新しい謎の心臓病 微小血管狭心症/ためしてガッテン

今週のテーマは、「心臓病」

すごく痛いのに検査では発見されない。

新しい心臓病とは?


狭心症のメカニズム。

更年期障害や女性ホルモン・エストロゲンとの関係。

心臓の冷えって何だ?


痛みがなく、突然死の危険性がある狭心症。

男性も関係する無痛性狭心症(無症候性心筋虚血)とは?



2013年7月24日放送の「ためしてガッテン」より、「40代から多発!恐怖の『隠れ心臓病』」からのメモ書きです。




ためしてガッテン 謎の心臓病 微小血管狭心症




新しい心臓病


ササミ
今週のテーマは、「心臓病」。

ただし、新しい心臓病。

それには、いくつかの特徴があります。

まず、40代や50代といった若い人に発症が多い。

心筋梗塞や狭心症のような心臓病疾患の大半が70代以上であることを考えると、これはかなり若いですね。


心臓病患者のグラフ

謎の心臓病 発症年齢


しかも、検査では異常なしと診断されてしまいます。

エノキ
発見不能なんですか?

これは、困りますね。


ササミ
謎の心臓病の特徴ですが、「すご~く痛いのに見つからない」こと。

エノキ
これはますます、怖いですね~。

ササミ
この心臓病なんですが、2010年に本格的なガイドラインに出されて、広く知られるようになったばかりなんです。

エノキ
新しい心臓病なんですねえ。

新心臓病とは、ちょっと言いにくい。

噛んじゃいそうだ。


ササミ
すごく痛いのに、検査では見つからない。

そんな患者さんの声を聞いてみましょう。




患者さんの声


<ケース(1) 明け方に襲ってくる謎の症状>


49歳の女性、Yさん。

2年前に、体の異変が始りました。

朝方になるとなぜか、原因不明の息苦しさを感じるようになった。

自分で意識して吸わないと、息を吸えないことがあるくらいです。


1ヵ月後、朝目覚めた時、胸のあたりに痛みを感じることが増えてきました。

ギュッと押される感じがします。


不安を感じたYさんは、心臓に何かあるのかと思い、病院を受診しました。

でも、医師は、心臓には問題ないと診断。


しかし、3ヵ月後、症状はさらに悪化します。

胸の痛みで目が覚めるまでになった。


結局、原因不明の痛みと息苦しさで、仕事を辞めざるを得なくなってしまいました。




<ケース(2) 突然の激痛 死の恐怖>


65歳の女性、Mさん。


46歳の頃、胸の痛みが始りました。

ある日、夕食の時、突然、胸のあたりに経験したことがない 激しい痛みが襲った。

そして、それからというもの、日常生活のあらゆる場面で、予期せぬ胸の痛みに襲われるようになりました。

時には失神し、病院に緊急搬送されるほどです。

いろいろな精密検査を受けるのですが、筋肉痛やパニック障害、更年期障害などが疑われるものの、それは「かも」の範囲であり、原因は不明のままでした。


苦しいし、不安にもなるしで、本当に怖かったと、Mさんは振り返ります。

結局、15年も病院を回ることになりました。




狭心症


ササミ
YさんとMさん、ふたりは狭心症でした。

エノキ
あれ?

狭心症なら、前からある心臓の病気ですよね。

新しくも、謎でも、ないのでは?


ササミ
その理由の前に、まず、狭心症というものから説明しますね。


心臓には表面に、大きく太い3つの血管があります。

これを、「冠動脈」という。

この冠動脈は、心臓自身に、酸素と栄養分を送る血管です。

狭心症とは、この冠動脈が狭くなって起こる病気。

これで血流が、減少してしまいます。

そして、心筋への酸素供給が不足し、狭心症になるんですね。

この時、完全につまると、心筋梗塞になる。



さて、Mさんですが、以前に心臓の精密検査を受けています。

その時 実際に検査したのが、浮間中央病院 循環器内科の福島聖二 副院長。

心臓病のエキスパートです。


先生の見立てでは、狭くなっていないし、動脈硬化の所見もなかった。

正常とまったく同じだったんです。



ササミ
Yさんと、Mさん。

おふたりの症状には、ある特徴がありました。

Yさんは、寝ている時。Mさんは、夕食時やテレビを見ている時(座っている時)。

つまり、安静にしている時に、症状が出ている。

これに対し、狭心症は一般に、運動時など、心臓に負担がかかる時に多く発症します。


エノキ
これはいったい、どういうことなんだろう?




更年期障害と心臓の冷え


休みなく働き続ける、心臓。

1日の拍動はなんと、10万回だという。

その秘密は、「心筋細胞」にあります。

細胞の1つ1つが、伸び縮みしてるんですね。


そんな働き者の、心筋細胞くん。

でも、動脈硬化などで冠動脈が詰まっちゃうと、ピンチに陥ります。

酸素不足で、たいへんなことに。

ここで動くのが、知覚神経くん。

いつも、心臓に異常がないか、見張っています。

知覚神経くんは、緊急警報を発令。

この時 起こるのが、「胸痛(きょうつう)」なんです。

激しい痛みで体を動かさないようにして、心臓を助けているんですね。



じゃあ、謎の心臓病の場合は、どうなんだろう?


緊急警報が鳴り響き、心筋細胞くんも苦しそうだ。

って、あれ? 誰かいる。

ピンクの女の子が帰っちゃったぞ。


この女の子は、誰なんだろう?

ボールを投げた。

ボールを放った。

放る。

ほうる。

ほ~る。

ほーるもん。

ホルモン。









あの女の子は、女性ホルモンでした。

(まっこと、すいません)

エストロゲンちゃん。



エストロゲンといえば、更年期障害に関係するホルモン。

そして、YさんとMさんの心臓では、更年期障害でよくある症状が起きていました。

それは、「冷え」


冷えといえば、手足です。

手足の冷えは、血管を広げる働きをする女性ホルモンが減ることによって生じます。

手先や足先にある細い血管(毛細血管)が、収縮しちゃうんですね。

これが、冷えの主な原因の一つ。



でも、心臓の冷えとは、どういうことなんでしょう?


大阪歯科大学には、あらゆる臓器の標本が保存されています。

大阪歯科大学 解剖学講座の 諏訪文彦 教授に、心臓の標本を見せていただきました。

その標本は、特殊な方法で筋肉をすべてそぎ落とし、血管だけにしています。


心臓には、無数の血管が通っている。

冠動脈から枝分かれした細い血管が、心筋細胞の1つ1つに、酸素と栄養を送り届けているのです。

そして、女性ホルモンが行き渡らないと、この細い血管が広がらなくなり、心臓はいわば「冷え」と同じ状態になってしまうのです。


上でも書いたように、狭心症とは、冠動脈の血流が減少し、心筋への酸素供給が不足するために起こります。

その原因は普通、動脈硬化や痙攣などなのですが、「女性ホルモンの現象 → 心臓の冷え」でも、生じるんですね。




微小血管狭心症の症状と治療法


ここでスタジオに、専門家の先生が登場。

静風荘病院医師の、天野惠子 先生。

新しいタイプの狭心症、そのガイドラインの作成に携われました。


正式名称ですが、「微小血管狭心症」といいます。

アメリカでは、1980年代後半に、こういうタイプの狭心症があると証明されていたそう。

でも、なかなか、日本へその概念が入ってこなかった。

そして、2010年に、ガイドラインの中に、狭心症について書き込むことができたというのが、現状。


天野先生によると、「更年期の女性だと、微小血管狭心症の人が、10人に1人ぐらいいる」とのこと。

ガイドラインのおかげでやっと診断されるようになり、治療が受けられるようになってきました。


心筋は、全身の酸素消費量の10分の1くらいを使います。

冠動脈の太い所は、3分の1流れているだけ。

心筋の中の細い血管に、3分の2が流れている。

だから、細い血管も、実はすごく大事なのです。



<微小血管狭心症の症状>

・安静時に発症。
・広範囲な胸の痛み。
・5分から半日続く。
・更年期の症状がある。



一般的な狭心症が運動時に発症するのに対し、微小血管狭心症では、テレビを見ている時とか、デスクワークをしている時とか、寝ている時とか、安静にしている時に多い。

また、痛みは胸だけに限らず、幅広い領域に放散するそう。あごや奥歯の痛み、背中やみぞおちの痛みを訴える人もいる。

手足が冷えるとか、頭痛がするとか、更年期の女性で「胸が痛い」と訴えたら、この病気を念頭に置いた方がいいという。




さて、YさんとMさんも、微小血管狭心症と診断され、治療が始っています。


Yさんは、すごく楽になったと笑顔に。

ふだんに戻りつつあるそう。


Mさんも薬の服用を始めたところ、長年の胸痛がわずか1週間で改善しました。

楽しい日常が、戻ってきた。



治療に使われる薬は、「カルシウム拮抗剤」

よく血圧を下げるのに使われる薬です。

この薬で、脈を下げて血管をひらかせる。

これがよく効いて、副作用もほとんどないそう。


また、「ホルモン補充療法」で治療する場合もある。




ササミ
謎の心臓病の正体は、更年期による心臓の冷えでした。

エノキ
意外でしたね。

ガッテン! ガッテン!




無痛性狭心症


ササミ
知っていただきたい狭心症が、もう1つあります。

それは、痛くないけど突然死するタイプ。

こちらは、男性にも、大いに関係あります。

エノキ
怖いな~、も~。



ササミ

狭心症の手術を終えたばかりの患者さんに、お話をうかがいました。

66歳の男性。

3時間に及ぶ心臓の手術を受け、危うく一命を取り留めた。


男性が気になっていた症状は、咳(せき)。

当初、咳がとまらないな~と、気楽に考えていたのだという。


が、病院で精密検査を受けると、心臓に異変が起きていました。

心臓のある部分が、ほとんど動いてなかったのです。

冠動脈を調べたら、ある部分では、9割も狭まっていた。


普通こうなると、胸痛が襲うのですが、男性に痛みはなかったそうです。

でも、お医者さんに言わせれば、心停止になりかねない命の危機だった。



エノキ
痛みがないのに命の危機とは、本当に怖いな~。


ササミ
痛くないから、気づけない。

気づけないから、お医者さんにもいかない。

これは、悪循環です。

突然死する可能性だってある。



先ほどの男性ですが、咳が止まらない他にも、症状がありました。

それが、「急に太った」ということ。

なんと、1ヵ月で10kg 太ったのだそう。


では、なぜ、そうなったのか?


私たちの体では、心臓が血液を全身に送り出してくれています。

その心臓の働きが悪くなると、全身に行った血液が、心臓にうまく戻らなくなるんですね。

そうすると、体の様々な部分で、うっ血が生じます。

つまり、体のいろんな箇所で、水分がたまっていく。

その結果、体重が増えるというわけ。


先の男性ですが、手術前のレントゲン写真では、肺が小っちゃくなっていました。

肺の一部にも、水がたまっていたんですね。

これが、咳の原因でだった。


手術を終えた男性は、2日間で、6リットルもの尿を出したそう。



ここで再び、天野先生が登場。


男性の病名ですが、「無痛性狭心症(無症候性心筋虚血)」という。


でも、どうして、痛みが生じないのか?

このタイプは、糖尿病の患者さんと、高齢者の方に多いそう。

男性の場合、糖尿病だった。

それが原因で、知覚神経にダメージがあったのです。

よく言われるのが、糖尿病の患者さんだと、湯たんぽで火傷しても分からないという話がありますが、それも知覚神経がやられているから。


では、気づくために、どんなサインを見逃さないようにすればいいのでしょう?


<無痛性狭心症に気づくためのサイン>

・息苦しさ。
・せきが止まらないなど。



糖尿病の人は、定期的な健診で、早期発見を!

心電図などに、変化が出てくるそうです。





NHKためしてガッテン増刊 健康プレミアム Vol.05 2013年 09月号 [雑誌]



心臓病の治療と食事療法―組み合わせ自由な新レシピ付き


 





ササミ
痛いのに検査で見つからな心臓病があったなんて。

それも、女性ホルモンや更年期が関係しているとは。

エノキ
男性の方は、痛くない狭心症か。

気づかないだけに、やっかいだ。

ササミ
定期検診と生活習慣の改善。

やっぱり、これが基本かな。



[まとめ]


・痛いけど検査では見つからない
 新しい心臓病がある。
・その発症は、
 40代や50代の人がピークで
 普通の心臓病とは違う。

・謎の心臓病は、
 冷えと同じメカニズムで
 生じる。
・女性ホルモンの減少で
 毛細血管が開かなくなり
 心筋が酸素不足になって
 狭心症と同じになる。

・新しい心臓病は、
 微小血管狭心症。

・その特徴は、
 安静時に発症すること。
 広範囲な胸の痛みがあること。
 5分から半日続くこと。
 更年期の症状があること。


・痛みがない狭心症、
 無痛性狭心症がある。

・その理由は
 糖尿病や高齢が原因で
 知覚神経にダメージがあるから。





次回は、「うっかりミスで発覚! 40代を襲う 謎の病」。





NHK ためしてガッテン 2013年 Vol.19 夏



女性のための安心医療ガイド











 → 「ためしてガッテン 2013年のアーカイブ 1月~3月」



関連記事




tag : ためしてガッテン 心臓


<スポンサードリンク>



web拍手 by FC2

にほんブログ村 健康ブログへ

人気ブログランキングへ




FC2カウンター

 RSSリーダーで購読する

 メールで購読する



アーカイブ
 ためしてガッテンの
 アーカイブ 過去記事


 → 2011年 前半
 → 2011年 後半

 → 2012年 1月~3月
 → 2012年 4月~7月
 → 2012年 8月~12月

 → 2013年 1月~3月
 → 2013年 4月~6月

 → 食べ物・料理

 [全記事表示]

にほんブログ村 にほんブログ村へ

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

荒巻ケンコー

Author:荒巻ケンコー
カラダを労わるためのメモ帳。

栄養管理でメタボは脱出。
できるところから、他もメンテナンス。

最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【鳥取】 ラッキョウと薬味の健康効果 Jun 25, 2017
【すりおろしゴボウ】 作り方と保存法/ガッテン 3/3 Jun 22, 2017
【ごぼう】 甘くする方法と素揚げの作り方/ガッテン 2/3 Jun 22, 2017
【ゴボウ】 セルビア流 お茶の作り方/ガッテン 1/3 Jun 22, 2017
【ゴースト血管】簡単テスト&ルイボスティー効果/ゲンキの時間 Jun 18, 2017
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
忍者

検索フォーム Google

記事内検索フォーム。
Google
注目記事
注目記事
忍者

注目記事
広告
食べ物の記事
健康の新常識
ダイエット 痩身
検索フォーム FC2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Flashゲーム&占いおみくじ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
にほんブログ村
ブログパーツ