【免疫力UP】 ガン予防ジュース/ゲンキの時間


医者も毎日食べる、ヨーグルトのパワー。

乳酸菌で腸内環境が整い、NK細胞が活性化する。

β-グルカンを含むキノコ類も、よい。


運動なら、インターバル速歩がおススメ。

質の良い睡眠も、効果的。


悪性リンパ腫と戦った体験。

塩分を減らし、野菜と果物を多く摂る。

デザイナーフーズピラミッドを参考にするとよい。

済陽先生おススメのジュースとは?



ドクネット:東海大学医学部付属病院 医学部 健康管理学 西崎泰弘 教授。

 西台クリニック 画像診断センター 済陽高穂 院長。

 食品医学研究所 平柳要 所長。

 信州大学 医学系研究科 スポーツ医科学講座 能勢博 教授。

ゲンキスチューデント:岡井千聖(℃-ute)。

ゲンキリサーチャー:チャンカワイ(Wエンジン)。



2016年11月6日放送の「健康カプセル! ゲンキの時間」より、「~ 今からやれば冬にも間に合う! ~ 免疫力UP集中講座」からのメモ書きです。




ゲンキの時間 免疫力UP大作戦




ヨーグルトのパワー


ササミ
今回は、冬本番に備えた「免疫力UP術」を紹介!



まずは、クイズから。


Q)免疫に問題があると現れやすい症状は、次のうちどれ?

 A:便秘。

 B:肌荒れ。

 C:ドライアイ。










答えは、「すべて」

全部に関係あるんです。

健康にも、美容にも、つながってるんですね。




では、ここから、免疫力UP術を紹介。

まずは、食事編だ。


訪れたのは、東京都は葛飾区にある、ウェルテニススクール。

実際に、ある食材を毎日食べることで、元気な身体を手にした方がいるんです。


都内にお住いのご夫婦。

旦那さんは67歳で、奥さんは58歳。

テニスが趣味らしい。

お二人は、風邪もほとんど引かないという。

元気そのもの。


以前は疲れやすく、体調を崩すことも多かったらしいのですが、毎日 ある食材を食べるようになってから、身体の調子が良くなった。

若返りを実感したといいます。


その食材とは、「ヨーグルト」


専門家の見解を聞いてみましょう。

神奈川県は伊勢原市にある、東海大学医学部付属病院。

医学部 健康管理学の 西﨑(環境依存文字:読めない場合は 西崎)泰弘 教授です。

先生は、免疫のスペシャリストなのだ。


まずは、この質問から。

そもそも、免疫って何なの?


西﨑先生が教えてくれましたよ。

「免疫というのは、字を見ると分かるんですが、疫(えき)を免(まぬが)れる」

「疫というのは病気。すなわち、病気にかからないようにするというのが、免疫ですね」



【免疫】

〔疫病を免れる意〕 感染症などに一度かかると、二度目は軽くすんだり、まったくかからなくなったりすること。

(大辞林より)



その働きのカギを握るのは、様々な「免疫細胞」

T細胞、B細胞、好中球、NK細胞、マクロファージなどがあります。


中でも重要になるのが、「NK細胞(ナチュラルキラーさいぼう)」

NK細胞には、体内に侵入した細菌やウイルスを、いち早く見つけ出し、倒す働きがある。

つまり、免疫力を上げ、病気にかかりにくくなるには、免疫細胞の活性率を高める必要があるのだ。



では、ヨーグルトの効果は、どうなのでしょう?


先生の答えは、Yes。確かにある。

ヨーグルトの中に含まれる「乳酸菌」が、腸のバランスを整えて、免疫力を上げてくれるらしい。


ヨーグルトで乳酸菌を摂取 → 免疫細胞が集まる腸内環境が正常に → NK細胞も活性化し、免疫力がアップ!


18歳から39歳までの男女657人で検証したところ、ヨーグルトを食べている人は、食べていない人に比べ、風邪やインフルエンザにかかりにくいという結果が出た。


実は、西﨑先生も、ヨーグルトを食べてる。

仕事場の冷蔵庫にも、いろんな種類のヨーグルトが並んでました。

先生曰く、「1種類に偏らず、それぞれ多少、乳酸菌が違うでしょうから」ということらしい。



<ヨーグルトを食べる量と時間>

・1日1カップほどの量を、朝食で摂取。


その後の昼食や夕食で摂取する栄養が、乳酸菌のエサとなり、NK細胞がより活性化するのだそう。




では、ヨーグルトの他に、NK細胞を活性化させる食材はないのでしょうか?


食品医学研究所の 平柳要 所長に、教えてもらいましょう。


平柳先生がおススメする食材は、「β-グルカン」が含まれているキノコ。


β-グルカンとは、キノコ類に含まれる炭水化物の一種です。

免疫細胞には、β-グルカンをくっつける鍵穴みたいなものがあるのだ。

その鍵穴にβ-グルカンがくっつくと、免疫細胞が活性化するんです。


マウスによる、NK細胞活性化率の実験。

マイタケを食べたグループと、そうでないグループでは、食べたグループの方が、NK細胞の活性化率はより高くなっていました。


ただし、注意点も。

それは、「あまり加熱しすぎないこと」

キノコを煮たりする場合は、その煮汁まで食べないと、効果はないそうです。


β-グルカンは熱に弱いため、キノコを食べるなら、サッと炒めるだけのソテーや、煮汁ごと食べられる料理(みそ汁など)で摂取することが、おススメとのこと。




インターバル速歩


ササミ
食事に続いては、運動です。


向かったのは、長野県松本市。

河川敷でみなさんが実践しているのは、ウォーキング?


いやいや、少し様子が違いますよ。

ダラダラ歩いたり、かと思ったら、ペースを上げたり。

どういうこと?


みなさんがやっているのは、<インターバル速歩>

早歩きとゆっくり歩きを、交互に行います。

松本市を中心に行われている運動法なのだとか。



これも、専門家に効果を聞いてみましょう。


長野県松本市の信州大学。

医学系研究科 スポーツ医科学講座の、能勢博 先生。

先生は、インターバル速歩の考案者なのだ。


インターバル速歩をすると、特に下半身の筋肉が鍛えられます。

その結果、免疫力が上がることが期待できる。


キーワードは、「筋肉量」

インターバル速歩を行った人と、普通のウォーキングを行った人の、筋肉量のデータがあります。

見てみると、男女とも、インターバル速歩を行った人の方が、筋肉量が多くなってる。



<メカニズム>

NK細胞は、温度が高いほど活性化します。

 筋肉量が増える → 身体の熱量が上がる → NK細胞が活性化!



実は、どんな運動でもいいらしい。

息が上がるような、ややきつい運動を、15分したら OK


けれど、15分連続の速歩は、たいへんです。

そこで、ゆっくり歩きと交互に行ったところ、同じような効果が得られたため、このスタイルになったのだとか。



<インターバル速歩のやり方>

(1) 早歩きとゆっくり歩きを、交互に3分間行います。

(2) 早歩きは、息が弾む程度の速度で、やや大股で歩く。

(3) ゆっくり歩きは、散歩するくらいの速度。ストレッチを行いながらでも、OKです。


インターバル速歩


早歩きとゆっくり歩きをそれぞれ3分間、5セットやる。

これで、早歩きが計15分になります。



インターバル速歩の「速歩」をすると、ほんの少しだけ、筋肉の損傷が起きるんです。

そのタイミングで牛乳のような、アミノ酸をよく含んだものを飲む。

すると、筋肥大が起きて、筋力アップにつながります。


インターバル速歩後、30分以内に 牛乳をコップ1杯飲むと、筋肉量が増える。




ドクネット


引き続き、東海大学 医学部 健康管理学の 西﨑泰弘 教授に、教えていただきます。


冬場は、ウイルスの活動が活発化してくる。

この時、免疫力が低下していると、病気になってしまう可能性が高くなってしまいます。


では、今まで紹介した他に、免疫力をアップする方法は?


質の良い睡眠が、免疫をアップさせる。

NK細胞などは、副交感神経が優位になる睡眠時に、多く作られるのだ。


その際、大切なのが、「睡眠前の入浴」

人が最も眠りにつきやすいのは、体温が下がるタイミング。

お風呂につかり、体温を上げておくことで、質の良い睡眠につながります。

湯船の温度は、「自分の平熱+4℃」で、10分入るのがおススメ。

(体調に合わせて、行ってくださいね)
 



ガン撃退ジュース


ササミ
最後に紹介するのは、免疫の脅威のパワー。

命の危険もある、がんの予防についてです。



[体験談]


70歳の男性、Aさん。

約6年前、お腹に違和感があり、病院を受診。

そこで、がんを宣告されたという。

病名は、「悪性リンパ腫」。血液のがんです。

腫瘍は 大腸の近くに2つあり、進行度は 4段階中の ステージⅡ。

5年生存率は 50% だと言われたそう。


当時、Aさんが抗がん剤治療と共に行っていたのが、医師から勧められた「食事療法」

その1つとして、塩分を極力減らしました。

例えば、生鮭なら日本酒に浸し、味付けはコショウだけにする。

「鮭の酒蒸し」にすることで、塩気がないのをカバーした。

シラスは、1回水につけて、塩を抜いてから、調理。


さらに効果を発揮したのが、「野菜と果物のジュース」だという。

塩分を排出するカリウムや、抗酸化作用のあるポリフェノールなどを、大量に摂取するために、それらを多く含む食材を、ジュースにした。

量は、1日に約1.5リットル。

3回に分けて、飲み続けたという。


すると、奇跡が起こった。

5年生存率 50%と言われた2つのがんが、およそ半年後、無くなっていたのです。



専門家の話を聞いてみましょう。

東京都は板橋区にある、西台クリニック。

画像診断センターの、済陽高穂(わたよう たかほ) 院長です。


済陽先生は、そもそも外科医。

1406例の がんの手術例があるという。

その手術の成績を調べたところ、5年生存率が 52%だった。

この事実に愕然とした先生は、食事療法を治療の一環として取り入れることにした。


14年前、がん患者をもっと救いたいという思いから、免疫力を上げ がんに打ち勝つ食事療法を、独自に考案しました。


<食事療法の主なポイント>

(1) 塩分摂取を、1日5g 以下に。

(2) 野菜や果物を、1日750g 以上摂る。



この方法を患者さんに徹底した結果、手術後の生存率が改善したんです。


 食事療法無しの場合:52%

 食事療法有りの場合:71%





<デザイナーフーズピラミッド>

頂点に近い食材ほど、がん予防が期待できるのだとか。


デザイナーフーズピラミッド


第一グループ:

 ニンニク、キャベツ、甘草、大豆、

 ショウガ、ニンジン、セロリ、

 パースニップ(白ニンジン)


第二グループ:

 タマネギ、茶、ターメリック、玄米、

 全粒小麦、亜麻、

 柑橘類(オレンジ、レモン、グレープフルーツ)、

 ナス科(トマト、ナス、ピーマン)、

 アブラナ科(ブロッコリー、カリフラワー、芽キャベツ)


第三グループ:

 メロン、バジル、タラゴン、エン麦、

 ハッカ、オレガノ、キュウリ、タイム、

 アサツキ、ローズマリー、セージ、

 ジャガイモ、大麦、ベリー




<免疫力UPジュース>


材料:2人分

 キャベツ:葉4枚

 ニンジン:1本

 レモン:1個

 ハチミツ:適量


(1) レモンを絞ります。

(2) ニンジンとキャベツは、ジューサーにかける。

(3) これをコップに注いで、ハチミツを加え、かき混ぜたら、できあがり。



免疫力UPジュース


レモンには、強い抗酸化作用を持つビタミンCが豊富に含まれています。

ニンジンには、NK細胞が集まる腸の粘膜を強くするカロテンが。

キャベツには、抗がん作用のあるイソチオシアネートが含まれていて、ビタミンCも豊富。



チャンカワイさんの感想。

「あっ、美味しい!」

「しっかり、キャベツの味もあるんですけど、そこに酸味があるから、すごく飲みやすい」







免疫が高いからといって、がんにならないわけではありません。

がんのリスクは、免疫担当の細胞の働きだけでなく、がん抑制遺伝子をはじめとする遺伝子の働きが、わりと重要なのだそう。

早期発見、早期治療のために、定期的な がん検診や人間ドックなどを、受けましょう。





イラスト図解 検査のしくみ・検査値の読み方



ガンが消えていく食事 成功の秘訣 (食道・胃・大腸・肝臓・膵臓・腎臓・肺・前立腺ガンから悪性リンパ腫まで続々と治癒)






[関係する記事]

 → 「安部良先生の 免疫力チェックシート」
 → 「エイリアン脂肪撃退! 特製ジュース&ゾンビ体操」

 → 「レジスタントスターチ+小太りは長生き?」
 → 「3分筋トレ インターバル速歩でリンパ球を増やす」



関連記事




tag : 健康カプセル!ゲンキの時間 がん 長寿


<スポンサードリンク>



web拍手 by FC2

にほんブログ村 健康ブログへ

人気ブログランキングへ




FC2カウンター

 RSSリーダーで購読する

 メールで購読する



アーカイブ
 ためしてガッテンの
 アーカイブ 過去記事


 → 2011年 前半
 → 2011年 後半

 → 2012年 1月~3月
 → 2012年 4月~7月
 → 2012年 8月~12月

 → 2013年 1月~3月
 → 2013年 4月~6月

 → 食べ物・料理

 [全記事表示]

にほんブログ村 にほんブログ村へ

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

荒巻ケンコー

Author:荒巻ケンコー
カラダを労わるためのメモ帳。

栄養管理でメタボは脱出。
できるところから、他もメンテナンス。

最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【すりおろしゴボウ】 作り方と保存法/ガッテン 3/3 Jun 22, 2017
【ごぼう】 甘くする方法と素揚げの作り方/ガッテン 2/3 Jun 22, 2017
【ゴボウ】 セルビア流 お茶の作り方/ガッテン 1/3 Jun 22, 2017
【ゴースト血管】簡単テスト&ルイボスティー効果/ゲンキの時間 Jun 18, 2017
【生乾き臭・部屋干し臭】 モラクセラ菌を撃退する方法/ガッテン Jun 15, 2017
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
忍者

検索フォーム Google

記事内検索フォーム。
Google
注目記事
注目記事
忍者

注目記事
広告
食べ物の記事
健康の新常識
ダイエット 痩身
検索フォーム FC2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Flashゲーム&占いおみくじ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
にほんブログ村
ブログパーツ