プチ断食とケトン体 空腹期強収縮で便秘解消?/ためしてガッテン

今日のテーマは、プチ断食。

週末プチ断食で増えた、ケトン体って何だ?

アンセル・キーズ博士による実験の、壮絶な結果とは?

絶食と水素の関係は?

宿便って、本当は何なの?

緑の便の正体とは?

空腹期強収縮が、胃腸をお掃除してくれる?

老化を遅らせてくれるという長寿遺伝子との関係は?



2012年11月7日放送の「ためしてガッテン」より、「美やせ&腸までキレイ 出た!プチ断食大解剖」からのメモ書きです。




プチ断食 空腹時強収縮で便秘解消?




流行中のプチ断食


・今日のテーマは、空腹です。
・空腹健康法が大ブームって、知ってました?

・本屋さんでも、関連本がズラリ。
・「空腹が人を健康にする」
・「温断食」など。

・朝ごはんをワザと抜いたり、
 週末を飲み物だけで過ごすという
 「プチ断食」が流行ってるんだって。

・でもさ、3食ちゃんと食べないと、
 元気が出ないんじゃなかったっけ?
・特に、朝食べないと、
 頭が回らないとか言わない?

・ところがところが、
 ある大学教授は言いました。
・プチ断食も、うまく行えば、
 ダイエットだけでなく、
 健康で長生きするのに
 とても有効なんだって。

・そんなプチ断食に
 期待されている効果は、
 ダイエットやメタボ予防、
 アンチエイジング、
 宿便や便秘の解消も。
・お肌に期待する街の人もいます。

・プチ断食でメタボ脱出に成功した男性は、
 コレステロールが下がったし、
 腰の痛みも軽減したという。


・ただ、別の大学教授はこんな意見を。

・プチ断食は、必ずしも
 健康的とは言えないと思います。

・あらら、どっちなんだろう?




最後は自己判断?


・そもそも、プチ断食って、
 どういうものなんだろう?

・定義はいろいろあるものの、
 こういうものらしい。

・朝食抜きの「半日断食」。
・週末だけの「週末断食」。

・中には、ジュースやスープは
 飲んでもいいというものもある。

・本格的な断食ではなく、
 ちょっとだけ断食するから、
 プチ断食か。


・いろんな効果が期待される、プチ断食。
・そして今回、新しい言葉が出てきます。

・それは、「長寿遺伝子」

・いかにも健康に関係しそうですね。
・この長寿遺伝子が、
 プチ断食と関係するんだってさ。



・今週のガッテンは、最終的に
 自己判断に任せるそう。

・情報をお伝えした上で、
 やるかやらないかは、
 それぞれで決めてもらうと。

・今日のゲストは、
 板東英二さん、三船美佳さん。
・ここにレギュラーの
 山瀬まみさんを加え、
 3人が番組の最後に
 やるかやらないか書いてもらう。

・さて、どうなりますやら。




ホテルで、週末プチ断食


・気になる効果といえば、
 やはりダイエットや
 メタボ予防かな。

・でも、本当にできるんだろうか?

・ならば試そうということで、
 ホテルでの断食を
 体験してもらいました。


・ホテルの宿泊プランとして
 週末断食が人気らしい。
・今回は、これを検証しよう
 っていうわけ。

・題して、<週末プチ断食 大実験>。

・本当は食べるのが大好きだけど、
 できれば痩せたい。
・そんな4人に、参加してもらいました。

・このプランでは、医師や栄養士が、
 ちゃんとサポートしてくれます。

・今回は、栄養管理士の田中景子さんが
 協力してくれました。


・内容は、週末の土日、2日間だけを、
 ホテルでプチ断食するというもの。

・今回参加の4人には、
 2週にわたって挑戦してもらった。


・まずは血液の採取です。
・これは、成分の変化を
 徹底的に調査するため。


<1日目の昼食>

・緑色の飲み物が出てきました。

・これは、タピオカ入り抹茶ミルク
・205kcalなり。


<1日目の夕食>

洋風茶碗蒸しとアスパラスープの二層仕立て
・220kcal。

・ホテルの料理だけあって、
 見た目も華やか。
・ただ、やはり、量は少なめですね。



・11時に就寝した皆さんですが、
 ご夫婦で参加したおふたりは
 空腹のため深夜に
 目が覚めちゃったようです。

・そうなるよな~。



<2日目の朝食>

抹茶ミルク
・205kcal。


<2日目の昼食>

マンゴーと野菜と豆乳のジュース
・220kcal。


<2日目の夕食>

じゃがいもとマッシュルームのポタージュ
・250kcal。



・これで、1週目のプチ断食は、
 終了しました。

・自宅では、食べ過ぎに気をつけながら、
 普段通りの食事をいただく。

・そして、翌週の週末に、
 2週目が開始されます。
・再び、プチ断食を体験し、
 終わった後に、感想を聞いてみました。

・ある男性は、きつい! と。
・お肉の食べ放題に行きたいという
 女性もいた。
・やっぱり、食べ物のことを
 考えちゃうようですね。


・さあ、問題なのが、結果です。
・みなさんの体には、
 どんな変化が起きているのでしょう?

・おっ、喜んでますね。



<週末プチ断食の結果>

・まずは、体重の変化から。
・-2.8、-3.25、-2.55、-4.4kg。

・うわ! 平均で、3.25kg 減った!


・中性脂肪は、どうだろう?
・65→65、170→105、76→66、37→29。
・170mg/dlと基準値を超えてた人が、
 基準内に戻ってる。


・さらに、劇的に増えていたものがある。
・419→1434、104→1257、1294→3152、96→2393。
・それは、「ケトン体」


・ああ、ケトンね。
・ケトン、ケトン。
・あのケトンでしょ。

・で、ケトン体って、何?




ケトン体


・脳のエネルギー源は、ブドウ糖です。
・血液にのって運ばれてくるブドウ糖を、
 大量に消費して、働いているんですね。

・ところがです、長い時間 空腹でいると、
 脳に十分な糖が送られなくなり、
 脳はエネルギー不足で困ったことになる。

・オーノー!と叫びそうです。(脳だけに)

・すると体の中では、
 体のあるものを分解して、
 ケトン体を作りはじめます。

・このケトン体が脳に運ばれ、
 糖の代わりに、
 脳のエネルギーになるのです。

・で、このケトン体ですが、
 もとは脂肪。
・つまり、脂肪が消費されるわけ。
・こりゃ、大助かりだ。

・ケトン体とは、人間が飢餓を逃れるために
 兼ね備えていった仕組みなんですね。

・というわけで、食べなければ、
 運動しなくても
 脂肪は燃えるというわけ。


・ただ、ケトン体は、こんな一面もある。

・上に書いたように、
 血液中の糖が足りなくなると、
 私たちの体は
 脂肪を分解して、ケトン体を作って、
 糖の代用品とします。

・ただ、このケトン体にも、
 残念なところがあるという。

・ケトン体は、酸性なんですね。
・なので、酸性のケトン体が
 体内で増えすぎると、
 体全体が酸性になってしまう。
・場合によっては、
 意識障害や昏睡に陥ることも
 あるのだそう。

・専門的には、
 ケトアシドーシスという
 状態になってしまう。


・う~ん、ケトン体に頼りすぎると
 危険なわけか。

・それで完全断食ではなく、
 プチ断食すると。

・食事の量を減らしすぎると、
 ケトアシドーシスに
 なる可能性があるので、
 注意が必要なんですね。


・さて、平均で約3kg減った4人の方々ですが、
 プチ断食の4日間だけだと
 こうはいかなかったという。
・脂肪に換算して、最大でも
 0.8kg~1kgしか
 減らない計算らしい。

・ということは、
 普段の日も、減らしてたんですね。

・ついついやりすぎてしまう
 傾向がある。




アンセル・キーズ博士の実験


・1944年、第二次世界大戦のまっただ中、
 アメリカはミネソタ州で
 その実験は行われました。

・兵士たちは、どのくらいの栄養状態で
 戦えるのか?
・それを検証するのが目的でした。

・実験を指揮したのは、
 アンセル・キーズ博士。
・当時のアメリカを代表する
 生理学者でした。

・実験に参加したのは、
 自ら志願した健康な若者
 36人。

・キーズ博士は、彼らの食事を
 1日2回のプチ断食状態にして
 6ヵ月間実験しました。
・さらに普段の生活に加えて、
 上り坂に設定した機器で
 ウォーキングするなど、
 定期的に運動も行った。

・実験の期間中、博士は
 彼らの健康状態や体型の変化なども
 細かく記録。

・さて、1日2食にしながら
 体を鍛えた影響は、
 どう出たのでしょう?


・6ヵ月後、
 彼らの脂肪は落ちて、
 引き締まった肉体に!
 と思ったら、
 それどころではありませんでした。

・なんと、心臓が小さくなっていたのです。


・なぜ、こうなったのか?

・心臓は、筋肉でできています。
・その筋肉が、痩せちゃったんですね。

・6ヵ月後の彼らの姿は、
 ガリガリに痩せた状態。
・肋骨が浮き出てしまっています。

・人間の体は、栄養が足りないと、
 脂肪だけでなく、
 筋肉まで分解してしまうのです。


・ミネソタでの実験は、
 カロリーを55%にまで減らして
 行われていました。
・この実験では、1日に
 1750kcal摂取していた。
 (アメリカ人の成人男性で、運動込みということなんでしょう)


・というわけで、
 プチ断食するにしても、
 タンパク質はしっかり摂りたい。
・1日に摂取するタンパク質の
 推奨量は、
 成人男性で60g、
 成人女性で50g。

・これは牛肉だけなら、300g程度。
・豆腐だけだと、4丁程度。
・魚の切り身だと、4切れ程度。

・しかも、単品で摂るのは
 栄養に偏りが生じるので
 推奨できません。



・う~ん、
 プチ断食は効果が
 期待できるかもしれないけど、
 長期間やったり極端になると
 危ないわけですね。

・やり方をしっかり考えないと。




絶食で水素?


・お次は、1日断食 大実験。
・6人の男性に参加してもらいました。

・ピンクチームの3人は、
 普段どおりに食事をしてます。
・青チームの3人は、
 丸一日 何も食べていません。

・実はこの時、青チームの3人には、
 ある重大な体の変化が起きていました。

・その変化を見極めてくれるのが、
 東邦大学 総合診療 救急医学講座の
 瓜田純久 教授。
・問診もせず、血液検査もせず、
 絶食したかどうか
 判定することができるという。

・どこかで聞いた言葉だと思ったら、
 この瓜田先生、
 問診もせずに過敏性腸症候群が
 診断できると、
 以前にガッテンで言ってた人だ。


・先生は、小さな袋を配りはじめました。
・何と、絶食すると、
 吐く息が変わってくるんだってさ。

・息が変わる?
・どう変わるのでしょう?

・調べてみると、
 絶食した人の息の中には、
 水素ガスが増えていました。


・断食と水素には、
 ハッキリとした関係があります。

・食べ物の消化を
 主に担当しているのが、小腸。
・普通、食事をすると、
 小腸で消化吸収されて、
 食物繊維などの食べ物のカスが
 大腸へと進みます。

・でも、断食をすると、
 小腸に異変が現れる。

・絶食すると、小腸の
 消化吸収能力が低下するのです。
 (人によって程度が異なりますが)

・そうすると、食事を再開しても、
 ちゃんと消化ができないために、
 未消化な食べ物が
 そのまま大腸に入ってしまう。

・水素は、この未消化の食べ物を
 大腸の腸内細菌が食べて
 出すものなのです。


・瓜田先生は、おっしゃいました。
・わずか1日の絶食でも、
 小腸の消化吸収力が低下すると。
・しかも、この回復には、
 数日要する場合があるという。

・したがって、頻繁に絶食すると、
 必要な栄養素が入ってこないという
 リスクが生じてしまう。

・ビタミンやミネラルという
 重要な栄養素が入ってこないと、
 大問題になるんですね。




宿便の正体と空腹期強収縮


・次は、便秘解消と宿便ドッサリ。

・宿便という言葉はよく聞きますが、
 どういう状態なんでしょうね。
・腸にへばりついているという
 イメージがありますが、
 実際はどうなんでしょう?

・宿便の正体とは?


・プチ断食の効果で
 よく謳われているのが、
 宿便の排せつです。

・その正体を探るために、
 長年便秘で悩んでいるという
 女性に協力してもらいました。

・ひどい時は、3日に1回。
・もっとひどい時は、
 5日に1回だといいます。

・宿便、たまってそうですね。

・さっそく検査室へ。

・診てくれるのは、
 大腸肛門病 消化器内視鏡 専門医の
 黒田敏彦 先生。
 (ニコタマ大腸・肛門クリニック)
・1万人以上の大腸の中を見てきた
 プロフェッショナルです。

・診察台に横になって、
 内視鏡で大腸の中を
 見せてもらいます。

・そして、結果はというと、
 宿便はありませんでした。
・先生は、キレイな腸でしたねと、
 笑ってくれた。

・んん?
・どういうこと?


・検査後、黒田先生に聞くと、
 宿便は理論的にあり得ない
 と言われました。

・腸の壁は、粘液が分泌されているので、
 そもそも非常に便がこびりつきにくい
 場所なんですね。
・しかも、腸の壁の細胞というのは、
 次々にはがれ落ちては
 新しく作られている。
・体の中で最も、
 細胞の入れ代わりが早い組織。

・だから仮に、もし便が壁に
 へばりついたとしても、
 すぐに壁ごと はがれてしまう。
・こびりつき続けることは
 ないんです。


・辞書を引くと、宿便は
 こう説明されている。
・腸内に長くたまっていた便。
 (広辞苑)

・排出されないで、長い間、
 大腸や直腸にたまっている便を
 宿便というのか。
・シュクベン! シュクベン!
・いや、ガッテン! ガッテン!


・便とは食べカス、食物繊維などで
 構成されています。
・でも、断食をすると、食べてないので、
 これがなくなってしまう。

・残るのは、腸内細菌と細胞の死がい。
・これだけが出てくるので、
 見た目が変わっちゃうわけ。
・緑色だったり、ベタッとしている
 という人もいます。


・ふ~ん、
 宿便はこびりついた便では
 なかったんだ。

・じゃあ、便秘が解消されれば、
 いいわけね。


・小野文恵アナは言いました。
・(効果は)あります!

・それが、「空腹期強収縮」

・空腹の時の動きを
 調べた時の映像。
・胃腸が激しく動いてます。

・内視鏡で見てみても、
 胃が激しく動いてますねえ。

・その正体とは、
 お腹がぐぅぅ~と鳴る、あれ。

・その時、胃や小腸では、
 こんなことが起きていました。

・食べカスや細胞の死がいなどが、
 空腹期強収縮によって
 どんどん大腸、肛門へと、
 送り出されていきます。
・実はこれ、
 胃腸のお掃除の役割を
 していたんですね。

・ということで、
 プチ断食 → 空腹 →
 空腹期強収縮が起きる →
 胃腸の残りカスが大腸へ送られる →
 便通の改善につながる



・じゃあ、胃腸のお掃除である
 空腹期強収縮は、
 いつ起きるんでしょう?

・それは食後、7時間程度。

・つまり、夕食を食べたら、
 寝ている間に空腹期強収縮は
 起こっていると。

・これに加えて、朝食を食べると、
 「胃・大腸反射」という
 大腸の蠕動(ぜんどう)運動が起きるという。
・なので、理論上は、
 便がさらに出やすくなる。

・空腹期強収縮と食事だと、
 ダブルの効果が得られるんですね。

・ただし、夜遅くに食べると、
 朝までに空腹期強収縮は起きません。




長寿遺伝子との関係


・残るのは、老化予防。
・アンチエイジングですね。

・ホテルでプチ断食を経験した
 4人の方々の
 血液を採取させてもらいました。

・これを、特殊な分析器にかけ
 調べてみる。

・金沢医科大学 糖尿病 内分泌内科の
 古家大祐 教授。
・先生が、長寿に関わる遺伝子の
 発現を見てくれた。

・長寿遺伝子は全身の細胞に働きかけ、
 血管や肌など
 老化を遅らせてくれると考えられている。

・この長寿遺伝子による
 タンパク質の発現量が、
 プチ断食をした4人中2人で
 増えていたんです。

・でも、プチ断食で、なぜ増えたんだろう?

・それについて、古家先生が
 教えてくれました。
・長寿遺伝子のスイッチをオンにするのに
 重要なのが、空腹であるということが
 分かっているそうなのです。

・なのでプチ断食が、
 長寿遺伝子をオンにするというわけ。


・最後の最後に、
 こんなプラスの判断材料が
 出て来たか。


・長寿遺伝子ですが、
 どの程度 長寿に効果があるかは
 まだ研究中で、よく分かっていません。
・ただ、老化を抑える
 有力な因子の一つとして
 注目されている。



・古家先生が行った実験。

・毎日、3度の食事をとって
 3週間生活しました。
・血液検査をしてみたところ、
 4人とも長寿遺伝子の働きが
 増えていたといいます。

・実は、この実験、
 「腹八分」の実験でした。

・1日の全体で、
 カロリーを25%減らしていた。




パネラーの結論は?


・さあ、これらを考慮して、
 プチ断食を
 やるの? やらないの?

・結論は、どうだ?


・三船さん、
 腹八分ができなかったら
 プチ断食。

・坂東さん、
 週に2回、朝食の断食。
・それと、腹八分。

・山瀬さん、
 今まで通り決定で…。
・ずっと、腹八分の生活なんだって。



<注意点>

・栄養摂取が特に重要な成長期の子どもさん、
 消化吸収能力が落ちている65歳以上の方、
 こういう方たちは無理な断食はしないように
 注意してください。






NHK ためしてガッテン 2012年 11月号 [雑誌]




老けない人は腹七分め 若返り遺伝子が活性化する食べ方


 





断食はしたことないけど、結果、断食になることはある。

断食って、そもそも続かないからなあ。続いたら、危ないだろうし。

結局、腹八分目か。

あるいは、時々は羽目を外すにしろ、その他の日はちゃんとした生活をすると。

生活習慣病とは、よく言ったものです。

極端を避けながら、適度な生活を実践する。

何事も、バランスか。

それと、ほどよく続けること。



[まとめ]


・脳は大量にブドウ糖を消費する。
・ただし、空腹時には不足するので、
 体が脂肪を分解し、
 ケトン体を作ります。
・脳はブドウ糖の代わりに、
 このケトン体を消費する。
・なので、運動しなくても、
 プチ断食で脂肪は減る。

・でも、ケトン体は酸性なので、
 やりすぎには注意。
・意識障害や昏睡に陥る場合も。

・また、栄養が不足すると、
 人間の体は脂肪だけでなく
 筋肉も分解してしまう。
・極端な断食には、注意が必要。

・絶食すると、小腸の消化吸収能力が
 低下してしまう。
・しかも回復するのに、時間を要する。

・宿便は、腸の壁にこびりついた便
 というイメージがあるけど、
 これは間違い。
・理論的に、宿便はあり得ない。
・宿便の本当の意味は、
 腸内に長く溜まっていた便のこと。

・空腹が続くと、空腹期強収縮が起こる。
・これが便秘の改善につながる。
・でも、空腹期強収縮は断食しなくても
 食後7時間で起きるという。
・さらに朝食を食べると、
 胃大腸反射でもっと効果的に。

・空腹が長寿遺伝子をオンにすることが
 分かってきている。
・それには、腹八分が効果的。





次回は、「寝ても疲れがとれない 発覚! 悪魔の歯ぎしり」。





NHKためしてガッテン科学のワザで確実にやせる。―失敗しない!目からウロコのダイエット術 (主婦と生活生活シリーズ)




「太りグセ」が「やせグセ」に変わる!リバウンドセロダイエット






 → 「ためしてガッテン 2012年のアーカイブ 4月~7月」




関連記事




tag : ためしてガッテン ダイエット


<スポンサードリンク>



web拍手 by FC2

にほんブログ村 健康ブログへ

人気ブログランキングへ




FC2カウンター

 RSSリーダーで購読する

 メールで購読する



アーカイブ
 ためしてガッテンの
 アーカイブ 過去記事


 → 2011年 前半
 → 2011年 後半

 → 2012年 1月~3月
 → 2012年 4月~7月
 → 2012年 8月~12月

 → 2013年 1月~3月
 → 2013年 4月~6月

 → 食べ物・料理

 [全記事表示]

にほんブログ村 にほんブログ村へ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

荒巻ケンコー

Author:荒巻ケンコー
カラダを労わるためのメモ帳。

栄養管理でメタボは脱出。
できるところから、他もメンテナンス。

最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【夏の老化と疲れ】 紫外線&寒暖差 対策/ゲンキの時間 Aug 20, 2017
【水中運動】 ART&お風呂ストレッチ 須藤明治/ゲンキの時間 Aug 13, 2017
【認知症】 接する時のポイント/きょうの健康 Aug 10, 2017
【熱中症クイズ】 室内でも要注意な理由と対策/ゲンキの時間 Aug 06, 2017
【部屋を広く見せる方法】 ホームステージング/ウラマヨ Aug 03, 2017
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
忍者

検索フォーム Google

記事内検索フォーム。
Google
注目記事
注目記事
忍者

注目記事
広告
食べ物の記事
健康の新常識
ダイエット 痩身
検索フォーム FC2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Flashゲーム&占いおみくじ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
にほんブログ村
ブログパーツ