犯人はパンと胆汁? 下痢&ピー腹 対策/ためしてガッテン


今週のテーマは、「下痢」


<新犯人は、パン?>

ピーター・ギブソン博士、避けた方がいい食材リスト。

糖で、大腸が水びたしに?

小腸のハサミ、分解酵素の働き。


<胆汁の影響>

朝ごはん → 通勤中にピー腹。

下痢止めが効かない。

朗報、コントロール可能だ。



東邦大学 医療センター 大森病院 瓜田純久 教授の解説。



2015年11月18日放送の「ためしてガッテン」より、「ユルいおなかの新犯人! 下痢ピンチ解決SP」からのメモ書きです。




ためしてガッテン 下痢ピンチ解決SP




犯人はパン?


ササミ
今週のテーマは、突然見舞われる悲劇 「下痢」です。


ゲリピ~ ゲリピ~♪

ゲリピ~ ゲリピ~♪

もうダメかと思った ゲリピ~♪


(「Let It Be」のリズムで)


みなさんからは、こんな体験談も。



【体験談(1)】

彼との初めての旅行。

夢のような時間だったのに。

突然の下痢で、大ピンチ。

バレたら、恥ずかしすぎます。

神頼みするしか、ありませんでした。


【体験談(2)】

第一志望の大学受験、当日。

試験中に、突然の下痢が。

答えじゃなく、他のものが出そうになってしまった。


【体験談(3)】

家族そろってのお出かけ中、あいにくの渋滞に。

お腹がピーとなったけど、降りる場所もありません。

そして、ついに、ついに…。



ガッテンでは、このような状態を、こう名付けました。

「ピー腹」



<ピー腹 思い当たるもの>

・油っこいもの
・冷たいもの

・便秘薬の飲み過ぎ
・牛乳

・ストレス
・食べ合わせ

・食あたり
・食べ過ぎ

・二日酔い
・風邪

・消化不良
・からいもの



ゲストの つるの剛士さんは、「2日連続のラーメン」だそうです。




今回、ピー腹の原因、犯人が見つかったそうです。

それも、2つ。

何と、その1つは「パン」だった。


でも、本当だろうか?

パンなんて、誰でも食べてるのに。



もともとお腹が弱めの人の話になりますが、普段食べているパンが、下痢を引き起こす原因に。

それを発表したのは、オーストラリアの医師、モナシュ大学のピーター・ギブソン教授。


パンが下痢を引き起こす原因について、ギブソン教授は、こうおっしゃった。

「ある物質が腸の中で、下剤と同じ働きをしてしまうんだ」


しかも、パンだけじゃないんです。


<ギブソン博士が発表した ピー腹を悪化させる食材>

・ネギ
・タマネギ
・ブロッコリー
・ニンニク

・パスタ
・パン
・大豆
・マッシュルーム

・マンゴー
・ナシ
・はちみつ

・ブドウ
・アスパラ
・洋ナシ
・リンゴ

・チーズ
・牛乳
・ヨーグルト




ギブソン博士の検証実験は、このようなものです。

慢性の下痢に悩む人、10名を対象に、2週間以上、特定の食材を避けてもらいました。

すると、10人中、8人が、下痢の症状が大きく改善したのです。

中には、症状自体が8割減った人まで。




牛乳での実験


ササミ
牛乳を使った、大実験。

牛乳に弱いディレクターさんに、牛乳を1リットル飲んでもらいます。

わざと ピー腹になってもらおうってわけだ。


協力してくださるのは、東邦大学 医療センター 大森病院の 瓜田純久 教授です。


牛乳を飲んで40分後は、変化なし。

変化は、2時間後に出ました。

腸の画像が、全体的に白くなっています。

特に大腸が、スカスカから、パンパンに。


牛乳を飲んでピー腹に


瓜田先生は、こう教えてくれました。

「腸の中が、言ってみれば、水びたしの状態になります」


腸の中に、水分がたくさん出ているようですね。

飲んだ牛乳の量よりも、腸がビシャビシャに?



さて、先ほどあげた、「ギブソン博士が発表した ピー腹を悪化させる食材」。

共通するのは、「糖」でした。

ギブソン博士は、こうおっしゃいましたよ。

「ある種の糖は、大腸を水びたしにしてしまうんです」


病院で処方される医薬品の一つに、「糖類下剤」がある。

糖は、医療用の下剤として使われているんですね。




<メカニズム>

大腸くんの仕事は、食べ物から水分を吸収して、かたい便を作ること。

でも、大腸くんが逆に、水を出してしまうケースが。

これが、ピー腹状態なんです。


小腸さんは、食べたものを分解して、体内に吸収する役割。

その時の仕事道具が、分解酵素になります。

いわば、ハサミのようなもの。

牛乳を飲むと、「乳糖」が小腸に。

乳糖とは、牛乳などに含まれる糖の一種。

これを分解酵素が切ってくれるので、乳糖は吸収されます。

これは、ピー腹にならないパターン。


牛乳でピー腹になる人の場合、分解酵素が乳糖を切ってくれないんです。

そうすると、乳糖は分解されずに、大腸の方に入っていってしまう。

ビックリした大腸は、その時、薄めるために、水を出しちゃうのでした。

こうして、大腸は水びたしになり、ピー腹状態に。


小腸の分解酵素ですが、劣化してしまうようです。

乳糖の場合、ほとんどの人の切れ味が落ちる。

ただ、切れ味の落ち方には、個人差があります。

なので、牛乳を少々飲んでも何ともない人もいるし、1杯飲んだだけでピー腹になる人も。



では、パンの場合はどうでしょう。


パンを食べると、「フルクタン」という糖でできた物質の仲間が、小腸に入ってくる。

実は、小麦のフルクタンを分解するハサミ(分解酵素)を、人間の腸は持っていないのです。

つまり、そもそも分解できない糖が、小麦には含まれているってわけ。

分解されないフルクタンは、そのまま大腸へ。

すると大腸は、薄めようとして、水を出しちゃうんですね。



結論は、こうなります。

「様々な糖の仲間の中に、小腸が分解しにくい種類がある」

それが、「乳糖」「フルクタンの仲間」「果糖(果糖や糖同士がくっついた甘い物質、人工甘味料など)」。


もちろん、それらを食べても、平気な人はいます。

大腸が水びたしになるかどうかには、個人差がある。

過敏に反応する人が、ピー腹になる
んですね。




瓜田純久 先生の解説


ここでスタジオに、専門家の先生が登場。

東邦大学医療センター 大森病院の、瓜田純久 先生です。



上であげた「ピー腹を悪化させるかもしれない食材」。

これらは食べない方がいいのかというと、決して、そうではありません。

パンや牛乳などの食材は、大事な栄養素。

お腹に問題のない人は、食べた方がいい。


<食材を控えた方がいい人>

・月に3回以上、下痢で困っている。

・過敏性腸症候群の診断を受けている。




小腸のハサミ、分解酵素の性能は、個人差が大きいのだという。

また、日本人は、乳糖の分解酵素が少ないそうです。

だいたい学校に入る頃(6歳ごろ)までに、9割以上の方が、ハサミの切れ味が落ちてしまうのだとか。

離乳してからもミルクを飲む生物は、地球上で、人間だけ。

そういう意味では、牛乳というのは特殊な食材なのです。


「お腹が弱めの人は、自分に合わない食材を見極めるのが大切」




<糖による下痢かも…>

[見分け方]

 ・前日、多く食べたものを疑う

[対策]

 ・すきっ腹で食べない。

 ・バランスよく食べる。



苦手な食べ物の見分け方ですが、前日、多く食べたものを疑う。

特に、食事の最初に食べたものをチェック!

すきっ腹で食べたものは、一番最初に大腸に到達します。

「あっ、この食材はヤバいかも」と思ったら、すきっ腹では食べないこと。


<苦手な食材が分かったら>

1回の食事で、食べる量を減らしてみる。

消化のいい食物を、あとに食べる。



1つのものをたくさん食べるのは、控えること。

バランスよく食べてください。



<下痢を起こしやすい糖の特徴>

消化吸収に時間がかかる糖。

大腸が水を出して薄めたくなってしまう。



ご飯の糖は、消化吸収しやすい糖。

なので、基本的に、影響は少ないようです。


大豆は、ゆっくり吸収される糖の代表。

しかし、豆腐などの大豆加工品の糖は、吸収しやすいようです。

大豆を加工する過程で、糖が分解されるから。



ササミ
吸収されにくい糖が、下痢を悪化させる原因になるんですね。

エノキ
ガッテン! ガッテン!




胆汁も犯人?


ササミ
さて、ここからは、ピー腹のもう1つの新犯人です。

これが判明すると、克服する方法も分かってくる。



【体験談(4)】


ある男性、Aさん。

40代の頃から、毎日のように、下痢に襲われてきたのだという。

特に苦しめられたのは、通勤中のピー腹。

長距離通勤なので、非常に困りました。


ピー腹は、時と場所を選ばず襲ってきます。

何度も診察を受けましたが、医師の答えはいつも同じ。

「ストレスですかねえ」


ところが、Aさんは、ストレスが原因だとは思えませんでした。

仕事も楽しんでやるタイプだったのです。

それに、土日もピー腹になっていた。


何か原因があるはずだと思った、Aさん。

それを調べてみようと思い立ち、記録をつけることにしました。

すると、奇妙な発見が…。


それにより分かったのは、原因が「朝ごはん」にあることでした。

そして、医師に言われた対策をしたところ、ピー腹がストップしちゃったんです。


Aさんは、こう振り返ります。

「非常に効きましたね」
「自分で予防できるし、自分で制御できる」
「生活、変わりましたね」
「うれしいです」





Aさんは毎日、朝食べたものを記録。

ピー腹になった時間も、記録しました。


それによって分かったのは、ストレスが原因ではないらしいこと。

仕事のない土日にも、ピー腹は規則正しくきます。


注目したのは、食事をしたタイミング。

食事をした1時間後に、ピー腹が起こっていた。


なぜ、1時間後に、必ず下痢になるのか?

カギは、胆汁(たんじゅう)にありました。


肝臓の下にある小さな袋、それが「胆のう」。

胆のうに、たまっているのが、「胆汁」になります。

胆のうは小腸とつながっていて、胆汁は「十二指腸乳糖(じゅうにしちょうにゅうとう)」と呼ばれる部分から、にじみ出る。

胆汁は消化液の一種で、本来は、とても大切な味方。


ところが、この胆汁が、悪さをしてしまうケースも。


国立病院機構 久里浜医療センターの 水上健 先生に教えていただきます。

「胆汁っていうのは、下剤としての作用があるんです」

「大腸に働いて、水分が出たりとか、大腸の働きを活発にさせる作用があるものですから、ごはんを食べたあとに胆汁が出ると、強力な下剤を飲んでいるのと同じような状態になってしまう」



<メカニズム>

TJこと胆汁くんが戦う相手は、食べ物の中でも最も手ごわい、「脂(あぶら)」。

脂肪は、胃の強力な力をもってしても分解できず、そのまま小腸にやって来るんですね。

この脂肪を、胆汁くんが、分解してくれるんです。

おかげで、小腸で吸収できるってわけ。


通常、胆汁は、胆のうに戻ります。

そして、何度でも出動してくれる。

胆汁の成分は、何度も再利用されるんですね。


Aさんの場合も、胆汁はちゃんと仕事をします。

脂肪を分解してくれる。

けれど、その先が問題に。

本来、胆のうに戻るはずの胆汁が吸収されず、大腸の方に行っちゃうんです。

こうなると、大腸がビックリして水を出し、水びたしに。

ピー腹状態になっちゃうのでした。


(ちなみに、胆汁自体は、肝臓でまた新しく作られるので、胆汁不足にはなりません)


Aさんの場合、胆汁が大腸に流れ込んで ピー腹を引き起こすまでが 1時間だったんですね。




見分け方と対策


ここで再び、瓜田純久 先生が、スタジオに登場。


どうして、胆汁が戻れなくなるのでしょうか?


胆汁くんの帰り道は、小腸の末端にあります。

そこの機能が悪くなってしまうと、戻れなくなるようですね。

感染症や食あたりを何度も経験した人は、小腸の機能が低下している場合があるそうです。

胆汁の帰り道が傷ついているので、ピー腹を繰り返してしまいます。




【体験談(5)】

昔、盲腸の手術を受けた女性、Bさん。

盲腸の病気の影響で、小腸の胆汁を吸収する部分を、切除したそうです。

すると、食後にピー腹が生じるようになってしまいました。



瓜田先生によると、胆のうを手術で摘出した人も、胆汁が垂れ流し状態になって、下痢になるケースがあるそうです。




どうして、朝ごはんの後、ピー腹になるのでしょう?


胆汁は、夜 寝ている間に、胆のうにたくさん たまります。

それが朝ごはんを食べると、出てくる。

つまり、夜の間にたまった胆汁が、朝ごはんをきっかけに、大量に出てしまう。


こういう人は、アメリカでの報告では、非常に多いそう。


胆汁による下痢の特徴は、「どんな下痢止めも効かない」こと。

様々な下痢止めを試しても効果がない場合は、胆汁による下痢を疑ってください。



<胆汁による下痢の見分け方>

・その日の最初の食後になる。

・痛みはない。

・出せば、おさまる。



朝ごはんの後が多いようです。

グルグルする感じはあるが、あまり痛みはない。

そして、1回か2回、出したら、症状は治まる。

逆に、出しても腹痛が残る場合は、他の原因かもしれません。



朝ごはんを食べて直後の便意は、別らしいですね。

「胃直腸反射」という通常の反応。

気にする必要はありません。

胆汁による下痢の場合は、食後1~2時間後に下痢になることが多い。


なので、胆汁による下痢は、自分でコントロールできる可能性が高いという特徴が。


<胆汁コントロール>

食事のタイミングを早めて、トイレを済ませてから外出する。

また、朝の食事量を減らすと、胆汁が減り、大腸への刺激が少なくなります。






ササミ
原因不明のピー腹を起こす原因は、糖と胆汁でした。

エノキ
ガッテン! ガッテン!




今週の色紙


「PTT」



(P)ピー腹の原因は、(T)糖と、(T)胆汁。





NHKためしてガッテン 2015年 11 月号 [雑誌]



便秘を治す腸活テクニック (腸がヌルヌル動きだす教授の提案)


 





エノキ
移動中のピー腹って、つらいもんな~。

ササミ
原因が分かれば、対策もできそうですね。

毎朝、食後1~2時間後になり、痛みが無くて、出せば治まるなら、胆汁が原因かも。

エノキ
食べたものを記録して、苦手な食材を探し当てるのも、いいかもしれません。

ササミ
意外にデリケートな大腸。

大事にした方がよさそうです。





次回は、うまみ 1.8倍、糖分 5倍、新名物誕生。

「酒かすパワー大全開!」。





NHKためしてガッテン 脳から「うまい!」と感じるゼロしおレシピ超減塩術 (生活シリーズ)



女はつまる、男はくだる おなかの調子は3分でよくなる!






[関係する記事]

 → 「過敏性腸症候群の真犯人は、腸内細菌と薬」
 → 「便もれの原因は出産? 便失禁の新薬」
 → 「潰瘍性大腸炎と腸内細菌移植療法」




関連記事




tag : ためしてガッテン 胃腸 下痢


<スポンサードリンク>



web拍手 by FC2

にほんブログ村 健康ブログへ

人気ブログランキングへ




FC2カウンター

 RSSリーダーで購読する

 メールで購読する



アーカイブ
 ためしてガッテンの
 アーカイブ 過去記事


 → 2011年 前半
 → 2011年 後半

 → 2012年 1月~3月
 → 2012年 4月~7月
 → 2012年 8月~12月

 → 2013年 1月~3月
 → 2013年 4月~6月

 → 食べ物・料理

 [全記事表示]

にほんブログ村 にほんブログ村へ

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

荒巻ケンコー

Author:荒巻ケンコー
カラダを労わるためのメモ帳。

栄養管理でメタボは脱出。
できるところから、他もメンテナンス。

最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【交通事故防止】 4秒ルールと踏み間違い防止ペダル/ガッテン Apr 27, 2017
【天気痛】 耳マッサージ&スマホアプリ/ゲンキの時間 Apr 23, 2017
【強い心臓を作る方法】 心拍数110/ガッテン Apr 20, 2017
【脳疲労】 慢性疲労症候群/健康カプセル! ゲンキの時間 Apr 16, 2017
【緑内障】 なりやすい人は? コンタクトレンズ型眼圧計/ガッテン Apr 13, 2017
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
忍者

検索フォーム Google

記事内検索フォーム。
Google
注目記事
注目記事
忍者

注目記事
広告
食べ物の記事
健康の新常識
ダイエット 痩身
検索フォーム FC2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Flashゲーム&占いおみくじ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
にほんブログ村
ブログパーツ