【足裏トラブル】アーチの崩れで外反母趾に/健康カプセル! ゲンキの時間


全身の不調は、足が原因?


足の検診で、チェック。


<アーチの崩れの影響>

 ・外反母趾(親指の脱臼)。

 ・足底筋膜炎。

 ・神経を踏む歩き方。

 ・ひざ痛、腰痛、肩こり。



<片足立ちチェック>

<簡単アーチチェック>


予防には、アキレス腱伸ばし。

間違いと、正しい方法。



<皮膚トラブル>

 タコとウオノメの違い。

 爪の水虫対策。



ドクネット:足の診療所 桑原靖 院長(形成外科医)。

ゲンキリサーチャー:X-GUN。



2016年6月12日放送の「健康カプセル! ゲンキの時間」より、「解明! 足裏トラブル」「足裏で分かる! 腰痛ひざ痛」からのメモ書きです。




ゲンキの時間 足裏トラブル




アーチの崩れで 外反母趾に


ササミ
番組冒頭、お医者さんから、驚きの発言が。

「ヒザや腰の痛み、姿勢の悪さは、足に原因があることが多いんです」




さっそく、足腰に悩みのある、50代の元気チャレンジャーに集まってもらいました。


 Aさん、56歳 女性。ふくらはぎの むくみや疲れが、気になっている。

 Bさん、53歳 女性。睡眠時に足がつったり、肩こり、ひざ痛に悩んでいる。

 Cさん、55歳 男性。歩いていると、右足がつまずく。右足の踵(かかと)に鈍痛。親指がしびれる。肩こり、ひざ痛も。



東京都は港区にある、「足の診療所」。

ここで、ゲンキリサーチャーの X-GUN(ばつぐん)と共に、「足の検診」を受けてもらいます。


足の検診では、皮膚や爪の状態はもちろん、筋力チェックや骨の配列、関節の可動域、じん帯や腱の柔軟性、神経や血流まで、幅広く検査。

荷重検査では、立った時の足裏にかかる圧力を測定します。


この検査から、現代人が持つ「ある症状」が発覚しました。



診断してくれるのは、足の診療所 院長で形成外科医の、桑原靖 先生。


実は、さがねさん以外、全員、アーチが崩れていることが分かった。


アーチとは、土踏まずにある きれいに弧を描いた部分。


足のアーチ



アーチは、「親指の付け根」「小指の付け根」「かかと」の3点を結ぶ じん帯と筋肉で構成されています。

足には、人の身体にある骨の1/4もが集まっており、まさに精密機械のような場所なのだ。


アーチは、その骨と共に身体を支える「土台の役割」をしているのです。


人間が二足歩行を長時間行えるのも、アーチのおかげ。

唯一 人間だけが持つ、珍しい機能なんだって。

階段の昇り降り、物を持ち上げるなど、様々な動作ができるのも、アーチがあるから。



荷重検査の画像。


(a)では、アーチを結ぶ3点に、しっかりと体重がのり、くびれもきれいです。


(b)では、内側の方に、体重が かかっています。

くびれも少なく、土踏まずの面積が増えてしまっている。


他の3人も、体重のかかり方がバラバラ。

アーチに崩れが。


アーチの崩れ



アーチの崩れは、現代人のほとんどに起こっているのだとか。

原因は、年齢、遺伝、肥満、骨格構造、激しい運動や運動不足など、様々な要因が重なって起こるそうです。





<アーチの崩れの影響(1)>

 外反母趾(がいはんぼし)



Bさんは、外反母趾でした。

親指の部分が、脱臼(だっきゅう)している。


外反母趾と脱臼


重なり合うはずの関節がズレ、つなぎ目が外れてしまっています。


外反母趾の初期は、関節が外れかけているため、痛みが出る。

しかし、完全に脱臼してしまうと、痛みが弱まって 治ったと勘違いし、放置してしまう人が多いのだとか。



外反母趾というと、「ヒールなどの靴が原因」「女性の病気」というイメージがありますよね。

でも、これは、必ずしもそうではない。


靴が原因でなり得るんですが、外反母趾というのは踵が原因で起こることが多い


理由は、レントゲンを見れば分かります。


正常な人は、踵の真ん中に線を入れると、地面から垂直、まっすぐになっている。

一方、外反母趾の人は、踵の中心線が斜めに。


外反母趾の踵


踵が、傾いているんですね。

この傾きを引き起こしている要因の1つが、アーチの崩れなんです。


 アーチが崩れる → 踵が傾く → 親指の骨が捻じれる → 外反母趾に


アーチの崩れがひどくなるほど、外反母趾も加速してしまう。




足底筋膜炎


ササミ
アーチの崩れは、他の病気も引き起こします。




右足の踵が痛むという、Cさん。

歩いている時は何ともないのに、朝 起きた時や、帰宅後 くつろいだ後の立ってからの数歩にのみ、痛みを感じるといいます。



<アーチの崩れの影響(2)>

 足底筋膜炎(そくていきんまくえん)




足底筋膜炎とは、足の裏の表面に張っている厚い膜に、細かい亀裂が入り、炎症を起こしてしまう病気。

アーチが崩れると、足底筋膜も一緒に引っ張られてしまい、その付け根である踵に痛みが起こる。

中高年に多く、日本人の5人に1人が、足底筋膜炎を一度は経験するらしい。




片足立ちチェック


ササミ
簡単にチェックする方法があります。

それがこれ。



<片足立ちチェック>


片足立ちチェック



Cさんは、これができませんでした。

右足では、大きく身体がブレ、手でバランスを取らねばならない状態。

左足は、一瞬もキープできません。


実はこれが、アーチの崩れの怖さなのです。


アーチには、クッションのように伸び縮みすることで、体重を分散させる働きがある。

しかし、アーチが崩れているということは、このクッションが無いも同じ。

なので、足本来の力を発揮できず、片足立ちもできないのです。


他にも、アーチは、着地の際の衝撃を吸収する役割も。

そのため、アーチのクッションが機能しなくなると、こんな症状が。



Cさんは、長時間歩くと、親指がしびれる。



<アーチの崩れの影響(3)>

 神経を踏む歩き方。




まずは、歩行チェックを。

「足底圧計」で、歩いた時の足裏にかかる圧力を測定。


Cさんは、ベタッと足を着き、着地の面積が広いようです。


 着地の面積が広い → 神経を踏む可能性が


アーチが崩れたこの歩き方だと、親指につながる神経を踏んでしまうことがあるため、しびれを引き起こすと考えられる。




もっと深刻な問題も、引き起こすようです。


Cさんの歩き方を観察すると、外側を向いているヒザが、内向きに動いているのが分かった。

これは、アーチの崩れをヒザで立て直そうとしている証拠。


ヒザが内側に入る動きが負担となり、「ひざ痛」になることも。



さらに、姿勢を見ると、腰が反り、顔が肩より前に出て、さらに、右肩下がりに。

実はこれも、アーチの崩れを戻そうと、上半身でバランスを取った結果なのです。


これらは、首や肩のコリ、腰痛の原因になると、考えられている。




<アーチの崩れが、全身に影響>

足元のちょっとした崩れが、様々な関節で少しずつズレを生んでゆき、やがて、全身の崩れへと、つながってしまうようです。


健康になるためには、足裏を見直したほうがいいかも。
 



アーチをチェックする方法


<簡単アーチチェック>


(1) 踵から指を沿わせていくとぶつかるアーチの上にある骨に、印をつける。

(2) 座った時と、立った時で、どのくらい印の位置が変化するか、測定します。

(3) 印が 1センチ以上変化すると、アーチが崩れている可能性が 大。



アーチをチェックする方法

 



ドクネット&アキレス腱伸ばし


日本初の足専門クリニック「足の診療所」の 桑原靖 先生に、教えていただきます。


残念ながら、崩れたアーチは 元に戻らない

なので、インソールなどでアーチを補整し、崩れを制御させます。


けれど、市販のインソールが必ずしも自分の足に合うとは限りません。

そういう時は、オーダーメードでインソールを作ってくれる医療機関を受診するとよい。

「フットケア外来」「創傷ケアセンター」などの医療機関で作ることが可能なのだそうです。




予防には、これが効く。


<アキレス腱伸ばし>


アキレス腱は、踵のやや外側に くっついています。

このアキレス腱が硬く縮まると、踵が引っ張られて傾き、アーチが崩れてしまう要因に。


日頃から、アキレス腱の柔軟性を高めておくことが、大事になる。



しかし、普段やっているアキレス腱伸ばしは、間違っているかも。



<正しいアキレス腱伸ばし>


(1) 足を前に一歩出す。

この時、足同士が平行になるようにする。

また、壁に対して、垂直になるように、足を置く。

(2) 踵はつけたまま、反動をつけないこと。

壁を押すように、前のヒザに体重をかけましょう。

(3) 1日合計5分程度を目安にする。



正しいアキレス腱伸ばし
 



足の皮膚トラブル


ササミ
足裏のトラブルで怖いのは、骨格の問題だけではありません。

皮膚にも、トラブルが潜んでいる。



ゲンキリサーチャーが受けた検診でも、ほとんどの人に、「タコ」が見つかりました。


足裏にできるものといえば、「タコ」「ウオノメ」


実はこの2つ、根本的には同じもの。

どちらになるかは、足への圧力の加わり方によります。


「タコ」は、指の付け根の骨など、に圧力がかかってでき、外に向かって大きくなります。


「ウオノメ」は、骨の間や関節のくぼみなど、にできる傾向が。

内側に皮膚が厚くなり、芯を作るため、痛みを伴うことも。



タコができているということは、アーチに何らかの崩れが生じている可能性が高い。


タコやウオノメは、皮膚の生体防御の一つ。

アーチが崩れてしまい、余計に皮膚に圧力が加わると、できやすくなるのです。


タコやウオノメは、たとえ削っても 繰り返すことが多いので、インソールを入れ、アーチを補整するなど、根本の原因となる「圧力除去」が肝心。





皮膚トラブルといえば、「水虫」も。

実は、かゆみがなくても、要注意なのです。


帝京大学医学部付属 溝口病院 皮膚科科長の 清(せい)佳浩 先生に、お話をうかがいました。


水虫は、白癬菌(はくせんきん)というカビが感染して、発症します。

なんと、患者の半分以上に、かゆみがないのだとか。


水虫で かゆみを伴うのは ごくわずかなため、気づいていない人も多い。



水虫は、大きく分けて、3つに分類されます。


 「趾間型(しかんがた)」:指の間に症状が出る、典型的なジュクジュクしたタイプ。


 「小水疱型(しょうすいほうがた)」:足の裏に、小さな水ぶくれができ、破れると皮がボロボロにむける。かゆみを伴うことが多い。


 「角質増殖型」:踵が、ガサガサし硬くなる。ほとんど かゆみはなく、冬にはヒビ割れて、痛くなることも。



そして、それらの集大成が、「爪の水虫」だという。

かゆくはないけど、爪が変な形に厚くなったり、変形したりするので、痛くなることがある。


水虫


水虫で怖いのは、感染力です。


上半身に感染すると、赤く発疹のようになり、かゆみが出ることも。

頭皮に感染すると、フケが出ることもある(患部を触ったあと、頭を洗って感染)。


増殖力が強いので、家族に感染させてしまう可能性だって…。


感染源として一番注意すべきなのが、「バスマット」です。

白癬菌が角質などと一緒に はがれ落ち、次の人が裸足で踏むと、水虫が付着してしまう。


バスマットはこまめに洗濯したり、干して叩いたりして、清潔に保ちましょう。




足は、健康のかなめ。

見て、触って、しっかりとチェックしましょう!


そして、何かあったら、病院へ。





水虫ですが、白癬菌が皮膚に侵入するまでには、24時間以上かかります。

なので、足を毎日洗い、清潔にしておけば、感染はしません。


ただし、洗い方にも ポイントが。


<水虫予防>

シャワーで流すだけではなく、石鹸を使い、足の指の間まで、しっかりと洗いましょう。







自分の足で歩けてこそ、健康といえる。

足が痛いというのは、何かしらの病気が隠れている可能性があります。

内臓と同じように、足裏のメンテナンスも忘れずに!





放っておくと怖い「足の痛みと不調」を治す本



はじめよう!フットケア






[関係する記事]

 → 「悪い座り方と正しい姿勢+最新イス」
 → 「ひざ痛に 正座ストレッチ、膝にたまる水とは?」

 → 「危険なねんざ 靴底チェック&かかと上げ」
 → 「ヒザ痛に、靴下スライド運動&お皿ストレッチ」




関連記事




tag : 健康カプセル!ゲンキの時間 腰痛・関節痛


<スポンサードリンク>



web拍手 by FC2

にほんブログ村 健康ブログへ

人気ブログランキングへ




FC2カウンター

 RSSリーダーで購読する

 メールで購読する



アーカイブ
 ためしてガッテンの
 アーカイブ 過去記事


 → 2011年 前半
 → 2011年 後半

 → 2012年 1月~3月
 → 2012年 4月~7月
 → 2012年 8月~12月

 → 2013年 1月~3月
 → 2013年 4月~6月

 → 食べ物・料理

 [全記事表示]

にほんブログ村 にほんブログ村へ

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

荒巻ケンコー

Author:荒巻ケンコー
カラダを労わるためのメモ帳。

栄養管理でメタボは脱出。
できるところから、他もメンテナンス。

最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【新ストレッチ法】 ゆらゆら コロコロ ぐ~るぐる/ゲンキの時間 May 21, 2017
【アルツハイマー病&認知症予防】 睡眠とマインド食/ガッテン May 20, 2017
【アルツハイマー病】 原因は アミロイドβの排出だった/ガッテン May 19, 2017
【納豆&ヨーグル】 効果的な食べ方 最強トッピングは?/ゲンキの時間 May 14, 2017
【長寿と慢性炎症】 CRP値&ポリアミン/ガッテン May 11, 2017
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
忍者

検索フォーム Google

記事内検索フォーム。
Google
注目記事
注目記事
忍者

注目記事
広告
食べ物の記事
健康の新常識
ダイエット 痩身
検索フォーム FC2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Flashゲーム&占いおみくじ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
にほんブログ村
ブログパーツ