「耳管開放症と耳キーンの原因/ためしてガッテン」

年齢と関係なく耳が聞こえなくなる、そんな異常を起こしている人がたくさんいるという。

この病気にかかっている人は、予備軍も含めると、推定600万人。

しかも、この病気はごく最近まで、非常に珍しい病気だと考えられていました。

なので耳鼻科医の中でも、認識が十分ではないという。

誤診されてしまうことも、ある。


いったい、どんな病気なんだろう?



2012年9月12日放送の「ためしてガッテン」より、「あの耳キーンが要注意 急増!謎の耳づまり病」からのメモ書きです。




謎の耳づまり病 耳管開放症




謎の耳づまり


・推定600万人ということは、
 およそ20人に1人の割合。
・そんなに多いの?

・長い間謎だったということで、
 「謎の耳づまり病」と
 番組で名づけられた。

・その症状を体験してもらおうと、
 ゲストの榊原郁恵さんに
 ヘッドフォンが渡されました。
・郁恵さんによると、
 も~ん! じ~ん! とするらしい。
・自分の声がやかましく聞こえて
 会話するのが嫌になるくらい。

・そんな病気の実態とは?


・この病気に悩んでいる方に、
 話を聞きました。


・ある男性によれば、
 「思ったことがまず口から出ない」
 という。
・「相槌を打つのもしんどい」
・なので、話さない人、
 意見を言わない人、
 答えない人、
 そんな状態に追い込まれてしまう。

・耳の病気なのに、
 話せなくなってしまうらしい。


・別の女性は、
 頭の中がすごいという。
・悪い時は、グチャグチャになる。
・そのつらさは、
 死ぬことを考えてしまうほど。


・そこまで人を追いつめる
 この病気とは何なのでしょう?


・Sさんという55歳の男性。
・8年前に、症状が出はじめました。

・最初は、気にならなかったといいます。
・そのうち治るだろうと考えていた。

・でも、その症状は、突然現れました。

・話していると急に来るのですが、
 ちょうど耳の中に水がたまったような状態。
・でも、すぐに元に戻るので、
 気にしなかった。
・ところが次第に、
 不思議な症状が現れはじめました。

・自分のしゃべった声が、
 耳の内側から
 頭全体に響き渡る。

・普段とはまったく違うというその声を
 音響工学の専門家に再現してもらいました。
・波形を見ると、すごく大きくなっている。
・振り切れちゃってますね。

・突然襲いかかる奇妙な症状に、
 Sさんは何度もパニックになったという。
・あわてて近所の耳鼻科に駆け込みました。

・でも、検査をしても、異常がない。
・お医者さんも、首をかしげます。

・症状はやがて、耐えがたいものとなった。
・朝起きたらすぐに、
 声だけでなく呼吸音まで
 頭の中で響き渡る。
・そしてこの状態が、
 1日中続くようになりました。

・その時を振り返って、Sさんは言った。
・頭の上にジェット機が回っている感じだと。
・朝から夜まで、頭の上を飛んでいる。

・言葉では言い表せない、つらさでした。



・この病気は進行すると、
 手術が必要になることもある。

・耳の奥深くから、
 あるものが取り出されました。

・直径1センチほどのカタマリ。
・これでも、小さい方らしい。
・大きいものだと、
 耳の穴よりもずっと大きい。

・これはいったい、何なんだろう?
・東北大学医学部 耳鼻咽喉 頭頸部外科
 小林俊光 教授に聞いてみました。

・これはいわば、耳あかの親玉。

・え? ええ~!!


・謎の耳づまり、原因は耳あかなの?




原因は鼓膜?


・ここで、試してガッテン大調査だ!

・謎の耳づまり感がある人を、
 ショッピングモールで探してみました。

・どうも、けっこういるみたいです。

・そこでみなさんに、
 耳の中を見せてもらいました。
・特殊な機器で、覗かせてもらいます。

・耳の奥へ進んでいくと、
 透明な膜のようなものが
 見えてきましたよ。

・実はこれが、鼓膜です。

・耳あかは見えませんでしたが、
 お医者さんの判定は、要注意。

・あれ? なんで?

・要注意の人が、どんどん増えていきます。

・中には、間違いないと言われる人まで。
・鼓膜が動いていると言ってますよ。

・それって、どういうこと?


・何もしてないのに、鼓膜が動く。
・これこそが、謎の耳づまり病の
 謎を解くカギだといいます。

・耳あかではなく、鼓膜なのか?


・耳あかの親玉と言ったのは、
 結果らしい。
・原因は、別にある。

・その原因は、鼓膜の動きにありました。

・鼓膜は本来、振動して音を伝える。
・なので、小さく振動するのは正しい。
・でも、異常があると言われた鼓膜は、
 ペコッ、ポコッと、
 大きな動きをしている。


・今話題の、東京スカイツリー。
・最大の見どころは、展望台ですね。
・そこへ運んでくれるのは、
 超高速エレベーター。

・最高速度は、分速600メートルだ。
・つまり、1秒で10メートル。

・でも、これをはるかに超える
 超高速のエレベーターが、
 横浜にありました。
・営業中のビルでは日本一高い、
 横浜ランドマークタワー。

・こちらのエレベーターは、
 分速750メートル。
・日本で一番早い
 エレベーターなのです。


・ここで、
 エレベーター大実験!
・観光客のみなさんに、
 協力してもらいました。

・まずは上りのエレベーターで、
 展望台のある69階に向かいます。
・するとみなさん、
 「キター!」という札を上げた。

・別のグループも、
 50階あたりで札を上げました。
・耳がキーンとすると。

・上りのエレベーターは、
 けっこうくるみたいですよ。


・展望フロアで絶景を楽しんだ後は、
 下りのエレベーターへ。

・こちらも、札が上がります。
・下りでも、やっぱりくるのか。

・でも、耳のキーンは、
 上りと下りで
 どっちが強いんだろう?

・どうも、下りの時の方が、
 きついみたいですね。
・みなさん口々に、そうおっしゃられます。

・でも、上りと下りで、
 なぜここまで違うんだろう?




耳キーンの原因


・ここで、模型が登場。
・私たちの耳の奥には、鼓膜がある。
・その鼓膜の中を、
 中耳(ちゅうじ)といいます。

・エレベーターが上昇すると、
 外の気圧がさがる。
・すると、中耳の中の空気が
 ふくらみます。

・山や飛行機でスナック菓子の袋が
 ふくらみますよね。
・あれは、これと同じ原理。


・では、エレベーターが下降すると
 どうなるだろう?

・外の気圧が上がるので、
 中耳の中の空気はしぼむ。


・エレベーターの上昇だと、
 鼓膜は外側にはった状態になる。
・下降する時だと、
 鼓膜は内側にはった状態に。

・これはどちらも
 鼓膜がはった状態なので、
 聞こえが悪くなります。
・それで、耳づまり感も生じる。

・なのでみんな、耳抜きをしたり、
 ツバを飲み込んだりする。


・でも、どうしてツバを飲み込んだら
 治るのだろう?

・実は中耳は、奥の方で
 鼻とつながっている。
・その部分を、耳管(じかん)といいます。

・ツバを飲むと、この耳管が
 一時的に開く。
・すると、外の気圧と中の気圧が
 同じになるんですね。

・それで、耳づまり感が治る。


・では、下りの方が耳キーンが強いのは、
 なぜか?

・下る時は、中耳の中の空気がしぼむ。
・すると、鼓膜は内側にひっぱられるし、
 中耳の中もしぼむ格好。
・そして、耳管も、吸いつき合うのです。

・上りの時と比べて、
 耳管が開きにくくなるというわけ。




耳管と耳づまり病


・謎の耳づまり病。
・その時、鼓膜は、
 内と外にペコペコ動いている。

・気圧差はなさそうですが、
 なぜこんな動きを?

・実は、こうなる原因は、
 耳管が開いてしまっているから。
・開きっぱなしになっているんですね。

・こうなると、息を吐く時に、
 耳管を通って空気が
 中耳にも送り込まれてしまう。
・それで鼓膜が、外に押される。

・逆に息を吸う時には、
 鼓膜は内側に押される。

・ペコッポコッは、
 この繰り返しだったのです。


・呼吸が耳管を通して、鼓膜に伝わる。
・これが、耳づまり感を生んでいたんですね。


・じゃあ、自分の声が耳に響く
 その理由は?

・耳管が開いているせいで、
 自分の声が内側から
 鼓膜に伝わってしまう。

・というわけで、
 謎の耳づまりの病名ですが、
 「耳管開放症」という。

・耳づまりといいながら、
 実は、耳開きだった。

・謎の耳づまり病とは、
 耳管が開きっぱなしになる病気だったのです。

・ガッテン! ガッテン!




耳管開放症


・スタジオに、東北大学医学部
 耳鼻咽喉 頭頸部外科の
 小林俊光 教授が来てくださいました。

・この病気は、
 いつも症状が出ているとは限らない。
・症状が出てない時は
 耳管が閉じているので、
 今まで診断が難しかった。


<耳管開放症の原因>

・体重減少
・ホルモンバランス
・脱水症状や血行不良など



・耳管の周りには、脂肪組織がある。
・なので、脂肪が減ると
 耳管が開きやすくなるのです。
・急激なダイエットは、要注意。

・ホルモンバランスですが、
 妊娠中は6人に1人が
 軽い耳管開放症に。
・ただし、出産後、
 ほとんどの人が治る。

・脱水症状や血行不良でも、
 耳管がゆるみやすくなります。


・原因はさまざまで、
 ちょっとしたきっかけにより、
 誰もが発症する可能性がある。




巨大耳あかの正体


・でも、手術で取り出した
 あの巨大な耳あかとは何だったのか?


・巨大耳あかは、
 鼓膜の上の方にありました。
・もう、脳の近くです。

・実は、患者さんがつらさから
 逃れるためにやってしまう
 ある行為が原因で、
 巨大耳あかができる。


・普通の耳あかとは、何でしょう?
・耳あかは、
 古くなってはがれ落ちた皮膚に
 分泌液が混じったもの。

・耳の穴の奥の方では、
 皮膚が外側へと動いています。
・だから普通なら、耳の奥の方に
 耳あかがたまることはありません。

・でも、患者さんがついやってしまう
 あることが、
 巨大耳あかの原因になってしまうという。


・それは、「鼻すすりロック」
 と呼ばれるもの。

・耳管開放症の人が鼻をすすると、
 一時的に耳管が吸いつく。

・でもこれは、絶対にやってはいけない行為!

・鼻を何度もすすると、
 鼓膜はその度に
 内側にひっぱられます。
・これを何年も繰り返すうちに
 鼓膜が内側にへこむ癖がつくんです。

・それがくぼみになり、
 ポケットができてしまう。
・そのポケットに、
 耳あかがたまってしまうんですね。

・いったん溜まりはじめると、
 もう流れは止められない。
・どんどん溜まって、
 やがて周りに炎症を起こし、
 食い込んでいく。

・でも、この段階では、
 ほとんど痛みを感じないのだという。

・やがてその炎症は
 内耳にも影響を与え、
 徐々に聞こえづらくなる。
・そしてある日突然、
 まったく聞こえなくなる。
・聴力を失ってしまいます。

・脳と耳の間には骨があるんですが、
 その骨を耳あかは溶かしてしまうという。
・脳に到達すれば、命の危険も。


もう一つ絶対やってはいけないのが、
 鼻をつまんで息を吸うこと

・小さな子どもなどで、
 鼻をつまんで息を吸う仕草には
 要注意。

・ただ、健康な人が鼻すすりしても、
 巨大耳あかはできないらしい。




改善のポイント


・インターネットを通じて
 小野アナウンサーが
 耳管開放症の患者さんたちの
 話を聞かせてもらうことになりました。

・チャット形式ですね。

・みなさんはどんな方法で
 症状を改善しているのでしょうか?


・ある人は、深くお辞儀をするように頭を下げる。
・ある人は、しばらく横になるという。
・首の後ろや耳の後ろに
 カイロをあてる人もいます。


・ここで再び、小林先生が登場。
・改善のポイントを教えてくれました。


<症状改善のポイント>

・血行改善。
・水分補給。
・リラックス。



・例えば、頭を下げると、
 耳管の周囲の血流量が増え、
 閉じやすくなると考えられる。

・ネクタイやスカーフを少し強くしめると、
 静脈がやや圧迫され、
 頭の方に血が残り、
 耳管が閉まるのだそう。

・水を飲んだり、リラックスしたり、
 それで軽減される人もいる。

・応急対策の効果は人それぞれなので、
 自分にあった方法を。


・ただし、重症になると、
 対処方法がどれも効かない場合も。


・症状が重い人は、耳鼻科を受診してください。
・その際は、行く前に自己チェックを。


<自己チェック法>

・頭を下げたり、横になると、
 症状が改善される。
・この場合は、耳管開放症の可能性が
 高い。



・処置は、生理食塩水を使った
 対処療法だという。
・様子を見ているうちに
 自然治癒する場合もある。
・重症の場合には、手術することも。


・患者さんが一番求めているのは、
 周囲の理解。
・現在では、分かってもらえないことが
 多いのだという。


・耳管開放症は、本人も周囲の人も
 正しく理解することが大切なようです。

・ガッテン、ガッテン!





NHK ためしてガッテン 2012年 08月号 [雑誌]




感覚器〔視覚と聴覚〕と社会とのつながり ―見るよろこび・聞くよろこび― (日学新書(2))


 





謎の耳づまりとは、初めて聞きました。声や呼吸音が内側から聞こえるわけだから、相当しんどそうですね。いつもとなったら、もうたまらない。

それが理解されなかったら、余計にたまらないか。

そういった理解の部分で、ガッテンが役立つかもしれませんね。



[まとめ]


・耳管が開きっぱなしになると、
 耳管を通して呼吸まで鼓膜に伝わる。
・これが耳づまり感の原因。
・自分の声も、内側から
 鼓膜に伝わってしまいます。

・これを、耳管開放症という。
・その原因は、体重減少や
 ホルモンバランス、
 脱水症状や血行不良など。

・耳管開放症の患者さんが
 症状を軽減しようと
 鼻すすりロックをすると、
 やがて鼓膜が内側に引っ張られ、
 巨大な耳あかができてしまう。
・やがて炎症を起こし、
 耳が聞こえなくなることも。

・鼻をつまんで息を吸うのも、
 耳管開放症の人はやってはいけない。

・改善のポイントは、
 血行改善に水分補給、
 リラックス。





次回は、「ついに発見! 顔のシワ本当に作らない美肌術」。





NHKためしてガッテン健康プレミアム4 2012年 08月号 [雑誌]




NHK きょうの健康 2012年 09月号 [雑誌]






 → 「ためしてガッテン 2012年のアーカイブ 4月~7月」





関連記事




tag : ためしてガッテン 耳の病気


<スポンサードリンク>



web拍手 by FC2

にほんブログ村 健康ブログへ

人気ブログランキングへ




FC2カウンター

 RSSリーダーで購読する

 メールで購読する



アーカイブ
 ためしてガッテンの
 アーカイブ 過去記事


 → 2011年 前半
 → 2011年 後半

 → 2012年 1月~3月
 → 2012年 4月~7月
 → 2012年 8月~12月

 → 2013年 1月~3月
 → 2013年 4月~6月

 → 食べ物・料理

 [全記事表示]

にほんブログ村 にほんブログ村へ

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

荒巻ケンコー

Author:荒巻ケンコー
カラダを労わるためのメモ帳。

栄養管理でメタボは脱出。
できるところから、他もメンテナンス。

最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【鳥取】 ラッキョウと薬味の健康効果 Jun 25, 2017
【すりおろしゴボウ】 作り方と保存法/ガッテン 3/3 Jun 22, 2017
【ごぼう】 甘くする方法と素揚げの作り方/ガッテン 2/3 Jun 22, 2017
【ゴボウ】 セルビア流 お茶の作り方/ガッテン 1/3 Jun 22, 2017
【ゴースト血管】簡単テスト&ルイボスティー効果/ゲンキの時間 Jun 18, 2017
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
忍者

検索フォーム Google

記事内検索フォーム。
Google
注目記事
注目記事
忍者

注目記事
広告
食べ物の記事
健康の新常識
ダイエット 痩身
検索フォーム FC2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Flashゲーム&占いおみくじ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
にほんブログ村
ブログパーツ