下を招きやすい。


高血圧の場合、血圧が高いことによって、網膜の毛細血管が動脈硬化を受けて、血流低下を招きやすいのだ。



3つ目は、「糖尿病」


血中の糖が網膜の毛細血管を傷つけ、血流低下を招きやすい。




その他にも、あります。

それが、「偏頭痛」


偏頭痛は、脳の血管が収縮して拡張しやすい。

目と脳の血管は非常に似ているので、網膜でも似た現象が起きて、血流が低下するのだとか。




東北大学医学部 眼科学教室の実験。


まず、普通の状態で、網膜の血流状態を測定。

次に、冷水に10秒間 手を入れてから、同じように測定します。


その結果が、これ。


冷水に手を入れただけで


冷水に手を入れると、網膜の血流が悪くなっています。


冷え性が目の見え方と関係しているという研究も、あるらしい。



目の健康には、血液の量と質の維持が、大切なんですね。




他にも、ポイントが。



「家族歴」


血縁のある親族に、緑内障の患者がいる人は、リスクが高い。

眼科での検診を、おススメします。



「近視」


眼球が大きくなって、毛細血管を圧迫。

網膜の血流低下を、起こしやすい。

(強い近視、度数 -5.0以上が目安)





白内障と緑内障を同時に持つ人は、かなりいるのだそう。

白内障が強いと、目の中がよく見えないため、判明しづらい。

なので、手術でよくなってから、緑内障が見つかるケースも。




気になる人は、眼科を受診してください。

その際、眼底検査も一緒にするのが、一番効率がいいらしいですよ。




<眼底検査>


近所の眼科でも受けられる検査です。


眼底検査


網膜を撮影し、詳しく観察することで、視神経がダメージを受けているか、チェックできる。





<OCT>


さらに早い段階でダメージを見つけてくれるのが、これ。

緑内障の早期発見に、有効なんです。

多くのクリニックで導入されている検査機だという。


赤や黄色が目立つと、健康。

緑内障の人は、真っ青に。


OCT


これなら、網膜が薄くなって弱っているのが、一目瞭然です。



気になる人は、眼科で一度、相談してみてくださいね。




<緑内障の治療>


眼圧を下げる点眼薬を用いる。

これを有効に使えば、手術をしなくても、多くの患者さんが、眼圧を下げ、緑内障の進行を抑制できるのだとか。





海外のデータですが、こんなものも。


<CNTGS(緑内障治療の有効性を検証した研究)>


正常値でも、眼圧を30%低下させると、80%の患者で、緑内障の進行が抑制される。


なので、網膜が弱っている状態だと、できるだけ眼圧を下げることによって、より長く視野を維持することができるようです。





<目薬の注意点>


眼圧を下げる点眼薬は、お医者さんが処方するものなので、きちんとその指示に従ってください。



緑内障は自覚しづらいので、1年間でおよそ40%の患者が、目薬の使用を勝手にやめてしまうという調査結果もある。

目薬は、緑内障の進行を抑えるのに、とっても大切なもの。

自分の判断で やめたりしないでくださいね。





目薬のほかに、眼圧を下げてくれるものが。

それが、「有酸素運動」

全身の血流を改善してくれることに加え、眼圧を下げてくれるという研究も あるんです。






<まとめ>


40歳以上で

低血圧、高血圧、糖尿病、

偏頭痛、睡眠時無呼吸症候群、

近視、家族歴のある人

そんな人は、緑内障の検査を。



まとめ



40歳以上になると、老眼が始まってきます。

老眼による目の疲れや見えにくさと 緑内障の症状が、非常にかぶって見えるために、より発見が遅れがちなのだそう。

中澤先生によれば、上記の症状に当てはまるものが多い人は、緑内障になりやすい体質であることを自覚し、たとえ眼圧が正常だと言われても、眼底検査を受けることをおススメするとのこと。




コンタクトレンズ型


ササミ
緑内障をめぐる、ちょっと意外な研究が。


宮森くんが向かったのは、札幌市にある 北海道大学大学院。

診療講師の 新明康弘 先生に、教えてもらいます。


見せてくれたのは、「コンタクトレンズ型の眼圧計」だ。

これなら、寝てる間でも、眼圧が測れます。

スイスで開発されたもので、日本では研究用だという。


コンタクトレンズ型の眼圧計


目の周りに、レシーバーとなるリングを装着。

コンタクトレンズから、眼圧のデータを送信して、レコーダーで記録する。


実は、この研究からも、眼圧が高くなくても緑内障になってしまうことが、確かめられている。





NHKガッテン!  2017年 春号



実例でよくわかる!目の病気 ~緑内障・白内障・加齢黄斑変性・網膜剥離~ (生活シリーズ NHKチョイス@病気になったとき)



NHKためしてガッテン 「目の老化」を防ぐ新常識


 



次回は、これ。

大事な心臓を、パワーアップする方法とは?

「STOP突然死! 強い心臓をめざせSP」。




[関係する記事]

 → 「2日で失明? 急性緑内障」
 → 「うっかりミスと緑内障」

 → 「トゲトゲ型 白内障 手術と初期症状」
 → 【加齢による色覚異常】見間違いから着衣着火に!




tag : ためしてガッテン 眼科





web拍手 by FC2

にほんブログ村 健康ブログへ

人気ブログランキングへ



FC2カウンター

 RSSリーダーで購読する

 メールで購読する



アーカイブ
 ためしてガッテンの
 アーカイブ 過去記事


 → 2011年 前半
 → 2011年 後半

 → 2012年 1月~3月
 → 2012年 4月~7月
 → 2012年 8月~12月

 → 2013年 1月~3月
 → 2013年 4月~6月

 → 食べ物・料理

 [全記事表示]

にほんブログ村 にほんブログ村へ

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

荒巻ケンコー

Author:荒巻ケンコー
カラダを労わるためのメモ帳。

栄養管理でメタボは脱出。
できるところから、他もメンテナンス。

最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【水中運動】 ART&お風呂ストレッチ 須藤明治/ゲンキの時間 Aug 13, 2017
【認知症】 接する時のポイント/きょうの健康 Aug 10, 2017
【熱中症クイズ】 室内でも要注意な理由と対策/ゲンキの時間 Aug 06, 2017
【部屋を広く見せる方法】 ホームステージング/ウラマヨ Aug 03, 2017
【不応性貧血】 樋口大悟さんの体験/ゲンキの時間 後編 Jul 30, 2017
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
忍者
検索フォーム Google

記事内検索フォーム。
Google
注目記事
注目記事
忍者

注目記事
広告
食べ物の記事
健康の新常識
ダイエット 痩身
検索フォーム FC2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Flashゲーム&占いおみくじ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
にほんブログ村
ブログパーツ