トリガーポイントとIMS治療/健康カプセル! ゲンキの時間


今回のテーマは、「トリガーポイント」


腰痛、肩こり、ひざ痛の原因は、痛みがあるのとは別の場所にあった。

探し方と、ほぐす方法。


鍼(はり)で刺激する、IMS治療(筋肉内刺激法)。


ドクネット:東京慈恵会医科大学付属病院 北原雅樹 先生。



2015年6月28日放送の「健康カプセル! ゲンキの時間」より、「~関節痛・コリの真犯人発見!~ トリガーポイントを見つけよう」からのメモ書きです。




ゲンキの時間 トリガーポイント




トリガーポイントとは?


ササミ
筋肉が硬くなってませんか?

肩こり、腰痛、ひざ痛。

たくさんの人が悩まされている、慢性痛。

でも、その問題が、傷む箇所とは別の場所にあることも、あるそうなんですよ。

番組によると、「筋肉の痛みの7割は、痛いところとは違う場所に原因がある」というデータもあるのだとか。

しかも、その痛みの発信源は、放置すると増え続け、全身に痛みを広げることも。

その場所の名前は、「トリガーポイント」




商店街にも、慢性痛を持つ方々が。おられました。

Aさん(70歳)は、腰痛歴10年。

Bさん(72歳)は、腰痛歴15年、ひざ痛歴3年。

Cさん(67歳)は、背中の痛み歴7年。


スペシャリストに、原因を調べてもらいます。

協力していただいたのは、東京慈恵会医科大学付属病院 麻酔科 ペインクリニック診療部長の 北原雅樹 先生。



まずは、Aさんから。

立ち姿からも、分かることがありました。

左の肩が上がって、右の肩が下がっているのです。


これは、私達でもチェックできます。

鏡の前に立って、肩がまっすぐか、確かめてみましょう。



肩のチェック


肩のラインが傾いている人は、身体のどこかにトリガーポイントがあるのだそう。


腰痛があるAさんですが、触診したところ、腰の辺りを指で押しても、痛みはないようでした。

痛みがあったのは、もっと上。背中だった。

トリガーポイントは、実際に痛い腰より上にあったのです。


トリガーポイントとは、普段は痛みがなく、押されて痛みが広がる場所。

痛みを起こす引き金(トリガー)になるポイントのことをいいます。


では、なぜ、トリガーポイントができてしまうのでしょう?

北原先生は、こうおっしゃいました。

「筋肉が、同じ姿勢で長い時間いたり、疲れが溜まってきて、すごく硬くなってしまう」

つまり、何らかの理由で、筋肉に負荷がかかり続けることで、筋肉が硬直してしまうと、できちゃうようなのです。


では、腰痛持ちのAさんのトリガーポイントが背中にあったのは、なぜなんでしょうか?

同じような姿勢をずっと続けていたり、同じような反復した動作を続けていると、背中にできやすいのだそう。

Aさんの場合、長時間同じ姿勢で作業することで、腰に負担がかかり、腰をかばうことで、背中にトリガーポイントができてしまったようです。

デスクワークが多い人、料理をよくする人は、同じ姿勢でいる時間が長いので、背中にトリガーポイントができやすい。


トリガーポイントのある部分にある神経と、腰の神経は、脊髄で交わっています。そのため、トリガーポイントから、痛みが脳に送られた時、脳は、腰が痛いと勘違いしてしまうことがある。

なので、痛みがある腰だけを治療しても、うまくいかない。

もし、トリガーポイントを放置したら、次のトリガーポイントが生まれてしまい、痛みが広がってしまいます。




次は、腰痛15年 ひざ痛3年の、Bさん。


腰痛の原因であるトリガーポイントは、お尻にありました。

ひざ痛に関しては、ヒザの上、モモの内側に、トリガーポイントがあった。


Bさんは、脚を開いた姿勢で、毎日作業しています。

長年、脚を開き続けたことで、お尻の中の筋肉にトリガーポイントができて、腰痛に。

さらに、腰をかばうことで、内モモにもトリガーポイントができて、ひざ痛になっていたのです。


普段、あぐらをよくかく人も、同じように、お尻と内モモに、トリガーポイントができる可能性が。



最後は、背中に痛みのある、Cさんです。

トリガーポイントは、脇の後ろにありました。さらに、腕にも。

これは、肩こりの人にできやすいポイントなのだとか。


Cさんは、仕事で腕や肩に負担がかかり、肩こりのトリガーポイントができていたようです。

このトリガーポイントが、肩甲骨周辺の筋肉を硬直させ、背中の筋肉を引っ張ることで、痛みが生じていた。





<対処方法>


では、トリガーポイントが見つかったとして、どうやって対処したらいいのでしょう?


一番重要なことは、「トリガーポイントをほぐすこと」

しこりがある部分を毎日もみ続けることで、痛みは改善していくそう。




トリガーポイントの探し方


ササミ
できやすい場所から、探っていきます。

指で押したり、もんだりして、痛みがないか確かめる。



<肩こり>


正面側

(1) 肩の骨と胸の間のくぼみ

(2) 内ひじの外側

肩こりのトリガーポイント 腕


背中側

(3~7) 肩甲骨を囲むようにある

手が届かないような場所は、テニスボールで探してください。

(寝転んで、テニスボールを当て、押してみる)

肩こりのトリガーポイント 背面




<腰痛>


背面側

(1~2) ベルトから指 3~4本上の背骨の両脇

(3~4) ベルト位置すぐ下の両端

(5~6) お尻の真ん中

(7~8) お尻の真ん中から少し下

腰痛のトリガーポイント 背面



正面側

(9~10) 足の付け根の内側

(11~12) 足の付け根の外側

腰痛のトリガーポイント 正面




<ひざ痛>


正面

(1~2) 足の付け根の内側と外側

(3~4) ヒザから指 3~4本分上 内側から外側

(5) ヒザから手のひら 1つ分下の外側

これを両脚でやる。

ひざ痛のトリガーポイント 正面



背面

(6) ヒザ裏の外側

(7) ヒザ裏から手のひら 1つ分下の内側

これも両脚で。

ひざ痛のトリガーポイント 背面




<トリガーポイントのほぐし方>

トリガーポイントが分かったら、その部分を痛すぎない程度で、もみましょう。

背中やお尻など、手が届きにくい場所は、テニスボールで。

1か所 30秒程度。1日2回が効果的。
 



10年の痛みが5回で解消?


ササミ
続いては、最新治療法について。


驚くことに、10年前から悩んでいた痛みが、5回の治療で改善した人がいるそうなのです。

それが、細胞生理学講座の 福田紀男 先生(48歳)。

昨年の夏には、首から腕までしびれて、仕事も趣味も何もかも諦めるしかないと思うほど、深刻だったそう。どんな姿勢でも、しびれてしまう。

この時、10年前からの肩こりで、複数のトリガーポイントができ、筋肉の間の神経を圧迫。しびれを引き起こしていたようです。


かなり つらい状況だったのですが、北原先生の治療を受けたところ、5回で肩の痛みが改善。

その最新治療とは、どんなものなんでしょうか?


北原先生の最新治療とは、「IMS治療(筋肉内刺激法)」

細い鍼(はり)を使って、マッサージでは届かない筋肉の奥にあるトリガーポイントを、直接 刺激します。


採血用の注射針が 0.8mm なのに対し、IMS治療用の鍼は 0.2mm。

この髪の毛ほどの鍼で、硬くなった筋肉を刺激し、血行を促進。

短期間で、痛みを緩和できるんです。


症状により、場所や治療回数は異なりますが、肩、腰、ヒザなど、あらゆる関節痛に、効果が期待できるのだとか。


IMS治療(筋肉内刺激法)



治療してもらった方の話を聞くと、痛気持ちいいようですね。

治療中は「痛い」と声を上げるものの、打ってもらった後が、何とも言えないぐらいスッキリするらしい。

(もちろん、個人差はあると思いますが)


福田さんも、当時を こう振り返ります。

「最初受けて、ほんと、嘘のように、身体がやわらかくなるような感じで、しびれ感というか、重さというか、取れましたね」

「今では、悪かった方の腕は、ほとんど普通に上がります。全然、痛くないです」




ドクネット


東京慈恵会医科大学付属病院 麻酔科 ペインクリニック診療部長の 北原雅樹 先生に、教えていただきます。


筋肉は、鍛えるだけでなく、やわらかくすることも、重要。

筋トレも大事ですが、ストレッチやマッサージなど、筋肉をやわらかくすることも、大切なのです。



東洋医学の鍼灸(しんきゅう)というのは、経絡(けいらく)とか、経穴(けいけつ)とか、いわゆる「ツボ」に刺していくもの。

それに対し、IMS治療というのは、使っている鍼は同じですが、筋肉のトリガーポイントに刺して、筋肉由来の痛みを取るというもの。


トリガーポイントの痛みは、内臓の痛みなどに似ることがあります。

例えば、胃の痛みがあるのだけれど、いろんな検査をしても原因が分からない人が、胃に関係するトリガーポイントに打つことによって、劇的によくなった人が、何人もいるそう。


ただ、IMS治療は、北原先生のところを含めて、数か所でしかやっていないらしい。




肩・腰・ひざ…どうやっても治らなかった痛みが消える!: 原因解明から最新トリガーポイント治療法のIMSまで





[感想]


ササミ
痛い場所が原因とは、限らないんですね。

エノキ
私も腰痛持ちです。

どこかに、トリガーポイントがあるかもしれないなあ。

ちょっと、テニスボールを探してきます。




すぐわかる! すぐ使える!  トリガーポイント療法 関係する筋肉を理解すれば改善できる






[関連記事]

 → 「腰痛の原因はストレス? 側坐核の働き」
 → 「ヒザ痛に、靴下スライド運動&お皿ストレッチ」




関連記事




tag : 健康カプセル!ゲンキの時間 腰痛・関節痛


<スポンサードリンク>



web拍手 by FC2

にほんブログ村 健康ブログへ

人気ブログランキングへ




FC2カウンター

 RSSリーダーで購読する

 メールで購読する



アーカイブ
 ためしてガッテンの
 アーカイブ 過去記事


 → 2011年 前半
 → 2011年 後半

 → 2012年 1月~3月
 → 2012年 4月~7月
 → 2012年 8月~12月

 → 2013年 1月~3月
 → 2013年 4月~6月

 → 食べ物・料理

 [全記事表示]

にほんブログ村 にほんブログ村へ

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

荒巻ケンコー

Author:荒巻ケンコー
カラダを労わるためのメモ帳。

栄養管理でメタボは脱出。
できるところから、他もメンテナンス。

最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【交通事故防止】 4秒ルールと踏み間違い防止ペダル/ガッテン Apr 27, 2017
【天気痛】 耳マッサージ&スマホアプリ/ゲンキの時間 Apr 23, 2017
【強い心臓を作る方法】 心拍数110/ガッテン Apr 20, 2017
【脳疲労】 慢性疲労症候群/健康カプセル! ゲンキの時間 Apr 16, 2017
【緑内障】 なりやすい人は? コンタクトレンズ型眼圧計/ガッテン Apr 13, 2017
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
忍者

検索フォーム Google

記事内検索フォーム。
Google
注目記事
注目記事
忍者

注目記事
広告
食べ物の記事
健康の新常識
ダイエット 痩身
検索フォーム FC2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Flashゲーム&占いおみくじ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
にほんブログ村
ブログパーツ