肝臓がん予防 新時代! 検査は無料&肝炎ウイルスの新薬/ためしてガッテン

今週のテーマは、「肝臓がんの予防」


原因の8割は、肝炎ウイルス。

感染源は、輸血、予防接種、そして、母子感染。

検査はたった3分。無料の自治体も多い。


武蔵野赤十字病院、泉並木 先生の解説。

インターフェロンが効かない場合でも、C型肝炎ウイルスを排除できる新薬。

B型のウイルスの増殖を抑える、核酸アナログ。



2014年11月12日放送の「ためしてガッテン」より、「3分で8割減! 肝臓がん撲滅SP」からのメモ書きです。




ためしてガッテン 肝臓がん撲滅SP




肝臓がんの原因


ササミ
今回のテーマは、「肝臓がんの予防や検査」について。


ガンの死亡数、第1位は、肺がん。

第2位が 胃がんで、第3位は 大腸がん。

そして、第4位なのが、肝臓がんです。

沈黙の臓器と呼ばれるだけあって、本人が気づかないうちに、肝臓が侵されている場合も。


しかし、ここで朗報です!

武蔵野赤十字病院 副院長の 泉並木 先生は、おっしゃいました。

「みなさんが『あること』さえやっていただければ、肝がんの7割から8割をなくすことが、できるようになってきたんです」

エノキ
すごい進歩じゃないですか。



ササミ
まずは、肝臓がんの原因からです。

エノキさん、何だと思います?

エノキ
お酒…ですかね。

ササミ
アルコールは、5%ほど。

一滴もお酒を飲まない人でも、肝臓がんになる方は、けっこう いらっしゃいます。

エノキ
へ~、そうなんだ。

ササミ
他の原因では、脂肪肝などが 15%。

B型肝炎ウイルスが、15%。

C型肝炎ウイルスが、65%。

肝臓がんの原因の8割は、肝炎ウイルスなんですね。


グラフ:肝臓がんの原因



B型肝炎ウイルスの主な感染源は、

 ・輸血(血液製剤)
 ・予防接種(注射針の使い回し)
 ・???


この3つ目が、問題になります。



[体験談(1)]

73歳の女性。

7年前、肝臓がんに なりました。


30年前、仕事で忙しい毎日を送っていましたが、健康に不安を感じることは、なかったという。

ある日、体調を崩し病院を受診したのですが、念のため、血液検査をすることに。

そこで、肝機能の数値が 600~700あると言われてしまいます。

詳しく調べた結果、急性肝炎を発症していることが、分かりました。

このまま放置すると肝硬変へと進み、最悪、肝臓がんになりかねない。

すぐに治療を受け、無事、回復することができました。

このことをきっかけに、肝臓に負担をかけないよう、お酒もやめた。

検査も、定期的に受けるようになりました。

そのおかげで、5年後、10年後、15年後、20年後と、検査の値は、正常値。


ところが、です。

正常なはずの肝臓に、突然、がんが発見されてしまいます。

検査ではずっと正常値だったのに、なぜ?




この女性が肝臓がんになった原因は、B型肝炎ウイルスでした。

気づかないうちに、ずっと肝臓の中に潜んでいたんですね。


輸血はしてないし、血液製剤も使っていない。

予防接種で針の使い回しをしたことも、なさそう。

にもかかわらず、肝炎ウイルスに感染。

これは、どういうことなんでしょう?


B型肝炎ウイルスは、肝臓に侵入すると、細胞の奥底に潜みます。

肝炎を起こす場合もありますが、潜んでいるだけで悪さをしない場合もあるんですね。

潜んでいる間は、何もしません。

その場合、肝機能に異常が起きることもない。

でも、この潜んでいる場所は、細胞の設計図、つまり、遺伝子がある場所と同じなんです。

そして、何かの拍子に、細胞の設計図を傷つけてしまうことがある。

そうすると、この壊れた設計図をもとに作られる新しい細胞が、がんになってしまうんです。

こうして、がん細胞が増殖し、いきなり がんになってしまうということが起こり得てしまう。



でも、どこで、肝炎ウイルスが侵入したんでしょう?

実は、輸血でも、予防接種でもない、第3の感染源が、関係してきます。

そしてそれは、誰もがみんな、無関係ではない。




母子感染


[体験談(2)]

名曲「まちぶせ」のヒットで知られる、石川ひとみさん。

プリンプリン物語で主役の声をあてたり、レッツゴーヤングの司会を務めた時期もあります。

実は、彼女もまた、意外なところで B型肝炎ウイルスに感染した一人なのです。


ある日、風邪かなと思い、病院へ。

その時の血液検査で、B型肝炎のキャリアであることが判明しました。

症状は、ほとんどなかったといいます。

体のダルさは感じていたものの、肝臓からくるものだとは、思ってもいませんでした。


問題は、ウイルスがいつ、どこから入ってきたか。

そこで、石川ひとみさんの半生を年表にまとめ、専門家に見てもらうことに。

協力してくれたのは、肝炎ウイルスの第一人者、名古屋市立大学 肝疾患センターの 田中靖人 教授。

いったい、どこで感染したのでしょうか?


握手など、人との接触で感染することはなさそうです。

田んぼで泥だらけで遊んだことも、関係なさそう。

プールでもない。

十二指腸潰瘍で入院経験がありますが、(手術したわけじゃないから)これも違う。


感染したのは、生まれた時。

母子感染ではないかと、先生は推測します。


B型肝炎ウイルスの主な感染源は、こうなる。

 ・輸血(血液製剤)
 ・予防接種(注射針の使い回し)
 ・母子感染


実は、母子感染は、B型肝炎ウイルスの最も代表的な感染経路なんです。

母親がウイルスに感染していても、症状が出ていなければ、感染していると気づかないまま、出産することになる。


母子感染と遺伝は、まったく別物。

遺伝は、受精卵になった頃に、親からの情報が受け継がれること。

母子感染は、それとは違います。

お腹の中にいる時、赤ちゃんは、母親と胎盤で つながっています。

この胎盤を通じて酸素や栄養を もらうわけですが、血管はつながっていない。

なので、この状態では、ウイルスに感染することはありません。

問題は、出産の時。

生まれる際、胎盤は子宮から、剥がれ落ちるんです。

この時、子宮から出血。

母親の血液中のウイルスが、剥がれた胎盤を通して、赤ちゃんに感染してしまうんですね。


実は、1986年から、「B型肝炎母子感染防止事業」というのが始っています。

出産前に、母親の肝炎ウイルス検査を実施。

もし、感染していると分かったら、生まれてすぐに、赤ちゃんに ワクチンを注射します。

そうすることで、ウイルスが肝臓に定着する前に、やっつけることができる。


ということで、2014年現在、29歳以上の人は母子感染の可能性があることになる。




肝炎ウイルス検査


ササミ
さて、ウイルスを発見するための検査ですが、「肝炎ウイルス検査」じゃないとダメ。

普通の血液検査では、分かりません。

(石川ひとみさんの場合、風邪だと思い病院に行ったのですが、医師が肝炎を疑って、検査をしたと思われます)



では、肝炎ウイルス検査とは、どんなものなんでしょう?

なんと、小野文惠アナが体験してくれました。


ガッテンでは、5年前にも、肝炎ウイルス検査を紹介しています。

(2009年9月16日放送の「検診で見つからない! 隠れ肝臓病100万人」)

この検査は、各自治体の保健所などで受けることができる。


今回は、もっといい方法を紹介。

実は、近所の病院でも、受けることができるんです。

小野アナが受診した病院では、予約なしでもOKでした。

(もちろん、予約が必要かどうかは、病院によって異なります)


診察室に入ると、輸血の経験があるかどうかなどを聞かれます。

簡単な問診のあと、検査へ。

血液検査をして、その日は おしまい。

時間はたったの3分ほどです。

しかも、受診料は ゼロ円だった。


注意! 肝炎ウイルス検査の実施方法は、各自治体でルールが異なります。

ガッテンが、人工10万人以上の都市、およそ300か所で調べたところ、9割の地域で、病院や診療所で検査を受けられることが分かりました。

また、そのうちの7割が無料だった。

(というわけで、どこでも無料とは限りません)


小野アナの地区の場合、まず、区役所に電話。

すると、受診表が送られてくるので、それを持って、近くの診療所で検査を受けた。


まずは、お住いの地域の役所、あるいは保健所に、お問い合わせください



「○○市 肝炎ウイルス検査」で検索すると、各自治体のページがヒットするかもしれません。

ちなみに、神戸市の場合、お近くの市内指定医療機関で受けるか、神戸市が実施する特定健診(メタボ健診)会場で受ける場合は、検査料金は無料らしい。

保健所の健康づくり支援課に問い合わせると、受診券の申し込みを受け付けてくれます。

ただ、それ以外の場合(市内指定医療機関ではない かかりつけ病院や近所の医療機関)は、有料になるようです。

(肝炎ウイルス検査指定医療機関は、リストになっていて、事前に調べることができます)



検査をして、もしも感染していた場合でも、ちゃんと治療して、がんにならないようにする方法があります。

それも後ほど、紹介しますよ。



ササミ
肝炎ウイルスは、誰でも感染の可能性があります。

ぜひ、一度は検査を。

検査は、近所の病院で受けることもできます。

お近くの役所に、お問い合わせください。

エノキ
ガッテン! ガッテン!




新薬


ササミ
肝炎ウイルス検査では、B型とC型、一度に検査することができます。


続いては、C型肝炎の新薬について。



[体験談(3)]

73歳の男性。

長年、肝炎に苦しめられてきました。


23年前のある日、仕事中に異変を感じたという。

食欲がなくて、体がだるい。

病院で検査をすると、肝機能が落ちていることが分かりました。

C型肝炎を発症していたのです。

当時の主治医からは、完治は非常に難しいと告げられた。


男性が受けた治療は、インターフェロンを注射する方法。

インターフェロンは、免疫を強めて肝炎ウイルスを攻撃する薬です。

しかし、感染者には、この薬が効きやすいタイプの人と、効きにくいタイプの人がいる。

残念ながら、男性は効きにくいタイプでした。


あきらめずに、新型のインターフェロンが出る度に試しましたが、ウイルスを排除することができない。

そして、20年以上が経過しました。


転機が訪れたのは、今年、2014年。

新薬のテストの誘いでした。

なんと、新しい薬は、飲み薬だけ。

2種類を毎日飲むだけで、肝炎ウイルスを排除できるのだという。


男性は、わらをもつかむ思いで、治療を始めました。

すると、たった1ヵ月で、ウイルスが消えた。

今では元気に仕事をしすぎて、腱鞘炎になるほどです。

こんなにうれしいことはない。




ここでスタジオに、専門家の先生が登場。

日本肝臓学会 理事、武蔵野赤十字病院の泉並木 先生です。



<B型とC型の違い>

B型は、母子感染などで感染して、定着する。大人で感染しても、急性の肝炎で済み、ほぼ治ります。

しかし、C型肝炎は、大人の時に感染しても持続する。母子感染はまれ。



(現在は、輸血や注射器などで感染しないよう、対策がとられています)



さて、肝心の新薬について。

2013年、画期的な新薬ができました。

インターフェロン+飲み薬で、排除率は90%。

9割の患者さんが治るようになりました。


インターフェロンが効きづらい人や、できない人は、2種類の薬を飲みます。

その排除率は、85%。


飲み薬は、ウイルスが耐性を持つ場合が、まれにある。

なので、まずはインターフェロンの治療を優先します。


新薬が生まれたきっかけは、C型肝炎ウイルスを培養できるようになったこと。

そのおかげで、どんどん薬が作られるようになった。



新しいの薬の場合、まれですが、重大な副作用が出る可能性もあります。

なので、治療中の経過観察が、とても大切になる。

経過観察する場合、ウイルスのタイプ、あるいは肝臓の状態などを、細かく調べ、薬の量などを調節しなければならない。

できれば、肝臓の専門医に相談してください。



B型肝炎の新薬もあります。

B型肝炎ウイルスというのは、核の中、細胞の奥の方に潜んで存在している。

なので、残念ながら、B型肝炎ウイルスを完全に取り除くことは難しい。

ただ、潜んでいるB型肝炎ウイルスが暴れて、増えて、肝臓を悪くするのを防ぐ新薬ができた。

「核酸アナログ」という薬は、B型肝炎ウイルスの増殖を抑えてくれます。

ウイルスを静かにさせて、肝臓がんにならないようにしてくれる。

こちらは、ほとんど副作用がないというのが特徴。

なので、以前の薬の副作用で、途中で治療をやめてしまった患者さんも、治療再開のチャンス。



泉先生は、おっしゃいます。

「みなさん、ぜひ、一生に一回、この血液検査を受けていただきたい」

自分が感染しているかどうか、1回だけ血液検査を受けてもらう。

通常、血液から感染するので、普通の生活では感染しません。

なので、一生に一回、ぜひ、検査を。



ちなみに、B型肝炎に感染している人が、知らないでお酒を飲むと、10年間で70%の人が肝臓がんになるという報告もあります。

なので、まず、感染しているかどうか、検査した方がいい。



肝炎ウイルスを人工的に培養できるようになって、今後も様々な新薬が生まれることが期待されます。

泉並木 先生は、おっしゃった。

「肝臓がんの予防が、新しい時代に入ったと言えると思いますね」



ササミ
治療薬の進歩で、肝臓がんを防げる時代に!

エノキ
ガッテン! ガッテン!




<おさらい>


肝炎ウイルスの薬


C型では、高い確率で、ウイルスを排除できるようになりました。

B型は排除できませんが、ウイルスの活動を抑えて、肝臓がんを予防することができる。


ただ、副作用もあるので、できれば肝臓の専門医に相談を。




肝炎ウイルス検査の受け方


地域によって条件が異なりますが、基本的には、保健所や近くの病院・診療所で、受けることができます。

ガッテンで調べたところでは、全国9割の地域の病院で、検査可能。

そのうちの7割は、無料です。


ただ、検査期間や対象年齢、無料で受けられる人数、実施している病院の数など、地域によって違いがあります。

なので、役所か保健所に、問い合わせてみてください。

風邪などで病院に行った際、ダメもとで聞いてみてもいい。




今週の色紙


「これもノーベル賞」


将来が楽しみだ。





NHKためしてガッテン増刊 健康プレミアム Vol.07 2014年 11月号 [雑誌]



肝臓病の最新治療 (よくわかる最新医学)


 





エノキ
いや~、医学って、進歩してるんですね。

こんなにいい新薬ができてたのか。

ササミ
検査も簡単だし、無料でやってくれる自治体も多いらしいし。

一生に一回は、肝炎ウイルス検査を受けたいですね。

何もないなら、安心。

見つかっても、いい治療法があるようだし。

エノキ
放置するのが、一番怖そうだ。





次回は、「1200万人! 目の現代病、危険な目ヤニ 発見ワザ」。





NHK ためしてガッテン 2014年 秋号



健康診断で肝臓の数値が気になるとき読む本






 → 「脂肪肝から、肝臓ガンに?」

 → 「ためしてガッテン 2013年のアーカイブ 4月~6月」




関連記事




tag : ためしてガッテン 肝臓


<スポンサードリンク>



web拍手 by FC2

にほんブログ村 健康ブログへ

人気ブログランキングへ




FC2カウンター

 RSSリーダーで購読する

 メールで購読する



アーカイブ
 ためしてガッテンの
 アーカイブ 過去記事


 → 2011年 前半
 → 2011年 後半

 → 2012年 1月~3月
 → 2012年 4月~7月
 → 2012年 8月~12月

 → 2013年 1月~3月
 → 2013年 4月~6月

 → 食べ物・料理

 [全記事表示]

にほんブログ村 にほんブログ村へ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

荒巻ケンコー

Author:荒巻ケンコー
カラダを労わるためのメモ帳。

栄養管理でメタボは脱出。
できるところから、他もメンテナンス。

最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【夏の老化と疲れ】 紫外線&寒暖差 対策/ゲンキの時間 Aug 20, 2017
【水中運動】 ART&お風呂ストレッチ 須藤明治/ゲンキの時間 Aug 13, 2017
【認知症】 接する時のポイント/きょうの健康 Aug 10, 2017
【熱中症クイズ】 室内でも要注意な理由と対策/ゲンキの時間 Aug 06, 2017
【部屋を広く見せる方法】 ホームステージング/ウラマヨ Aug 03, 2017
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
忍者

検索フォーム Google

記事内検索フォーム。
Google
注目記事
注目記事
忍者

注目記事
広告
食べ物の記事
健康の新常識
ダイエット 痩身
検索フォーム FC2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Flashゲーム&占いおみくじ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
にほんブログ村
ブログパーツ