ちょいコク真っ赤ジャン&カニ油/ためしてガッテン 大感謝祭(2)

続いては、オーストラリアで、世界一の食材に挑戦します。


Part2 <ガッテン vs 世界一の食材>

(9) 世界一辛いトウガラシ「トリニダード スコーピオン ブッチ テイラー」の辛みを抜く。

(10) トウガラシを激ウマ調味料に変える。

(11) ちょいコク真っ赤ジャン。

(12) カニの殻を煮て、極上のダシに。

(13) うま味凝縮 カニ油で、「タスマニアオオガニ」を調理。



2014年4月2日放送の「ためしてガッテン」より、「20年目の大感謝祭! 厳選ワザ39連発SP」からのメモ書きです。




ためしてガッテン 大感謝祭(2) ちょいコク真っ赤ジャン&カニ油




世界への挑戦


ササミ
数々のスゴ技を紹介してきたガッテンですが、海外でも通用するのでしょうか?

2つの食材に、挑戦しますよ。



1つ目は、「タスマニアオオガニ」というオーストラリアにいるカニ。

食べられるカニとしては、世界で最も食べるところがいっぱいあるんだって。

爪も大きいですね。





でも、このカニ、大きすぎて1回ゆでたら、食べきれないという悩みが。

また、ゆでる以外に、レパートリーがあまりありません。


2つ目の食材は、「トリニダード スコーピオン ブッチ テイラー」

世界一辛いトウガラシです。

どれぐらい辛いかというと、日本のタカノツメの、およそ36倍。





これは世界一辛いトウガラシを作ろうという記録を狙って作られた品種なんですが、いざ作ってみると、あまりに辛すぎて食べられないという悩みが。


和トウガラシでは、辛さを抑えるのに、ガッテンは成功しています。

ならば、世界一のトウガラシにも挑戦しようと、果敢に挑みますよ。

さあ、世界一の辛さは、抜けるかな。



特別企画 ~オーストラリア人をお助け~

ガッテン vs 世界一の食材





vs 世界一辛いトウガラシ


まずは、トウガラシの方から。

研究家のアレックスさんが、迎えてくれましたよ。


農園でスタッフさんが、さっそくトリニダード スコーピオン ブッチ テイラーを試食。

あまりの辛さに、セキが止まらなくなりました。

目が開かなくなるレベルです。

こわっ!


こんな具合なので、とにかく辛すぎて、使い道があまりないんです。

なにせ、扱う際にはマスクが欠かせないぐらいですから。

こんな世界一のトウガラシを、何とかできるのでしょうか…。



2010年10月放送の、「トウガラシの辛さを抜く健康ワザ」。

これでチャレンジしますよ。


<スゴ技(9)>

<トウガラシの辛みを抜く方法>

種と胎座(種のついた芯の部分)を取り除く。

ホワイトリカーなどアルコール度数の高い酒に、これを2時間漬け込みます。

これで辛みが抜け、おいしく食べられるようになる。



 過去記事 → 「とうがらしの辛さを抜く方法 真っ赤ジャン」



さあ、ガッテンの技は、世界一のトウガラシに通用するでしょうか?


結果は、成功!

辛みを抜くことができました。

ヤッター!


かと思ったら、アレックスさんのやせ我慢でした。

実は、辛みは抜けきってなかった。

ショボーン…。



でも、スゴ技は、これだけじゃありません。

辛みを抜いたトウガラシを、調味料に変える技がありましたよね。


<スゴ技(10)>

<真っ赤ジャン>

辛みを抜いたトウガラシに、かつお節などを混ぜた、その名も真っ赤ジャン。

今回は、かつお節の代わりにツナを入れてコクを増した、ちょいコク真っ赤ジャンで勝負。



これを試食してもらったところ、大好評!

ガッテンの実力を示すことができました。



<スゴ技(11)>

<ちょいコク真っ赤ジャンの作り方>

日本のトウガラシでも、作れるんですよ。


材料:2人分

サラダ油-----------大さじ4
日本のトウガラシ---13g(辛みを抜いたもの)
パプリカ-----------1個
しょうゆ-----------大さじ1
酒-----------------小さじ1.5
ツナ---------------20g
粉チーズ-----------5g


(1) あらかじめ辛みを抜いたトウガラシを、みじん切りに。

パプリカも、みじん切りにする。

この2つを、サラダ油をしいたフライパンで、5分ほど炒めます。

(2) 次に、しょうゆ、酒、ツナと粉チーズを投入。

まぜて、全体がなじんだら、できあがり。



コクがグンと増すので、辛みが残っていても、おいしくいただけます。




vs タスマニアオオガニ


オーストラリア南部の港町、ポートランド。

まずは肝心のカニを探します。

すると、仲卸業のアリステアさんの店にあることが分かりました。

にしても、デカい!

さすが、世界一だ。


ところで、地元では、どうやって食べているのでしょう?

シェフのアンドリューさんが、教えてくれましたよ。

定番はやはり、塩ゆで。

これはこれでおいしそうなんですが、やっぱりレパートリーを増やしたいですよね。


そこで目をつけたのが、大量に余っている殻です。

実はカニのうま味の半分近くは、殻に含まれてる。

積み上げられた殻は、宝の山だったのです。


<スゴ技(12)>

<カニ殻のダシ>

2003年12月放送の「産地で極めた! カニの味わいつくし術」では、カニの殻をローストして煮ることで、極上のダシを作り出しました。



これを応用して、新技が開発されましたよ。


<スゴ技(13)>

<うまみが凝縮 カニ油>

お湯ではなく、油で熱した、カニ油。

よりパンチの利いた うま味が出て、いろんな料理に合いそうです。



カニのいいニオイがします。

今まで捨てていた殻で、こんなにいいものができた。


このカニ油で、アンドリューさんが料理を作ってくれました。


フライパンに、たっぷりのカニ油を入れる。

熱したら、溶き卵を流し入れて、ほぐしたカニの身も、たっぷり投入。

ステキなオムレツが、できあがりました。

日本とオーストラリアの合作だ。

完成「特製ジャイアント クラブオムレツ」

集まったみなさんの評判も、上々でした!





NHK ためしてガッテン 2014年 春号






Part3 は、いつも最後に出てくる色紙について。





NHKためしてガッテン 定番おかずの「超」基本 もっとおいしくヘルシーになる! (主婦と生活生活シリーズ)






 → 「ためしてガッテン 2013年のアーカイブ 4月~6月」




関連記事




tag : ためしてガッテン 食べ物


<スポンサードリンク>



web拍手 by FC2

にほんブログ村 健康ブログへ

人気ブログランキングへ




FC2カウンター

 RSSリーダーで購読する

 メールで購読する



アーカイブ
 ためしてガッテンの
 アーカイブ 過去記事


 → 2011年 前半
 → 2011年 後半

 → 2012年 1月~3月
 → 2012年 4月~7月
 → 2012年 8月~12月

 → 2013年 1月~3月
 → 2013年 4月~6月

 → 食べ物・料理

 [全記事表示]

にほんブログ村 にほんブログ村へ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

荒巻ケンコー

Author:荒巻ケンコー
カラダを労わるためのメモ帳。

栄養管理でメタボは脱出。
できるところから、他もメンテナンス。

最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【夏の老化と疲れ】 紫外線&寒暖差 対策/ゲンキの時間 Aug 20, 2017
【水中運動】 ART&お風呂ストレッチ 須藤明治/ゲンキの時間 Aug 13, 2017
【認知症】 接する時のポイント/きょうの健康 Aug 10, 2017
【熱中症クイズ】 室内でも要注意な理由と対策/ゲンキの時間 Aug 06, 2017
【部屋を広く見せる方法】 ホームステージング/ウラマヨ Aug 03, 2017
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
忍者

検索フォーム Google

記事内検索フォーム。
Google
注目記事
注目記事
忍者

注目記事
広告
食べ物の記事
健康の新常識
ダイエット 痩身
検索フォーム FC2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Flashゲーム&占いおみくじ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
にほんブログ村
ブログパーツ