【認知症】 初期サイン&指タップ検査/健康カプセル! ゲンキの時間


早期発見につながる、認知症の予兆とは?

意外とセーフなものと、注意した方がいいこと。

物忘れだけじゃない、行動に現れるサイン。


 ・名前が思い出せない。

 ・同じものを買ってしまう。

 ・途中で、すでに読んでいることに気づく。

 ・性格が変わった。

 ・料理の味が変わる、献立数が減る。



軽度認知障害と軽度行動障害について。


最新検査方法。

MRI画像 診断支援システムと、指タップ。



ドクネット:杏林大学 名誉教授 精神神経科専門医 古賀良彦。

ゲンキスチューデント:佐野ひなこ。

ゲンキリサーチャー:深沢邦之。



2017年1月15日放送の「健康カプセル! ゲンキの時間」より、「認知症! 意外な初期サイン」「~ まさか、あの行動が!? ~ すばやく発見する方法」からのメモ書きです。




ゲンキの時間 認知症の初期サイン




初期サインの判定


ササミ
高齢の行方不明者数は、約1万2千人だという。

その原因として危惧されるのが、「認知症」です。


そこで今回は、家族だからこそ分かる、行動の変化に注目。

早期発見を目指します。



まずは、出演者が抱く、認知症のイメージから。

渡辺満里奈さんは、徘徊や食べ物を忘れるといったイメージ。

佐野ひなこさんは、喜怒哀楽が激しくなるイメージ。

三宅裕司さんは、ゲストの名前が出にくくなるとか、セリフ、舞台上でのツッコミの速さが、気になるらしい。


でも、実際のところは、どうなんでしょうか?

何に気をつければ、いいのでしょう?




まずは、恒例の基本クイズから。


Q)認知症の代表的な症状は、次のうち どれでしょう?

 A:下痢

 B:幻聴

 C:便秘












答えは、C の便秘

認知症になると、自律神経の機能が低下し、便に対する反応が悪くなるため、便秘になりやすいとのこと。

(もちろん、便秘には様々な要因があるため、便秘だから必ず認知症というわけではありません)




今回注目するのは、「初期症状」

単なる老化なのか、初期のサインなのか、切り分けていきましょう。


「中高年あるある座談会」の中から、要素を抜き出していきます。




<名前が思い出せない>


実は、認知症の初期症状としては、セーフ。


見極めるポイントは、「覚えていない部分」にあるという。


会ったことや話したことは覚えているが、名前だけが思い出せない。これはセーフ。

ただし、その人の存在自体を忘れているのは、要注意。

記憶の中枢の一つ、海馬が萎縮し、覚えることができなくなっている可能性がある。


 名前が出てこない → セーフ。

 あの人誰?(存在を覚えていない) → 注意。




<同じものを買ってしまい、帰宅後に気づく>


これも、セーフ。


この場合の見極めポイントは、「回数」にあるといいます。


いつも使っている食材や、似ている本などを買ってしまうのは、仕方ありません。

ただし、同じものを 3回以上買ってしまったら、注意が必要。




<映画などの結末が思い出せない>


これは、セーフ。

見たことにはすぐに気づくが、結末だけ思い出せない状態です。


記憶の定着率は、感情が揺さぶられたかどうかで、左右される。

面白くないと感じた場合、結末を忘れることは多いのだ。



<読んだことがある本なのに、すぐに気づけない>


こちらは、注意が必要。

途中まで進まないと思い出せないのは、本を読んだ「経験」の記憶が失われているから。

半分以上 読み進めてから気づいた場合は、要注意だという。




このように、記憶に関するサインが本格的に表れてくることを、「軽度認知障害」という。

正常ではないけれど、認知症でもない。

その中間で、日常生活には問題がない状態です。




最近問題になっているのは、「軽度行動障害」


認知症の原因となる脳の萎縮は、脳全体に起こります。

それが脳の後ろ側に起これば、認知機能や記憶に関して。

前に起これば、行動に変化が現れるのだという。


怖ろしいのは、それらの症状を放っておくと、5年以内に 約7割の人が認知症に進行すること。




行動に出るサイン


ササミ
続いては、行動編です。




<性格が変わったような気がする>


学術用語で、「性格変化」という言葉があるらしい。


例えば、あんなに厳しかった人が、ずいぶん穏やかになったとか。

逆に、あんなにバランスの取れた人が、ずいぶんイライラする人になったとか。

これが認知症の始まりだったということも、少なくないそうです。


特に、性格が丸くなったというと聞こえがよいため、見逃しがちなのだという。

もし、つらい場面や大変な場面でも 楽観的過ぎる場合は、「多幸症(たこうしょう)」という認知症のサインである可能性が。


大切な見極めポイントは、「自覚があるかどうか」

客観的に見ている近くの人は気づいているが、自分では気づいていない。

これが行動面での ゆがみの始まりだという。




<料理の味が変わった>

<献立の数が減った>

<時間がかかるようになった>



見極めのポイントは、「配慮」。


例えば、子どもが独立して夫婦二人だけになり、料理への張り合いがなくなるのは、一般的なことで、セーフ。


しかし、家族の好みを忘れてしまったり、毎日同じ献立を作ったり、料理の味が変化した場合は、注意が必要。




ドクネット


杏林大学 名誉教授で、精神神経科専門医の 古賀良彦 先生に、教えていただきます。



<認知症の初期サイン>

日常生活で言葉に詰まったり、「あれ」という言葉が増えてきたら、注意し始めた方がよい。

(物の名前が思い出せず、アレという言い方が増える)



<若い人の顔が同じに見える>

テレビで見るアイドルグループの顔が同じに見えるのは、セーフ。

ただし、よく見ても分からないとか、毎日会っている人が区別できないとか、そういう場合は、認知症のサインである可能性が。



認知症は、予防が大事。

簡単にできて予防につながることは、「ウォーキング」だという。

会話ができないくらい、せっせと歩くのがポイント。

早歩きは、段差や障害物など、目からの情報に対して、素早い対処が必要で、それが脳への刺激になる。
 



早期発見の最新検査方法


ササミ
最後は、最新の検査方法について。



まず向かったのは、東京都は町田市にある、なかはら脳神経クリニックです。

日本脳神経外科学会 専門医の、中原邦晶 先生に、診断してもらいます。


ここには、50歳以上を対象とした、「早期アルツハイマー型認知症の診断支援システム」がある。

MRI検査で、脳の画像を撮影。

健常者との脳の萎縮の割合を、解析するのだ。


早期アルツハイマー型認知症の診断支援システム


認知症になると、脳が萎縮し、黒い部分が増える。

特に、記憶をつかさどる「海馬」の部分をチェックすることで、早期発見につなげているのだとか。


<海馬の萎縮度合>

 0~1:萎縮なし(正常)

 1~2:やや萎縮あり

 2~3:萎縮がかなりある

 3~ :萎縮が強い





続いて向かったのは、東京都は国分寺市にある、日立製作所 中央研究所。

国立長寿医療センター 作業療法士の 鈴村彰太さんに、教えていただきます。


検査するのは、「タップ」という方法。

指タップですね。

認知症になると、左右の手の連携や、リズム運動がスムーズにできなくなり、これが 認知症や軽度認知障害 特有のリズムになって現れる。



<指タップ検査>


両手の親指と人差し指に、センサーをつけます。


(1) 両手同時に、15秒間、なるべく速くタップする。

3~4cmの幅を保って行うこと。

(2) 両手を交互に、15秒間、タップ。


指タップ検査


チェックするのは、5つの項目。


 開閉バランス:速度や幅が一定かどうか。

 両手ずれ:同時にタップできているか。

 運動量:

 リズム感:

 タッチ時間のばらつき:指の接触時間が 均一かどうか。


今はまだ研究段階ですが、病院や健診センターなどの医療現場で、数年後の実用化を目指しているそうです。





認知症予防には、早期発見と早期治療が何よりです。

気になったら、医療機関へ。





10分で描けるセラピーアート入門 (単行本)



認知症ケアガイドブック






[関係する記事]

 → 「認知症予防に感トレ 色カルタ&シナプソロジー」
 → 【認知症予防】 写経とお香で

 → 「軽度認知障害でストップ! 認知症予防」
 → 【瞑想】 マインドフルネスで 認知症&うつ病改善



関連記事




tag : 健康カプセル!ゲンキの時間 認知症


<スポンサードリンク>



web拍手 by FC2

にほんブログ村 健康ブログへ

人気ブログランキングへ




FC2カウンター

 RSSリーダーで購読する

 メールで購読する



アーカイブ
 ためしてガッテンの
 アーカイブ 過去記事


 → 2011年 前半
 → 2011年 後半

 → 2012年 1月~3月
 → 2012年 4月~7月
 → 2012年 8月~12月

 → 2013年 1月~3月
 → 2013年 4月~6月

 → 食べ物・料理

 [全記事表示]

にほんブログ村 にほんブログ村へ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

荒巻ケンコー

Author:荒巻ケンコー
カラダを労わるためのメモ帳。

栄養管理でメタボは脱出。
できるところから、他もメンテナンス。

最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【水中運動】 ART&お風呂ストレッチ 須藤明治/ゲンキの時間 Aug 13, 2017
【認知症】 接する時のポイント/きょうの健康 Aug 10, 2017
【熱中症クイズ】 室内でも要注意な理由と対策/ゲンキの時間 Aug 06, 2017
【部屋を広く見せる方法】 ホームステージング/ウラマヨ Aug 03, 2017
【不応性貧血】 樋口大悟さんの体験/ゲンキの時間 後編 Jul 30, 2017
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
忍者

検索フォーム Google

記事内検索フォーム。
Google
注目記事
注目記事
忍者

注目記事
広告
食べ物の記事
健康の新常識
ダイエット 痩身
検索フォーム FC2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Flashゲーム&占いおみくじ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
にほんブログ村
ブログパーツ