尿の色 泡立ち トイレ回数 腎臓病チェックリスト/健康カプセル! ゲンキの時間


今回のテーマは、「腎臓病」


<尿チェックリスト>

 (1) トイレの回数。
 (2) 尿の色。
 (3) 泡立ち。


健康診断結果報告書で分かる、リスクチェック方法。

 (a) 尿たんぱく。
 (b) 血液検査のクレアチニン。


腎臓病の可能性を上げる、意外な症状とは?


ドクネット:東京慈恵会医科大学附属病院 川村哲也 教授。



2015年3月22日放送の「健康カプセル! ゲンキの時間」より、「~総点検! チェックで分かる!~ 腎臓からのSOS!」からのメモ書きです。




ゲンキの時間 腎臓病 尿チェック




腎臓と尿


ササミ
今回のテーマは、「腎臓病」


慢性腎臓病の患者数は、2012年の調べで、推定1300万人。

しかも、その多くは、病気に気づかないまま生活していると言います。

腎臓の別名は、「沈黙の臓器」。

痛みが出にくく、気づいた時には病気が進行していることも多い。

さらに、一度機能を失うと、再生できません。



腎臓を守るには、早期に気づくことが大事。

そこで今回は、チェックリストを紹介します。




さっそく、クイズ。


Q)腎臓病のきっかけになる意外な症状は、次の3つのうち、どれでしょう?

 (a) 関節痛
 (b) のど痛
 (c) 頭痛









正解は、「 (b) のど痛 」

詳しくは、後半で。





<腎臓病 尿チェック>

 (1) 最近、トイレの回数が増えた。

 (2) 尿の色が赤い。

 (3) 尿の泡立ち。




東京都港区にある、東京慈恵会医科大学附属病院。

川村哲也 教授に、解説していただきます。


腎臓の働きは、ろ過機能。

人工透析機に牛乳を通すと、透明な液体になります。

ただ、味は間違いなく、牛乳。

牛乳を白くしているタンパク質や乳脂肪が、取り除かれたのです。


腎臓には、「糸球体(しきゅうたい)」がある。

これは、毛玉のように丸まった、毛細血管。

糸球体に血液が流れると、粒子が小さい老廃物や余分な水分は通過します。

逆に、粒子が大きい血球やタンパク質などの栄養分は、そのまま。

こうして血液がろ過され、尿が作られるんですね。



<トイレの回数が増える理由>

腎臓は、血液から毒素をろ過して、尿に捨てています。

また、それと同時に、尿を濃くする、濃縮する力を持っている。

腎臓の働きが悪くなると、この濃縮力が低下。

これが、トイレの回数が増える原因に。


腎臓は、1日に1500リットルの血液から、1.5リットルの尿を作っている。

まず、糸球体で血液をろ過し、尿の元ができます。

そして、尿細管(にょうさいかん)という管の中で、必要な成分を再吸収。

尿の元が、濃縮される。


腎臓が病気になると、濃縮する能力が低下し、薄い尿が作られ続けることになります。

その結果、尿の回数が増えてしまう。


健康な人の尿の量は、1日に 1リットルから1.5リットル。

回数にすると、5回程度。


「尿の回数が10回以上」、特に、「夜中に4~5回 トイレに行く人」は、慢性腎不全の可能性が。

病院を受診した方がよいそうです。




<尿の色>

健康な腎臓では、粒子が大きい血球はフィルターを通らず、体内に残ります。

ところが、フィルターの機能が低下すると、血球がフィルターを通過してしまい、尿に混ざって、色が変わってしまう。


尿の色チェック


左から1番目と2番目の色なら、腎臓は健康だそうです。

3番目の色だと、黄色信号。

4~6番は、血尿の可能性が高い。



<尿の泡立ち>


尿の泡立ち


左は、大丈夫。

真ん中も大きな泡なので、問題なし。

右はきめ細かい泡が混じっているので、危険。


腎臓のフィルター機能がやられてしまうと、ある成分が尿に出るようになり、きめ細かい泡が出る。

泡立ちの正体は、タンパク質。


右のように、細かい泡が立って、3分たっても消えないなら、タンパク質が尿に出ている可能性が。

ぜひ、尿検査を。





腎臓の機能低下は、まず尿に現れやすい。

なので、日頃から、尿の異常を確認することが、大切になります。



<腎臓病 尿チェックリスト>

 (1) 1日10回以上(夜間4回以上)尿が出る。

 (2) 血尿(赤っぽい色の尿)が出る。

 (3) 細かい泡が立ち消えにくい。



腎臓病 尿チェックリスト




腎臓の機能が停止してしまうと、身体の中の老廃物を、排出できなくなります。

そうなると、人工透析をしなくてはならなくなる。




人工透析


人工透析とは、正常に機能しなくなった腎臓の代わりに、血液の老廃物や毒素をろ過するもの。

週に3回は病院に通い、1回に4時間から5時間かけて、治療を受けねばなりません。


主な原因は、生活習慣病の糖尿病や高血圧。

これが腎臓の機能を低下させ、やがて腎不全に。


透析をすると、長時間の治療以外にも、水分や食事の制限など、生活の自由が奪われてしまいます。


そうならないために大事なのは、まずは、食事の管理を。

腹八分が基本だと言います。

暴飲暴食、睡眠不足、不規則な生活に注意。

特に、ずっと続けるのは危険です。

生活を見直しましょう。


あとは、健康診断や定期検診。

甘く見ずに、医師のアドバイスをしっかり聞くこと。




ドクネット


引き続き、東京慈恵会医科大学の 川村哲也 教授に、解説していただきます。


食事では、塩分とたんぱく質を摂り過ぎないことも、大事だという。

塩分を摂り過ぎると、腎臓がろ過すべき塩分・水分の量が増えて、負担がかかってしまいます。

(1日の塩分摂取の目安は、8~10g)

(また、医師の指導がある場合は、それに従ってください)


タンパク質の燃えカスである窒素成分が、身体の中に老廃物として溜まるので、これも腎臓の負担になります。

(1日のタンパク質の摂取目安は、60~70g)

(体重や運動量によっても、変わります)




激しい運動をすると、血尿が出ると聞くことがあります。

これは、血尿ではなくて、筋肉の一部の「ミオグロビン」という物質が、尿に漏れている状態。

茶褐色なので、血尿に間違われるのだそうです。




血圧と腎臓は、すごく関係がある。

血圧が高いと、糸球体にすごく負担がかかります。

塩分の摂り過ぎには、要注意です。
 



リスクチェック


ササミ
健康診断の結果報告書からも、腎臓病のチェックができるそうです。



<健康診断の結果報告書で分かる>
<腎臓病 リスクチェック法>


 (1) 尿検査の尿たんぱく

 (2) 血液検査のクレアチニン



尿たんぱく

血液検査 クレアチニン


クレアチニンは、血液の老廃物と言われるもの。


上の2つの結果から、リスクが分かります。


<腎臓病リスク早見表>


腎臓病リスク早見表




クレアチニンを規定する因子として、「筋肉量」があります。

運動している人は筋肉量が多いので、クレアチニンが少し高く出る可能性があるそう。
 



リスクが高まる症状の組み合わせ


ササミ



血尿は、腎臓病以外にも、膀胱炎など、他の病気でも現れることがあります。

血尿だけだと、腎臓病の可能性は、約20%。


ところが、ここにある症状が加わると、80%にまで跳ね上がる。


それが、冒頭のクイズに出てきた、「のどの痛みや腫れ」


腎臓とのど、どういう関係があるのでしょう?


のどに菌が入ると、これを排除するために、身体は免疫物質を作ります。

その免疫物質の一部が腎臓にくっついて、炎症を起こして、「腎炎」を起こすことがある。

のどが腫れて痛い時に、血尿が出る場合は、腎炎の可能性が。




続いては、3つの組み合わせ。


1つ目は、尿の泡立ち。

尿の泡立ちだけだと、腎臓病の可能性は 約20%。


ここにある症状が加わると、可能性は50%にまで上昇。


その症状とは、「脚のむくみ」

腎臓の働きが低下すると、水分の調節ができなくなって、脚がむくむんです。



<むくみチェック>

すねの骨の部分を10秒間押します。

指の跡が残ったら、むくみのサイン。



脚のむくみ


腎臓病の人は、くっきりと跡が残ります。


3つ目は、下痢。

脚だけでなく、腸もむくむそうなのです。

そうすると、腸から必要な水分が身体の中に吸収されなくなって、下痢になる。


尿の泡立ち+脚のむくみ+下痢で、腎臓病の可能性は、90%に。


この3つの症状が重なったら、腎臓の専門医への受診を。




図解でわかる腎臓病―腎臓を守る2週間メソッドつき (徹底対策シリーズ)





[感想]


エノキ
尿の状態を見るのって、大事なんですね。

ササミ
のどの痛みや脚のむくみが関係するなんて、思ってもみませんでした。

沈黙の臓器だけに、気をつけないと。

エノキ
チェック項目、覚えておこうっと!




腎臓病に効くおいしいレシピ 2週間メソッド―減塩・低タンパクの食事が身につく 腎臓を守る朝昼晩のおいしい献立 (徹底対策シリーズ)






[に関する記事]

 → 「尼崎市の人工透析対策 腎機能はクレアチニンでチェック」




関連記事




tag : 健康カプセル!ゲンキの時間 腎臓病 尿トラブル


<スポンサードリンク>



web拍手 by FC2

にほんブログ村 健康ブログへ

人気ブログランキングへ




FC2カウンター

 RSSリーダーで購読する

 メールで購読する



アーカイブ
 ためしてガッテンの
 アーカイブ 過去記事


 → 2011年 前半
 → 2011年 後半

 → 2012年 1月~3月
 → 2012年 4月~7月
 → 2012年 8月~12月

 → 2013年 1月~3月
 → 2013年 4月~6月

 → 食べ物・料理

 [全記事表示]

にほんブログ村 にほんブログ村へ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

荒巻ケンコー

Author:荒巻ケンコー
カラダを労わるためのメモ帳。

栄養管理でメタボは脱出。
できるところから、他もメンテナンス。

最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【水中運動】 ART&お風呂ストレッチ 須藤明治/ゲンキの時間 Aug 13, 2017
【認知症】 接する時のポイント/きょうの健康 Aug 10, 2017
【熱中症クイズ】 室内でも要注意な理由と対策/ゲンキの時間 Aug 06, 2017
【部屋を広く見せる方法】 ホームステージング/ウラマヨ Aug 03, 2017
【不応性貧血】 樋口大悟さんの体験/ゲンキの時間 後編 Jul 30, 2017
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
忍者

検索フォーム Google

記事内検索フォーム。
Google
注目記事
注目記事
忍者

注目記事
広告
食べ物の記事
健康の新常識
ダイエット 痩身
検索フォーム FC2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Flashゲーム&占いおみくじ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
にほんブログ村
ブログパーツ