男性の冷え+ソフトボール ツボ刺激+宮内洋さんの大病/ゲンキの時間


今回のテーマは、「男性の冷え」


下半身の冷えは、腰が原因。

腋窩温・実測温の測定。


内蔵タイプ。

全身が冷えるタイプ。

自律神経機能の乱れが原因になる場合も。


即効性のある対策。

<ソフトボール ツボ刺激>


特撮ヒーロー俳優、宮内洋さんを襲った病気。

閉塞性動脈硬化症。



ドクネット:帯山中央病院 院長 漢方専門医 渡邊賀子 先生。

北里大学 東洋医学研究所 臨床准教授 伊藤剛 先生。

ゲンキリサーチャー:深沢邦之。



2016年2月14日放送の「健康カプセル! ゲンキの時間」より、「~ 男の冷えの実態大調査! ~ 内臓が冷えるタイプ」「冷えが大病に! 両足切断の危機」からのメモ書きです。




ゲンキの時間 男性の冷え




冷えのタイプ


ササミ
「冷え」というと女性のイメージですが、最近では、冷えに悩む男性も多いといいます。


 女性に多い冷え:手足の末端が冷えるタイプ

ダイエットや運動不足などで身体の熱が不足すると、末端よりも内側を優先して温めようとするため、手足が冷えてしまう。

(末端の血管を狭め、熱の放出を防ごうとするので、手足が冷える)



男性の冷えの場合、原因は それだけではないようです。

しかも、冷えは、免疫力を低下させ、身体の不調や生活習慣病の要因になりかねない。




<冷えの状態と原因>


教えてくださるのは、北里大学 東洋医学研究所 臨床准教授の 伊藤剛 先生です。


年齢と冷えは、関係あるんでしょうか?


どうも、関係あるものと、関係のないもの、両方があるようです。



 <皮膚の表面温度測定>

全身15か所の温度を測定。どの部分が冷えているか調べます。


すると、ゲンキチャレンジャー 6人に共通した ある傾向が見えてきました。

典型的な 「下半身型の冷え性」だったのです。

さらに、その原因は、一見関係なさそうな、身体のある部分にありました。


下半身の冷えに影響を与えていたのは、なんと、「腰」だった。


伊藤先生は、こう教えてくれました。

「結局、冷える原因は、血管が神経を締めていることがあるので」

「神経…特に、腰ですね。腰から出ている神経が、足に行っていますので、どこかで圧迫されると、足の血流が悪くなって、冷えちゃうんですね」

「男性に多いのは、そういうタイプです」



<下半身の冷え>

腰やお尻の筋肉が硬くなり、神経を刺激。血管を圧迫して、足の血流を悪くするために生じる。



中高年の男性は、無自覚なまま、腰や臀部(でんぶ)にトラブルを抱えている人が多いのだとか。





 <腋窩(えきか)の実測温>


身体の中心部の体温を反映する「腋窩温(えきかおん)」を、測ります。

脇の下で測るのですが、10分間 脇の下に体温計を入れて計測する

普段使っている体温計は、「予測式」。短時間で測れるタイプです。

今回使うのは、「実測式」。約10分かかりますが、正確な体温を計測できます。

実測式は、脇の下に 30度くらいの角度で刺すように入れて、反対の腕で脇を締めて、測る。



この腋窩温によって、冷えのタイプが分かるそうです。



腋窩の実測温の場合、「36.3℃~37.2℃は正常値」

(女性の低温期は除きます)

実測温が 「36.2℃以下」は、深部も冷えている可能性が。



<内蔵タイプの冷え>

手足は暖かいのに、身体の中が冷えて、寒い。

腋窩体温が 36.2℃以下で、中心部が冷えている状態。


人間の身体は、寒くなると、通常、手足の血管を狭め、温かい血液をできるだけ中心部、内臓に集めようとします。

しかし、ストレスや不規則な生活で うまく血流のコントロールができなくなると、寒くても血管は開いたままになり、手先や足先から熱を放出。身体の中心部が冷えてしまうのです。

体型的には、メタボの方がなりやすいので、要注意。内臓が冷えやすい傾向にあります。




<全身が冷えるタイプ>

老化による基礎代謝の低下や、運動不足により、身体が熱を生み出しにくくなっていることが、大きな原因だと考えられています。



49歳と 冷えの原因が老化とは考えにくい人がいたため、別の検査をしました。


 <電子瞳孔計による 自律神経機能検査>

光に対する瞳孔の反応から、自律神経の状態を調べる。


瞳孔が元に戻るまでに時間がかかった場合は、自律神経の 交感神経と副交感神経のバランスが偏っている疑いが。


熱を運ぶ血管の太さを調節しているのが、「交感神経」

この働きが乱れると、体温調整に異常をきたしてしまいます。


自律神経機能の乱れが 全身の冷えを生む場合も、あるんですね。


サウナが影響を与えることもあるといいます。

適度なサウナは問題ありませんが、過度なサウナ入浴は 自律神経のバランスを乱す原因に。



それぞれのタイプの原因は、こうなります。


 下半身タイプ:腰のコリ、腰痛など。

 内臓タイプ:乱れた食生活、運動不足。

 全身タイプ:老化、自律神経の乱れ。





即効性のある対策を、伊藤先生が教えてくれました。


<ソフトボール ツボ刺激>


下の画像で、赤丸で示しているのは、心臓や腰まわりの血行を促すツボ。

そのツボを、ソフトボールで刺激します。


血行を促すツボ



下半身の冷え

 → お尻やふくらはぎのポイントを刺激



内臓や全身の冷え

 → 下半身と共に、背中のポイントを刺激



ソフトボール ツボ刺激

ソフトボール ツボ刺激


最初はあまり体重をかけずに、軽く当てるのがコツ。

1か所あたり、30秒程度を目安にしてください。





<冷えのタイプ>

 四肢末端型:手足の先が冷える。

 下半身型:腰から下が冷える。

 内蔵型:体の中心が冷える。

 全身型:体全体が冷える。





ドクネット


帯山中央病院 院長で漢方専門医の 渡邊賀子 先生に、教えていただきます。


冷えの対策でポイントとなるのが、「衣食浴」


「衣」

大事な内臓のある お腹まわりを、しっかりと保温する。


機能性下着も、役立ちます。

ただ、便利な機能性下着にも、落とし穴が。

汗をたくさんかいてしまうと、身体の熱が奪われてしまいます。

内蔵型や下半身型の人は汗をかきやすいため、機能性下着が逆効果になることが。

そういう人には、通気性がよい 「トレッキング用の防寒下着」がオススメ。



「食」

朝食をしっかりと摂って、代謝を上げましょう。

卵や豆腐など、タンパク質を摂ると効果的です。

さらに、体温を調整する食材として、「山椒」「ショウガ」「唐辛子」がオススメ。


ただし、注意点もあります。

唐辛子の過剰摂取は 発汗につながり、身体の熱を逃がしてしまうので、要注意なのだそう。

大汗をかくのは、熱を外に出している証拠です。



「入浴」

いきなり熱い湯船に入らないこと。

急な温度変化は、自律神経のバランスを乱す可能性があります。

熱いお湯に入りたい人は、入浴中に追い焚きで温めましょう。

(お医者さんから入浴についてアドバイスをもらっている場合は、それに従ってください)




<男性の冷えの特徴>

男性の場合、冷えに重い病気が隠れている場合があるといいます。




特撮ヒーローが襲われた病気


ある病気からくる冷えのサインを見過ごし、両足切断の危機に直面した俳優さんがいます。

仮面ライダーV3や怪傑ズバットなどでおなじみの俳優、宮内洋さん(69歳)。


2004年の夏、突然、足に冷えを感じたのが始まりでした。

冬でもないのに、足が冷える。

足だけで、手は何ともありませんでした。

数日たっても足の冷えは治まらず、夏なのに 寝る時は 靴下を重ね履きしていたという。

たかが冷えだということで、病院には行きませんでした。


しかし、冷えが始まってから数か月後、今度は 足に激痛が。

5~6分歩くと立ち止まって、1分すると またもとに戻る。

その繰り返しでした。


それでも仕事を続けていた宮内さん。

痛みをこらえ、舞台に立つこともありました。

あまりに痛いので、すぐそこに見えているホテルへ、タクシーを使うこともあったという。


その後、足の痛みは限界に達し、ついに病院へ。

医師から告げられた病名は、「閉塞性動脈硬化症」でした。



閉塞性動脈硬化症とは、手足の血管が動脈硬化を起こし、末端に十分な血液が送られなくなる病気。

その初期症状が、血液不足による冷えや、虚血状態で筋肉が酸欠を起こすことによる痛みなのです。

放置すると、最悪の場合、手足が壊死して、切断しなければならなくなるケースも。



宮内さんの両足の動脈には、既に十分な血液が流れておらず、足の切断を宣告されても おかしくない状態でした。

驚いた宮内さんは、手術を決意。


「人工血管バイパス術」

動脈硬化によって血液が流れなかった部分に、人工血管を用いてバイパス(迂回路)を形成する手術。


手術は無事 成功し、宮内さんの足に 再び十分な血液が流れ始めました。

今年で手術から8年。

現在は、いたって元気です。

中に入っている動脈は人口の血管なので、「仮面ライダーは改造人間である。今、宮内洋は人造人間である」という冗談まで。



病気を起こした原因は、ある生活習慣にあったと、宮内さんは考えているそう。

それは、タバコ。ものすごい ヘビースモーカーだったのです。

多い時は、1日に5~6箱。ヘビースモーカーを超えた、チェーンスモーカーだった。





冷えや痛みがサインとなる、閉塞性動脈硬化症。

そのリスクは、足の切断だけに とどまりません。

「狭心症」「心筋梗塞」「脳梗塞」になる可能性が高くなる。



最後に、宮内洋さんからメッセージが。

「冷えの中には、病気が隠されていると思いますので、ぜひ一度、みなさん調べてもらった方がいいと思いますね」

「冷えはバカにできないです」




<冷えがサインの病気>


 冷え+しびれ → 糖尿病

 冷え+こわばり → 膠原病(こうげんびょう)

 冷え+むくみ → 甲状腺機能低下症




冷えが気になったら、病院へ。

発見が早ければ、それだけ治療しやすくなります。





東西医学の専門医がやさしく教える即効100ツボ



Dr.クロワッサン冷え症に負けない食べ方 (マガジンハウスムック Dr.クロワッサン)






次の記事では、「冷え解消スープ」を。


 → 「冷え解消 ぽかぽかスープ パウダーしょうが」




[関係する記事]

 → 「冷え症チェックと冷え症改善鍋」

 → 「危険な こむら返り、閉塞性動脈硬化症」
 → 「波瑠さんの手足の冷えも解消 リラックス法」



関連記事




tag : 健康カプセル!ゲンキの時間 冷え性


<スポンサードリンク>



web拍手 by FC2

にほんブログ村 健康ブログへ

人気ブログランキングへ




FC2カウンター

 RSSリーダーで購読する

 メールで購読する



アーカイブ
 ためしてガッテンの
 アーカイブ 過去記事


 → 2011年 前半
 → 2011年 後半

 → 2012年 1月~3月
 → 2012年 4月~7月
 → 2012年 8月~12月

 → 2013年 1月~3月
 → 2013年 4月~6月

 → 食べ物・料理

 [全記事表示]

にほんブログ村 にほんブログ村へ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

荒巻ケンコー

Author:荒巻ケンコー
カラダを労わるためのメモ帳。

栄養管理でメタボは脱出。
できるところから、他もメンテナンス。

最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【水中運動】 ART&お風呂ストレッチ 須藤明治/ゲンキの時間 Aug 13, 2017
【認知症】 接する時のポイント/きょうの健康 Aug 10, 2017
【熱中症クイズ】 室内でも要注意な理由と対策/ゲンキの時間 Aug 06, 2017
【部屋を広く見せる方法】 ホームステージング/ウラマヨ Aug 03, 2017
【不応性貧血】 樋口大悟さんの体験/ゲンキの時間 後編 Jul 30, 2017
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
忍者

検索フォーム Google

記事内検索フォーム。
Google
注目記事
注目記事
忍者

注目記事
広告
食べ物の記事
健康の新常識
ダイエット 痩身
検索フォーム FC2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Flashゲーム&占いおみくじ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
にほんブログ村
ブログパーツ