【カビ掃除】退治する方法は 50℃のお湯で90秒+ゴシゴシ禁止/ガッテン


今週のテーマは、「カビ退治」


富山県南砺市の、石黒種麹店。

1日で胞子が繁殖。


ゴシゴシ掃除するのは、逆効果?

ゴムパッキンの奥に、胞子の根が。

カビが増える原因に。


メロン畑に、80℃のお湯。

ハリケーン後に、65℃の熱風。


お風呂のカビには、50℃のお湯を。

退治は90秒、予防は5秒。

天井は、お掃除ワイパーで。


<エアコンのカビ予防>



解説:カビ相談センター 高鳥浩介 先生。



2016年6月15日放送の「ガッテン」より、「カビ退治! ついに終結宣言」からのメモ書きです。




ためしてガッテン カビ退治の方法は 50℃のお湯




カビの胞子


ササミ
今回のテーマは、頑固な「カビ」

それを根こそぎ落とし、二度と生やさない方法が!



11年前、アメリカ ルイジアナ州を襲った、巨大ハリケーン「カトリーナ」。

嵐が過ぎた後、街を襲ったのが、大繁殖したカビでした。

それはもう、手の打ちようがないほど。


ハリケーンの爪痕


が、しか~し、謎の男たち(ベンチャー企業)が、ある方法で、カビを撲滅しちゃったんです。

その方法とは?




ゲストの宮本亜門さんは、沖縄に別荘を所有しているのだそう。

そこでも、カビが すごいそうですね。

ベルトも靴も、10日間で、真っ白いカビが生える。

どうも、海の真横に、家があるらしい。



と、スタジオに、カビが運ばれてきました。

これをなんと、志の輔さんが、スプーンで食べちゃった。

だっ、大丈夫なの?

1グラムに5億個とか、言ってましたよ。



カビの秘密を探るために向かったのは、富山県の南砺市(なんとし)。

あるお店のご主人が、教えてくれました。

「これは、カビの胞子です」

「私ども先祖代々ですね、これを培養してまして、カビを売るのが仕事でございます」


ここ石黒種麹店で売られているのは、食べ物を熟成させるために使われる、「麹(こうじ)」

麹といえば、味噌や醤油、塩麹など、和食には欠かせないもの。

スタジオで志の輔さんが食べたのは、この麹=カビの胞子、なのだ。

栗っぽい味がするそうですね。


(漫画の「もやしもん」を思い出すな~)



実は、このカビの胞子は、すごい生命力の持ち主なのだ。


その様子を、見せてもらえることになりました。

まず、お米に、カビの胞子をばらまく。

カビが生えるには、温度と湿度が必要。

というわけで、ストーブを焚きます。

温度は 34.1℃、湿度は 81%、ありました。


すると、こんなことに。


カビの胞子


しかも、1日の変化だという。

先端の丸い部分に、カビ胞子が 数千~数万個ある。


このカビ胞子は、「種麹(たねこうじ)」と呼ばれるもの。

種麹を作っているところは、日本全国でも 10軒ほどしかないのだとか。




カビとの闘い


ササミ
続いてスタジオに登場したのが、本当の敵。

うわっ!

シャーレに、カビが…。


カビ


実はこれ、スタジオのセットに、置いておいたもの。

ちょうど、村上知子さんの席です。


なんでも、カビの胞子量は、スタジオの空気中、1立方メートルあたり、およそ120個もあるのだそう。

家庭だと、空気中 1立方メートルあたりのカビ胞子量は、およそ300~500個。


私たちの周りには、目に見えないカビ胞子が、大量に飛び交っているんです。

家の中はもちろん、高度1万メートル以上の上空でも、見つかっているぐらい。


カビの胞子が、家のどこかで根を下ろすと、どうなるか?

あっという間に、1万倍の大きさに成長するのだ。


そんな凄まじい生命力の原点は、およそ4億年前にあった。

「プロトタキシーテス」という名の、カビ(菌類)の祖先。

高さ8メートルにもなる、巨大な姿だったらしい。


プロトタキシーテス




そんなルーツを持つカビと戦っている男性が…。

ペルー出身のミュージシャン、ニコラス・クエヤル・ラミレスさん。

親日家の彼は、ペルーの伝統音楽の魅力を伝えようと、23年前、来日。


そんなニコラスさんにも、1つだけ、耐えられないものが。

それが、カビ。

なんでも、ペルーでは見たことなかったそう。

住んでいた首都のリマは、一年中 ほとんど雨が降らず、カビは滅多に見かけなかったのです。


カビと戦うことになった、ニコラスさん。

まず使ったのは、カビ取り剤だ。

強力な塩素の力で、カビを分解して、殺します。


確かに、カビ取り剤で、きれいになりました。

けれど、また生えてくる。

すぐに、カビは復活してしまいます。

しかも、きれいにすればするほど、カビの攻撃はしつこくなるような気が…。


ニコラスさんは、いろんなものを試しました。

 洗濯用洗剤。

 殺菌剤入りの歯磨き粉。


しかし、カビは消えません。

それどころか、カビはあちこちで大繁殖。


ニコラスさんは、困ってしまいました。




ところで、ゲストの皆さんは、普段、どうやっているのでしょう?


村上さんは、「お酢+水」をかけて、ブラシでゴシゴシ。

だいぶ力強い。


大島麻衣さんは、話題になる市販品が好き。

カビ取り剤も、チューブのものを使う。


亜門さんは、スプレー式のカビ取り剤。

あらゆる場所にスプレーし、腰を下ろして、じっくり、ゴシゴシ。



誰もがやっているやり方に思えますが、専門家から見ると、どうなんでしょうか?


カビの専門家、高鳥浩介さんの言葉。

「これはですね…カビを生やすための掃除みたいなもんですね」

「カビを生やしているような環境づくりを、逆にしてやってる」



え?

これは、どういう意味なのでしょうか?




ゴシゴシはダメ?


ササミ
ここで、実験!


お風呂場のゴムパッキンと同じ素材で作った、2枚の板を用意。

これを密閉できる容器に入れ、カビの胞子を振りかけます。

お風呂と同じような状況に置いて、1週間。


片側にはカビが生えましたが、反対側には生えていません。

これは、どういうわけ?



実は、カビの生えたゴムパッキンと、生えなかったゴムパッキンでは、差があったんです。

電子顕微鏡で見ると、生えた方は、表面がデコボコだ。


それには、こんな訳が…。



<メカニズム>


本来、ゴムパッキンの表面は、ツルツルです。

この状態だと、カビ胞子がくっついても、簡単に洗い流せる。


しかし、ゴシゴシこすってしまうと、ゴムパッキンにミクロの傷がたくさんつくんですね。

そこにカビの胞子が入ってしまう。

しかも、カビの成長に欠かせない水分まで入り込んじゃうのだ。


パッキンの傷は、カビが成長するための絶好の環境

深くまで足を伸ばして、定着してしまう。




あるディレクターさんの家の浴室。

パッキンの部分に、カビが。

その一部を切り取って、断面を見てみました。


すると、驚愕の事実が判明!

カビ取り剤の届かないところで、カビが繁殖していたのです。


パッキンの断面


奥に根を下ろしてますね。

これだと、復活してくるわけだ。



 ゴシゴシこする → カビの胞子が入り込む → 奥で増殖


こうなると、カビ取り剤では届かないんです。

消えるのは、表面だけ。




ササミ
カビ退治でゴシゴシするのは、厳禁なんです。

エノキ
ガッテン! ガッテン!




熱で退治


ササミ
さあ、話を戻しましょう。

巨大ハリケーンの後の、カビ退治。

アメリカのベンチャー企業が行った方法とは、どういったものだったのでしょうか?



詳細はやはり、企業秘密なのだそう。

けれど、図柄では、教えてくれました。


まず、テレビとパソコンを、毛布で覆う。

そして、ホースから、熱風を出したんです。



と、ここで、ガッテン大実験。


 (1) 乾燥で退治できる?

鳥取砂丘の真横にある、鳥取大学 乾燥地研究センター。

ここでは、湿度5%以下の超乾燥状態を再現できる。


湿度1%に丸1日、カビを置きました。

でも、カビは死んでなかった。

その後、1週間したら、増えちゃいました。


 (2) 冷凍実験

北海道最高峰の、旭岳。

最低気温マイナス7℃の中に、一晩放置しました。


が、これでも、カビは死ななかった。

やはり、1週間後には、増殖。



低温でも、乾燥でも、ダメなようです。




続いて訪れたのは、鹿児島県。

メロン農家さんです。

実は、ここの畑は以前、カビに悩まされていました。


16年前、収穫前のメロンが、突然、枯れてしまった。

原因は、土の中にありました。

大量のカビが繁殖。

メロンの根っこを、腐らせたのです。


そこで行われたのが、アメリカで実績のある方法。

畑をシートで覆って、80℃のお湯を まいたのだ。



カギは、「温度」にあったんですね。

畑には、お湯。ハリケーン後のカビには、熱風。

(熱風は、65℃)




高鳥浩介さんの解説


ここでスタジオに、専門家の先生が登場。

NPO法人 カビ相談センターの、高鳥浩介 先生(東京農業大学 客員教授)です。


お風呂場のカビは、熱に弱いのだそう。

それを知らないままに、「洗えば落ちる」「カビ取り剤を使えば落ちる」と、そういったイメージが強く、行われてきました。



では、いったい、何度で、お風呂のカビは死ぬのでしょうか?


実験です。

シャーレにカビの胞子を植え付けて、観察します。


40℃、45℃ときて、50℃でカビが消えてる。

というわけで、「50℃ 5秒間で、カビが死滅する」

(クロカビ[クラドスポリウム]での実験)


ただし、50℃ 5秒 というのは、表面にいるカビです。

中に入っているカビには、時間を多くした方がいい。


表面からカビが生えている部分までは、0.2~0.3ミリほど。

「50℃で 90秒間」

これで、奥深くまで成長したカビも、退治できます。



お風呂のカビは、胞子からカビになるまで、1週間~10日間

1週間に1回、50℃のシャワーで撃退できます。





<ガッテン流 カビ撲滅法>


(1) カビが生えた場所に、50℃のお湯を、90秒間かける。

(熱が奥まで伝わるため、頑固なカビも死滅します)


しかし、カビは、死んでも黒い色はそのまま。


(2) カビ取り剤で、カビの黒ずみをキレイにする。

(こするのは厳禁で!)


(3) それでも黒ずみが気になるなら、「目地修正グッズ」がおススメ。


(4) その後は、1週間に1回、50℃のお湯を5秒間あてましょう。



(くれぐれもヤケドに注意してください)


ガッテン流 カビ撲滅法




カビ取り剤を使う人は、カビが生えてから使う人が多い。

でも、初めから 50℃のお湯を 5秒間当てておけば、カビは生えないんです。

つまり、生える前からやっておけば、最高だと。



<シャワーでカビ撃退>

[カビ退治]

  50℃で 90秒。

[カビ予防]

  1週間に1回、50℃で 5秒。



ゴムパッキンは、ゴシゴシこすらない。




お酢を使う場合も、注意が必要。

原液ならいいのですが、お酢を薄めて使用すると カビが生える原因に

薄めると、逆に、カビの栄養になってしまうのだそうです。




お風呂のカビといえば、もう一つ。

「天井」ですよね。

水滴の後に、カビが繁殖してしまう。

放っておくと、カビの胞子が降ってきて、浴室中にカビが生える原因に。


でも、天井にお湯をかけるのは、危険です。

ヤケドする可能性がある。


そこでおススメなのが、掃除用のワイパー。

消毒用のアルコールをつけたワイパーで、天井を 1か月に1回 拭く。

これで、お風呂にカビが繁殖するのを、グッと抑えることができる。


天井のカビ掃除




クーラーのカビ


ササミ
もうすぐ夏が来ます。

そんな季節、家の中で、カビ対策が必要で、しかも、見落としがちな場所がある。

それが、エアコン


「微粒子可視化システム」

特殊なライトを、エアコンに向けてセットします。

すると、吹き出し口から、大量のチリが出ているのが分かった。


実は、この中には、カビのもとになる胞子が含まれているんです。

培養すると、おぞましいことに。

エアコンの奥、手が届かない場所に、カビが発生しているんですね。


エアコンのカビ



冷房を使うと、エアコンの内部は、結露してしまう。

放っておくと、カビが発生する原因になってしまうのだ。



<エアコンのカビ予防>


冷房後、1時間程度、送風運転する。

エアコンの中を乾燥させることで、カビの繁殖を防げます。



新しいエアコンには、冷房を切った後、送風を自動的にやってくれるタイプも。

あれって、大事なことだったのか。





NHKガッテン!  2016年 夏号



カビからまもる!!―その知識と対策



菌・カビを知る・防ぐ 60の知恵: プロ直伝!防菌・防カビの新常識


 



次回は、あの調理器具の秘密。

桜吹雪や雪のような、絶品の大根おろしが。

「楽しい! 踊る! おろし器 夢調理SP」。




[関係する記事]

 → 「ダニは50℃で死ぬ 布団乾燥機&炎天下の車中」
 → 「食中毒の新常識 加熱で増えるウェルシュ菌」

 → 「尿ハネしない距離 温水洗浄で病気が悪化?」
 → 「お好み焼き粉とダニ、お風呂のカビ、女性の水虫」




関連記事




tag : ためしてガッテン 掃除


<スポンサードリンク>



web拍手 by FC2

にほんブログ村 健康ブログへ

人気ブログランキングへ




FC2カウンター

 RSSリーダーで購読する

 メールで購読する



アーカイブ
 ためしてガッテンの
 アーカイブ 過去記事


 → 2011年 前半
 → 2011年 後半

 → 2012年 1月~3月
 → 2012年 4月~7月
 → 2012年 8月~12月

 → 2013年 1月~3月
 → 2013年 4月~6月

 → 食べ物・料理

 [全記事表示]

にほんブログ村 にほんブログ村へ

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

荒巻ケンコー

Author:荒巻ケンコー
カラダを労わるためのメモ帳。

栄養管理でメタボは脱出。
できるところから、他もメンテナンス。

最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【鳥取】 ラッキョウと薬味の健康効果 Jun 25, 2017
【すりおろしゴボウ】 作り方と保存法/ガッテン 3/3 Jun 22, 2017
【ごぼう】 甘くする方法と素揚げの作り方/ガッテン 2/3 Jun 22, 2017
【ゴボウ】 セルビア流 お茶の作り方/ガッテン 1/3 Jun 22, 2017
【ゴースト血管】簡単テスト&ルイボスティー効果/ゲンキの時間 Jun 18, 2017
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
忍者

検索フォーム Google

記事内検索フォーム。
Google
注目記事
注目記事
忍者

注目記事
広告
食べ物の記事
健康の新常識
ダイエット 痩身
検索フォーム FC2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Flashゲーム&占いおみくじ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
にほんブログ村
ブログパーツ