酒粕が悪玉(LDL)コレステロールを減らす/健康カプセル! ゲンキの時間


今回のテーマは、「コレステロール」


食事は関係あるの?

肝臓が調整してくれる?

善玉(HDL)と悪玉(LDL)の比率が大事!

HDLを増やすウォーキング(有酸素運動)。

LDLを減らす酒粕。


ドクネット:東京女子医科大学 高血圧・内分泌内科 市原淳弘



2015年5月17日放送の「健康カプセル! ゲンキの時間」より、「~悪玉減らして善玉増やそう!~ 決定版コレステロール調整法」からのメモ書きです。




ゲンキの時間 酒粕と悪玉(LDL)コレステロール




コレステロール


ササミ
さっそくですが、問題です。


Q)卵は、たくさん食べてもいい? 悪い? どっちでしょう?


街でも、意見が割れています。

 ・コレステロールが気になるので、食べ過ぎはよくないと聞く。
 ・1日 1個までにしている。

 ・たくさん食べても、コレステロールは上がらないと思う。
 ・最近、変わってきたと聞いた。



今回は、知っているようで知らない、コレステロールの謎を徹底解明。





<コレステロールを多く含む食材>

 ・いくら:480mg
 ・卵:420mg
 ・しらす:390mg
 ・レバー:370mg
 ・いか:320mg
 ・明太子:280mg

 (100g あたり)


これらコレステロールを多く含む食品は、これまで、摂り過ぎるとよくないとされてきました。

しかし、アメリカでは今年、政府の諮問委員会が、「コレステロール摂取制限の必要はない」と報告。

日本でも、厚生労働省の定める「食事摂取基準」で、動きがありました。

これまで設定されていたコレステロールの食事摂取の目標量が、2015年版には、無くなっています。


厚生労働省の見解はこう。

「コレステロールには様々な研究があり、十分な科学的根拠が得られなかったため、目標量の算定は控えた」



東京女子医科大学 高血圧・内分泌内科の市原淳弘 主任教授は、こう教えてくれましたよ。

「コレステロールを食事からたくさん摂っても、血液中のコレステロールが 上がる人と上がらない人がいるんです


コレステロールを多く含む食品を食べても、上がらない人がいる。

その理由は、「肝臓が身体のコレステロールをコントロールしてくれているから」。


人間の身体の中のコレステロールは、食事から摂取されたものが 約30%、肝臓で合成されたものが 約70% なんです。

さらに、肝臓には、体内のコレステロールを調整する機能があり、コレステロールの多い食品を食べたとしても、肝臓で作りだす量を減らしてくれるので、数値が上がらない人がいる。

イタリアのご長寿、エマ・モラノさん(115歳)は、毎日 卵を3個食べるのを欠かさないそう。



悪者にされがちなコレステロールですが、実は、健康のために必要なもの。

身体の中の細胞膜やホルモンの材料になる、欠かせない成分なんですよ。



では逆に、コレステロールの値が高い人は、どうして、そうなってしまうのでしょうか?


市原先生によれば、様々な原因があるのだという。

血液中のコレステロールには、大きく分けて2つあります。

1つは「LDL」で、もう1つは「HDL」。


LDLは、身体の材料となるコレステロールを、必要な場所に運ぶ役割。

HDLは、余ってしまったコレステロールを、持ち去ってくれる役割。

この両者のバランスが取れている時はいいのですが、LDLだけが増えすぎると、問題が生じてきます。

材料が多すぎて、血管内にコレステロールが溜まり、これが血液の流れを止める原因に!

そうなると、狭心症や心筋梗塞など、怖ろしい病気を引き起こしかねません。

このため、LDLは「悪玉コレステロール」と呼ばれる。

一方、余ったコレステロールを運んでくれるHDLは、「善玉コレステロール」と呼ばれるんですね。


ということで、「大事なのは LDLとHDLの比率ということになります。

LDLをHDLで割った値が、「3」を超えると危険域。

「2~3」が注意。

「2」以下が、正常値になります。


HDLとLDL コレステロールの比率




<LDL(悪玉)コレステロールが高くなる原因(1)>

・カロリーオーバー。



消費エネルギーを上回ってカロリーを摂り過ぎてしまうと、余分なエネルギーが「アセチルCoA」という物質を生みます。

食べ過ぎると、肝臓でアセチルCoA が増えて、コレステロールを作り出してしまう。

その結果、コレステロールの量を肝臓で調節できなくなり、血液中のLDL(悪玉)が増加してしまうんです。

また、食べ過ぎによって内臓脂肪が溜まることも、LDL(悪玉)を増やす原因になる。



女性の場合は、こんなことも。

典型的な更年期。閉経後に起こってくる、高コレステロール血症。

女性は閉経すると、エストロゲンというホルモンが減ってくる。

エストロゲンには、LDLを下げる働きがあるんですね。(LDLを肝臓に取り込み、分解を助ける働き)

なので、閉経後、血中のLDLが増えてしまう。



体質に原因があるケースも。

食事で摂ったコレステロールは、腸管から吸収されます。

この吸収が非常にいい体質を持った方がいる。

日本人の約3割が、そうなのだそう。


やせていたり、生活習慣に問題が無い場合、LDLの数値が高いのは体質のせいである可能性がある。

こういった体質の人は、コレステロールの多い食品を摂り過ぎないように注意した方がいい。




ドクネット


引き続き、東京女子医科大学の市原先生に、お話をうかがいます。


食品による血中コレステロールの影響は、個人差が大きいのだという。

前述のように、体質が原因でLDLの数値が高くなってしまう人は、コレステロールを多く含む食品を控えた方がいい。

けれど、生活習慣や閉経などが原因の人は、食品については、それほど気にしなくてもいいそう。注意する点は、コレステロールよりも他にある。


<LDL(悪玉)コレステロールを増やす生活習慣>

(1) 飽和脂肪酸(動物性脂肪)

(2) 食べ過ぎ・肥満

(3) 運動不足

(4) 睡眠不足

(5) 飲酒・喫煙




LDLの数値が高い人は、牛乳やヨーグルトなどの乳製品にも、注意が必要。

これは、乳製品にも動物性脂肪が多く含まれているためです。

数値が高い人は、牛乳だと 1日に200~400cc までにしたり、低脂肪乳にするとよい。




血管を若返らせる


ササミ
コレステロールが溜まると、血管に「プラーク」というコブができてしまいます。

今までは「一度できてしまうと小さくすることはできない」と考えられてきました。

ところが、最近、新しい報告が。




[体験談]


東京都にお住いの、83歳の男性。

65歳の時、体に異変が起こりました。

最初、腕が上がらなくなったといいます。

荷物を担ごうとすると、肩に痛みが。

その後、顔色が悪いと指摘され、ある日、急に、胸に痛みが走った。

病院を受診したところ、「狭心症」だと言われました。

心臓の冠動脈が狭くなり、血液が流れにくい状態になったことで、様々な症状が出ていたのです。

その後、薬で治療はしたものの、改善はせず、心筋梗塞を引き起こしてしまいました。


以前の健康診断表を見てみると、当時は LDLの項目はなかったのですが、総コレステロールは正常範囲。

ただ、HDL(善玉)コレステロールの値が、低かった。

コレステロールの回収役であるHDLが少ないため、コレステロールを減らせずに、血管が狭くなってしまったようです。

HDLを減らした原因は、徹夜の麻雀など、不規則な生活や喫煙だと考えられます。


治療の結果、一命は取り留めたものの、血管はボロボロで、再発の可能性が。


ところが、医師から2つのことをするように言われ、それを続けたところ、1年半後には、プラークが小さくなり、症状も大幅に改善しました。


1つは、「ウォーキング」

ウォーキングなどの有酸素運動は、HDL(善玉)コレステロールを増やすのに効果的なんです。

血管内の余った材料を持ち去ってくれるHDLコレステロールには、プラークを除去してくれる働きもある。

男性は、脈が上がるくらいのスピードで、40分から1時間程度のウォーキングを、週に4回行っています。

おかげで、HDLの値が、大幅に増えた。


2つ目は、食事。

例えば、LDLを下げてHDLを上げる働きのある 大豆料理や青魚を食べるようになった。

さらに、とっておきなのが、「酒粕(さけかす)」

実は、酒粕にも、LDL(悪玉)を下げる効果があるんです。

酒粕のタンパク質は消化されにくいので、小腸で余分なコレステロールを排出してくれるんです。



<酒粕料理>

酒粕を軽く焼き、オリゴ糖やハチミツをかける。


コレステロールと酒粕


酒粕は、1日 約50gを目安に食べると効果的

粕汁や甘酒などに調理しても、よいそうですよ。




コレステロールの数値が高くて、薬を飲んでもなかなか改善しない場合、腎臓や甲状腺などホルモンの病気が潜んでいることがあります。

早めに診察を!




最新決定版 コレステロール・中性脂肪を下げるおいしい食事自由自在―食材をムダなく使える大満足メニューで動脈硬化をストップ (主婦の友新実用BOOKS)





[感想]


エノキ
食べ物に注意した方がいい人と、そうでもない人、どっちもいるんですね。

ササミ
自分がどのタイプか知ることが、まず大事だと。

あとは、毎年 検診を受けて、値をチェック。

お医者さんの指導をよく聞く。

エノキ
酒粕か。

食べてみようかな。




ズボラでも中性脂肪とコレステロールがみるみる下がる47の方法 (予約の取れないドクターシリーズ)






[コレステロールに関する記事]

 → 「善玉コレステロールとは? 血管とプラーク」
 → 「内臓脂肪とコレステロール」
 → 「酒かす(酒粕)でコレステロールを減らす」



関連記事




tag : 健康カプセル!ゲンキの時間 コレステロール 生活習慣病


<スポンサードリンク>



web拍手 by FC2

にほんブログ村 健康ブログへ

人気ブログランキングへ




FC2カウンター

 RSSリーダーで購読する

 メールで購読する



アーカイブ
 ためしてガッテンの
 アーカイブ 過去記事


 → 2011年 前半
 → 2011年 後半

 → 2012年 1月~3月
 → 2012年 4月~7月
 → 2012年 8月~12月

 → 2013年 1月~3月
 → 2013年 4月~6月

 → 食べ物・料理

 [全記事表示]

にほんブログ村 にほんブログ村へ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

荒巻ケンコー

Author:荒巻ケンコー
カラダを労わるためのメモ帳。

栄養管理でメタボは脱出。
できるところから、他もメンテナンス。

最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【水中運動】 ART&お風呂ストレッチ 須藤明治/ゲンキの時間 Aug 13, 2017
【認知症】 接する時のポイント/きょうの健康 Aug 10, 2017
【熱中症クイズ】 室内でも要注意な理由と対策/ゲンキの時間 Aug 06, 2017
【部屋を広く見せる方法】 ホームステージング/ウラマヨ Aug 03, 2017
【不応性貧血】 樋口大悟さんの体験/ゲンキの時間 後編 Jul 30, 2017
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
忍者

検索フォーム Google

記事内検索フォーム。
Google
注目記事
注目記事
忍者

注目記事
広告
食べ物の記事
健康の新常識
ダイエット 痩身
検索フォーム FC2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Flashゲーム&占いおみくじ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
にほんブログ村
ブログパーツ