「大動脈瘤 MMPと中心血圧/ためしてガッテン」

時々、ニュースなどで耳にする“大動脈瘤”

でも、大動脈って、どこだろう?

破裂してしまうと 3人に2人は助からないと言われますが、気がつかない人も多いのだとか。

一説には、16~26万人の人が気づいていない可能性もあるとか。

では、どうやって気をつければいいのでしょう?


12月15日放送の「ためしてガッテン」より、「バン!おなかの血管が突然破裂する日」からのメモ書きです。





知らないと怖い血管の話 (PHPサイエンス・ワールド新書)





大動脈って、どこにある?

街の人に大動脈の位置を質問したのですが、知ってる人は少ないみたい。

名前は知ってても、位置までは知りません。

大動脈は、全身に血液を送る大循環(体循環)の本幹をなす動脈。直径2~3センチの人体でも最も太い血管です。

それが心臓の左心室から上に出たのち、弓のように曲がって下降し、おへその辺りまで伸びる。


 参考(図あり) → 大動脈瘤/大動脈解離 - 日本動脈硬化学会 一般啓発サイト


こんな極太血管が、体の中心を通ってたんですね。

1分間に流れる血液は約4リットルといいますから、この血管が破れたらたいへん。大量出血を起こしてしまいます。


この大動脈、何と、伸び縮みするそうです。

“弾性繊維”という物質が含まれていて、心臓の動きに合わせて伸び縮みし、ポンプの役割もするのです。

なので、“第2の心臓”とも呼ばれる。

血液を全身に送るのに、一役買っています。




気づきにくいのが、怖い

大動脈瘤の瘤(りゅう)とは、“コブ”のこと。

大きいものだと、7~8センチになるらしい。

正常な胸部大動脈の直径が2~3センチだといいますから、コブが倍以上の大きさになってしまう。

ならばすぐ気が付きそうなものですが、どうも、そうではないらしい。

コブができても、痛みなどの自覚症状がない場合が、多いのだそうです。

胸部大動脈瘤だと、胸のX線写真で影が映って気づくこともあるとか。その時に、初めて気づく。また、腹部の物だとコブの存在にまれに気づくこともあるものの、やはり痛みがないので、見逃されることが多いそうです。

あるいは、大動脈瘤が周囲を圧迫して、別の症状が出ることもあるらしい。気管を圧迫すると呼吸困難になるし、食道を圧迫すると、飲み込むのが困難になるともいいます。

痛みがした時は破裂した時だった、なんてことになったら、怖いですよね。


また、検査機器が発達した昨今ですが、健康診断や人間ドックを受けていても、大動脈瘤は確実に見つかるわけではないそうです。

それ用の検査をしないので、発見されないことも。

定期検診の項目を見ても、大動脈瘤の検査は、書いてませんものね。




大動脈瘤の原因(1)

原因として考えられるのが、まずは“動脈硬化”

余分なコレステロールを掃除してくれるマクロファージですが、MMP(マトリックスメタロプロテアーゼ)という酵素を生産することがあります。コレステロール処理に忙しくなりすぎると、炎症が起きてしまい、マクロファージはMMPを出す。

そしてこのMMP、何と、大動脈の弾性繊維を壊す性質を持っているんですね。

すると、どうなるか。


マクロファージが出したMMPで、弾性繊維が壊される。
 ↓
すると、その部分の血管壁が脆くなって、弾性がなくなる。
 ↓
弾力がないので、血液の圧力をもろに受け、コブのようにふくらんでしまう。
(弾力で押し戻すことができない)
 ↓
そこで炎症が起こり、またマクロファージがMMPを出し続ける。
 ↓
どんどん弾性繊維が薄くなり、コブが大きくなってしまう。
 ↓
そしてある日、血圧に耐えきれなくなって、破裂。

(* これは、原因と考えられている仮説の一つとのこと)




大動脈瘤の原因(2)

もう一つは、“高血圧”

その血圧ですが、上と下だけでなく、他に○○血圧というものがあるらしい。


それは、中心血圧

通常の血圧は腕で測った血圧ですが、中心血圧は、心臓から出たばかりの大動脈での血圧。

これが高いと、大動脈瘤ができやすくなるらしい。


では、なぜ、中心血圧だけが高くなることがあるのか?

健康な人の場合、心臓が血液を押し出す力はスムーズで、末端まで伝わります。

ところが、動脈硬化を起こしている人の場合、血液が通りにくいので、押し戻す力が働いてしまう。

この、血液を流そうとする力と 押し戻そうとする力がぶつかり、中心血圧が上がる。

そしてその部分に、大動脈瘤ができやすくなると。

中心血圧は心臓を出たばかりの血管の血圧ですが、押し戻す力に抵抗するため、高くなるんですね。


最近では中心血圧を測る病院もあるそうですが、まだ普及しているとはいえないそう。

でも、あくまでも目安ですが、以下のようなことが。

・そもそも高血圧の人は、要注意!
・また、最高血圧-最低血圧=60以上 の人は、中心血圧が高くなっている可能性があるそうです。


ただ、あくまで、目安。

気になる人は、病院へ。


 → 中心血圧│オムロン技術用語集




予防と治療

動脈硬化や高血圧を悪化させ、血管を脆くする要因としては、喫煙もあるとのこと。

お酒は、ほどほどであれば、問題ないらしい。あくまで、ほどほど、適量なら、ですよ。

あとは、男性の方がなりやすいそうです。

というのも、女性ホルモンには、動脈硬化を抑制する効果があるらしい。


大動脈瘤が見つかった場合、コブの大きさで手術するかどうかを判断するとのこと。

一般には、
腹部で5センチ
胸部で6センチ
になると破けやすくなるので、手術適応。

手術で、患部を人工血管に置き換えます。

また最近では、ステントグラフトという方法があって、折りたたまれた人工血管をカテーテルで送り、動脈瘤のある部位で広げて固定するという手術法もあるそう。


 → ステントグラフト内挿術│東京医科大学



ところで、大動脈瘤をどうやって見つければいいの?


胸部の大動脈瘤は、胸のX線写真を撮る機会が多いので、意外と見つけやすいとのこと。

健康診断でも、撮影しますよね。

腹部の大動脈瘤はX線では見つけにくいので、エコー検査が基本。

なので、胆石や肝臓の検査の時に、「大動脈はどうですか?」と、聞いたらいいそうです。

一言、一手間で、安心できる。

キーワードは、「ついでに診てください」

検査する人はたいへんかんもしれないけど、よろしくお願いします。



 番組HP → バン!おなかの血管が突然破裂する日 : ためしてガッテン - NHK





NHKためしてガッテン ガッテン流の運動法でラク~にやせる、若返る。: 【完全保存版】実践DVD付き (生活シリーズ)







自覚症状のないものは、怖いですね。

そしてけっこう、大事な器官がそうであることが多い。

肝臓は沈黙の臓器といわれるし、腎臓だってそうですよね。

大動脈も、そうだったか。

しかも、どの器官も、見えないところで頑張って働いていてくれるんですね。

意識しないところで、支えてくれている。

だから、時にはケアしないと、申し訳ないかも。

全部自分に返ってくるわけだし。


結局、生活習慣という気がするなあ。





〈からだ〉に聞いて食べなさい―もっと自分を愛してあげるために




関連記事




tag : ためしてガッテン 生活習慣病


<スポンサードリンク>



web拍手 by FC2

にほんブログ村 健康ブログへ

人気ブログランキングへ




FC2カウンター

 RSSリーダーで購読する

 メールで購読する



アーカイブ
 ためしてガッテンの
 アーカイブ 過去記事


 → 2011年 前半
 → 2011年 後半

 → 2012年 1月~3月
 → 2012年 4月~7月
 → 2012年 8月~12月

 → 2013年 1月~3月
 → 2013年 4月~6月

 → 食べ物・料理

 [全記事表示]

にほんブログ村 にほんブログ村へ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

荒巻ケンコー

Author:荒巻ケンコー
カラダを労わるためのメモ帳。

栄養管理でメタボは脱出。
できるところから、他もメンテナンス。

最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【水中運動】 ART&お風呂ストレッチ 須藤明治/ゲンキの時間 Aug 13, 2017
【認知症】 接する時のポイント/きょうの健康 Aug 10, 2017
【熱中症クイズ】 室内でも要注意な理由と対策/ゲンキの時間 Aug 06, 2017
【部屋を広く見せる方法】 ホームステージング/ウラマヨ Aug 03, 2017
【不応性貧血】 樋口大悟さんの体験/ゲンキの時間 後編 Jul 30, 2017
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
忍者

検索フォーム Google

記事内検索フォーム。
Google
注目記事
注目記事
忍者

注目記事
広告
食べ物の記事
健康の新常識
ダイエット 痩身
検索フォーム FC2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Flashゲーム&占いおみくじ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
にほんブログ村
ブログパーツ