バナナを甘くする方法、50℃のお湯で長寿バナナに/ためしてガッテン

今日のテーマは、「バナナ」です。


サルが教えてくれた、一瞬でバナナを甘くする技とは?

先が甘いって、本当?

全体を甘くするには、お風呂に入れる?

光るバナナと、50年前の幻のバナナ!

バナナは果物? それとも、野菜?

日持ちが3倍もする、長寿バナナの作り方!

山田恵輔さんのアート。

黒バナナを使った、面白スイーツ。

バナ餅、ツボ押しバナナ、バナナプリンなど、スイーツの作り方も紹介。



2013年3月13日放送の「ためしてガッテン」より、「日持ち3倍! 甘さ激増! バナナのスゴ技7連発」からのメモ書きです。




ためしてガッテン バナナのスゴ技7連発




バナナの秘密


・いきなり現れたのは、
 バナナ売りのおじさんです。

・まるで、寅さんみたい。


 負けて悪いが、ケンカにバクチ!
 張って悪いが、オヤジの頭!

 買わないお客が、気にかかる!
 さあ、持ってけドロボー!



・今日のガッテンは、
 そのバナナに関する情報です。

・超大発見のオンパレードだと言いますが、
 さて、どんなものなんでしょうね?


・え? バナナを一瞬で
 激ウマに変える?

・そんなこと、あり得るの?


・すぐに黒くなるバナナが、
 5分アレするだけで、
 2週間もキレイなままに?


・光るバナナって、何だ?

・人面バナナまで、出てくるらしい。


・バナナのスクープ、大連発ですよ!




・昔は贅沢品だったバナナですが、
 今はお安いですよね。

・日本人の消費ナンバー1の果物、
 それがバナナなんです。


・ゲストの いとうあさこさんは、
 番組の企画で、無人島で
 半年間 暮らしたことがある。

・その時、支えてくれたのが、
 バナナなんだって。


・柳沢慎吾さんは毎日、
 バナナをヨーグルトに入れて
 食べている。


・意外なのは、山瀬まみさんです。

・年間に2本くらいしか食べないそう。

・これは、少ないですよね。



・YouTubeでは、こんな歌がありました。


<バナナ嫌いによるバナナ嫌いの為のバナナ嫌いの歌 >



・哀愁、あるなあ~。



・スタジオでは、いきなり
 小野文恵アナが
 バナナをむき始めました。

・そして何を思ったか、
 バナナの先に、
 指を突っ込みました。

・すると、どうでしょう!

・一瞬でバナナが、
 3つに分かれてしまった。


ためしてガッテン 3つに分かれるバナナ


・この3つに分かれたバナナ、
 この中に1つだけ
 甘くないバナナがあるのだという。

・こんなの、知ってました?


・志の輔さんが
 恐る恐る食べたところ、
 ちょうど甘くない1本に
 当たりました。

・へ~、
 こんな風に、
 バナナには知られざる秘密が
 あるもんなんですね。


・まずは、項目の発表から。


(1) サル直伝! 瞬甘(しゅんかん)バナナ!

(2) 怪奇! 光るバナナ!

(3) 日持ち3倍 長寿バナナ!

(4) 恐怖! 人面バナナの謎!




バナナの定番ギャグ


・バナナの皮と聞いて、
 思い出すのは何でしょう?

・ホタテ船?

・いえいえ、あれでしょう、あれ。


・バナナを踏んで、スッテンコロリン!

・定番のギャグが、ありますよね。


ためしてガッテン バナナでスッテンコロリン


・このギャグ、
 世界共通だって、
 知ってました?

・浅草で、世界の人々に
 バナナの皮を渡してみました。

・すると、カナダの人も、
 ツルーン!

・ドイツの人も、
 スッテンコロリン!

・オーストラリアの人だって、
 皮を踏んで、コロリン!

・スペインのおじさんも、
 派手に転んでくれました。

・ナイジェリアの人も、
 笑顔でステーン!
 

・まさに、定番ギャグです。

・でも、なぜ、こうまで
 有名になったのでしょうか?


・それは、あの喜劇王のおかげでした。

・チャールズ チャップリン。

・1915年の映画、
 「アルコール先生海水浴の巻」。

・その中で、自分が食べた
 バナナの皮で、ステーン!

・派手に転んでくれました。

・これが、ルーツか。


・さらに、驚くべきことが。

・実は昨年、
 このギャグにまつわる
 ある学術論文が
 発表されたのです。

・その題は、
 「バナナの皮の潤滑効果」。

・著者はといえば、
 北里大学の馬渕清資 教授です。

・教授自ら、何百回も
 バナナの皮を踏み
 その滑りやすさを
 精密に測定したとのこと。

・その結果分かったのは、
 バナナの皮の摩擦係数が
 0.06だということ。

・これはスキーに次ぐ
 摩擦係数だといいます。


・ところがです、
 街の人に試してもらったところ、
 うまくツルリンと
 いかない場合がありました。

・これは、どういうことなんでしょうね?


・そもそも、なぜ、
 馬渕先生は、
 こんな研究をしたのでしょうか?

・先生の本当の専門は、関節。

・バナナの皮と、
 関節が滑らかに動いてくれる
 メカニズムの、
 共通点を研究しているのです。

・将来、素晴らしい人工関節が
 できるかもしれないというわけ。


・さて、バナナの皮の件ですが、
 うまくいく場合と
 うまくいかない場合、
 その差は何なのでしょう?

・テーブルの上に、
 2つのバナナの皮を置いてみました。

・1つは、無造作に置いたもの。
・皮の外側が、下になっています。

・もう1つは、バナナの皮の内側、
 ヌルヌルした部分を下にしています。

・これで、もうお分かりですよね。

・うまくスッテンコロリン!
 とさせるには、
 バナナの皮の内側の部分、
 白いヌルヌルした側を
 下にすればいいのです。

・チャップリンも、
 そのようにしていました。


ためしてガッテン バナナで転ばせる方向


・なるほどね~!

・でも、イタズラには、使わないようにね!
・ケガしたら、たいへんだ!




サル直伝! 瞬甘バナナ


・YouTube でも、
 バナナの動画が話題になってるんですって。

・その名も、
 「How To Peel A Banana Like A Monkey」

・いったい、どんなむき方を、
 するのでしょうか?

・って、いきなり、
 噛みつきましたよ。

・でも、これは序盤戦。

・ここからが、本番なんです。

・まずは、バナナの先を
 指で軽くつぶしましたね。

・そして、先から、むき始めました。

・普通 バナナって、
 軸の方から むきますよね。

・でも、ここでは反対に、
 先端からむいています。


・その動画が、これ。





・驚いたことに、
 先端側の方がバナナは甘いのです。



・バナナの花って、知ってます?

・花は、バナナの先端から、
 咲くそうですよ。

・そして、花が咲く部分というのは、
 一番成長が進むところなので、
 そこに栄養が集中するのです。


・一見、堅そうに見える
 先の部分ですが、
 よく見ると
 肉球のように割れています。

・ここを指でつまむと、
 簡単に割ける。

・なので、むくのは簡単!


・先を指で軽くつぶして、
 皮をむいてみましょう。

・これが、気持ちいいらしいですよ。

・黒い部分がありますが、
 苦味があるので、
 そこだけ取ってください。


・へ~、
 1本のバナナでも、
 甘さに違いがあるのか!



・ところで、
 「Like A Monkey」とありましたが、
 本当なんでしょうかね?

・日光のおサルさんに
 協力してもらい、
 観察してみました。

・すると、あれ?

・必ずしも、先端から食べてないぞ。

・みんな、バラバラ。

・というわけで、
 先端の方から食べていたのは
 たまたまだったようです。

・チャンチャン!




怪奇! 光るバナナ


・おどろおどろしいタイトルですが、
 これがいいんです。

・なんと、どんなバナナでも、
 丸ごと甘くなる。

・糖度が5くらい上がるんだって。


・はじまりは、3年前の大発見。

・おや、いろんな色の
 バナナが並んでいます。

・このバナナたちに
 ブラックライトを当てると、
 バナナが光りました。

・しかも、甘ければ甘いほど
 光るんだって。

・見ると、同じような色でも、
 光り方が違います。

・この光り方の差が、
 甘さに関係するのだという。


・ブラックライトとは、
 ざっくりといえば
 紫外線のこと。

・当てた物体の中の
 蛍光体だけが光って見えるため
 非破壊検査などに使われます。


・でも、この方法、難点がありました。

・日本で売っているバナナでは、
 光らないそうなのです。

・どっひゃー!
・残念!

・光るのは、バナナが
 ちゃんと木で熟成した場合。

・日本のバナナはというと、
 青い(未熟な)状態で輸入されます。

・これは、寄生虫感染を
 予防するための措置。


・あらら、日本のバナナは
 光らないのね…。

・だけど、だけど!

・日本には、幻のバナナがありました。
 
・それは何かとたずねたら、
 なんと、
 50年前のバナナだった!


・え? 50年前?

・それだと、傷んでない?


・今でこそ
 お安く手に入るバナナですが、
 戦後間もなくの庶民には
 憧れの食べ物だったんですよ。

・昭和37年当時、
 かけそば1杯が40円でした。

・そしてバナナはといえば、
 1kg 500円もしたのです。

・映像では、
 エクアドル産となってた。


・実はこの昭和のバナナ、
 今のバナナとは
 味がまったく違ったんだって。

・街のご婦人は言いました。

・昔の方が、おいしい。
・ねっとりして、重みがあった。

・甘くて口の中に入れると、
 ジュワ~っとしてたらしい。


・今売られているバナナは、
 買ってすぐの状態だと、
 だいたい糖度が15くらいです。

・でも、50年前のバナナは、
 糖度が23もあったんだって。


・どうしてこんなに、
 差があるのでしょうか?


・三重県伊勢市、
 そこに50年前のバナナが
 残っていたといいます。

・バナナ問屋の3代目
 中西久さんがいるのは、
 あれ? 地下倉庫ですか?

・まだ青いバナナが入った
 ダンボールを
 並べてますね。

・すのこを敷いてある床に、
 水を撒き始めましたよ。

・壁にもジョウロで、
 水を撒いた。

・さらに、ガスコンロに点火。

・室温が40℃と、まるで熱帯です。


・実はこれが、
 50年前から変わらない
 熟成法なんです。

・バナナを
 生まれ故郷と同じ状態に
 してあげるってわけ。

・すると4日後には、
 いい感じに色づきました。

・これで5度ほどだった
 青いバナナの糖度が、
 4倍以上の
 23度にまでアップするのです。


・50年前のバナナって、
 こんなにすごかったのか!


・では、どうしてこんなに
 甘くなるのでしょうか?

・温度を上げると、
 バナナから
 エチレンというガスが出ます。

・これが作用するんですね。

・エチレンがバナナが持っている
 あるハサミを元気にする。

・すると、細胞壁が切られて、
 壊されます。

・これが皮の細胞で起きると、
 黄色く変色する。

・そして、実の細胞では、
 やわらかくなって
 甘みも増すんですね。


・ささみさんは頑張らないけど、
 ハサミさんは頑張るというわけ。

・いや、忘れてください。


・熟成法の違いは、こんな感じ。


ためしてガッテン バナナの熟成法 50年前と今


・昔のバナナは、甘かった。

・でも、保存性が悪いので、
 たたき売りにする必要が
 ありました。


・現代の糖度は、
 お店に並ぶ段階では、
 10~18くらい。

・でも、保存性はいい。


・大きな違いは、熟成法です。

・現代では、青いバナナを
 倉庫に詰め込んで、
 15℃で保存します。

・そして、エチレンガスは、
 外から吹きかけている。

・そうすることで、
 皮はキレイに色づき
 実(み)は十分に熟成しないので
 糖度は上がりません。

・ただし、保存性がよくなる。

・お店で売るには、
 そちらがいいのかな。



・さあ、ここで、
 スタジオでは試食。

・といきたいところですが、
 あれ? バナナが無い?

・まさに、幻のバナナ?


・実は前述のバナナ屋さんは、
 1年前に廃業されているのです。

・紹介された映像は、
 NHKの資料映像。

・50年前と同じ方法は、
 手間がかかりすぎて
 採算が合わないのだそう。


・でも、でも、
 そこは ためしてガッテンです。

・科学の力で、
 50年前のバナナを
 再現しましたよ。


・これがもう、大評判。

・全然違うと、声があがりました。

・甘味が濃くて、とろけそうだという。

・うう~食べたい!


・しかも、この極うまバナナ、
 自宅で簡単に
 できるんですって。

・マジですか?




バナナは果物? 野菜?


・ここで、小野アナから質問が。

・バナナは果物?
 それとも、野菜?

・ヒントは、これ。

・木になる物は、果物。
・草になるのは、野菜。

(違う分類の仕方もある)


・さて、分かりましたか?


・バナナは木になるから、果物?

・実は、違うんです。

・バナナの幹を、切ってもらいました。

・すると、タマネギのように、
 幹がむけた。

・実はこれ、木の幹ではなく、
 1枚1枚が葉っぱなんですね。

バナナは、巨大な草に実る
 野菜
だったのです。


・では、何に似た野菜なのでしょうか?

・それは、サツマイモだという。

・似てるのはデンプンの量で、
 どちらも およそ 20%。

・これが、バナナを丸ごと
 甘くする方法にも
 関係するといいます。




バナナを丸ごと甘くする方法


・バナナを甘くするには、
 どうすればいいのでしょう?

・え?

・正解は、
 バナナをお風呂に入れる?

・本当に?



・50℃のお湯にバナナをつけると、
 甘くなる。

・その理由は、
 デンプンと関係があるんです。

・デンプンというのは、
 糖に変わることで、
 甘くなるんですね。

・そして糖に変わるためには、
 アミラーゼという酵素が
 働ける環境にしてあげることが
 必要になります。

・アミラーゼは
 デンプンを糖に変える酵素で、
 40~50℃で活発に働く。

・それが、50℃のお風呂に入れる
 と言った意味なんです。


・バナナを常温で保存すると、
 18度だった糖度は、
 5日後に真っ黒になった頃でも
 20度を超えるくらい。

・ところが、買ってすぐに
 50℃のお湯に5分つけた
 バナナだと、
 その5分で20度に上昇。

・お湯から取り出して
 1時間後には、
 23度まで上がった。

・これは、50年前の
 幻のバナナと同じくらいの
 糖度になります。


・さっそく、
 お湯に5分つけたバナナを
 スタジオで試食。

・まず出た言葉は、「甘っ!」。

・全然違うようですね。



50℃のお湯に5分つけると
 バナナは超甘くなる
のか!

・ガッテン、ガッテン!




日持ち3倍 長寿バナナ


・バナナで困るのが、
 すぐに黒くなることですよね。

・冷蔵庫に入れても黒くなります。

・あれは、低温障害だそうですよ。


・じゃあ、バナナを日持ちさせるには、
 どうしたらいいの?



・カフェでバナナを食べる男性。

・いつの間にか、
 バナナがドラゴンに変身していました。

・実はこの方、
 バナナ彫刻家の山田恵輔さんなのです。

・Googleで検索しただけでも、
 たくさんの映像が出てきます。


ためしてガッテン バナナのスゴ技7連発


・うひょ!

・人面バナナまで、あるぞ!


・そんな山田さんの
 バナナに対するこだわりは、
 やわらかさだといいます。

・カチカチでも
 やわらかすぎでもない、
 彫りやすいやわらかさが
 あるのだという。


・でも、バナナって、
 すぐに黒くなるし、
 やわらかくなりますよね。

・山田さんは、
 どうしているのでしょうか?


・ある秘策を施すことで、
 1週間は持つようになると
 山田さんは言う。

・その方法って、何なのでしょう?


・それは、房から切り離すこと。

・房のままにしているのと、
 1本だけ別にしたもの、
 その差を比べてみました。

・すると、7日後には、
 房の方は茶色くなった。

・でも、1本だけの方は、
 まだまだ黄色い。


・この差が
 何から来るのかといえば、
 あのエチレンガスです。

・エチレンは、
 皮を黒くしたり、
 実をやわらかくするんですね。


・バナナを画鋲でつつくと、
 黒くなるって知ってました?

・これを使用した、
 アートだってあるんですよ。

・でも、つついた刺激で
 エチレンが大量に出るので、
 バナナは1日で
 真っ黒になってしまうのだそう。


・Googleで検索すると、
 これまた
 いろいろ出てきました。


ためしてガッテン バナナのスゴ技7連発



・ところで、房のままだと、
 どうして黒くなるのでしょうか?

・問題は、下で支える部分です。

・房のままだと、
 他のバナナの重さまで、
 支えることになるんですね。

・重さがかかった部分から、
 エチレンが出ちゃうんです。

・だから、はやく黒くなる。

・そして、バラバラにすると、
 他のバナナから出たエチレンに
 影響されなくなると。



・普通のバナナは、
 だいたい5日くらい。

・でも、バラバラにすると、
 7日に伸ばすことができる。


・あれ?

・3倍って、言ってなかったっけ?


・実は、15日に伸ばす方法を
 ガッテンは突きとめました。

・それを教えてくれたのは、
 またしてもおサルさん?


・その方法とは、お湯に入れることでした。


・ここで、実験。

・バナナの房、
 その半分だけを
 お湯につけます。

・つける時間は、5分。

・その7日後、
 お湯につけない方は
 茶色くなってます。

・でも、お湯につけた方は、
 まだまだ黄色い。



<長寿バナナの作り方>

・40~50℃のお湯に、5分つける。

・取り出して、
 1時間 室温に置く。

・ポリ袋に入れて、野菜室で保存。


・これで、3週間
 保存可能だったそうです。

(ただし、すでに黒い物には、効果はない)


・50℃のお湯というのは、
 バナナにとって
 強いストレス。

・そのストレスを跳ね返そうとして
 熱ショックたんぱく質を
 作り出すんですね。

・熱ショックたんぱく質は、
 強いストレスがかかると
 出る物質で、
 抵抗力が増し、
 長持ちするようになるのです。



・50℃のお湯に5分つけると、
 バナナは激ウマ&超長持ちに!

・ガッテン、ガッテン!




バナナ面白スイーツ


・バナナが大好きな子どもたちに
 面白スイーツを作ります。

・って、悲鳴をあげてるじゃん。

・なんか、黒いのが出てきましたよ。


・キモチワルイと怖がっていましたが、
 食べてみると、一変。

・これがウマいと、大好評!


・次に出てきたのは、
 巨大なバナナプリンです。

・材料は、バナナと牛乳だけ。

・こりゃ、簡単でいいですね。


・スタジオに来てくれたのは、
 料理研究家の林幸子さん。

・さっそく、作り方を
 教えてくれました。



<バナナの面白スイーツ>



<黒バナナの作り方>

・トースターか魚焼きグリルで、
 10~15分焼くだけ。



<バナ餅(もち)>


材料:

ゆでた餅:2個
黒バナナ:1個
きな粉:適量


作り方:

・お餅を沸騰したお湯に入れ、
 弱火で やわらかくゆでます。

・それをすくい取って、
 水気を切る。

・上に こそげとった
 黒バナナの実をのせ、
 きな粉をふって完成。



<ツボ押しバナナ>


材料:

バナナ:2本
コンデンスミルク:適量
チョコレートソース:適量


作り方:

・バナナの曲がった内側、
 平らな部分を軽くもみます。

・これは、皮つきの
 普通のバナナ。
 (黒バナナではない)

・次に、サイドを押す。

・これを繰り返し、
 皮の内側を割きます。
 (皮をむくわけではない)

・すると中身が
 3等分になって
 皮の間から顔を出す。

・3つに分かれた実の間に、
 練乳(コンデンスミルク)や
 チョコレートソースを入れて、
 元の形に戻す。
 (皮を閉じる)

・それをそのまま、
 凍らせます。

・凍ったら取り出して、
 皮が解凍できるくらいの時間
 およそ30分ほど置いておく。

・皮をむいて、
 凍った中身をいただきましょう。



<バナナプリン>


材料:

バナナ:3本
牛乳:150ml
砂糖:30g


作り方:

・バナナをレンジで3分、
 加熱する。

・それに牛乳と砂糖を加え、
 ミキサーにかけます。

・冷蔵庫で冷やすと、
 自然と固まって、
 プリンになる。




・どれも簡単で、
 しかも おいしそう!

・バナナは安いし、
 食物繊維も多くて、
 健康的だ!





NHKためしてガッテン病気にならない健康食の「超」基本 (主婦と生活生活シリーズ)




魔法の水切り塩ヨーグルトレシピ: おどろきの新食感!  (LADY BIRD 小学館実用シリーズ)


 





バナナって、野菜だったのか!

知らなんだ。


バナナというと健康のために食べていました。

1つは、食物繊維の摂取。

もう1つは、カリウムによる塩分を外に出す効果。


それがおいしくなるというんだから、朗報です。

これはぜひ、ためしてみないと。

しかも、保存期間が長くなるというのだから、なおいい。


ガッテン、やりますな!



[まとめ]


・バナナは、先端の方が甘い。

・バナナは、巨大な草に実る野菜。

・50℃のお湯に
 5分入れることで
 アミラーゼが働き、
 バナナは甘くなる。
・取り出して1時間後には、
 糖度が昔のバナナほどに。

・長く保存するときは、
 バナナを房から離すこと。

・50℃のお湯に5分つけると、
 長寿バナナになる。





次回は、「ついに出た! みんなが知りたいオナラの疑問」。





NHKためしてガッテン 健康の新常識事典




TANITA デジタル温度計 【料理用温度計】 グリーン TT-533-GR
TANITA デジタル温度計 【料理用温度計】 グリーン TT-533-GR












 → 「ミカンの見分け方と保存法 冷凍ミカンの作り方」
 → 「いちごを甘くする裏技と見分け方」

 → 「ためしてガッテン 2012年のアーカイブ 8月~12月」




関連記事




tag : ためしてガッテン 食べ物


<スポンサードリンク>



web拍手 by FC2

にほんブログ村 健康ブログへ

人気ブログランキングへ




FC2カウンター

 RSSリーダーで購読する

 メールで購読する



アーカイブ
 ためしてガッテンの
 アーカイブ 過去記事


 → 2011年 前半
 → 2011年 後半

 → 2012年 1月~3月
 → 2012年 4月~7月
 → 2012年 8月~12月

 → 2013年 1月~3月
 → 2013年 4月~6月

 → 食べ物・料理

 [全記事表示]

にほんブログ村 にほんブログ村へ

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

荒巻ケンコー

Author:荒巻ケンコー
カラダを労わるためのメモ帳。

栄養管理でメタボは脱出。
できるところから、他もメンテナンス。

最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【すりおろしゴボウ】 作り方と保存法/ガッテン 3/3 Jun 22, 2017
【ごぼう】 甘くする方法と素揚げの作り方/ガッテン 2/3 Jun 22, 2017
【ゴボウ】 セルビア流 お茶の作り方/ガッテン 1/3 Jun 22, 2017
【ゴースト血管】簡単テスト&ルイボスティー効果/ゲンキの時間 Jun 18, 2017
【生乾き臭・部屋干し臭】 モラクセラ菌を撃退する方法/ガッテン Jun 15, 2017
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
忍者

検索フォーム Google

記事内検索フォーム。
Google
注目記事
注目記事
忍者

注目記事
広告
食べ物の記事
健康の新常識
ダイエット 痩身
検索フォーム FC2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Flashゲーム&占いおみくじ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
にほんブログ村
ブログパーツ