竹井仁先生の筋膜リリース/健康カプセル! ゲンキの時間


今回のテーマは、医学界のシンデレラ 「筋膜」


肩こりや腰のハリ、老け顔にまで関係。

ゆがみや引きつりを、ほぐそう。


<筋膜リリース法>

・背中。

・肩こり改善。

・顔の若返り。

・テーブルを使わない方法。


ドクネット:首都大学東京 健康福祉学部 理学療法学科 竹井仁 教授



2015年11月29日放送の「健康カプセル! ゲンキの時間」より、「~ 日頃の癖が肩こり・腰ハリに? ~ 医学界大注目の筋膜とは?」「腰痛の痛み改善! 筋膜ほぐし」からのメモ書きです。




ゲンキの時間 竹井仁先生の筋膜リリース




医学界のシンデレラ


ササミ
「医学界のシンデレラ」に例えられているものがあります。

それは、「筋膜(きんまく)」

誰からも注目されることがなかったのですが、医療技術の進歩でその存在が明るみになると、身体のあらゆる不調が治ると、一躍注目の的に。

肩・腰・首のコリは、すべて筋膜が影響しているのだという。



東京都は荒川区にある、首都大学東京。

健康福祉学部 理学療法学科 の 竹井仁 教授は、筋膜研究の第一人者なのだ。


筋膜の中で、筋肉を覆っているのが、「筋外膜(きんがいまく)」です。

筋外膜とは、筋肉の束がバラバラにならないように、筋肉を包み込んでいる膜のこと。鶏肉などにある透明の膜、あれが筋外膜。

筋外膜の上には、「深筋膜」があります。

この深筋膜は、全身を、ボディースーツのように覆っている。

そしてこれこそが、コリやハリに影響するのだという。


筋膜を構成するのは、伸縮性のある「エラスチン」と伸縮性のない「コラーゲン」

健康な状態では、これらがスムーズに動きます。

けれど、エラスチンとコラーゲンが何らかの原因でねじれ、筋膜自体の伸縮性がなくなると、コリが生じる。


「コリの原因は、筋膜のねじれだった」


竹井先生によれば、人間の身体の中で筋膜だけを残して、他を溶かし切っても、形だけはしっかりと残るのだとか。

ゆえに、「第二の骨格」とも呼ばれている。



実際にコリに悩んでいる3名を、竹井先生に診ていただきます。



[ケース(1)]


肩こりに悩んでいる、48歳男性。

先生が注目したのは、腕でした。

ベース演奏で酷使した右腕の筋膜により、右肩の筋膜が引きつり、肩こりが発生しているようです。



[ケース(2)]


右腰にハリのある、42歳男性。

左右の腰を見比べると、右腰の血流が明らかに悪いことが分かりました。

これは、長年の野球の影響。フォームが、普段の姿勢にまで、影響を与えていたらしい。

右肩が下がり、右の骨盤が上がることで、右腰に負担がかかっていました。



日常の癖でも、左右の筋膜バランスを崩す可能性が。

・カバンを持つ手。(いつも片側で持つ)

・重心をかける足。(いつも片側に重心をかける)

・携帯電話での話し方。(いつも姿勢が同じ)

決まった方ばかり使っていると、バランスが崩れてしまいます。



そうならないために、意識的に、左右交互を心がけましょう。

・荷物は、片側だけで持たない。

・足の組み方や、重心を、固定しない。

・途中で、左右を入れ替えること。





[ケース(3)]


背中のコリに悩む、39歳女性。

背中から腰全体に、ハリやコリがあるとのこと。


まさか、これに、老け顔まで関係してくるとは。

痛みを気にしすぎて、姿勢が前に傾き、表情にまで悪影響を及ぼしているようです。


身体の上に顔がまっすぐ のっていれば、前にも後ろにもバランスが取れているので、顔(表情)が自由に動きます。

けれど、前に傾いてしまうと、顔の筋膜が上下に引っ張られ、どちらにも動けない状態になってしまう。

これでは、表情が乏しくなってしまいます。


普通なら、目を大きく開けると、額にしわがよりますよね。

でも、この女性の場合、ほとんどしわができませんでした。

しわがないから いいというわけではなくて、表情が乏しくなってしまうのです。




全身でつながっている筋膜。

長年の癖や暮らしにより、一部が引きつると、いろんな悪影響が生じるようですね。




ドクネット


首都大学東京の 竹井仁 先生に、教えていただきます。


荷物を持つ側が決まっていると、やはり、バランスが崩れるみたいです。

さらに、男女で、傾向に差が。

男性の場合、力が入るので、荷物を持つ方の肩が上がりやすい。

女性の場合、力が弱いため、荷物を持つ方の肩が下がりやすい。



髪の分け方でも、影響が出るのだとか。

例えば、髪を左に分けると、右側に意識が行きやすくなります。

すると、左肩が下がるという癖につながるそうです。



他にも、暮らしの中では、このような癖が。

 ・頬杖をつく。

 ・横になってテレビを見る。(あるいは、首の向き)

 ・つり革をつかむ手。

これらで、決まった片側だけを使ってしまいがちです。


同じ側ばかり使っていると、筋膜の引きつりが起こり、コリやハリが生じているかも。

鏡などを見て、自分の身体の傾きなどを、チェックしてみましょう。




筋膜改善法


ササミ
では、筋膜を改善するには、どうしたらいいのでしょう?


つながっている筋膜だけに、つながりの広い範囲で、筋膜をほぐしていくことが大事になってくるようです。

筋肉のように 1つのストレッチということではなく、つながっているボディースーツを、連続的にほぐす。

それを実現するのが、「筋膜リリース」という方法。



<背中編>

(1) テーブルの前に立ち、足を肩幅に開いて、両手をテーブルの上にのせます。

(2) そのまま、両手をゆっくりと前に、すべらせる。

この時、ヒザは伸ばして、身体を90度にするのが、ポイントです。

(3) この状態で、30秒キープ。1日3回が目安。

慣れてきたら、時間を増やすと、効果的です。



筋膜リリース 背中




<肩こり改善>

(1) 左足を前に出し、右手をテーブルに置きます。

(2) 次に、左腕を天井に向かって伸ばし、15秒キープ。

後ろ足のヒザは、曲げないで、しっかりと伸ばしましょう。

(3) 続いて、上げた腕の方向に、顔と体をひねる。

気持ちよく感じるところで、15秒キープしてください。

この時、指先を見るようにすると、首周りまで、しっかり効果的に伸ばすことができます。

(4) さらに、そのままの姿勢で、右ひじをテーブルにつけ、15秒。

置いているヒジは、肩の内側に入るくらいまで、ひねってくださいね。

(5) 左右1セットで、1日 3セットが目安。

慣れてきたら、秒数を増やしてください。



筋膜リリース 肩こり改善



<顔の若返り>

(1) イスに座って、両手を前に伸ばし、肩の高さまで上げる。

肩甲骨を前に押し出すイメージで、10秒キープ。

(2) 次に、肩甲骨を後ろに引き付けるように、ヒジを「L字」にし、10秒キープ。

ヒジは肩の高さを保つこと。

(3) その状態から両手を上げて、ここでも、10秒キープ。

ヒジの角度は、90度を保つこと。

(4) この姿勢のままで、目と口を大きく開け、5秒キープする。

(5) 続いて、腕を前に倒し、目と口を中心に集めるようにして、5秒キープ。

顔の体操は、3セット繰り返す。



筋膜リリース 顔の若返り



たった数十秒で、驚きの効果が。

腰にハリがあった男性は、右腰の血流量が、目に見えて改善していました。

背中全体に痛みがあった女性は、立位体前屈が、「 1センチ → 14センチ 」と改善。楽になりました。

肩こりに悩む男性も、筋力計で肩の力を測定したところ、「 11.1kg → 18.6kg 」に。固まっていた部分が、ほぐれたようです。

目を大きく開けなかった女性も、しっかりと目を開けるようになりました。





<テーブルを使わない方法>

(1) 右手を頭の後ろ、左手を背中に回し、ヒジを90度に曲げて、両手を反時計回りにまわして、30秒キープ。

(2) 右足を左足の前に交差し、身体を左に倒して、30秒キープ。

(3) 逆も同じようにして、左右 3セット行う。



筋膜リリース 立ち姿勢





1日の中で、少しずつリセットしていくことが大事。

なので、朝1セット、昼1セット、夜寝る前に1セットと、やっていくとよいそうです。




肩こりにさよなら! ──あきらめていたすべての人へ



1日1分 筋膜リリース -痛みとこりがラクになる-






[関係する記事]

 → 「肩こりの原因はシワ! 筋膜リリース法&ストレートネック」
 → 「ひざ痛に 正座ストレッチ、膝にたまる水とは?」



関連記事




tag : 健康カプセル!ゲンキの時間 腰痛・関節痛 ストレッチ


<スポンサードリンク>



web拍手 by FC2

にほんブログ村 健康ブログへ

人気ブログランキングへ




FC2カウンター

 RSSリーダーで購読する

 メールで購読する



アーカイブ
 ためしてガッテンの
 アーカイブ 過去記事


 → 2011年 前半
 → 2011年 後半

 → 2012年 1月~3月
 → 2012年 4月~7月
 → 2012年 8月~12月

 → 2013年 1月~3月
 → 2013年 4月~6月

 → 食べ物・料理

 [全記事表示]

にほんブログ村 にほんブログ村へ

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

荒巻ケンコー

Author:荒巻ケンコー
カラダを労わるためのメモ帳。

栄養管理でメタボは脱出。
できるところから、他もメンテナンス。

最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【水虫】 感染ルートは家族、対策はスリッパ/ガッテン Jul 27, 2017
【夏の病気】 ラクナ梗塞と腎臓病 【予防は水分補給】/ゲンキの時間 Jul 23, 2017
【疲れ目の原因】 寄せ目チェックと対策/ガッテン Jul 20, 2017
【むくみ改善】 パンパン法&ウンパニ体操/ゲンキの時間 Jul 16, 2017
【ひざ痛】 原因は関節包? 足伸ばし&風呂正座/ガッテン Jul 13, 2017
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
忍者

検索フォーム Google

記事内検索フォーム。
Google
注目記事
注目記事
忍者

注目記事
広告
食べ物の記事
健康の新常識
ダイエット 痩身
検索フォーム FC2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Flashゲーム&占いおみくじ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
にほんブログ村
ブログパーツ