むくみチェック&解消法 潜む病気とは?/健康カプセル! ゲンキの時間


今回のテーマは、「むくみ解消法」


指で押すチェック方法。


<予防>

ふくらはぎの筋肉を鍛えて、ポンプ機能アップ。

塩分を摂り過ぎない。



むくみに潜む病気。

(1) 下肢静脈瘤
(2) 腎不全
(3) 心臓病


ドクネット:

 東京慈恵会医科大学 腎臓・高血圧内科 丹野有道 先生。


解消法:

 首都大学東京 健康福祉学部 理学療法学科 竹井仁 先生。



2015年8月30日放送の「健康カプセル! ゲンキの時間」より、「~即効! 解消法も伝授~ むくみに潜む怖い病気」からのメモ書きです。




ゲンキの時間 むくみチェック&解消法




むくみチェック


ササミ
さっそくですが、むくみチェックです。


<むくみチェック>

(1) すねの骨の内側を、指3本で、5秒間、強めに押します。

(2) くぼみが戻らない場合は、要注意!



むくみチェック



東京慈恵会医科大学 腎臓・高血圧内科の丹野有道 先生に協力していただき、街のみなさんをチェックしてもらいます。

すると、けっこう、足がむくんでいる方がおられました。


むくみとは、静脈やリンパの流れが悪くなり、毛細血管から水分が染み出した状態のこと。

足がむくみやすいのは、血液を心臓に運ぶ静脈の流れが、重力の影響を受けてしまうためです。

また、朝に顔がむくむのは、日中は下半身に溜まりがちな水分が、横になることにより、顔に流れてしまうから。

特に、うつぶせで寝ていると、顔がむくみやすいので、要注意なのだとか。




むくみ方には、個人差がありますよね。

それは、筋肉量によるものだという。


足を動かさないでいると、静脈の流れを悪くします。

その静脈の流れをよくするものが、ふくらはぎの筋肉。

ふくらはぎの筋肉は、収縮することにより、静脈を圧迫し、血液を速く押し流してくれるんです。

この「筋ポンプ」と呼ばれる動きが、足のむくみに影響する。


なので、しっかりとした筋ポンプを使えるような、ふくらはぎの筋肉をつけることが、むくみの予防にもつながるそうです。



さらに、むくみの予防に気を付けたいのが、「塩分」

塩分を摂り過ぎると、体内では血中の塩分濃度を薄めようと、組織や細胞から水分が引き込まれ、血液量が増加。

これが、むくみにつながってしまいます。




下肢静脈瘤


ササミ
むくみの多くは、生理的なもので、基本的には、体に大きな影響をもたらすことはないそう。

けれど、指で押すむくみチェックで、「深くへこみ なかなか跡が戻らない人」は、病気が潜んでいる可能性が。


危険なむくみ




気を付けたい病気は、主に3つ。


1つ目は、「下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)」

下肢静脈瘤は、足が腫れ、ひどくなると、変色したり痛みなどを引き起こしたりする病気。

通常、足の静脈にある弁が、血液の逆流を防ぐ役割をしてくれる。

しかし、その弁が壊れてしまうと、血液が逆流し、静脈が膨らんでしまいます。

進行が遅いため、気づきにくいのが特徴だという。

一晩寝ても むくみが取れない場合は、下肢静脈瘤の可能性が。

また、足の重だるさが、発見のきっかけになることも。

 「足のむくみ」と「重だるさ」を感じたら、下肢静脈瘤を疑う。




腎不全


ササミ
むくみに潜む、3つの病気。

2つ目は、「腎不全」



<体験談>


71歳の男性、Aさん。

いくつかの兆候があったといいます。


(1) 朝、足がむくむ。(11年前)

(2) 体重が、急激に増加。(56kg → 76kg)

(3) 尿が泡立つ。


足のむくみから3年後、頭痛などもあって、Aさんは病院へ。

そこで告げられた病名が、「腎不全」だった。




腎臓は、身体の中の水分や塩分を調節する機能がある。

その働きが悪くなると、足のむくみや尿の泡立ちにつながります。

「むくみ」「体重の急激な増加」「尿の泡立ち」

これらがあったら、医師に相談してください。


何もなかったら、それで安心。

もし、何かあったら、対応は早い方がいいです。




心臓病


ササミ
最後の一つは、「心臓病」

心臓病が悪化して、心不全になると、足だけでなく、肺もむくんでしまう。


肺がむくむと、咳が出るようになるそう。

この時の咳の特徴は、寝ていると特に咳き込むこと。

仰向けで寝ることで、肺に血液がたまり、咳き込んでしまいます。


足のむくみに咳が伴う場合は、心臓病の可能性が。






<足のむくみに潜む病気>

(1) むくみ+足の重だるさ=下肢静脈瘤

(2) むくみ+体重増加+尿の泡立ち=腎臓病

(3) むくみ+咳=心臓病



むくみには、病気が潜んでいる場合があります。

気になったら、お医者さんへ。
 



ドクネット


引き続き、東京慈恵会医科大学 腎臓・高血圧内科の、丹野有道 先生に、教えていただきます。



<下肢静脈瘤になりやすい要因>

(1) 立ち仕事が多い。

(2) 家族歴(遺伝)

(3) 妊娠と出産の経験。



予防には、筋ポンプを強化するのがいい。

女性の場合、高いヒールを履いていると、歩く時に、ふくらはぎの筋肉を、なかなか上手に使うことができません。

なので、たまには、低い靴を履いて、適度な運動をするのがよい。




病的なむくみの多くは、水分や塩分を溜め込んで、体液の量が増えるのだそう。

一方、病気ではない生理的な むくみでは、体液量は変わりません。ただ、体液の場所が変わることで、生じている。(特定の場所に、体液がかたよっている)


病的な病気の場合、体重が増えることが多いので、毎日体重をはかり、チェックすることが、発見につながる。
 



たった2分間 むくみ解消法


ササミ
東京都は荒川区にある首都大学東京。

健康福祉学部 理学療法学科の竹井仁 教授に、教えていただきます。



むくみを解消させるためには、筋肉を動かすことが大事。

それにより、静脈とリンパの流れを、改善する。

顔や足だけでなく、全身の筋肉を動かすことが、より大切になります。



<簡単スッキリ むくみ解消法>



<足のむくみ解消法>


[全身]

(1) 両手両足を開き、後ろに身体を反らして、15秒キープ。

(2) 次に、両手両足を閉じ、丸め込んで、15秒キープ。

これを 2セット行う。


足のむくみ解消法 全身


[足]

(3) 片足を地面につき、もう一方の足を、身体に引き付けるように、5秒間、上げる。

これを、左右10回ずつ、繰り返す。

上げた方のつま先を上に向けることで、足先の血液とリンパの流れをスムーズに。


足のむくみ解消法 足上げ


[手足]

(4) 最後に、足を上げ、両手・両足の指を、閉じたり、開いたり。

これを、20回。

足は、お尻より少し低く、手は心臓の高さにすることで、効果アップ。

手足の血行に対する重力の負荷を、抑えることができる。



足のむくみ解消法 手足




<竹井先生のワンポイントアドバイス>

立ち仕事やデスクワークで足がむくみがちの人は、つま先立ちなどをして、ふくらはぎを動かし、むくみを予防しましょう。






<顔のむくみ解消法>


(1) 両手両足、手足の指も開き、後ろに身体を反らす。これを15秒。

次に、両手両足を閉じ、丸め込んで、これも15秒。


足のむくみ解消法 全身


(2) 4本の指で、目の下を、内側から外側に、押し流す。

また、眉の下側も、内側から外側に押し流す。

(3) そのまま、頬から首筋の前まで流し、鎖骨のくぼみを、ゆっくりと押しましょう。

鎖骨のくぼみを ほぐすことにより、上から流れてきた血液とリンパを、スムーズに流すことができる。


顔のむくみ解消法 マッサージ


(4) 最後は、顔の筋肉を動かす。

目と口を大きく開けて、5秒キープ。

さらに、顔にパーツが真ん中に集まるように、5秒キープ。



顔の筋肉を動かす





<最後に>


病的ではない むくみなのに、利尿薬など むくみの薬を使うと、腎不全など、かえって病気になる場合があるそうです。

見極めが大事。気を付けましょう。




若返る! 小顔になる!「顔たるみ」とり (講談社の実用BOOK)




むくみ体質からやせ体質へ! リンパストレッチ (日経BPムック 日経ヘルス別冊)




[関連記事]

 → 「尿の色 泡立ち トイレ回数 腎臓病チェックリスト」
 → 「むくみモドキ 甲状腺機能低下症」



関連記事




tag : 健康カプセル!ゲンキの時間


<スポンサードリンク>



web拍手 by FC2

にほんブログ村 健康ブログへ

人気ブログランキングへ




FC2カウンター

 RSSリーダーで購読する

 メールで購読する



アーカイブ
 ためしてガッテンの
 アーカイブ 過去記事


 → 2011年 前半
 → 2011年 後半

 → 2012年 1月~3月
 → 2012年 4月~7月
 → 2012年 8月~12月

 → 2013年 1月~3月
 → 2013年 4月~6月

 → 食べ物・料理

 [全記事表示]

にほんブログ村 にほんブログ村へ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

荒巻ケンコー

Author:荒巻ケンコー
カラダを労わるためのメモ帳。

栄養管理でメタボは脱出。
できるところから、他もメンテナンス。

最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【夏の老化と疲れ】 紫外線&寒暖差 対策/ゲンキの時間 Aug 20, 2017
【水中運動】 ART&お風呂ストレッチ 須藤明治/ゲンキの時間 Aug 13, 2017
【認知症】 接する時のポイント/きょうの健康 Aug 10, 2017
【熱中症クイズ】 室内でも要注意な理由と対策/ゲンキの時間 Aug 06, 2017
【部屋を広く見せる方法】 ホームステージング/ウラマヨ Aug 03, 2017
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
忍者

検索フォーム Google

記事内検索フォーム。
Google
注目記事
注目記事
忍者

注目記事
広告
食べ物の記事
健康の新常識
ダイエット 痩身
検索フォーム FC2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Flashゲーム&占いおみくじ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
にほんブログ村
ブログパーツ