睡眠力アップ! マットレス&つぶやき入眠法/健康カプセル! ゲンキの時間

今回のテーマは、「睡眠力を高める方法」

睡眠不足の原因となる「ストレス」や「いびき」の解消法。


バスタオルを使った、マットレスの調整。

「あ~!」と、心の中でつぶやくだけ。

頭の中に浮かんだことを消す、つぶやき入眠法。

イビキや睡眠時無呼吸症候群に効く、舌と口のトレーニング。



2013年10月13日放送の「健康カプセル! ゲンキの時間」より、「~眠れる寝具に無呼吸解消!~ 簡単実践!睡眠力アップ術」からのメモ書きです。




ゲンキの時間 睡眠力アップ術




睡眠力の低下


ササミ
今回のテーマは、「睡眠」


睡眠総合ケアクリニック代々木の井上雄一 医学博士は、おっしゃいました。

「日本は今、24時間社会になって、不規則なスケジュールで働く人が増えています」

「全体的に見ると、眠るのが下手」

「睡眠力が低下しているということが言えると思います」


平均睡眠時間の国際比較を見ると、日本は9か国中 8番目。

1位のフランスが、8時間50分。

2位のアメリカが、8時間38分。

3位のオーストラリアが、8時間32分。

4位のカナダが、8時間29分。

5位のイギリスが、8時間23分。

日本は、7時間50分です。


さらに、日本人の5人に1人が、睡眠に問題を抱えているという報告も。


エノキ
ああ。

やっぱり、うまく眠れない人って、多いんですね。


ササミ
それだけに、いろんな睡眠グッズが売られているようですよ。


時計みたいなのは、「スリープトラッカー」

起きやすいタイミングで目覚められるというグッズです。

例えば、6時から7時の間で起床したいと設定しておけば、その間で一番眠りの浅い時間を感知し、アラームで起こしてくれるんです。


ぬいぐるみの呼吸でリラックスできるという、「ハグ&ドリーム」というのもあります。

これにより、眠りに誘われるってわけ。


ロンドンオリンピックでも使用されたというマットレスは、「エアウィーヴ」

エアというだけあって、空気の力を利用して、しっかりと体を支えてくれるんですよ。



まずはその、マットレスから、いってみましょうか。




マットレスの調整


ササミ
睡眠に関心が高い人が多い割に、マットレスについて考える人は少ないようです。

でも、そのマットレスに、睡眠力アップの秘訣があるようですよ。


今回のゲンキリサーチャー、麒麟の川島さんが訪れたのは、東京都は中央区の「西川リビング」。 布団を開発・販売している会社です。

快眠マイスターの吉村光彦さんに、話をうかがいました。


体型とマットレスが合っていないと、あまりよくないようですね。


<マットレスが原因かもしれない身体の不調>

・首や肩まわりの張り。
・背中の痛みや違和感。
・腰の重さや痛み。
・適度な睡眠時間でも 疲れがとれない。
・目覚めてすぐ体がだるい。



これらの不調は、寝姿勢から くるようです。


人間にとって、自然な立ち姿が、一番身体に負担が少ない姿勢だといわれる。

それをそのまま横にしたのが、理想の寝姿勢ということになります。

首と腰のあたり、背骨が描く2つのS字カーブを保つことが大切なのだとか。


布団だと、長年使っていると、どうしても硬くなってしまいます。

逆にマットレスだと、スプリングがゆるくなり、やわらかくなってしまう。

そのため、理想の寝姿勢を支えられなくなるんですね。


では、マットレスが合っているか合ってないのか、見分けるにはどうしたらいいのでしょう?



吉村さんは、大きな定規みたいな棒を取り出しました。

それを寝ている人の腰のあたりに差し込むと、棒はスムーズに動いた。

これは、マットレスと身体に隙間ができている証拠です。


ゲンキの時間 マットレスのチェック


これは、マットレスが硬いことを示している。

お尻と背中で身体を支えるため、腰周辺に隙間が生まれているんですね。

これだと、背中などの筋肉が緊張し、うまく休めません。


家で調べたい場合は、30センチの定規を使うとよいそうです。

ベッドに寝た状態で、腰回りに定規を入れた時、身体に当たらないと、マットレスが硬いということになります。



逆に、定規が入らない場合は、マットレスがやわらかすぎるということ。

腰が沈み込んでしまっている。

これでは腰周辺に、負担が集中してしまいます。



横から見れば、一目瞭然。


ゲンキの時間 あってないマットレス


背骨のラインが、曲がっていますね。




では、マットレスをよみがえらせるには、どうしたらいいのでしょうか?

意外な、そして、どのご家庭にもある物が、助けてくれるんです。



と、その前に、まず大事なのは、自分の体型を知ること。

フルボディ・トレーサーという機械で、計測します。

これにより、首や背中、お尻の凹凸が分かる。


でも、家では、どうしたらいいんだろう?

そういう時は、まず、壁に背を向けて立ちます。

壁と背中にできた隙間をチェックし、背骨が作るS字カーブの深さを確認しましょう。



<マットレスの調整>

用意するのは、バスタオル。

S字カーブが浅い場合は、1枚。
S字カーブが深い場合は、2枚。

それぞれ用意します。


 [マットレスが硬い場合]

腰周辺の隙間を、バスタオルで埋めます。

バスタオルを四つ折りにして、マットレスの下に敷く。

(*マットレスが厚い場合は、シーツの下に敷いてください)

また、S字カーブに合わせて、バスタオルの数を変えるなど、調節してください。

(カーブが深い場合は、2枚重ねにするなど)


ゲンキの時間 マットレスが硬い場合

ゲンキの時間 マットレスが硬い場合



 [マットレスがやわらかい場合]

沈み込んだお尻を、持ち上げるようにします。

バスタオルの二つ折りを2枚重ねて、マットレスの下の、お尻から背中にかけて敷く。

(*マットレスが厚い場合は、シーツの下に敷いてください)

S字が浅い人は背中まで沈むので、何枚か重ねて、上の方まで敷きます。



ゲンキの時間 マットレスがやわらかい場合




実は、もう一つ、大事なことがあります。

それは、「寝返り」


吉村さんによると、ひと晩に20~30回の寝返りが理想的だと言われているそうです。

眠れない人の場合、100回ぐらい寝返りを うっていることもあるそう。


同じ姿勢で眠っていると、部分的に、身体が圧迫されます。

そうすると血行が悪くなり、心臓への血流量も減り、負担がかかってしまう。

無意識に行っている寝返りですが、体内の血液循環をよくする働きがあるんですね。


硬いマットレスの場合、寝返りの回数が増えるそう。

逆に、やわらかいマットレスの場合は、寝返りが極端に減ってしまう。

ここでも、身体に合ったマットレスが、大切になるようです。




ドクネット


ここで再び、睡眠総合ケアクリニック代々木の、井上雄一 先生が登場。


グッスリ眠れないと、ホルモンの分泌が悪化したり、免疫機能が低下する。それが病気につながったり、症状の悪化につながることも。


日本人の睡眠時間は、短くなってきている。そしてそれは、大人も子どもも同じ。

夜10時以降に就寝する幼児の割合は年々増加しており、3歳児では50%を超えているそうです。

親の睡眠習慣が、子どもに影響を与えてしまうんですね。
 



つぶやき入眠法


ササミ
疲れているのに眠れないこと、ありませんか?

明日の予定とか、不安に感じていることなどが、次々と頭に浮かんでしまう。

これを簡単に消す方法があるんです。


教えてくれたのは、もりしたクリニック院長、森下克也 医学博士。

やり方は、簡単。

頭の中で「あ~!」と言うだけ


これが、「つぶやき入眠法」

心の中で「あ~!」とつぶやくだけで、頭の中の独り言が消え、落ち着いて眠りに誘われます。

人間は基本的に、頭の中で2つ同時のことを 同時にしゃべることができない。


ストレスなどで考えすぎて眠れないのは、脳の言語中枢が働いているため。

これは起きている時と同じ、脳が覚醒している状態です。

しかし、「あ~!」と心の中でつぶやくことで、脳の意識はこのひと言にまとまり、他のつぶやきが消え、言語中枢が休止し、自然と入眠することができます。
 



舌と口のトレーニング


ササミ
睡眠力を下げるものといえば、「いびき」もそう。

「睡眠時無呼吸症候群」という病気の可能性だってあります。


<睡眠時無呼吸症候群>

10秒以上の無呼吸状態が、1時間に5回以上。

あるいは、ひと晩に30回以上起こること。



こうなると、睡眠が浅くなり、昼間 睡魔に襲われ、知らず知らずのうちに、居眠りをしていることも。

日中、眠気で集中力が低下し、転倒など、事故の危険性が高まってしまいます。



イビキ解消のために訪れたのは、神奈川県鶴見区の鶴見大学歯学部。

斉藤一郎 教授に、話を伺いました。

すると、意外な答えが返ってきた。

なんと、イビキの解消には、舌や口のトレーニングが効くというのです。


現代人は、咀嚼(そしゃく)の機会が少なくなって、1日の咀嚼時間が30分を切ったといわれる。

なので、徐々に舌や口の筋力が低下しているのだそうです。


舌は、厚さ5センチもある筋肉のカタマリ。

舌の筋力が低下すると、自らの重みを支えきれなくなり、気道を塞いでしまって、イビキの原因になってしまいます。


さらに、口の周りの筋力が低下することによって、唾液分泌が減少して、口が渇いて、目が覚めてしまう。

口周りの筋力の低下により、あごが垂れ下がり、寝ている間、口が閉じられなくなってしまうのだとか。


このようなことがあるので、舌や口を鍛えるには、すごく意味があるんですね。




<舌のトレーニング>

舌先を上あごの前につけ、舌を弾いて、音を出す。


(明瞭な音が出ない場合は、舌が衰えている証拠だそうです)



<唇周辺のトレーニング>

「イー」と「ウー」と、10セット行う。




<舌と口周辺のトレーニング>

「べ」「ロ」「タ」「カ」「ク」と言ってみる。

口を大きく開けて、舌をしっかりと動かすように、意識する。

1日20回行う。

 



睡眠障害


生活習慣や睡眠環境を正しても、なかなかよくならず、日中に強い眠気を感じてしまう。

そういう場合、睡眠障害の可能性があります。


睡眠障害は、90種以上あるのだそう。

そんな中、最近注目されているのが、夜中になると足がムズムズいたり痛くなったりして じっとしていられなくなる 「むずむず脚症候群」

これは、400万人が罹患(りかん)しているのだとか。

睡眠時無呼吸症候群の次に、多いそうですよ。


むずむず脚症候群の原因は、脳の神経細胞が弱まること。

鉄分不足や遺伝、加齢などによって、症状が出るそうです。

気になる人は、睡眠専門医に相談してください。




誰でもスグできる! 睡眠障害で眠れない夜の不安をみるみる解消する 200%の基本ワザ


うちの子が「朝、起きられない」にはワケがある―親子で治す起立性調節障害





[感想]


エノキ
マットレスとは、盲点でしたね。

心地よい睡眠に、影響を与えてたんだ。

ササミ
タオルで簡単に調整できるのは、助かります。

腰に隙間ができていないか、お尻が沈んでないか、チェックしてみます。

エノキ
腰痛対策にも、なりそうですね。




[睡眠に関する記事]

 → 「簡単スッキリ快眠法と時計遺伝子」
 → 「睡眠時無呼吸症候群に絆創膏とリュック」




関連記事




tag : 健康カプセル!ゲンキの時間


<スポンサードリンク>



web拍手 by FC2

にほんブログ村 健康ブログへ

人気ブログランキングへ




FC2カウンター

 RSSリーダーで購読する

 メールで購読する



アーカイブ
 ためしてガッテンの
 アーカイブ 過去記事


 → 2011年 前半
 → 2011年 後半

 → 2012年 1月~3月
 → 2012年 4月~7月
 → 2012年 8月~12月

 → 2013年 1月~3月
 → 2013年 4月~6月

 → 食べ物・料理

 [全記事表示]

にほんブログ村 にほんブログ村へ

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

荒巻ケンコー

Author:荒巻ケンコー
カラダを労わるためのメモ帳。

栄養管理でメタボは脱出。
できるところから、他もメンテナンス。

最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【交通事故防止】 4秒ルールと踏み間違い防止ペダル/ガッテン Apr 27, 2017
【天気痛】 耳マッサージ&スマホアプリ/ゲンキの時間 Apr 23, 2017
【強い心臓を作る方法】 心拍数110/ガッテン Apr 20, 2017
【脳疲労】 慢性疲労症候群/健康カプセル! ゲンキの時間 Apr 16, 2017
【緑内障】 なりやすい人は? コンタクトレンズ型眼圧計/ガッテン Apr 13, 2017
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
忍者

検索フォーム Google

記事内検索フォーム。
Google
注目記事
注目記事
忍者

注目記事
広告
食べ物の記事
健康の新常識
ダイエット 痩身
検索フォーム FC2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Flashゲーム&占いおみくじ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
にほんブログ村
ブログパーツ