踵の骨にトゲが! 足底腱膜炎 & モートン病/ためしてガッテン


今週のテーマは、「足裏」


踵(かかと)にトゲ「骨棘(こつきょく)」ができて、激痛が。

ふくらはぎが硬いと、よくない。

簡単チェック方 → トイレの和式座り & 足指力。


ハイヒールが主な原因。

神経のこぶができる、モートン病。


解説:奈良県立医科大学 スポーツ医学 熊井司 教授。


<簡単ストレッチ法>

 チェック方:足指ジャンケン。

 タオルギャザー:膝を曲げないこと。

 ふくらはぎ:段差を使う。



2015年9月30日放送の「ためしてガッテン」より、「足裏チェック! 疲れと痛みの真犯人はカカトだ」からのメモ書きです。




ためしてガッテン 踵の骨にトゲ 足底腱膜炎




踵の骨にトゲ?


ササミ
今週のテーマは、「足裏の疲れ」


奈良県立医科大学 スポーツ医学 教授 熊井司 先生は、こうおっしゃいます。

「実は今、現代人の足に、異変が起きています」

「現代人なら、誰もが陥るかもしれない、いわば、宿命のようなものだと思います」


足裏にあるものができて、激痛を起こすらしい。



スタジオでは、いきなり、チェックが始まりました。

「足指力測定器」で、足の指の握る力を測ります。


足指力測定器


この数字が、足の危険と、どう関係するのでしょうか?

それは、後ほど。




赤ちゃんと大人の足裏では、違いがあるのはご存知でしょうか?

MRI画像を見ると、分かりますよ。

注目するのは、アキレス腱の部分。


足裏とアキレス腱


赤ちゃんは、アキレス腱が、足裏の先の方までつながっています。

4歳でもつながっていますが、ちょっと細くなっている部分が。

これが大人になると、踵(かかと)より上だけになってる。


二足歩行するようになると、踵の骨が発達してきます。

その発達した骨が、つながっていた部分を、切断しちゃうんですね。

切れた部分は、骨に吸収されるそうです。


踵より上の部分が、アキレス腱。

足先につながる部分は、「足底腱膜(そくていけんまく)」と呼ばれる。


アキレス腱と足底腱膜


足底腱膜は、足のアーチを支える重要な器官。




さて、足裏に発生する現代病とは、どんなものなんでしょう。

まずは、体験談から。



[体験談(1)]


奈良県にお住いの女性、Aさん(73歳)。

2年前、足の異変に悩まされました。

1日の大半は、立ち仕事。

普段から、足の疲れやすさを感じていたといいます。

特に、ふくらはぎの張りや痛みに悩んでいました。

これまでは湿布を張れば治まっていたのですが、ある朝、足の裏に違和感が。

全体的に、こわばっています。

ただ、足裏の違和感は、歩き始めるとすぐに治まりました。


しかし、数週間後、突然、悲鳴を上げるほどの痛みが踵に。

あまりの激痛で、つま先で歩くしかありませんでした。

それからというもの、踵の激痛は頻繁に起きるようになり、立って歩くことさえ困難な状態に。


病院で詳しく検査してもらったところ、踵の骨に、鋭いトゲができていた。


踵の骨にトゲが


このトゲを、「骨棘(こつきょく)」という。

できた骨棘が神経に触れることで、激痛を引き起こしてしまうんです。



Aさんは、骨棘を取り除く手術を受けました。


足の裏にトゲができてしまう、この病気。

誰がなってもおかしくない現代病なのだという。




[体験談(2)]


愛知県にお住いの女性、Bさん(52歳)。

職業は、シニア女子のプロゴルファーです。

筋トレやストレッチで体をケアしているのですが、足の疲れを感じるようになったという。

特に、ふくらはぎの疲れが気になります。


Bさんも、朝起きる際、足裏の違和感を感じるようになりました。

病院で検査してもらうと、踵の骨にトゲができていました。

そのため、ゴルフはおろか、日常生活まで ままならなくなったとのこと。




どうして、踵の骨にトゲができてしまうのでしょうか?


ことの始まりは、ふくらはぎの筋肉。

普段から、ふくらはぎの筋肉が硬くなっている人がいるんですね。

そうすると、アキレス腱が、上に引っ張られてしまう。

連動する形で、骨も一緒に引っ張られます。

すると、骨とつながっている足底腱膜まで、引っ張られることに。

これでは、いつも、足底腱膜がピーンと張り詰めた状態になってしまいます。

ここに、立ち仕事などで衝撃が加わると、足底腱膜に炎症が生じちゃうんですね。

足底腱膜はもともとアキレス腱とつながったものが切れて、踵の骨にくっついている。

なので、足底腱膜と踵の骨の接続部分は、比較的弱いんです。

ピーンと張っているところに衝撃、さらに炎症。このままでは骨との接続部分が、危ない。

その時、骨が、代わりに伸びようとするんですね。

これが、トゲの正体。


ふくらはぎが硬いと、よくないようです。




ふくらはぎ&足指力チェック


ササミ
ふくらはぎの硬さが分かる、簡単チェック方があります。


東京医療保健大学 医療保健部の 山下和彦 教授。

これまで足を観察してきた数は、1万人以上。

そんな山下教授が、簡単チェック方を教えてくれましたよ。



<ふくらはぎ 簡単チェック>

(1) 立った状態から、踵を上げずに、ゆっくり座る。

両足は平行です。

(2) そのまま5秒間キープ

これができないと、要注意。



ふくらはぎ 簡単チェック


ふくらはぎの筋肉が硬い人は、このポーズをとると、後ろに転んじゃうんだそう。


番組の検証では、座れる人は69%で、座れない人が31%。

およそ 3人に1人は、座れないという結果に。


スタジオでも、ゲストの3人が挑戦。

高畑淳子さんは、安定感バッチリで成功。

山瀬まみさんも、OK。

ワッキーさんも、OK。

全員、大丈夫みたいです。



しかし、トゲのでき方には、もう一つタイプが。

そのチェックが、最初のあれ、足指力だったんですね。


山下和彦先生が、こう教えてくれましたよ。

「実は、足の指の力が弱いことで、踵部分にトゲができやすくなります」


先生によると、足指力の 20代前半の平均は、5.8kg。

40~50代なら、女性で 約4kg、男性で 約5kg。


足の指は、普段から意識して鍛えようとは思いませんよね。

なので、力が弱っていても、意外と気づかないようです。



でも、どうして、足指の力と、トゲが関係するのでしょうか?


実は、足の指を動かす筋肉と、関係がある。

足指を動かすのは、主に、足裏の筋肉。これは、骨と足底腱膜の間にあります。

足裏の筋肉は、足のアーチを支える働きもしている。

この筋肉が衰えてくると、足底腱膜に負担がかかってしまうんですね。

その結果、トゲができてしまう。




熊井司先生の解説


ここでスタジオに、専門家の先生が登場。

奈良県立医科大学 スポーツ医学 熊井司 教授です。


踵の骨にできるトゲですが、正式な病名を「足底腱膜炎(そくていけんまくえん)」という。

足底腱膜と骨をつなぐ軟骨に、強い衝撃が加わると、硬くなって伸びてしまうのだそう。


足底腱膜炎の患者数は、アメリカでは年間に約 200万人。

これを日本に当てはめると(人口換算すると)、年間の患者数は 約 90万人と試算されます。


和式の生活では、畳やトイレなど 低い位置から立ち上がることが多く、自然と ふくらはぎや足裏の筋肉を使う環境にありました。

草履(ぞうり)や下駄(げた)を履く機会も多く、足指の力を使うことも多かった。

しかし、ライフスタイルの変化で、そういった機会が減っちゃったようです。


スポーツでも、柔道部や相撲部の人は、足指力が強い。

靴でカバーされることなく、素足で戦っているので、鍛えられるようです。


足底腱膜炎を予防するには、ふくらはぎや足の裏の筋肉を縮めたり伸ばしたりする生活が大切




熊井先生に、ふくらはぎと足裏に効くストレッチを教えていただきます。


まずは、足裏筋肉のチェックから。

<足指ジャンケン>

指で、グー、パー、グー、パーと。

可能ならば、チョキも。



足指ジャンケン


足指ジャンケンができない人は、足裏の筋肉が衰えている。




<タオルギャザー>

(1) イスに座って、タオルを足の下に敷き、なるべく遠くに置く。

(2) 足を下にギュッと向け、足を伸ばした状態で、足指でタオルをつかんだり放したりしてください。

踵は上げないこと。

膝を曲げずに足指を使うことで、足裏の筋肉をより鍛えることができます。



タオルギャザー


足が疲れやすい人は、1日に20回程度。

慣れてきたら、1日に50回が目安。




次は、ふくらはぎを柔らかくする方法。


<ふくらはぎのストレッチ>

段差を利用します。

手すりのある階段や玄関の段差など、安定した場所で行ってくださいね。


(1) 階段に、足の半分を乗せた状態で、ゆっくりと踵を下げます。

ふくらはぎの筋肉を収縮させながら伸ばすので、ストレッチ効果が絶大に。

(2) 次に、ゆっくりと踵を上げる。つま先立ちに。

ゆっくり、ゆっくりが大事。



ふくらはぎのストレッチ


1日10回程度を目安に。

必ず、手すりや壁につかまって行ってください。




ササミ
足裏にトゲができる原因は、ふくらはぎと足裏の筋肉にあった。

エノキ
ガッテン!ガッテン!




最新治療


ササミ
足底腱膜炎の最新治療。


「体外衝撃波治療」

3年前に保険が適用され、注目されています。

踵に衝撃波をあて、足底腱膜炎の炎症を取り除き、痛みを軽くする効果が。


体外衝撃波治療


船橋整形外科病院、高橋謙二さん。

「私の今までの経験の中では、だいたい治療後 3か月の中で、6~7割の方に有効であると、結果が出てます」



足底腱膜炎の治療には、他にも、ストレッチや靴の中敷きなど、様々なものがあります。

詳しくは、お近くの整形外科の専門医に、相談してくださいね。




モートン病


ササミ
最後は、ハイヒールが主な原因だという病気です。



[体験談(3)]


大阪府に住む女性、Cさん。

半年前、突然、足裏の痛みに襲われました。


原因となったのは、ヒール高 7センチのハイヒール。

趣味の社交ダンスで、ヒールの高いハイヒールを履き、練習してたんです。


Cさんは2年前、左足の裏に、タコを見つけました。

できていたのは、指の付け根の中央部分。

タコを削ることで、痛みを和らげていたといいます。


しかし、半年前、激しい痛みが Cさんを襲いました。

足裏を見たところ、タコより上に、謎のふくらみが。


Cさんは手術を受けることになり、ふくらみの正体を摘出しました。

その摘出したものが、これ。


神経のこぶ


これは、「神経のこぶ」らしい。


名前を、「モートン病」という。

足指の付け根に、しびれや痛みを伴うのが特徴。

足への圧迫が主な原因で、中年女性に多く発症するらしい。


手術では、神経の一部を取り除き、痛みを止めます。

術後、リハビリで歩けるようになるとのこと。



<モートン病 チェック法>

(1) 足の両側を、強く圧迫してみる。

足指の付け根に痛みや しびれがあったら、黄信号です。



モートン病 チェック法






NHKためしてガッテン 2015年 11 月号 [雑誌]



足の痛みを正しくとる (病院で治す・自分でよくするシリーズ)


 





エノキ
踵にトゲって、痛そうですね~。

こりゃ、たまらん。

ササミ
和式座りができない人が増えてるって話はよくありますが、こんなところにも影響が出るのか。

あと、つながっていた腱が切れるというのにも、ビックリ。

エノキ
階段を使って ふくらはぎを伸ばすやつ。

気持ちよさそうだから、やってみようかな。





次回は、「秋だ! サンマが激うま 本当の食べ方発見SP」。





NHKためしてガッテン 「骨筋力」で若返る!



健康長寿は転ばないこと 転倒予防






[関係する記事]

 → 「危険なねんざ 靴底チェック&かかと上げ」
 → 「ヒザ痛に、靴下スライド運動&お皿ストレッチ」
 → 「トリガーポイントとIMS治療」



関連記事




tag : ためしてガッテン 腰痛・関節痛


<スポンサードリンク>



web拍手 by FC2

にほんブログ村 健康ブログへ

人気ブログランキングへ




FC2カウンター

 RSSリーダーで購読する

 メールで購読する



アーカイブ
 ためしてガッテンの
 アーカイブ 過去記事


 → 2011年 前半
 → 2011年 後半

 → 2012年 1月~3月
 → 2012年 4月~7月
 → 2012年 8月~12月

 → 2013年 1月~3月
 → 2013年 4月~6月

 → 食べ物・料理

 [全記事表示]

にほんブログ村 にほんブログ村へ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

荒巻ケンコー

Author:荒巻ケンコー
カラダを労わるためのメモ帳。

栄養管理でメタボは脱出。
できるところから、他もメンテナンス。

最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【水中運動】 ART&お風呂ストレッチ 須藤明治/ゲンキの時間 Aug 13, 2017
【認知症】 接する時のポイント/きょうの健康 Aug 10, 2017
【熱中症クイズ】 室内でも要注意な理由と対策/ゲンキの時間 Aug 06, 2017
【部屋を広く見せる方法】 ホームステージング/ウラマヨ Aug 03, 2017
【不応性貧血】 樋口大悟さんの体験/ゲンキの時間 後編 Jul 30, 2017
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
忍者

検索フォーム Google

記事内検索フォーム。
Google
注目記事
注目記事
忍者

注目記事
広告
食べ物の記事
健康の新常識
ダイエット 痩身
検索フォーム FC2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Flashゲーム&占いおみくじ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
にほんブログ村
ブログパーツ