やる気スイッチと隠れ脳梗塞/ためしてガッテン

今週のテーマは、「やる気」


やる気スイッチ「線条体」とは?

低下の原因は、隠れ脳梗塞。

高血圧との関係。


島根大学 医学部 山口修平 教授の解説。

早期発見のポイント。


やる気のリハビリ。

簡単で達成感が得やすいことが大事。


大関・琴奨菊 関も実践した、力強いポーズ。



2014年6月25日放送の「ためしてガッテン」より、「やる気低下が危険信号 脳の異変を発見せよ」からのメモ書きです。




ためしてガッテン やる気スイッチと隠れ脳梗塞




やる気スイッチ


ササミ
今週のテーマは、「やる気」です。

なかなか、やる気が出ない。

モチベーションが上がらない。

そんなことは割とよくありますが、ある男性は、脳の病気が原因でした。

名づけて、「やる気低下病」

しかも、放置していると、命を失う病気につながる可能性まであるのだという。


エノキ
うわっ!

たいへんじゃないですか。


ササミ
安心してください。

そこで今回は、やる気低下で命を失わないですむ方法や、やる気を取り戻す方法まで、紹介しちゃいますよ。




ササミ
スタジオで、ゲームが始りました。

ストップウォッチを使って、ジャスト5秒で止めようというもの。

4秒95から、5秒05までが、OKです。

これは、見てもいいルール。

ストップウォッチを見ながら、押して、止めてください。


エノキ
携帯電話のストップウォッチでやってみましたが、5秒05。

ぎりぎりOKだ。

ところで、このゲームに、どんな意味があるんです?


ササミ
実は、体のある場所に、変化が起きてるんですよ。


日本の脳科学者たちが、ストップウォッチ・ゲームをやっている最中の脳の状態を、MRIで調べました。

すると、脳の一部分に、非常に活性化している部分があることが、分かったんです。


そこが、「線条体(せんじょうたい)」

実はこれこそが、最新の科学が見つけ出した「やる気スイッチ」なのだという。

やる気スイッチ 線条体


線条体というのは、周囲の状況から、自分が損か得か、予測する場所。

それで、やる気を出したり、出さなかったり、するんですって。


やる気が出ないというのは、この線条体が反応しない状態のこと。

では、やる気スイッチ「線条体」の異常とは、どんなものなんでしょう?




隠れ脳梗塞との関係


やる気スイッチ大調査!

50代から70代の男女19人に、MRIで線条体の様子を、撮影させてもらいましたよ。

協力してくれたのは、東京北部病院脳神経外科の長田恒明 医師。


すると、19人中、4人のやる気スイッチに、異変が見つかりました。


その異変とは、「隠れ脳梗塞」

普通の脳梗塞だと、急に倒れたり、しびれたり、半身が不随になったりします。

ですが、隠れ脳梗塞は症状が出ない――と考えられてきました。

それが最近になって、やる気の低下が見られることが、分かってきたんです。


エノキ
やる気と脳梗塞が、関係する場合があるのか。


ササミ
隠れ脳梗塞は50代から増え始め、放っておくと、より深刻な脳梗塞が起きる危険があります。

これが冒頭で言った、命に関わる病気につながる、ってこと。


調査で隠れ脳梗塞が見つかった4人の方々ですが、今すぐ命の危険があるわけではありません。

深刻な症状が出ているわけではないので、今から生活習慣を改善すれば、将来のリスクを減らすことができるそうです。

早目に気づけて、むしろ、よかった。




体験談


[ケース(1)]


埼玉県にお住いの、49歳男性。

今年の春、隠れ脳梗塞が原因で、やる気が出ない状態に陥りました。

動きたくないし、人ともしゃべりたくない。

今まで経験したことのない、やる気の低下だったという。


もともと仕事熱心だったのに、急に、仕事へのやる気をなくしてしまいました。

どうしても身が入らず、計算間違いなどの単純な間違いを、繰り返すようになった。

やがて、すべてに対し、やる気が低下。

会社を休んでも、やる気が戻ることはありませんでした。


うつ病も疑いましたが、どうもそうではなくて、ただただ、やる気が出ません。

落ち込むわけでもなく、体調に異常があるわけでもない。




[ケース(2)]


隠れ脳梗塞による やる気の低下が、死につながることもある。

ある男性は、急にやる気が出なくなった。

周囲の人に促されれば散歩などをするものの、自分からは何もしない状態が続きました。

それまで大好きだった趣味にまで、興味をなくした感じだったという。


異変から3年。

もの忘れ等の症状も出始めたため、家族は病院に連れて行きました。

そこで初めて、脳に異常があることが判明。

そして残念ながら、2年後に亡くなってしまいました。


まさか、やる気の低下の原因が、隠れ脳梗塞だったとは…。





ケース(1)と(2)では、共通する症状がありました。

検査結果で、お医者さんから、あることを言われてたんです。


それは何かといえば、「血圧」

ケース(1)の人は、上の血圧が 160mmHg 台。

ケース(2)の人は、150mmHg 台でした。

共通して、「高血圧」だったのです。



実は、やる気スイッチ「線条体」は、高血圧にめっぽう弱いんです。


脳の血管は、太い部分から分岐し、だんだんと細い管に分岐するイメージがありますよね。

でも、中には、太い血管から細い血管が突き出ている部分がある。

この枝分かれした血管を、「穿通枝(せんつうし)」といいます。

穿通枝は、太い血管からいきなり細くなっているので、それだけ圧力がかかりやすい。

だから、ダメージを受けやすいんです。


穿通枝と線条体


線条体は、穿通枝を通して、血液や栄養分を得ている。

つまり、穿通枝は、隠れ脳梗塞の症状が非常に出やすい場所ということになります。

それだけに、しびれなどの症状がなくても、やる気低下が、小さな脳梗塞発見のカギになる。

気づくことができます。




専門家の解説


ここでスタジオに、専門家の先生が登場。

島根大学 医学部 教授、山口修平さんです。

神経内科がご専門の先生。


隠れ脳梗塞に命の危険はないのですが、次の大きな脳梗塞の強い危険因子になります。

その時は大丈夫でも、放っておくと、命の危険に関わってくる。

さらに、隠れ脳梗塞もたくさんできると、「血管性認知症」の大きな原因に。


<早期発見のポイント>

(1) 急にやる気が低下

 ・口数が減った。
 ・気持ちの抑揚がなくなった。
 ・周囲に促されないと、何もしなくなった。
 ・好きなことに興味がなくなった。
 ・将来計画や目標がなくなった。

(本人が気づく場合は少ないので、周囲の人が気づくことが大切)

(2) 症状が1ヵ月以上。

(3) 高血圧。

 上は140mmHg、下は90mmHg以上の人は、要注意。




病状が認められる場合、保険適用で、数千円でMRI検査が受けられるそう。

ただ、健康な人が念のため受ける脳ドックの費用だと、4万円くらいかかる。




今までのことで導き出された方程式が、これになります。


やる気低下 + 高血圧 = 隠れ脳梗塞



ササミ
高血圧で やる気低下が長引いたら、隠れ脳梗塞のサインかもしれません。

エノキ
ガッテン! ガッテン!




やる気のリハビリ


北九州市に在住の、53歳の男性。

4年前、脳梗塞に襲われました。

幸い、重いマヒなどの症状はありません。

しかし、やる気が失われ、会社を休職することになりました。

やがて、一人で外出すると迷子になるなど、認知症の症状まで出始めたという。


ところが、発症から3ヵ月後、病院であるリハビリを始めたところ、症状がみるみる改善したんです。

職場に復帰することもできました。


やる気を取り戻したリハビリとは、どんなものなんでしょうか?

産業医科大学 名誉教授の、蜂須賀研二 先生に話をうかがいました。


リハビリに使う、パズルや計算ドリルは、一般のもの。

でも、あることによって、やる気改善に有効な使い方ができるのだという。


カギになるのは、「達成感」

例えば、パズルだと、大きいピースの比較的やさしいパズルを使うことで、成功しやすくする。

すると、「うまくできた!」「またやろう!」という風に、意欲が高まってくるんですね。


やる気のリハビリに大切なのは、「パズルや課題が簡単で、達成感を得やすいこと」



<メカニズム>

線条体を活性化するには、「成功体験」が大切な要素となります。

ハードルが高いとなかなか成功しないので、小さなハードルから少しずつ、やる。

また、それを繰り返すことで、機能が残った線条体を活性化させることができる。



一般的な脳卒中でも、やる気の低下は、1/3から1/4の人に起こるそう。

そういう場合は、リハビリと共に、薬を併用することも、病院では行っているそうです。




力強いポーズ


ササミ
誰しも、毎日やる気がある! ってことはありませんよね。

ということで、最後は、やる気を出す方法を紹介。


まずは、アメリカの論文から。

「Power Posing:Brief Nonverbal
 Displays Affect Neuroendocrine
 Levels and Risk Tolerance」

そこには、ある簡単な方法でやる気がアップする、と書かれています。


実は、この方法を実践している人がいます。

それは、大相撲 大関の、琴奨菊さん。


その前に、片付けに やる気が出ないという主婦と一緒に、東海大学を訪れました。

スポーツ心理学の専門家である 高妻容一 教授に、ある方法を教えてもらいます。

高妻さんは、シドニーオリンピック金メダルの井上康生さん(柔道)、大関 琴奨菊 関など、多くのトップアスリートを指導してきた人なんですよ。

日本のスポーツ界を、独自のメンタルトレーニングで支えてきた。


先生が教えてくれた方法は、テンポのある音楽に呼吸を合わせて体を動かすエクササイズ。

野球やサッカーなどでも、本格的な練習を始める前に行われているのだという。


「やる気は、体を動かすことで、グッと高まる」


片付けにやる気の出なかった主婦は、掃除をする前に、何でもいいから体を動かしました。

それが家の片付けに、ちゃんとつながったんですよ。


体を動かす方法は何でもいいんですが、1つだけポイントがあります。

それは、「力強いポーズをとること」


先の論文によると、「テストステロン」という物質が、力強いポーズをとった場合には、20%アップした。逆に、弱々しいポーズだと、10%ダウンしました。

テストステロンは、男性ホルモンの一種。(女性も持っています)

このテストステロンには、脳を刺激して線条体を活性化させる働きがある。

体を動かした方がいいのですが、力強いポーズだけでも、効果は得られるらしい。



琴奨菊 関は以前、勝負弱さに悩んでいました。

そこで取り入れたのが、胸を大きく張ってのけ反るようなポーズ。

これも、高妻先生が授けたアイデアなんだとか。

このポーズを始めた場所から、連戦連勝。

見事、大関昇進を成し遂げたのでした。

琴奨菊 関のポーズ


ササミ
力強いポーズを繰り返して、やる気スイッチをオンに!

エノキ
ガッテン! ガッテン!





NHKためしてガッテン増刊 健康プレミアム Vol.06 2014年 07月号 [雑誌]




隠れ脳梗塞は自分で治す (らくらく健康シリーズ)


 





エノキ
やる気低下と隠れ脳梗塞がつながっているとは、意外でしたね。

ササミ
少しぐらい やる気がない日があってもいいけど、長期にわたる場合は注意した方がいいかもしれませんね。

エノキ
力強いポーズと体を動かすのは、ちょっと試してみようかな。





次回は、「最強野菜! らっきょう 驚異の底力」。





NHKためしてガッテン1回たった30秒からの「ストレッチ」と「筋トレ」で体と心が若返る。DVD付き (主婦と生活生活シリーズ)




結果を出す人のこころの習慣






 → 「ためしてガッテン 2013年のアーカイブ 4月~6月」




関連記事




tag : ためしてガッテン 脳卒中


<スポンサードリンク>



web拍手 by FC2

にほんブログ村 健康ブログへ

人気ブログランキングへ




FC2カウンター

 RSSリーダーで購読する

 メールで購読する



アーカイブ
 ためしてガッテンの
 アーカイブ 過去記事


 → 2011年 前半
 → 2011年 後半

 → 2012年 1月~3月
 → 2012年 4月~7月
 → 2012年 8月~12月

 → 2013年 1月~3月
 → 2013年 4月~6月

 → 食べ物・料理

 [全記事表示]

にほんブログ村 にほんブログ村へ

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

荒巻ケンコー

Author:荒巻ケンコー
カラダを労わるためのメモ帳。

栄養管理でメタボは脱出。
できるところから、他もメンテナンス。

最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【すりおろしゴボウ】 作り方と保存法/ガッテン 3/3 Jun 22, 2017
【ごぼう】 甘くする方法と素揚げの作り方/ガッテン 2/3 Jun 22, 2017
【ゴボウ】 セルビア流 お茶の作り方/ガッテン 1/3 Jun 22, 2017
【ゴースト血管】簡単テスト&ルイボスティー効果/ゲンキの時間 Jun 18, 2017
【生乾き臭・部屋干し臭】 モラクセラ菌を撃退する方法/ガッテン Jun 15, 2017
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
忍者

検索フォーム Google

記事内検索フォーム。
Google
注目記事
注目記事
忍者

注目記事
広告
食べ物の記事
健康の新常識
ダイエット 痩身
検索フォーム FC2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Flashゲーム&占いおみくじ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
にほんブログ村
ブログパーツ