足首(アキレス腱)と心臓病13倍タイプ/ためしてガッテン

今回の情報は、世界から。

しかも、3本立てです。

心臓病、高血圧、認知症と、命を救う海外ワザの大特集だ。

アメリカ、カナダ、オランダ、ワールドワイドになってます。


最初の情報は、「心臓病」

足首を見ると心臓病のリスクが高いか分かるというのは、本当なんでしょうか。

アキレス腱とコレステロール値の関係は?


国立循環器病研究センター、斯波真理子 先生。

「家族性高コレステロール血症」の解説。



2014年3月26日放送の「ためしてガッテン」より、「世界で見つけた! 健康ワザ直輸入SP」からのメモ書きです。




ためしてガッテン 足首(アキレス腱)と心臓病13倍タイプ




○○が太いと心臓病になる


ササミ
1本目のテーマは、「心臓病」です。


オランダからの情報。

心臓病の危険をグ~ンと減らす、とんでもない裏技を紹介してもらいました。

見るだけで分かるらしいのですが、どういうことでしょうか?


「風が吹けば」とくれば、「桶屋(おけや)がもうかる」。

ここでの法則は、「○○が太いと、心臓病になる」です。

エノキ
何かが太いと、心臓病のリスクが上がるの?

どういうことだろう??



ササミ
現地を案内してくれるのは、オランダ ガッテン特派員のシャレ―・バッケルさん。

街を見ると、ずいぶん自転車に乗っている人が多いですねえ。

実はオランダは、自転車保有率が世界一。

自転車を中心とした街づくりを進めてるんだって。

確かに運動にもなって健康的ですが、今回のテーマとは関係ありません。


シャレーさんが、病院に連れて行ってくれましたよ。

紹介されたのは、心臓病予防に詳しい、ベン・インホルズ博士。

博士は言いました。

「大事なのは、心臓病を起こす危険の高い人を、きちんと見つけ出すことです」

「実は、体のある場所を見るだけで、分かるんです」


いったい、どこを見るのでしょうか?


診察中、インホルズ博士が見ていたのは、足首でした。

心臓病になるリスクが13倍のタイプの人がいるらしいのですが、その人を見つけられるらしいのです。

心臓とは離れた場所にある、足首。

この2つが、どう関係するのでしょう?




ある男性の経験談


ササミ
インホルズ博士が見ていたのは、足首の中でも、アキレス腱の部分。


今回の法則は、

「アキレス腱が太いと、心臓病になる」




競泳の北島康介選手のライバルだった、ダーレ・オーエン選手。

ロンドン五輪の直前、26歳の若さで、心筋梗塞で亡くなりました。

実は、オーエン選手も、心臓病13倍タイプだった可能性が高いと考えられているんです。





60歳の男性。

13倍タイプによる心臓病から、危うく一命を取り留めました。


その予兆は、30代の頃から。

健康診断で、コレステロール値が高いと判明しました。

LDLコレステロールの数値が、224もあった。


それを機に始めたのが、夫婦でのウォーキング。

1時間ぐらい、一緒に歩きます。

食事にも気を遣うようになったという。


しかし、それでも、コレステロールの値は下がりませんでした。


そして5年前、男性は少し歩くだけで、胸が苦しくなるようになった。

心臓が止まりそうになるくらい、胸が痛くなったといいます。


病院を受診したところ、冠動脈はほぼ塞がり、心筋梗塞の一歩手前でした。

男性の場合、実は、コレステロール値が上がりやすい体質だった。

運動や食事といった生活習慣のせいではなかったのです。


この時、男性のアキレス腱は、太くなっていました。


男性のLDLコレステロール値は、40歳の時から20年間、ずっと基準値140を大きく超え、横ばい状態です。

食事に気を遣い、運動もして、お酒も控えましたが、それでもこんな状態。

ちゃんと努力しても、改善しなかったのです。


でも、原因がハッキリして、薬を飲んだところ、数値はグンと下がりました。

男性は、アキレス腱のチェックさえしていれば、もっと早く数値を下げることができたんですね。

(アキレス腱をチェックしてもらい → 原因をはっきりさせて → それに合った治療をしていれば → コレステロール値を下げることができた)




コレステロールとの関係


ササミ
でも、「コレステロール値が高い」ことと「アキレス腱が太い」ことには、どんな関係があるんでしょう。


コレステロールが多いと、血管の壁にできた小さな傷や穴から、どんどん中にたまってしまい、しまいには血管を塞いだり、詰まらせたりしてしまいます。

これが、心筋梗塞の原因になる。

しかし、コレステロールがたまる場所は、他にもあったんですね。

それが、アキレス腱だった。


アキレス腱というのは、激しく伸びたり縮んだりして、いつでも傷だらけ。

血中にコレステロールがたくさんある状態が続くと、その小さな傷に、どんどん、たまっちゃうんですね。

これが長い年月の間、たまり続けて、見ただけでも分かるぐらい、アキレス腱が太くなっちゃうんです。


「アキレス腱が太い」→「コレステロールがずっと高い状態」→「心臓病になりやすい」


アキレス腱にたくさんコレステロールがたまるということは、全身の血管の壁にも、同じようにコレステロールがたまりやすいサインなんです。

これが、心臓病13倍タイプの人たちのメカニズム。

「アキレス腱が太い人は、コレステロールが体にたまりやすい体質」なんですね。




アキレス腱のチェック方法


ここでスタジオに、専門家の先生が登場。

国立循環器病研究センターの、斯波真理子 先生。


まずは正式な病名から。

家族性高コレステロール血症

LDLコレステロールが、もともと体質的に高い病気です。

なので、食事や運動に気を遣っても、なかなか下がらない。


「家族性」とあるのは、家族の中で、そういう体質の人が多く発生するからです。

遺伝性があるということですね。

(*一般に「家族性」と言う場合、遺伝性であることが多いが、必ずしも遺伝があるわけではない)



オランダでは、国策的に、この家族性高コレステロール血症をきちんと診断しようという風になって、診断率がものすごく高くなっています。


<家族性高コレステロール血症の診断率>

オランダ:71%
ノルウェー:43%
アイスランド:19%



でも、日本では、1%未満。

患者さんが100人いるとすると、1人しか見つけられない計算になります。


日本における家族性高コレステロール血症の推定患者数は、30~60万人。

心筋梗塞を起こす人の1割(10人に1人)は、このタイプだといわれる。


今まであまり知られてなかった「アキレス腱検査」ですが、2012年の動脈硬化性疾患予防ガイドラインで、重要性が強調されるようになりました。

これからの広がりが、期待されています。


スタジオでは、ゲストのみなさんがアキレス腱チェックをしてもらいました。


<アキレス腱チェック>

(1) 後ろに膨らんでないか。

(弓なりになっていれば、正常)

(2) つまんでみて、厚さが2センチ以上ないか(目安)。

(2センチ以内なら、正常)




<こんな人は要チェック>

LDLコレステロールが、180mg/dL以上ある。

家族に、心筋梗塞や狭心症の人がいる。

(男性で55歳未満、女性で65歳未満)



病院では、アキレス腱のエックス線検査、遺伝子検査などで、診断するそうです。



ササミ
アキレス腱チェックで、心臓病を予防しましょう!

エノキ
ガッテン! ガッテン!





NHK ためしてガッテン 2014年 春号




最新決定版 コレステロール・中性脂肪を下げるおいしい食事自由自在―食材をムダなく使える大満足メニューで動脈硬化をストップ (主婦の友新実用BOOKS)


 





エノキ
まさか、アキレス腱と心臓病が関係するとは。

ビックリしました。

ササミ
コレステロールというと食生活の乱れや運動不足が浮かびますけど、そうじゃないケースもあるんですね。

これも、勉強になりました。

エノキ
何はともあれ、定期的に検査して、お医者さんに診てもらうのが、いいようですね。

何もなければ、安心できるわけだし。



[まとめ]


・アキレス腱が太いと、
 心臓病になりやすい。

・アキレス腱が太いのは、
 コレステロールがたまりやすい
 体質だから。

・病名は、
 家族性高コレステロール血症。
・心筋梗塞のおよそ1割は、
 このタイプだといわれる。

・アキレス腱が後ろに膨らんでいたり、
 厚さが2センチ以上あったら、
 要注意。
・また、LDLコレステロールが
 180以上あったり、
 家族が若いうちに
 心筋梗塞や狭心症になっていても、
 要チェック。





次は、「血圧」です。





NHKためしてガッテン1回たった30秒からの「ストレッチ」と「筋トレ」で体と心が若返る。DVD付き (主婦と生活生活シリーズ)




最新 よくわかる心臓病 ~心筋梗塞・狭心症・不整脈・弁膜症・大動脈瘤~: 本気で知りたい・治したい患者のための本






 → 「ためしてガッテン 2013年のアーカイブ 4月~6月」




関連記事




tag : ためしてガッテン 動脈硬化 生活習慣病 心臓


<スポンサードリンク>



web拍手 by FC2

にほんブログ村 健康ブログへ

人気ブログランキングへ




FC2カウンター

 RSSリーダーで購読する

 メールで購読する



アーカイブ
 ためしてガッテンの
 アーカイブ 過去記事


 → 2011年 前半
 → 2011年 後半

 → 2012年 1月~3月
 → 2012年 4月~7月
 → 2012年 8月~12月

 → 2013年 1月~3月
 → 2013年 4月~6月

 → 食べ物・料理

 [全記事表示]

にほんブログ村 にほんブログ村へ

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

荒巻ケンコー

Author:荒巻ケンコー
カラダを労わるためのメモ帳。

栄養管理でメタボは脱出。
できるところから、他もメンテナンス。

最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【天然甘味料】ネイチャスイートソース/ゲンキの時間 May 28, 2017
【低栄養】 高齢者は 肉を食べよう 10食品群チェックシート/ガッテン May 25, 2017
【新ストレッチ法】 ゆらゆら コロコロ ぐ~るぐる/ゲンキの時間 May 21, 2017
【アルツハイマー病&認知症予防】 睡眠とマインド食/ガッテン May 20, 2017
【アルツハイマー病】 原因は アミロイドβの排出だった/ガッテン May 19, 2017
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
忍者

検索フォーム Google

記事内検索フォーム。
Google
注目記事
注目記事
忍者

注目記事
広告
食べ物の記事
健康の新常識
ダイエット 痩身
検索フォーム FC2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Flashゲーム&占いおみくじ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
にほんブログ村
ブログパーツ