場所細胞で記憶力アップ/ためしてガッテン

今日のテーマは、「記憶力」

脳力アップです。


平均年齢 68歳 vs 東大生。

勝つのは、どっちだ?


記憶力をアップさせる、魔法の言葉。

加齢で低下する力と、低下しない力。


脳の中の力士くん、場所細胞(Place cell)。

場所と関連付けることで、思い出す力がアップ!


記憶力世界チャンピオンに学ぶ、最強脳トレ。

それは、有酸素運動だった。



2013年10月23日放送の「ためしてガッテン」より、「脳若返り! 魔法の呪文 記憶力で東大生に勝つ」からのメモ書きです。




ためしてガッテン 場所細胞で記憶力アップ




脳の中の力士


ササミ
今週のテーマは、「記憶力」

歳と共に記憶力が落ちてるって、感じてませんか。

でも、それは本当なんだろうか?



とある食堂の風景。

すごく混み合っています。

でも、注文を聞く女性は、一切メモを取らない。

忙しく動き回りながら注文を聞き、しかも、間違えたり忘れたりしません。

これには常連さんも、ビックリです。


この店員さんの脳の中には、力士くんがいるのだという。

そして、この力士くんを活用すれば、脳力をアップさせることができるのだそう。


エノキ
脳に力士が?

どういうことですか?


ササミ
それではまず、記憶力に関する実験からです。




東大生 vs 68歳


ササミ
「敬老の集い」という文字の前にいるのは、アロハシャツを着てウクレレを持ったみなさん。

その名は、「ウクレレ68」だ。

名前の由来は、平均年齢の68歳から。

敬老会などで、演奏活動を行っています。


その中のお祭り男と呼ばれる人が、歌い出した。

 久しぶりの同窓会~♪
 「おい」「おまえ」で呼び合ったけど~♪
 結局 名前は 覚えてなかった~♪


この方々が東大生に挑もうというのだから、驚きです。

それも、相手は「東京大学クイズ研究会」

これは手強そうだぞ。

というか、相手になるのかな?

エース格の人は、世界一長い駅名を、すらすらと答えちゃいましたよ。

「ランヴァイル・プルグウィンギル・ゴゲリフウィルンドロブル・ランティシリオゴゴゴホ」

これじゃあまるで、落語の「じゅげむ」だ。



こうしてはじまった、記憶力対決。

やってもらうのは、単語のテストです。

まったく関係ない単語を、次々に覚えてもらおうというもの。


と、その前に、ウクレレ68のみなさんには、魔法の呪文が伝えられました。

これが対決に、どう影響するのか?


さあ、実験スタートです。

どちらが勝つかな?


結果はというと、東大のエースは、50点満点の38点。

一方、お祭り男と言われていた69歳の男性は、48点。

勝っちゃいました。


他のメンバーも、東大生と互角に戦えています。

魔法の言葉が効いたのかな?




アメリカのタフツ大学で行われた、単語の記憶力テスト。

Aグループは、18歳から22歳。

Bグループは、60歳から74歳。


結果は、Aグループが48点、Bグループが29点。

若い人たちの方が、記憶力はよかった。


ところがです。

ある魔法の言葉を伝えてから実験を行うと、こうなりました。

Aグループが49点で、Bグループは50点。

60歳から74歳の人たちの点数が、大幅に伸びました。

魔法の言葉は両方に伝えていたのに、です。


その魔法の言葉とは、「今から簡単な『心理学テスト』をやっていただきます」というもの。

そう伝えてからフリップをめくり、単語の記憶力テストを実施しました。


海外の論文で発表された、こんな事実があります。

「加齢と記憶力の関係」

20代、30代、40代、50代、60代以上。

年代が上がっても、記憶力テストの点数は、下がりませんでした。


なんと、「記憶力低下の原因の一つは、『記憶力が衰えている』という思い込みらしいんです。




加齢と記憶力


ササミ
本当に、加齢と記憶力低下は関係ないのだろうか?

そこで、こんな実験をしました。

東大生を打ち負かした、ウクレレ68のうちの3人。

今度は、スーパーでの買い物実験に、挑戦していただきます。


みなさんに買ってきてもらうのは、こんな20品。

 せっけん、ワイン、ガムテープ、マスカラ、
 輪ゴム、ふとんカバー、なし、こしょう、
 ぞうきん、綿棒、電池、たまねぎ、
 氷、かさ、オリーブオイル、消しゴム、
 スリッパ、うどん、おたま、充電器。

メモは取らないで、頭で全部覚えてもらって、買い物をしてもらいます。


その結果はというと、3人とも、正しく買えたのは、半分ほどでした。

東大生との対決では好成績が出たのに、なぜ、買い物実験ではもうひとつだったのでしょうか?


実は、記憶力には、2種類あるんです。

1つは、「覚える力」

もう1つが、「思い出す力」


覚える力は、耳にしたものを、いったん、自分の中に入れる力。

「あり」「なし」なら、答えられる。

これは、加齢によって、あまり低下しません。

東大生 vs ウクレレ68 の対決は、これでした。


スーパーの買い物は、思い出す力の方。

これは、加齢によって、低下しやすい。


テレビに出ている人の名前が思い出せない。

こういうのは、加齢と関係あるみたいです。



こういう記憶力テストは、思い出す力。





加齢とは、あまり関係ないようです。




さて、加齢と共に低下するといわれる、「思い出す力」。

この低下を、何とかしてくれる存在があるといいます。


それが最初に紹介した、脳の中の力士。

それはいったい、何なんでしょうか?




場所細胞


記憶の達人、池田義博さん。

実はこの方、2013年 記憶力日本選手権のチャンピオンなんです。

トランプ52枚の順番をすべて覚えることだって、できるんですよ。

池田さんたち記憶の達人は、能力を磨くため、定期的に集まっているのだそう。


今回は、そんな達人たちの頭の中を覗かせてもらいます。

絵描きの山口優佳さんに協力してもらい、達人たちが描くイメージを、絵にしてもらいました。


例えば、人の写真と名前を覚えるトレーニング。

ローズ・ブラウンという女性なら、バラの花をくわえてるイメージを描きます。

しかも、ブラウンなので、茶色のバラをイメージする。


では、単語をできるだけたくさん覚える競技では、どうでしょう。

達人たちは頭の中で、何を描いているのか?


例えば、「桃」「絆創膏」「枕」「洗剤」「ごはん」「焼き魚」「そば」などを覚えるとする。


ある人のイメージでは、ピアノの上に ごはんが置かれています。

ソファーのまわりには、洗剤の泡が。

階段には、絆創膏が貼ってあります。


別の人は、学校の上に ごはんがある。

車の上に枕があったり、教会の上に絆創膏があったり。


なぜ、こういう風にイメージしちゃうんでしょう?




ここで、あのウクレレ68の3人さんに、再び買い物実験をやってもらいます。

ただし、今度は、記憶の達人たちのワザを使いますよ。


その結果、3人とも満点になりました。

効果バツグンだ。



記憶の達人たちの脳の中では、いったい何が起きているのでしょう?

調べてくれるのは、自然科学研究機構 生理学研究所の 定藤規弘 教授。

脳解析のエキスパートだ。

ファンクショナルMRIで、脳内の血流量を精密に測定します。

中にはパソコンの画面が映し出されており、達人に3ケタの数字を次々に覚えてもらう。

さあ、どんな結果が出るでしょうか。


記憶しようとしている時、達人の脳のある部分が、活発に働いていました。

そのうち、注目したいのは、「海馬」

記憶を司っている部分です。

実は、この海馬にたくさん力士くんがいて、活発に働いているんですね。


力士くんの本当の名前は、「場所細胞(Place cell)」


志の輔さんは、旭道山(きょくどうざん)にかけて、「きおく道山」とか言ってましたが。


それはともかく、この場所細胞の上手な使い方を、達人が教えてくれました。

さきほどの、単語を覚える際のイメージ。

達人は、家の玄関に、大きな桃を置きました。

次に、階段に巨大な絆創膏を貼る。

その先には、棚に枕が何個もギュウギュウ詰めにされています。

これは、いつも通っている場所に、イメージを1つずつ、できれば大げさなイメージで、貼りつけているのです。


<場所を使った記憶ワザ>

自分のよく知るルート上の「場所」に、記憶したいものを置いていく。




では、実際に、やってみましょうか。


<買い物リスト>

小麦粉、靴下、
ブロッコリー、バケツ、
歯ブラシ、ボールペン、
納豆、スリッパ、
たまご、Tシャツ、
ケチャップ、洗剤、
大根、バナナ、
かつおぶし、チョコレート、
キムチ、長ねぎ、
帽子、しょうゆ



これを、慣れ親しんだ場所を使って、覚えてみてください。

いつもの場所に、ヘンテコな置き方や、大げさなイメージで、置いてみる。

自分でストーリーを作るのも、いいかもしれません。


単語の羅列だけを覚えようとすると苦痛だけど、場所に置いてイメージすると、楽なのかもしれませんね。

「ホントにできるの?」と思いましたが、やってみると、けっこう覚えられましたよ。



でも、なぜ、場所を使うと、思い出せるんだろう?

その秘密は、場所細胞の特性にありました。


空間の中を動き回るラットの脳では、驚くべきことが起こっていることが分かりました。

ラットが動き回ると、ある場所を通る際、ある細胞が反応する。

そしてまた進むと、今度は別の細胞が反応する。

つまり、ラットの場所細胞が、場所の1つ1つを正確に記憶してるんですね。


生き物にとって、「場所の記憶」は重要。

ここは危ないとか、ここに来ればエサがあるとか。

なので、脳は場所の記憶が得意なように進化しているのです。


そして、場所細胞は、思い出し細胞でもある。

その場所にさしかかると、勝手に思い出してくれます。

なので、場所と関連付けて記憶すると、場所を思い浮かべることで、自然と思い出せるんですね。



ロンドンのタクシー運転手さんは、長年 仕事をすればするほど、場所細胞が集まっている後部海馬の体積が、増えてることが分かったのだそう。

どうも、海馬にある場所細胞は、使うことにより発達するようなのです。

(ただし、詳しいメカニズムは、分かっていない)



ササミ
場所細胞を活用すれば、記憶力がアップする!

エノキ
ガッテン! ガッテン!




記憶と有酸素運動


ササミ
場所細胞を鍛える上でも、脳全体の衰えを防ぐ上でも、重要な脳トレがあるようですよ。



世界記憶力選手権。

その世界最年長の(元)チャンピオンが、グンター・カールステンさんだ。

現在、52歳。

トランプ52枚の並びを覚える時間は、わずか46秒。

超人です。


そんなグンターさんの最強脳トレとは、どんなものなんでしょう?

その方法は、海馬で新しい細胞を生み出すのに効果があると、近年の研究でも考えられているそうです。


正解は、サイクリングやジョギング。

つまり、有酸素運動。


2011年の研究。

平均年齢68歳の人たちが、有酸素運動をしなかった場合、1年間で海馬の大きさは、右下がりになりました。

でも、週に3回、40分の有酸素運動をした場合では、1年間で2% 海馬が大きくなっていた。

有酸素運動は、脳の神経細胞が成長するための、肥料のような役割をするものを、増やす。


「週3回の有酸素運動で、認知症のリスクが半分になる」という報告も、あるそうですよ。



<脳力アップの三か条>

(心) 記憶力に自信を持つべし

(技) 場所細胞を使うべし

(体) 有酸素運動を続けるべし





ササミ
心技体の三か条で、脳力はアップする!

エノキ
ガッテン! ガッテン!





NHK ためしてガッテン 2013年 11月号 [雑誌]




記憶力世界チャンピオンカールステン博士の頭がよくなる勉強法―単語・歴史・公式・数字がすばやく覚えられる驚異のテクニック


 





エノキ
覚える力自体は、歳を取っても衰えないんですね。

ササミ
ただ、思い出す力は低下する。

エノキ
それを防ぐために、脳の中の力士くん、場所細胞を働かせるわけだ。

ササミ
場所を使った記憶術、使えそうですね。



[まとめ]


・記憶力には2つある。
・覚える力と、思い出す力。
・前者は加齢で低下しないが、
 後者は加齢で低下する。

・思い出す力を鍛えるには、
 場所と関連付けて
 記憶すればいい。
・場所細胞の働きで、
 覚えやすくなる。

・記憶力を
 衰えさせないためにも、
 有酸素運動を。





次回は、「ここ! がんホクロ境目 見分け秘技&美容術!」。





NHKためしてガッテン増刊 健康プレミアム Vol.05 2013年 09月号 [雑誌]




記憶に自信のなかった私が世界記憶力選手権で8回優勝した最強のテクニック






 → 「ためしてガッテン 2013年のアーカイブ 4月~6月」




関連記事




tag : ためしてガッテン


<スポンサードリンク>



web拍手 by FC2

にほんブログ村 健康ブログへ

人気ブログランキングへ




FC2カウンター

 RSSリーダーで購読する

 メールで購読する



アーカイブ
 ためしてガッテンの
 アーカイブ 過去記事


 → 2011年 前半
 → 2011年 後半

 → 2012年 1月~3月
 → 2012年 4月~7月
 → 2012年 8月~12月

 → 2013年 1月~3月
 → 2013年 4月~6月

 → 食べ物・料理

 [全記事表示]

にほんブログ村 にほんブログ村へ

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

荒巻ケンコー

Author:荒巻ケンコー
カラダを労わるためのメモ帳。

栄養管理でメタボは脱出。
できるところから、他もメンテナンス。

最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【鳥取】 ラッキョウと薬味の健康効果 Jun 25, 2017
【すりおろしゴボウ】 作り方と保存法/ガッテン 3/3 Jun 22, 2017
【ごぼう】 甘くする方法と素揚げの作り方/ガッテン 2/3 Jun 22, 2017
【ゴボウ】 セルビア流 お茶の作り方/ガッテン 1/3 Jun 22, 2017
【ゴースト血管】簡単テスト&ルイボスティー効果/ゲンキの時間 Jun 18, 2017
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
忍者

検索フォーム Google

記事内検索フォーム。
Google
注目記事
注目記事
忍者

注目記事
広告
食べ物の記事
健康の新常識
ダイエット 痩身
検索フォーム FC2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Flashゲーム&占いおみくじ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
にほんブログ村
ブログパーツ