「こんにゃくの裏ワザ 叩いてダイエット/ためしてガッテン」

こんにゃくの効果といえば、便秘解消、ダイエット、コレステロール対策、毒素を下ろす、いろんな健康効果を期待してしまいます。

でも、番組が徹底検証したところ、効果がないものが多かった?

あれ? 期待外れなの?


でも、ダイエットには◎?

体験した人は、笑顔、笑顔。

さらには、こんにゃくのおいしさを5秒で引き出す裏ワザまで。


11月10日放送の「ためしてガッテン」より、「太めの人ほど効果あり こんにゃく裏ワザ大全」からのメモ書きです。




NHKためしてガッテン/病気にならない健康食の「超」基本 (主婦と生活生活シリーズ)





こんにゃく伝承

江戸時代の百科事典「和漢三才図会」にも、「蒟蒻(こんにゃく)は腹中の土砂を下ろす」との記述が。

1707年に富士山が噴火した時には、火山灰を飲み込んだ人々がこぞって こんにゃくを買い求め、値段が高騰したという話も。


こんにゃくは食べる以外にも使い道があって、温めて湿布に使ったり、戦時中には風船爆弾にも使われたのだとか。風船部分の和紙を張り合わせるのに、粘り気のあるコンニャクイモが糊(のり)として使われたそうです。

明治時代には、こんにゃくの粉から、ゴムや野球のボールを作っていたという話まで。

番組スタッフが作ったボールは、ちゃんと跳ねていました。


こんにゃくに関する言い伝えは多くあるようで…

・大掃除のときに食べる(吸ったホコリを下ろす)
・貝汁を食べた後に、食べる
・節分のときに、食べる(自分を清める)
・冬至のとき、お葬式の後に、食べる
・床屋さんに行った後に、食べる(髪の毛を吸い込んでいるかもしれないから)
・魚の小骨をとりたいときに、食べる

このように、体内の異物を出したい時に食べることが多いようです。




グルコマンナン

こんにゃくに関する商品がたくさん出ていますが、そこに表示されているのが“グルコマンナン”という文字。

グルコマンナンとは、こんにゃくの原料なのだそうです。

これは食物繊維の中でも、水に溶けるタイプの水溶性食物繊維

水に溶けると粘性の高い(ネバネバの)物質に変わるのだそう。

このネバネバがお腹の中を通ると、糖質やコレステロールを吸着して、吸収をゆっくりしたものにしてくれる。

また、有害物質を閉じ込めて排出してくれます。



じゃあ、こんにゃくを食べたら、そんないい効果が得られるんだ!


と、そう思うのは、早いそうです。

なぜかというと、こんにゃくは消化されないので、そのままの形で胃や腸を移動する。

グルコマンナンのようにドロドロにはなりません。

したがって、糖質やコレステロールを吸着するわけではないし、有害物質を閉じ込めてくれるわけでもない。


が~~~ん!

ショック!



ネバネバパワーがあるのはグルコマンナンであって、こんにゃくにはない。

でも、グルコマンナンって、こんにゃくの原料でしょ?




こんにゃくとグルコマンナン

こんにゃくの作り方は、こう。


収穫したこんにゃくを薄くスライスして、よく乾燥させる。

それを砕いたものが、こんにゃく粉。

この状態では、グルコマンナンがたっぷり含まれているのだそう。


この粉をこんにゃくとして食べるために、水酸化カルシウムなどの凝固剤を入れるのだそう。

すると固まって、こんにゃくの状態になります。

これで形を整えて、完成。


粉の状態では保たれる、グルコマンナン。それが凝固剤によって固まると、効果がなくなる。

それは前者が水溶性で、後者が不溶性だから。同じ食物繊維でも、差があるんですね。

水溶性であれば水に溶けるのでドロドロになって、いろんなものを吸着したり、包み込んだりできる。

でも、不溶性だと、その効果は得られない。

噛んでも、胃に入れても、不溶性だから、そのまま。



でも、こんにゃくを食べることで得られる効果もある?




こんにゃく実験

グルコマンナンを与えたマウスと こんにゃくを与えたマウスとを比較したところ、ひとつだけ こんにゃくの方が優れていた点があったそうです。

それは便整改善効果。こんにゃくを与えたマウスの方が、早くたくさんの便を出したとのこと。

これを受けて番組では、6人の便秘に悩む男女に集まってもらい、実験をしました。

毎日1枚の板こんにゃくを食べてもらい、効果を調べます。


その結果は上々のようで、ほとんどの人がお通じがよくなったそうです。

そして、予想外の効果まで。


と、その前に、便通がよくなった理由ですが、以下のようなことがあるようです。

こんにゃくは消化されず、そのまま胃腸を通る。

すると、身体は、邪魔だから出してしまおうと、反応を起こす。

知らない間に腸が頑張って運動し、輩出してくれます。

よって、便秘が解消されると。


そして予想外に得られたのが、体重の減少

どうも、体重が重い人ほど、減るらしい。

しかも、コレステロール値が高い人は、数値が減っていた

これも、高い人だけ減って、基準内の人はそのままだった様子。

血糖値も同じように、高い人は下がり、基準内の人はそのまま。



これには理由があります。

こんにゃくを食事に取り入れることで、全体のカロリーが下がったんですね。

こんにゃくでお腹いっぱいになる。

なので、体重は減少し、数値も下がった。

(すでに食事が適切な人は、そのまま)




こんにゃく効果のまとめ


便秘改善効果は、◎

有害物質の排出は、便通の改善により手助けはしてくれますが、吸着するわけではないので、○。

コレステロールの抑制糖尿病予防に関しては、高い人だけ下がるという理想的な結果だったので、◎。

ダイエットも、◎。

大腸がんの予防については、便が体内に留まる時間が短くなることで腸内環境がよくなって予防につながるのではないかと期待されていますが、その効果はまだ研究中。

血圧の低下については、体重減少やコレステロール値の減少によって下がる分には効果があるみたい。でも、他に原因があれば、また別。

美肌効果は、こんにゃくの成分が直接働くかは疑問ですが、便秘解消によりよくなる場合も。


でも、効果があるものにも「ただし」という条件があって、継続的に食べないといけないそう。

それと、あんまり一度にたくさん食べると栄養のバランスを崩すことがあるので、ご注意を。




こんにゃくをおいしく食べる方法

効果は分かりましたが、毎日こんにゃく1枚というのは、たいへんかもしれません。

どうせなら、おいしく食べたい。


そこで紹介されたのが、5秒でおいしくする方法。


それは、こんにゃくをしごく

繊維を壊してやわらかくすることで、味がしみ込みやすくします。

これを和食では、コシを抜かすと言うそうです。


どちらも、まな板に こんにゃくを叩きつける

まな板に叩きつけると、全体的に伸びて、やわらかくなるみたい。

こうすることによって噛みやすくなり、調理した時に、より味がついたように感じられるそうです。



さらに調理のポイントも。

それは、“コンコンピンピンニャクニャク”

なんでも こんにゃくというのは、高温の時はコンコンとかたくて、中温だとピンピンになり、低音だとニャクニャクとやわらかくなる。

なので、こんにゃくと呼ばれるのだそうです。


沸騰したお湯でこんにゃくを煮ると、10分でかたくなってしまいます。

そして、もう、もどらない。


これを解消するために、こんにゃくだけ別に調理します。


まず、ゆで時間を短くするために、アク抜き済みのものを買う。

そして、以下の手順を。

(1) 板こんにゃくを引っ叩く

(2) フォークで穴をあける

(3) しょうゆ大さじ3杯でさっと2分煮る

(4) おでんの仕上げ直前に入れ、あたためるだけにする(煮込まない)



これでやわらかくいただけます。


番組HP では、こんにゃくを使った料理も紹介されています。


立川志の輔さんが紹介してくれた郷土料理“あんばやし”。

簡単、こんにゃくあんみつ。

イカサマ納豆やこんにゃくステーキも。



 番組HP → 太めの人ほど効果あり こんにゃく裏ワザ大全 : ためしてガッテン - NHK





わが家の助っ人 こんにゃくレシピ (小学館実用シリーズ LADY BIRD/おいしい本は小学館)







今週のガッテンは、BGM に機動戦士ガンダムや、発見のシーンでは世界ふしぎ発見の曲が使われていました。

スタッフの遊び心に、ニヤニヤしちゃいましたよ。


こんにゃくは好きだけど、毎日1枚はきついかな。

でも、ステーキとか、すごくおいしそうだった。

毎日とはいかないけど、時々食べたい!




関連記事




tag : ためしてガッテン 食べ物 ダイエット 便秘


<スポンサードリンク>



web拍手 by FC2

にほんブログ村 健康ブログへ

人気ブログランキングへ




FC2カウンター

 RSSリーダーで購読する

 メールで購読する



アーカイブ
 ためしてガッテンの
 アーカイブ 過去記事


 → 2011年 前半
 → 2011年 後半

 → 2012年 1月~3月
 → 2012年 4月~7月
 → 2012年 8月~12月

 → 2013年 1月~3月
 → 2013年 4月~6月

 → 食べ物・料理

 [全記事表示]

にほんブログ村 にほんブログ村へ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

荒巻ケンコー

Author:荒巻ケンコー
カラダを労わるためのメモ帳。

栄養管理でメタボは脱出。
できるところから、他もメンテナンス。

最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【水中運動】 ART&お風呂ストレッチ 須藤明治/ゲンキの時間 Aug 13, 2017
【認知症】 接する時のポイント/きょうの健康 Aug 10, 2017
【熱中症クイズ】 室内でも要注意な理由と対策/ゲンキの時間 Aug 06, 2017
【部屋を広く見せる方法】 ホームステージング/ウラマヨ Aug 03, 2017
【不応性貧血】 樋口大悟さんの体験/ゲンキの時間 後編 Jul 30, 2017
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
忍者

検索フォーム Google

記事内検索フォーム。
Google
注目記事
注目記事
忍者

注目記事
広告
食べ物の記事
健康の新常識
ダイエット 痩身
検索フォーム FC2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Flashゲーム&占いおみくじ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
にほんブログ村
ブログパーツ