血栓を溶かす方法+脳梗塞の特効薬 t-PA/ガッテン


今週のテーマは、「血栓予防」


驚くと、固まりやすくなる?

ヤマカガシの毒の威力。

フィブリンとは?


注意が必要なのは、ストレスが多い人と、太っている人。


血栓を溶かす薬、「t-PA」。

4時間半以内に使うと、後遺症がほとんど残らない。


体内にも、t-PA がある。

それを運動で増やす。


血栓を溶かす運動。

エコノミークラス症候群対策。


解説:浜松医科大学 医生理学講座 浦野哲盟 教授。



2016年5月11日放送の「ガッテン」より、「血液のチカラ向上作戦! 脳梗塞・心筋梗塞で死なないために」からのメモ書きです。




ためしてガッテン 血栓を溶かす方法




血栓ができる原因


ササミ
血が固まってできる、「血栓」

この血栓は、知らない間に、身体の中で成長することがある。

結果、心臓の血管をふさいで、心筋梗塞に。

何かの拍子に血流にのって飛んでいき、脳梗塞を引き起こすことも。


血栓


一年間に命を落とす人の数は、10万人にも上るという。


しかし、ここで朗報!

この血栓を、溶かすことができるのだという。

しかも、自分の力で。


いったい、健康な血液にする方法とは、何なんでしょう?




志の輔さんが手にしている、クルミ大の丸いもの。

こんなサイズの血栓ができることがあるらしい。

どこにできるのかといえば、心臓の中の心房というところ。

これが心臓から出て行ってしまうと、脳梗塞や心筋梗塞になってしまう。



浜松医科大学 医生理学講座の 浦野哲盟 教授。

血栓研究のスペシャリストから、衝撃の事実が。

「血液が固まって血栓ができるということは、実は 我々の身体の中では、日常的に起こっていることだと思います」


日常的に?

誰の身体の中でも、毎日起きているってこと?

誰もが血栓を持っている?




さて、まずは、血栓ができる原因から。


血管がボロボロになる動脈硬化や、血液ドロドロの人。

血栓ができるのは、そんな人?


どうも、それだけじゃないようです。

実は、どんな人でも、ある状況で、血液が固まりやすくなる。



ここで、実験!

それも、身も血も凍る、人体実験だ!

ひえ~~~!


その実験台になるのは、舞台役者の宮森右京さん。


ニセのロケを終え、控室に戻った、宮森さん。

彼を待ち構えていたのは、なんと、本物のライオンだった。


が、もっと驚くことが!

なんと、宮森さんがライオンと対面した瞬間に、身体の中に「血栓のもと」ができたことは、ほぼ間違いないのだという。

ということは、ビックリした時に、できる?


すると、ゲストの山根千佳ちゃんが言った。

「私、白鵬関が猫だましした時もビックリして…」



おっと、実験はまだ終わってなかったようだ。


舞台は、10年以上前に閉鎖した 本物の病院。

いかにも何か出てきそう。

しかも、中には、血に飢えたゾンビたちが…。

そこに宮森さんが、一人で入っていきます。


暗い廊下を進んでいくと、ゾンビが! お化けが!

宮森さん、悲鳴を上げて驚いています。

最後は、ゾンビたちに追いかけられてしまいました。


で、何をするのかと思ったら、血液検査。

いったい、どんな変化が起きているのでしょうか?


採血したものを、血液の固まりやすさ(血栓のできやすさ)を調べる装置に、かけました。

(協力してくれたのは、帝京大学医学部内科学講座の 川杉和夫 教授)

恐怖を体験する前と後で、違いを比べます。


すると、恐怖体験した後は、30%ほど固まりやすくなっていました。


恐怖で血栓が?




血液が固まりやすくなる状況があることが分かりました。

では、血栓が成長してしまうのは、なぜなんでしょう?


なんでも、血液の中に、ガッチリ固めてしまう犯人がいるのだという。


その犯人を知るために向かったのは、「蛇毒研究室」。

一見関係なさそうですが、血栓に詳しい研究者がいるらしいですよ。


日本蛇族学研究所の 堺淳さん。

フィールドツノクサリヘビ、アメリカマムシ、ハブなど、施設のあちこちには、80種類以上の世界中の毒蛇が。

実はその中に、噛みついた相手の身体に巨大な血栓を作ってしまうヤツがいるのだ。


それが、「ヤマカガシ」

ヤマカガシは、日本に広く生息する代表的なヘビの一種。

性格は大人しくめったに攻撃しないそうなのですが、毒の威力は強烈で、その強さは、マムシの4倍、ハブの8倍。


その毒を使って、実験です。

採血したばかりの人間の血液に、ヤマカガシの毒を注入する。

体温と同じ温度で保温すると、どうなるか?


なんと、わずか40秒で、血が固まった!


ヤマカガシの毒の威力



ヤマカガシの毒で固まった血栓を、電子顕微鏡で見てみました。

すると、赤血球や血小板を、網目のように からみつけているものが。

これを、「フィブリン(フィブリノーゲン)」という。

フィブリンが、赤血球や血小板を集めて、固めているのです。



実はこのフィブリン、私たちの血管の中にもいます。

何をするのかというと、血管に傷ができた時に、働く。

フィブリンは、傷を絆創膏のようにカバーして、手当てしてくれるのだ。

傷を網状に覆い、血球を絡めて凝固、血を止めてくれる。

つまり、血管の破れた部分に、フタをする。


ん?

血管にフタ?

血管に栓?

血栓…



ケガした時、フィブリンが血を止めてくれる。

でも、ケガしてない時だったら…。

そう、フィブリンは、恐怖やストレスなどの刺激で、固まりやすくなってしまうのだ。

恐怖やストレスで活性化したフィブリンは、暴走。必要ないのに、働いてしまうんです。

それが血栓を生んでしまう。



どうも、感情の高ぶりが関係するようです。


すると、山根千佳さんが聞きました。

「旭天鵬関が優勝された時があるんですけど、元ベテランの力士で、37歳で初優勝された。その時、私すごい興奮して、泣くほど興奮したんですけど、こういう風になっているってことですね」


どんだけ相撲が好きなんだか。

相撲女子、スモジョか。



ちなみに、アメリカでは クリスマスの時期に、血栓で病院に運ばれる人が多いそうです。

なるほど、興奮することが一年で一番多いかも。



「血栓は、フィブリンが働き過ぎることによって、過剰に成長してしまう」




フィブリンと現代人


ササミ
実は、上で説明したメカニズムは、人類の祖先と関係があったんです。


私たちの祖先は、自分たちより はるかに強い野生動物と、日々戦っていました。

きっと、生傷が絶えなかったでしょう。

そこで血液は、命を支えるための驚くべき進化を遂げたのです。

ケガする前から危険を察知し、固まる準備をするようになったんですね。


血液の性質について詳しい専門家に、教えてもらいましょう。

帝京大学医学部 内科学講座の 川杉和夫 教授。

「血が早く止まって、戦いにすぐ復帰できる人が生き残って、そういうことが遺伝して、恐怖を感じたりすると血が固まりやすくなるということが起こります」



大昔、それは必要なことでした。

でも、現代では、状況が違う。

必要以上に血が固まると、病気になってしまう。

命に関わる大問題だ。


特に注意が必要なのは、ストレスが多い人。

そしてもう一つ、太っている人。

太っている人は、血管に炎症が起きていることが多く、フィブリンが必要以上に働いてしまうのです。




血栓を溶かす方法


ササミ
では、血栓を溶かすには、どうしたらいいのでしょう?


スタジオに運ばれてきたのは、ビンに入った薬品。

これが、溶かす薬だという。



[体験談]

高清会 高井病院でのドキュメント。


病院に、救急患者が搬送されました。

80歳の男性で、脳梗塞だという。

すぐに、MRIで脳の血管を検査。

すると、脳の血管に、直径3ミリほどの血栓が詰まっていました。

血流をせき止めているため、その先にある血管に、血液が届いていない状態。

左半身が、うまく動かないようです。

このままでは多くの脳細胞が死んで、深刻な後遺症が残る恐れも。


ここで使われたのが、あの薬。

ゆっくりと患者の身体へ注入しました。

8時間後、うまく動かなかった左手が、自由に動くようになった。

左足も動くようになっています。


改めてMRIで検査すると、詰まっていた血栓は消えて、血流が回復していました。


血栓を溶かす薬 t-PA



この薬の名前を、「t-PA」という。

脳梗塞の特効薬。

脳の血管に血栓が詰まった直後なら、血栓を溶かして、後遺症を防ぐことができます。

4時間半以内に使うと、後遺症がほとんど残らないと言われている。


値段は1ビンで、20万円だそう。




でも、本題はここから。

薬を使わずに血栓を溶かす方法が、あるんです。




運動で増やせ


ササミ
ここでスタジオに、専門家の先生が登場。

浜松医科大学 医生理学講座の 浦野哲盟 教授です。


t-PA は、ティシュー・プラスミノージュン・アクチベイター(Tissue Plasminogen Activator)という。


そして実は、この t-PA は、人間の体内で作られていて、血液の中を流れてるんです。

血管の内側の細胞(血管内皮細胞)で作られて、血栓を溶かしてくれるのだ。


フィブリンを溶かす体内の t-PA



ということで、血栓を予防するには、体内の t-PA を増やせばいいんですね。


その方法が、「運動」。

運動することが、t-PA の働きをパワーアップさせる最大の近道なんです。



では、どんな運動が効果的なんでしょう?


有酸素運動を3週間行った結果が、これ。


 Aさん:3.4倍
 Bさん:1.5倍
 Cさん:2.1倍

 Dさん:1.7倍
 Eさん:2.6倍
 Fさん:2.3倍

 Gさん:4.2倍
 Hさん:3.0倍
 Iさん:1.6倍


全員、血栓を溶かす力が増えました。


運動を継続すると、血栓を溶かすパワーも持続するそうです。

傷ついたところでは血液が固まり、必要のないところでは血栓の巨大化を防いで溶かしてくれる。

有酸素運動で、不要な血栓を早く溶かす健康な血液になれるってわけ。



じゃあ、激しい運動は?


ここでまた、宮森さんが活躍。

負荷の重い自転車こぎで、15分間、限界まで追い込む運動をしてもらいました。

心拍数が200を超える、きつい運動です。


結果、血液を溶かす力は、21.0倍に。


ただし、強い運動の効果は一時的。

一方、有酸素運動の効果は、持続するようです。



浦野先生が行った実験では、「体重を 1kg 減らすだけで、溶かす力は 2割アップした」


運動をするタイミングですが、原則は いつやってもいいのだそう。

ただ、血液が固まりやすいとか、血栓症を起こしやすいのは午前中が多いので、午前中や早朝に歩くのも、一つの方法ではないかと。

午前中に運動する場合、起床後に水分をとり、1時間程度たってから行うと、安全。



t-PA を出したり、血管の細胞を健康に保つため、運動で血液を流すことを少し普段より多くしてあげる。

健康な血管内皮と健康な血液を保つということが大切です。




ササミ
血栓を溶かす力は、運動でパワーアップできる!

エノキ
ガッテン! ガッテン!




血栓を溶かす運動とエコノミークラス症候群対策


<血栓を溶かす力をアップする運動法>

オススメなのは、1日30分の有酸素運動。

ポイントは、息が上がらない程度の軽い運動です。



血流が増えると、血管の内側が刺激されて、血栓が溶かす t-PA が元気に働けるようになる。


特に、ふだん運動してこなかった人は、大きな効果が望めます。






今、特に血栓に気を付けてほしいのが、熊本地震の被災地の方々。

大勢の方が、エコノミークラス症候群を発症している。

避難所や車中など、自由に身体を動かせない状況では、血行が悪くなりがち。


実はフィブリンは、血行が悪くなるほど、過剰に働いてしまいます。

血流が滞ったり、ストレスがかかることで、固まりやすくなる。

被災地では、余震による恐怖など、ストレスも強いので、血液は固まりやすくなってしまうようです。



<エコノミークラス症候群の予防法>

 (1) 可能なら歩く。

 (2) つま先を上下に動かして、ふくらはぎの運動をする。

 (3) 少しでもいいので、足を高くして寝る。



予防するためには、少しでも歩くことが大事。


また、つま先を上下させて ふくらはぎの血行をよくするだけでも、フィブリンの働きを抑えることができます。


寝る時は、車中泊の人はもちろん、そうでない人も、タオルなどで足を少しでも高くしてください。


エコノミークラス症候群の予防法






NHK ためしてガッテン 2016年 春号



健康プレミアム Vol.10 2016年 05 月号 [雑誌]: NHKためしてガッテン 増刊



「血管力」で若返る! (生活シリーズ)


 



次回は、究極の卵かけごはん(TKG)に、新食感のオムライス。

未体験の卵料理が、そこに。

「卵料理の新世界! ふわふわ プリプリ 自由自在」。




[関係する記事]

 → 「脳梗塞の特効薬 t-PA とFASTチェック」
 → 「【動脈硬化】 簡単チェック法 アキレス腱&食後の眠気」

 → 「血栓を生む心房細動 壊死まで6時間」
 → 「酢しょうがの作り方と健康効果」




関連記事




tag : ためしてガッテン 生活習慣病 動脈硬化 脳卒中


<スポンサードリンク>



web拍手 by FC2

にほんブログ村 健康ブログへ

人気ブログランキングへ




FC2カウンター

 RSSリーダーで購読する

 メールで購読する



アーカイブ
 ためしてガッテンの
 アーカイブ 過去記事


 → 2011年 前半
 → 2011年 後半

 → 2012年 1月~3月
 → 2012年 4月~7月
 → 2012年 8月~12月

 → 2013年 1月~3月
 → 2013年 4月~6月

 → 食べ物・料理

 [全記事表示]

にほんブログ村 にほんブログ村へ

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

荒巻ケンコー

Author:荒巻ケンコー
カラダを労わるためのメモ帳。

栄養管理でメタボは脱出。
できるところから、他もメンテナンス。

最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【低栄養】 高齢者は 肉を食べよう 10食品群チェックシート/ガッテン May 25, 2017
【新ストレッチ法】 ゆらゆら コロコロ ぐ~るぐる/ゲンキの時間 May 21, 2017
【アルツハイマー病&認知症予防】 睡眠とマインド食/ガッテン May 20, 2017
【アルツハイマー病】 原因は アミロイドβの排出だった/ガッテン May 19, 2017
【納豆&ヨーグル】 効果的な食べ方 最強トッピングは?/ゲンキの時間 May 14, 2017
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
忍者

検索フォーム Google

記事内検索フォーム。
Google
注目記事
注目記事
忍者

注目記事
広告
食べ物の記事
健康の新常識
ダイエット 痩身
検索フォーム FC2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Flashゲーム&占いおみくじ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
にほんブログ村
ブログパーツ