「乾燥肌タイプチェック/カラダのキモチ」

空気の乾燥する冬は、顔はもちろん全身にまで、肌トラブルが増える時期です。

クリームを塗ったりとケアはするものの、実感はというと、ちょっと疑問。

肌荒れのケアは、どうしたらいいの?


12月19日放送の「カラダのキモチ」より、「アレ大変! 手あれ・肌あれ・冬の皮膚 ガンコな乾燥プルプル大作戦」からのメモ書き。





どうして冬には乾燥するの?

気温が高くて湿度が上がると、汗をかく。

また、皮脂の分泌が多くなります。

皮膚の表面には、皮脂と汗が混ざり合ってできた天然のバリアである皮脂膜がある。

気温や湿度が下がると、発汗量が少なるだけでなく、皮脂の分泌も減少します。

すると、一番皮膚の外側にある角質層が、パサパサになってしまう。

角質には水分を抱え込む働きがあり、湿度が高いと、空気中の水分を含むことができる。

しかし、気温も湿度も低いと、皮脂膜も空気中の水分も少なくなるため、角質は乾燥しがちになってしまう。

肌がパサパサするのは、水分が少なくなった角質がめくれあがってしまうから



このように、肌トラブルには、温度と湿度が関係するようです。

でも、原因は、それだけではないらしい。

日常生活の中にも、乾燥や肌トラブルを起こす原因が、たくさんある。




手の乾燥をまねく行動は?

日常で一番ダメージを受けやすいのが、手だといいます。

では、どんな時に受けているのでしょう?


ポイント!


水仕事の繰り返し

・ずっと手が濡れていると、皮膚のバリア機能が弱まってしまう。
・乾く時に皮膚表面の水分をとられて、カサカサに。


手のひらは水分が奪われやす

・毛の生えていない手のひらは、皮脂腺がない。
・そのため、皮脂が少なく、乾燥しやすい場所。


・濡れた肌は角質がふやけて、やわらかくなっている。
・そのため、濡れたままの手に刺激があると、角質はダメージを受ける。


 ↓

このようなことが続くと、角質がはがれてしまって、手湿疹の状態に。

手湿疹とは、別名「主婦湿疹」ともいわれる水仕事の多い人にみられる症状。

乾燥がひどくなることで、かゆみ・皮がむける・指先が割れる・水疱ができるなどの症状にすすむ特徴がある。


手荒れがあると洗剤のせいかな? と思ったりしますが、水を拭きとらないことも、原因なんですね。




乾燥肌タイプ、チェック

肌の乾燥にもいろいろあって、タイプによって対策が異なるらしい。


乾燥肌タイプチェック

(1) 肌を触るとザラザラしている。
(2) 靴下やストッキングがひっかかる。
(3) 粉をふいてしまうことがある。
(4) あかぎれ や しもやけ がある。
(5) 風呂上がりにかゆくなる。
(6) 服を着るとかゆくなる。



どれに当てはまりますか?


(1)(2)(3)に当てはまる人は、“カチコチタイプ”
(4)(5)(6)に当てはまる人は、“カユカユタイプ”




タイプ別、乾燥対策


保湿剤の選び方

保湿剤は、配合されている油分と水分のバランスによって、名称が変わるのだそうです。

油分の少ないものは、ローション、乳液で、さらっとしている。

クリーム、ワセリン、軟膏は、油分が多くてこってりしている。


昼間にこまめなケアができる場合は、ローションや乳液タイプがオススメ。

反対に、こまめなケアが難しい人は、数回塗るだけでもバリア機能が維持できる、油分の多いクリームやワセリンがオススメ。



でも、油分が多いものは、塗った後のベタつきが気になりますよね。

そんな時は、ティッシュを1枚、パラっとのせて、軽く押さえるといいとのこと。

そうすると、余分な油がとれて、皮膚になじんでくる。



さらに、自分のタイプに合わせて、保湿剤の成分を選ぶことも、ポイント!

カチコチタイプ

・尿素入りのクリームがオススメ。
・尿素は角質を溶かして、やわらかくする働きがある。
・なので、固くなってしまった指先やヒジ、ヒザ、かかとのケアに向いている。


でも、既にヒビ割れや炎症があったり、皮膚の薄い所は、刺激が強いので注意してください。


カユカユタイプ

・ビタミンE 配合のクリームがオススメ。
・かゆみは、しもやけなど、乾燥だけでなく、冷えが原因で起こる場合があります。
・ビタミンE は血行を促進させる働きがあるので、かゆみ止めクリームにあわせて使うと効果的。



(両方のタイプが当てはまる人は、両方の成分が入ったものを)
(また、症状の違う場所に合わせて、保湿剤を使い分けるのも、ポイント)


カユカユタイプで注意しなければならないのが、こすりすぎ

ある実験によれば、「タオルでゴシゴシ洗った場合」と「手洗いの場合」を比べたところ、ゴシゴシ洗った方では、約3倍も、皮脂が落ちてしまったそうです。

カユカユタイプの人は、皮脂を守る洗い方を、見直してみたほうがいいかも。


また、湯船に入るとかゆくなるからシャワーですます人がいますが、熱いシャワーを強く浴びていると、皮脂が落ち、乾燥の原因になる場合もあるとのこと。

ポイントは、同じ場所に3秒以上当てないだそうです。

皮膚科の先生によれば、温度が高すぎなければ、湯船にゆっくり入った方が、角質に水分をたくさん含ませることができるので、肌のためにはいいそうです。

ただし、肌の水分は入浴直後からどんどん蒸発していくので、保湿クリームは入浴後、5~10分以内に塗る


そしてせっかくクリームを塗っても、衣類が肌を刺激している場合がある。

なので、素肌に触れる部分には、刺激が少ない綿の素材がいいそうです。

またこの時期、毛糸などの素材を身につける場合も、綿の上から身につけると、保温・保湿効果が高まる。




普段から気を付ける

ハンカチと一緒に常にクリームを持ち歩いたり、水場に置いておくなど、保湿を習慣化することが大事。

また、昼が忙しい人は、夜にケアする。

寝ている間は手を使わないので、ケアのチャンス。

その時にたっぷりクリームを塗って、綿の手袋をつけて寝ると、改善につながるそうです。


皮膚というのは、1ヶ月かけて生まれ変わる。

なので、スキンケアは根気よく続けることが大事。

症状が強い場合は、早めに皮膚科へ。





 → 「カラダのキモチ 最終回と目次」







実は今年の梅雨時に、手湿疹を経験しました。

そういえば、手をよく拭いてなかったかも。

ゴム手袋と尿素クリームで改善し、今は何ともないですが、そうか、水がついたままだったのがよくなかったか。

冬はインフルエンザ予防などで手を洗うことが多いけど、よく拭くように注意しようっと。





関連記事




tag : カラダのキモチ スキンケア


<スポンサードリンク>



web拍手 by FC2

にほんブログ村 健康ブログへ

人気ブログランキングへ




FC2カウンター

 RSSリーダーで購読する

 メールで購読する



アーカイブ
 ためしてガッテンの
 アーカイブ 過去記事


 → 2011年 前半
 → 2011年 後半

 → 2012年 1月~3月
 → 2012年 4月~7月
 → 2012年 8月~12月

 → 2013年 1月~3月
 → 2013年 4月~6月

 → 食べ物・料理

 [全記事表示]

にほんブログ村 にほんブログ村へ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

荒巻ケンコー

Author:荒巻ケンコー
カラダを労わるためのメモ帳。

栄養管理でメタボは脱出。
できるところから、他もメンテナンス。

最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【夏の老化と疲れ】 紫外線&寒暖差 対策/ゲンキの時間 Aug 20, 2017
【水中運動】 ART&お風呂ストレッチ 須藤明治/ゲンキの時間 Aug 13, 2017
【認知症】 接する時のポイント/きょうの健康 Aug 10, 2017
【熱中症クイズ】 室内でも要注意な理由と対策/ゲンキの時間 Aug 06, 2017
【部屋を広く見せる方法】 ホームステージング/ウラマヨ Aug 03, 2017
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
忍者

検索フォーム Google

記事内検索フォーム。
Google
注目記事
注目記事
忍者

注目記事
広告
食べ物の記事
健康の新常識
ダイエット 痩身
検索フォーム FC2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Flashゲーム&占いおみくじ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
にほんブログ村
ブログパーツ