水は1日 2リットル飲むべき?/健康カプセル! ゲンキの時間


今回のテーマは、「健康にまつわる新常識」


お肉は、体にいいの? 食べた方がいい?

低栄養とは?


水は1日 2リットル飲んだ方がいい?

頻尿にならないコツ。


白米や炭水化物は、体に悪いの?

食べていいのか、悪いのか。



ドクネット:順天堂大学大学院 加齢制御医学講座 斎藤糧三 先生。



2014年12月7日放送の「健康カプセル! ゲンキの時間」より、「~どっちが正しいか大激論!~ あなたの健康法 間違ってますよ!」からのメモ書きです。




ゲンキの時間 健康の新常識




健康の新常識


ササミ
よく耳にする、健康に関する常識。

でも、それ、本当にあっているのでしょうか?

さっそく、見ていきましょう。





Q)午後10時から午前2時は、肌が回復するゴールデンタイム。これは、○でしょうか、×でしょうか?










正解は、「×」

時間帯は関係なく、入眠後 3時間の睡眠の質が重要。

深く眠れるのが、理想です。







Q)インフルエンザにかかったら、お風呂に入ってはいけない。これは、○か×、どちらでしょう?










正解は、「×」

長風呂はよくありませんが、ウイルスを洗い流すことで、家族への感染予防につながります。







Q)ストレッチで、しっかりと強く筋肉を伸ばす。これは、○か×、どちらでしょう?










正解は、「×」

痛くない程度に、伸ばしすぎないストレッチが、おすすめ。

痛い時は、筋肉が伸びすぎている。すると、切れないように防御反応が働き、筋肉は逆に縮んで、硬くなってしまうのだとか。







Q)次のうち、間違った応急処置は、どれでしょう?

 (a) すり傷を水で洗い流す。

 (b) 火傷を水で冷やす。

 (c) ティッシュで鼻血を止める。











正解は、「(c) ティッシュで鼻血を止める。」

ティッシュを詰めると、鼻の粘膜を傷つけることがある。


<鼻血を止める方法>

小鼻(鼻翼)を5分以上つまんで、圧迫する。

目と目の間を氷で冷やすのも、止血効果がある。





肉と健康


Q)お肉は体にいいの?



東海大学医学部附属 東京病院、副院長で健康管理学 教授の、西崎泰弘 先生の意見。

「お肉ばっかりは、よくないですね」

「お肉を摂り過ぎると、病気のリスクが高まります」

「お肉が好きな方は、もともとコッテリしたものが好きで、さらに調味料をかけたりしてしまいます。それから、野菜を食べない」

濃い食事に慣れ、余分な脂を摂取してしまいがちに。

これだと、メタボ → 脂肪肝、になることも。

「40~50代以降のメタボの方々、この方々がお肉ばっかり食べると、健康リスクが高まります」


つまり、お肉だけじゃなく、魚や野菜も含め、バランスよく食べることが大事だと。




東京都 健康長寿医療センター、新開省二 研究部長の意見。

「健康で長生きするには、肉をたくさん食べてほしいと思います」

「近年、コレステロールが体に悪いということで、それを気にするあまり、肉を控えて、低栄養になる方が増えているんです」


低栄養は、栄養失調の一歩手前。

原因は、お肉などを食べないことによる、たんぱく質不足。

低栄養になると、血中にある たんぱく質の一種、アルブミンが減少します。

すると、血管がもろくなり、筋肉量も低下。免疫機能まで下がってしまう。

結果、ゆっくりと時間をかけて、体力や運動機能が衰え、やがて、寝たきりになってしまう可能性も。


「高齢者では、ここ10年で、低栄養が約2倍 増えているんです。

65歳以上の5人に1人が、低栄養だと言われている。


低栄養に自覚症状はありません。

血液検査でアルブミン値が低いと、要注意。


お肉は体にとって、大切な栄養素です。

不足しがちな人は、2日に1回を目安に食べましょう。




<結論>


お肉は、体に必要な栄養素。

ただし、メタボの人は、量や脂質に注意。

適切な量を、摂取しましょう。

少ない人は、意識して食べる。

多目の人は、ちょうどいいぐらいまで減らす。

通院している人は、お医者さんに従うこと。




水は1日 2リットル?


Q)水は1日 2リットル以上 飲むべきか?




三井記念病院 泌尿器科の、榎本裕 部長の意見。

「飲めば飲むほど良いということではない」

「たくさん水を飲めば、たくさんオシッコが出ますから、ひとつは、頻尿(ひんにょう)になります」


たくさん水を飲むと、デトックス効果があるのでは?

でも、榎本先生は、こうおっしゃいます。

「1日に出す老廃物の量は、ひとりひとり、決まっています」

「たくさんオシッコを出せば、薄めて出しているだけで、老廃物を出すという目的でいえば、量は関係ありません」


では、血液をサラサラにする効果は、どうでしょう?

番組の実験では、水を飲んでも飲まなくても、血液のサラサラ度は変わりませんでした。


血液をサラサラにするのに必要なのは、食生活の改善。

そもそもドロドロ血液の原因は、赤血球や白血球などの量や質の変化。

極度の脱水状態でない限り、水を飲んでもサラサラにはならないのです。






東京慈恵会医科大学 総合心療内科の、大野岩男 先生の意見。

「1日 水を2リットル飲むべきです」

でも、これには条件があった。

痛風・尿路結石の人は、1日 水を2リットル以上飲むべきです」


「尿路結石は痛みだけではなくて、腎臓を痛めることもありますので、それを予防する方が、頻尿よりは優先度が高い」

尿路結石の原因の一つは、尿酸の結晶化。

尿酸は通常、尿に溶けていますが、尿の濃度が高まると、結晶化します。

水をたくさん飲むと、尿がたくさん増えて、結晶化を抑制。尿路結石を予防するのに、効果的なのだそう。

もともと尿酸値の高い痛風の人は、尿路結石にもなりやすいため、同じく注意が必要。





<結論>


水を飲むことは大切ですが、たくさん飲んだからといって、より健康になるわけではないようですね。

ただし、飲まないでいいわけでもない。

スーパー効果が得られるわけではないけれど、適度な量は、必要です。

特に夏場は、脱水状態に注意。


痛風や尿路結石などのように、医師から水をたくさん飲むように指導されるかもしれません。

その時は、よく話を聞いて、従いましょう。

病気や身体の状態によって、飲むべき水の量は違ってきます。



通常、腎臓を温存するために必要な水の量は、「1~1.5リットル」

頻尿が気になる人は、1日に飲む水の8割を、午後2時までに飲むとよい。
 



白米は?


Q)白米は体に悪いって本当ですか?



順天堂大学 大学院 加齢制御医学講座の、白澤卓二 教授の意見。

「極論を言いますと、白米や炭水化物は、まったく摂らなくても大丈夫です」

「みなさん、白米を食べ過ぎています」

「炭水化物というのは、糖質と食物繊維を合わせたものなんですね。現代人は糖質を摂り過ぎて、メタボや糖尿病が多くなっているんです」


炭水化物の摂り過ぎは、肥満につながります。

さらに糖尿病になると、糖質が血管を傷つけることも。


「糖質を摂らなくても、自分の体の中の たんぱく質やアミノ酸から、新たに糖を合成することができるんですね。だから、外から糖を摂る必要はないということです」





小林メディカルクリニック院長、小林暁子 先生の意見。

「炭水化物を摂らなくていいなんて、暴論です」

「たんぱく質を分解していく時に、筋肉も失われてしまうので、損失がすごく大きいですね」

「必要なエネルギーを全部 たんぱく質と脂質で摂ろうとすると、かなりたくさん食べないと、まかなえません」




1日の糖質目標量は、およそ 250g。(年齢や性別、運動量などにより異なります)

これは、角砂糖でいうと、62個。

ちなみに、ごはん1膳分は、角砂糖 15個分。




血糖値が気になる人、肥満の人などは、糖質制限が必要になる場合がある。

お医者さんの指導に従った方が、よさそうです。


ごはんを食べた後、眠くなる。

これは、血糖値が上がりすぎて、その後、急に下がることによって、眠くなっていることが多い。

この場合、糖質を摂り過ぎている可能性があります。




50歳を過ぎたら「粗食」はやめなさい! 「低栄養」が老化を早める





[感想]


ササミ
一見、反対の意見のようでも、言いたいことは同じかも。

摂り過ぎに注目すれば、減らすように言う。

不足していることに注目すれば、増やすように言う。

エノキ
何事も、「ちょうどよい加減」に、というわけですね。

ほどほどに、そして、バランスよく。

ササミ
たまにハメを外す分にはいいけれど、いつも同じことをしていると、偏りが出ていることだってある。

身体の声を聞いたり、血液検査などで確認したり。

そして、問題が見つかったら、修正すると。

エノキ
それが健康のコツか。




イラスト図解 検査のしくみ・検査値の読み方






[に関する記事]

 → 「お風呂OK 汗NG? インフルエンザ対策」
 → 「睡眠クイズ 90分サイクル説の真相」



関連記事




tag : 健康カプセル!ゲンキの時間 健康の新常識


<スポンサードリンク>



web拍手 by FC2

にほんブログ村 健康ブログへ

人気ブログランキングへ




FC2カウンター

 RSSリーダーで購読する

 メールで購読する



アーカイブ
 ためしてガッテンの
 アーカイブ 過去記事


 → 2011年 前半
 → 2011年 後半

 → 2012年 1月~3月
 → 2012年 4月~7月
 → 2012年 8月~12月

 → 2013年 1月~3月
 → 2013年 4月~6月

 → 食べ物・料理

 [全記事表示]

にほんブログ村 にほんブログ村へ

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
プロフィール

荒巻ケンコー

Author:荒巻ケンコー
カラダを労わるためのメモ帳。

栄養管理でメタボは脱出。
できるところから、他もメンテナンス。

最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【デルタパワー】 血糖値を下げる方法は 睡眠薬/ガッテン Feb 23, 2017
【脳動脈瘤手術】 坂井伸幸/健康カプセル! ゲンキの時間(2/2) Feb 19, 2017
【総合診療科】 スーパードクター 生坂政臣/ゲンキの時間(1/2) Feb 19, 2017
【骨ホルモン】 オステオカルシンを増やす方法は かかと落とし/ガッテン Feb 16, 2017
【センテナリアン】 目指せ100歳 老年的超越/ゲンキの時間 Feb 12, 2017
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
忍者

検索フォーム Google

記事内検索フォーム。
Google
注目記事
注目記事
忍者

注目記事
広告
食べ物の記事
健康の新常識
ダイエット 痩身
検索フォーム FC2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Flashゲーム&占いおみくじ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
にほんブログ村
ブログパーツ