耳鳴りは補聴器で治る+正しい耳掃除/ためしてガッテン

今週のテーマは、「耳鳴り」


原因は、無音。

無響室でも、体験できる。


蝸牛(かぎゅう)の老化で、電気信号が送れない。

視床が感度を上げて、脳の信号を拾ってしまう。


国際医療福祉大学熱海病院、神崎仁 教授の解説。

補聴器を使った治療。

相談は、補聴器相談医のいる病院へ。


「耳垢栓塞(じこうせんそく)」。

大きな耳あかが、耳をふさいでしまう。

掃除は、1ヵ月に1回。



2015年3月4日放送の「ためしてガッテン」より、「ついに! 耳鳴りが治る 原因解明&治療最前線」からのメモ書きです。




ためしてガッテン 耳鳴りと補聴器




ひどい耳鳴り


ササミ
ベドルジハ・スメタナの「弦楽四重奏曲第1番 ホ短調 わが生涯より」。

この曲では、スメタナ自身が経験した耳鳴りが表現されているらしい。


というわけで、今回のテーマは、「耳鳴り」です。


「キーン」「ジーン」

「ツーン」「ピー」

街のみなさんも、耳鳴りの経験があるようです。


現在、ひどい耳鳴りに悩む人の数は、全国で、推定300万人。

しかも、治したくても治せないのだという。

「もし耳鳴りなんか治せたら、ノーベル賞 取れるよ」、そう言う医師がいるくらい。

それぐらい難しいのだとか。


志の輔さんも、小野アナも、悩むような耳鳴りは、ないそう。

ゲストの藤田朋子さんは、「ぼわ~」という耳鳴りの経験があって、お医者さんに行ったそうです。

内藤剛志さんはストレス性のもので、軽い安定剤を飲んだら治ったらしい。




[体験談(1)]


埼玉県にお住いの男性。

それまで、耳鳴りを経験したことは、一度もありませんでした。

始まりは、昨年の5月。

朝起きると、腰やヒザに痛みが走り、耳鳴りがした。

聞こえたのは、金属のこすれるような高音。

しかも、24時間、鳴りっぱなしです。


体の痛みの影響が、耳にも出たのだろうか?

そう思った男性は、整形外科へ。

おかげで、体の痛みは、すぐに治まりました。

でも、耳鳴りは、やむことがありません。


そこで今度は、耳鼻科を受診。

耳の炎症を抑える薬を処方されましたが、効果が出ない。

整体、漢方薬、薬用酒など、耳鳴りに効果があると言われるものを試しましたが、耳鳴りはひどくなるばかり。

やがて、通院していた耳鼻科の先生から、こんなことを言われてしまいました。

「耳鼻科としての治療は、これで終了です」「自然の雑音として、慣れてください」

でも、本人にしてみたら、雑音というレベルではありません。

どうしてよいか分からず、パニックに。


そして、耳鳴りが始ってから、1ヵ月後。

男性はとうとう、うつ状態になってしまった。

もう治らないのかと思うと、絶望感が。


ところが、去年の10月、画期的な報告書が発表されたんです。

「耳鳴患者の心理的苦痛・生活障害の grade に応じた治療戦略」

耳鳴りの根本的な原因が、突きとめられた。


男性はさっそく、新しい治療法を受けました。

すると、耳鳴りが劇的に改善。

地獄から生還したような気持ちだと、喜びを噛みしめます。





スタジオでは、男性の耳鳴りを、できるだけ忠実に再現してみました。

<ピー>とか<キーン>という高い音が、大音量で響いている。

これは、キツそうです。とても、耐えられない。

うつになるのも、無理ありません。




さて、耳鳴りの原因は、何なんでしょう?

耳鳴りの7割の原因を占めるものが、あるようですよ。




ひどくなる原因


ササミ
ひどい耳鳴りの原因を求めて向かったのは、慶応義塾大学病院 耳鼻咽喉科の大石直樹 先生。

先生は、こう教えてくれた。

「耳鳴りに悩む方の生活を見ると、分かることが多いんです」


そこで、8年以上前から耳鳴りに悩んでいる男性に、協力してもらいました。

この男性、6軒もの耳鼻科を受診しましたが、今も治っていません。

さて、生活を見せてもらうことで、耳鳴りの原因が分かるのでしょうか?


注目したのは、昼寝のシーン。

携帯が鳴っているのに、気づきませんでした。


男性の聴力を調べさせてもらったところ、左耳の聴力が落ちていることが分かった。

特に、高音の部分が、聞こえづらくなっているようです。

会話で必要なのは、500~2000Hz 程度だと言われている。

男性は、この部分は聞こえます。

なので、日常生活に困ることは、なかったようですね。

さらに、右の耳は、正常でした。



エノキ
ということは、聞こえづらいことと耳鳴りは、関係している?



ササミ
ここで、実験です。

耳鳴りで悩んでいない人に、耳鳴りを作ってみる。

エノキ
え? どういうこと?



ササミ
20代から60代の男女に、協力してもらいました。

全員、耳鳴りの経験はありません。

ところが、ある場所に連れて行くと、耳鳴りが聞こえだしたんです。

なんと、10人中 8人が、耳鳴りを体験。

これは、どういうことなんでしょうか?


みなさんを連れて行ったのは、「無響室」

壁が音を吸収し、周囲を無音にできる、特別な部屋です。


実は、これこそが、耳鳴りが起きる最大の理由だった。

無音、音がないと、耳鳴りがするんです。




<メカニズム>


人間の耳は、音を振動として捉えて、「蝸牛(かぎゅう)」という部分で、電気信号に変えて、脳に送ります。

蝸牛は、内耳の一部で、音の感覚を受け取る器官であると言われています。カタツムリの殻の形をしているので、この名がついている。


[音が聞こえる仕組み]

(1) 蝸牛が、振動を電気信号に変える。

(2) 脳の中で、音の高さごとに感知する。



高音が聞こえづらい男性の場合、蝸牛の老化により、高音域が電気信号に変えられなくなっていたんです。


高音の信号が脳に入ってこない時、ある部位が行動を起こします。

それが、「視床(ししょう)」

視床は、音の選別や調整などの役割を担っている。


高音の電気信号が来てないと、視床は感度を上げようとします。

小さな信号でも拾えるように、ボリュームを上げるんですね。


すると、どうなるか?


実は、脳の中には、いろんなものが電気信号として飛び交っている。

視床が感度を上げた状態なので、こういった他の電気信号まで、拾ってしまうんです。

これが、耳鳴りの正体。


通常だと、視床は一度 感度を上げても、信号が来てないと、また感度を下げます。

しかし、そうならないケースもあって、その時に、耳鳴りが起きてしまうというわけ。


「耳鳴り=脳が作りだした音」だった。




耳鳴り予備軍?


ササミ
今、耳鳴りがしないからといって、安心できません。

みんな、予備軍かもしれない。


スタジオでは、藤田朋子さん、内藤剛志さん、山瀬まみさん、ゲスト3人の、若き日の写真が映し出されました。

その違いは? ということでしたが、写真自体に違いはありません。

違っていたのは、音。

内藤さんの写真の時だけ、音が鳴っていたんですね。

でも、ゲストの誰も、それに気づけなかった。


なぜかというと、非常に高い音だったから。


例えば、30代なら聞こえると言われているのが、15000Hz の音。

40代だと、14000Hz 。

50代だと、12000Hz 。


というわけで、年をとると誰だって、高音が聞こえなくなってくるんです。

なので、耳鳴りが起きる可能性だって、あることになる。




[動画] モスキート音で耳年齢チェック あなたは何歳ですか?

(ボリュームに注意!)






ササミ
耳鳴りは、外の音が聞こえるのではありません。

脳の中の信号を拾って、音が聞こえているんですね。

そして、聴力の低下に伴って、誰にでも起きうることでもある。

エノキ
ガッテン! ガッテン!




神崎仁 先生の解説


ここでスタジオに、専門家の先生が登場。

国際医療福祉大学熱海病院の、神崎仁 教授です。


耳鳴りには、いろんな説があったそう。

脳の過剰興奮で耳鳴りが起こっていると認識されてきたのは、最近です。


治療法に使われるのは、意外なことに、「補聴器」




高音が聞こえづらかった男性ですが、耳鳴りの治療に、補聴器を勧められました。

聴力が落ちているという自覚はなかったので、最初、戸惑った様子。


まず始めたのは、補聴器の調整です。

男性は、高音と低音が、聞こえにくくなっていました。

そこで、耳に入る音の大きさを、音の高さごとに、細かく調整。

これが、ものすごく重要なんですね。


補聴器で、聞こえにくい高さの音だけを、増幅する。

すると、今まで届いていなかった信号が、復活。

視床は、信号の感度を上げる必要がなくなります。

結果、耳鳴りは改善するんですね。


聞こえてなかった音が聞こえるようになったので、最初は違和感があったようです。

でも、治療を始めて、2週間後。

耳鳴りは、かなり改善されたみたい。キーンという音は、聞こえない寸前だという。


補聴器の調整も、治療の大切なポイントです。

定期的に、カウンセリングや聴力検査を行い、耳に入る音を、徐々に増やします。

(目安は、3ヵ月)


男性の感想は、「入る音のレベルを上げることによって、耳鳴りが消えていくような感じ」とのこと。



補聴器を使うことで、耳が聞こえるようになる。

さらに、耳鳴りが小さくなったり、聞こえなくなったり。

一石二鳥の効果があるようです。



<補聴器による治療のポイント>

・補聴器相談医のいる病院へ。

・価格は1つ 10万円程度。
(貸し出しのあるところも)

・できるだけ、長い時間つける。



耳鼻咽喉科の中で、補聴器を専門とする医師がいます。

それが、「補聴器相談医」

補聴器屋さんに、紹介状を書いてくれる。


補聴器の値段ですが、治療で利用可能なものは、10万円程度からが目安。

(一定期間、貸し出してくれるお店もあるそう)


脳が新しい音に慣れるのには、時間がかかります。

なので、できるだけ長い時間、つけたほうがいい。




<耳鳴り改善のポイント>

(1) メカニズムの理解。

(2) 静寂を避ける。



耳鳴りを悪化させる原因に、「不安」があります。

「耳鳴りが、ひどくなるのではないか?」「(脳などに)病気が隠れているのではないか?」

そんな不安をなくすために、メカニズムを理解することが大切になる。

安心感を持つことにより、かなり耳鳴りは楽になるとのこと。


難聴が軽い人の場合、日中、仕事をしている時には、耳鳴りが気にならないことがある。

ただ、寝る前など、静かになると、耳鳴りを感じてしまいます。

元の耳鳴りが非常に小さい場合、音を豊富にすることで、軽減が可能に。


他にも、様々な治療法があります。

耳鳴りに悩んでいる人は、ぜひ一度、最寄りの耳鼻科へ。





耳掃除の耳より情報


ササミ
最後は、耳かき、耳掃除について。



[体験談(2)]


耳掃除でトラブルを経験した女性がいます。

なんと、難聴になってしまった。


この女性は、綿棒を使って耳掃除します。

頻度は、1日に1回程度。


最初の異変は、3年前でした。

仕事中、ふと左耳に、薄い膜が張っているような感覚が。

何か詰まっているんだろうか?

何度も掃除しましたが、何も出てきません。


原因が分からないまま、2週間が経過。

ある日、お風呂に入っていた時のこと、突然、左耳がまったく聞こえなくなってしまいました。


慌てて病院に向かった、女性。

先生に耳の奥を調べてもらうと、原因がはっきりしました。

それは、「耳垢(みみあか)」だった。


取り出されたのは、ヒマワリの種ほどの大きさの、巨大な耳垢。

1日1回掃除していたのに、なぜ?



こういうことは、耳鼻科では、よくあるそうです。

「耳垢栓塞(じこうせんそく)」と呼ばれる。




耳垢は、もとをただせば、耳の皮膚。

生まれる場所は、鼓膜のど真ん中だという。

鼓膜の中心にあった皮膚は、だんだんと、外へ外へと、広がっていきます。

耳垢のもとは、鼓膜から移動してきた皮膚が、骨と軟骨の境目で、はがれ落ちたもの。

それが、分泌された粘液などと一緒になって、耳垢になる。


女性は、耳掃除の際、耳垢を奥の方へ押し込んでしまっていたようです。

それが奥の方で、栓になってしまった。



<正しい耳掃除>

[やり方]

 触ると敏感に感じるところの手前まで。

[頻度]

 1ヵ月に1回程度。

[道具]

 カサカサタイプは、耳かき。

 しっとりタイプは、綿棒。




成人の場合、耳の入り口から 2センチくらいまでが、耳垢が溜まる場所です。

それ以上中へは、入れない方がいい。


耳垢が溜まるのには、3週間から4週間かかります。

なので、毎日やる必要はない。

入口付近を、やさしく拭くだけでいいみたい。

耳掃除をしすぎると、かえって皮膚を傷つける危険が増えます。


綿棒は、耳垢を押し込みやすいため、皮膚の周りを なでるように掃除すること。




聞こえが悪くなった時は、「耳垢栓塞(じこうせんそく)」の可能性が。

耳鼻科を受診してください。





今週の色紙


「私は師匠です」


視床じゃないよ。





NHKためしてガッテン 「目の老化」を防ぐ新常識



耳鳴りを治す 改訂版―コントロールしながらうまくつきあう


 





エノキ
耳鳴りは、年をとると、誰でもなる可能性があるのか。

ササミ
聞こえなくしたい耳鳴りが、聞こえるようにする補聴器で治るなんて、意外ですね。

エノキ
耳掃除は、1ヵ月に1回で OK!

ササミ
奥に押し込まないように、やさしくね。





来週は、お休みです。

次回の放送は、3月18日。

花粉症に便秘、味付け卵、免疫力、スルメに金縛り。

一挙まとめて大放送SP。

「2014年度 みなさんが選ぶ ガッテン感動ワザ大賞」。





NHKためしてガッテン1回たった30秒からの「ストレッチ」と「筋トレ」で体と心が若返る。DVD付き (主婦と生活生活シリーズ)



補聴器の必要な人、不要な人






 → 「めまいを家で治す! 寝返り運動と枕で 耳石を砕け」

 → 「耳管開放症と耳キーンの原因」

 → 「隠れ難聴は滲出性中耳炎」




関連記事




tag : ためしてガッテン 耳の病気


<スポンサードリンク>



web拍手 by FC2

にほんブログ村 健康ブログへ

人気ブログランキングへ




FC2カウンター

 RSSリーダーで購読する

 メールで購読する



アーカイブ
 ためしてガッテンの
 アーカイブ 過去記事


 → 2011年 前半
 → 2011年 後半

 → 2012年 1月~3月
 → 2012年 4月~7月
 → 2012年 8月~12月

 → 2013年 1月~3月
 → 2013年 4月~6月

 → 食べ物・料理

 [全記事表示]

にほんブログ村 にほんブログ村へ

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

荒巻ケンコー

Author:荒巻ケンコー
カラダを労わるためのメモ帳。

栄養管理でメタボは脱出。
できるところから、他もメンテナンス。

最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【天然甘味料】ネイチャスイートソース/ゲンキの時間 May 28, 2017
【低栄養】 高齢者は 肉を食べよう 10食品群チェックシート/ガッテン May 25, 2017
【新ストレッチ法】 ゆらゆら コロコロ ぐ~るぐる/ゲンキの時間 May 21, 2017
【アルツハイマー病&認知症予防】 睡眠とマインド食/ガッテン May 20, 2017
【アルツハイマー病】 原因は アミロイドβの排出だった/ガッテン May 19, 2017
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
忍者

検索フォーム Google

記事内検索フォーム。
Google
注目記事
注目記事
忍者

注目記事
広告
食べ物の記事
健康の新常識
ダイエット 痩身
検索フォーム FC2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Flashゲーム&占いおみくじ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
にほんブログ村
ブログパーツ