【ネギ】アリシンの効果、SARS予防、首巻き方法/ガッテン 前編


2016年最後の放送は、73分の ねぎスペシャル。


・関東と関西の差は?


・香りパワー。

江戸時代の古文書、死んだ人間が蘇る?

アリシンが鼻に入ると、血管が拡張して、血流がアップ。ポカポカに。

首に巻くと風邪が治るのは、迷信? それとも本当?


・中国で SARSの被害を受けなかった町。

生かじりが、血流と抵抗力をアップさせてくれる。


・風邪予防。

ネギの首巻きの作り方。



2016年12月14日放送の「ガッテン」より、「インフル・肺炎・がんに効く 世界で発見! 驚異のネギパワーSP」からのメモ書き。

その前編です。




ためしてガッテン 驚異のネギパワーSP




関東と関西の違い


ササミ
よく食べるあの野菜に、素晴らしい健康成分が!

インフルエンザ、肺炎、肝炎、さらには、がん予防にまで、効果があるという。

鍋でもおなじみの、その野菜とは、「ネギ」

その特別なパワーに、迫ります。



スタジオには、全国の ご当地ネギが ズラ~リ!

その数、37種類だ。


大分味一ねぎ、熊本のひともじ、佐賀県の うまかねぎ。

沖縄の もとぶ香ネギは、葉が太く、強い香りが特徴。

有名な埼玉の 深谷ねぎは、やわらかくて甘みが強い。

群馬の 下仁田ねぎは、太くて、加熱すると、トロ~リ。

青森県の伝統野菜である 南部太ねぎは、3倍の太さだという。

新潟県の やわ肌ねぎは、白い部分が長く、やわらかい。

三重県の ねぎらいねぎは、シャキシャキとした食感が特徴。




<東西の差>


関西では主に、青い部分を食べます。

逆に、関東では、白い部分を食べる。

というか、関東では、白ねぎ(根深ねぎ)が主流。

一方、関西では、青ねぎが主流なんです。

うどん、お好み焼きなど、関西のソウルフードに使いますよね。


全国のねぎ


関東:白い部分が多い根深ねぎ(深谷、下仁田など)。

関西:緑の葉の部分を食べる葉ねぎ(九条ねぎ、万能ねぎ、など)。




香りパワー


ササミ
まず探求するのは、香りについてです。

ここに、風邪を寄せ付けない秘密があるのだという。

さらには、命を救うという話まで。



国立科学博物館にある農学書「大和本草」にも、ネギに関する記述が。

1709年(江戸時代中期)に、貝原益軒が著したものです。

「頓死(とんし)したる人に、葱(ねぎ)の茎を、男は左、女は右の鼻に、七八寸差し入れ、血出て、蘇る」

つまり、急死した人間に、ネギの茎を 七寸か八寸、男なら左、女なら右の鼻に差し入れれば、血が出て、蘇ると。



急死した人が蘇るかどうかは別にして、鼻に突っ込むぐらいだから、「ネギの香り」に何か秘密がありそうですね。



というわけで、実験です。

協力してくれるのは、40年間にわたり ネギ属の機能性を研究してきた、日本大学名誉教授の 有賀豊彦さん。

人呼んで、ネギ博士だ。


まずは、ネギを刻んで、ガッテンボーイの池田倫太朗くんに、香りを嗅いでもらいます。

さらに、サーモグラフィーカメラで、身体の温度変化を測定する。


すると、たった3分で変化が。

身体の温度が、1℃以上 アップしています。


ネギの香り実験



有賀先生のコメント。

「ハッキリと上がるんで、驚いたんですけど」

「香りっていうのは、やっぱり、科学的な刺激の一つですからね」

「それに対して、パッと、血管拡張してくる。そういう反応です」



この香りが生まれるのは、ネギを切った時。

酵素の反応で、「アリシン」という ちょっと刺激のある香り成分が生まれるんです。

アリシンは空中に飛び出し、鼻に入ると、血管が拡張して、血流がアップ。

身体の抵抗力を高めると考えられている。


実は、食べるより、香りを嗅いだ時の方が、身体に対する影響は大きいのだそう。


切った時に生まれるアリシンは、空気の6倍重いんです。

なので、切ったネギを食べても、香りは置いてけぼりに。




<ネギで風邪が治る?>


ネギに切れ目を入れて、手ぬぐいにくるんで、首に巻く。

これで風邪が治るって話、聞きますよね。


迷信っぽい話として扱われますが、実際のところは、どうなんでしょうか?


先ほどの実験を考えると、香り成分アリシンが血流をアップさせ、それで風邪を治していたと取れます。

ちゃんと意味があったんですね。

ニオイが効いていたのか。




SARSの被害を受けなかった町


ササミ
続いては、中国のお話。

ここでも、香りパワーで病気を撃退?



2003年、「SARS(サーズ:重症急性呼吸器症候群)」が猛威を振るいました。

SARSは、高熱と呼吸器困難を伴う、恐ろしい感染症です。

中国南部で発生し、あっという間に、アジア全域に広がりました。

感染者数は、8000人。

死者は 700人以上だった。



ところが、中国国内に、SARSの被害をほとんど受けなかった町が存在したんです。


北京から南へ 500km にある、山東省 章丘(しょうきゅう)。

そここそが、「ネギの里」と呼ばれる場所だった。


町の至る所には、ネギ、ネギ、ネギ。

さすが、中国有数のネギの産地です。

しかも、日本のに比べて、サイズが大きく、長い。

2000年以上前から、大きなネギを作り続けているんだって。


地元のお医者さん、漢方医の馮増仁さんの話。

「SARSが流行した時に、よくネギを食べるこの地方は、患者がとても少なかった」

「特に、この章丘は、患者が一人も出なかったんだよ」


周辺の省では、数百人単位のSARS患者が出ています。

しかし、山東省では、たった1人。

章丘に至っては、患者数0人です。


「ネギが身体の抵抗力を上げてくれたからだと考えられるね~」と、馮さん。



では、章丘のみなさんは、ネギの香りを、どう活用してるんでしょう?


地元農家の、70歳のお婆ちゃん。

この村の知恵袋だという。

ネギをそのまま、パクリ。

生で食べています。

生でも甘くて、おいしいのだとか。


毎食のように食べているという、ネギの生かじり。

実は、これこそが、SARS撃退の要因の一つだという。


生かじり → 香り成分アリシンが、すべて口の中で生まれる。

これなら、香りを逃すことなく、得られるってわけ。


アリシンは加熱すると生まれてこないので、生かじりは、血流と抵抗力をアップさせるのに、最高なんです。



さて、この地域の人は、あることにもネギを使うといいます。

それが何だか、分かりますか?



ネギを切って、すり潰して、使う。

実はこれも、SARS撃退に効果を発揮したと考えられているのだとか。


それは、「掃除」

すり潰したネギを、布にくるんで、台所を拭く。

油汚れも、これで落とすのだとか。

台所が、ネギのいい香りになるらしい。


SARSとネギ


ネギをすり潰し、洗剤として使ってるんですね。



ここでも、実験。

ガッテンボーイの常住富大くんが、ネギ洗剤を使います。

油汚れのひどいヤカンに、挑戦だ。


ネギ洗剤の効果


ちょっと落ちる…のかな?




ネギの首巻


<風邪の予防>

<ネギの首巻きの作り方>



(1) 白ネギに、切込みを入れます。

細かく刻めば、アリシンもたくさん生まれる。

(2) ネギの汁で肌がかぶれないよう、しっかりと、手ぬぐいやタオルで包みましょう。

(3) もし、香りが強すぎるなら、表面を加熱すれば、香りが和らぎます。

風邪の引きはじめなどに、どうぞ。



ネギの首巻きの作り方






NHKガッテン!  2017年 冬号



パワー野菜!にんにく&たまねぎの底力 (生活実用シリーズ)


 



お次は、新健康成分「ヌル」について。

ご当地ネギ料理も。




関連記事




tag : ためしてガッテン 食べ物


<スポンサードリンク>



web拍手 by FC2

にほんブログ村 健康ブログへ

人気ブログランキングへ




FC2カウンター

 RSSリーダーで購読する

 メールで購読する



アーカイブ
 ためしてガッテンの
 アーカイブ 過去記事


 → 2011年 前半
 → 2011年 後半

 → 2012年 1月~3月
 → 2012年 4月~7月
 → 2012年 8月~12月

 → 2013年 1月~3月
 → 2013年 4月~6月

 → 食べ物・料理

 [全記事表示]

にほんブログ村 にほんブログ村へ

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

荒巻ケンコー

Author:荒巻ケンコー
カラダを労わるためのメモ帳。

栄養管理でメタボは脱出。
できるところから、他もメンテナンス。

最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【納豆】 お酢でネバ切り&フィルムをきれいに取る方法/ガッテン 前編 Jun 29, 2017
【鳥取】 ラッキョウと薬味の健康効果 Jun 25, 2017
【すりおろしゴボウ】 作り方と保存法/ガッテン 3/3 Jun 22, 2017
【ごぼう】 甘くする方法と素揚げの作り方/ガッテン 2/3 Jun 22, 2017
【ゴボウ】 セルビア流 お茶の作り方/ガッテン 1/3 Jun 22, 2017
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
忍者

検索フォーム Google

記事内検索フォーム。
Google
注目記事
注目記事
忍者

注目記事
広告
食べ物の記事
健康の新常識
ダイエット 痩身
検索フォーム FC2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Flashゲーム&占いおみくじ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
にほんブログ村
ブログパーツ