【肺炎ワクチン】 予防&撲滅 脾臓のマージナルゾーンB細胞/ガッテン


自分だけは大丈夫?

でも、肺炎は、日本人の死因 第3位。

キャンペーンCMだって流れているくらいだ。


でも、なぜ必要なんだろう?

原因となる肺炎球菌は、どこにいる?


脾臓の場所を知るため、宮森くんが極真会館へ。

三年殺しを体験?


脾臓が加齢で小さくなると、マージナルゾーンB細胞も減り、肺炎のリスクが上がる。

しかし、ワクチンを打つことで、これを予防できる。


赤ちゃんに定期摂取して、撲滅。

大人用と子ども用の差は?


誤嚥性肺炎予防には、頭を少し高くして寝ること。



解説:元筑波大学 呼吸器内科 寺本信嗣 医師。



2017年1月25日放送の「ガッテン」より、「知らないなんてもったいない! 肺炎にならないぞSP」からのメモ書きです。




ためしてガッテン 肺炎にならないぞSP




肺炎予防キャンペーン


ササミ
救急の現場では、ある異変が起きているといいます。


松山赤十字病院 呼吸器科 兼松貴則 診療部長のお話。

一晩で20台の救急車が来るとして、その1/4くらいが肺炎の人だという。


実は今、肺炎にかかる人が急増しているんです。

年間の死者数は、脳卒中を抜き、日本人の死因第3位に浮上。

決して他人事ではないのだ。



こんなCM、見たことありませんか?

「忘れていませんか 肺炎予防」





スタジオでは、こう書かれたボードが。

肺炎球菌ワクチン 割引中!

65歳、70歳、75歳、80歳、

85歳、90歳、95歳、100歳の方限定。

8000円が、50~100%割引中。




ゲストの大和田獏さんは、66歳。

そう、去年だったんです。

でも、行こう行こうと思っているうちに、行きそびれたのだとか。


実は、現在の補助制度は、期間限定で、2019年3月末で終了らしい。


でも、どうしてなんでしょう?

対象年齢が5歳刻みで、期間限定。

ずっとやるわけには、いかないのでしょうか?


何やら、理由がありそうですね。



と、その前に、まずは肺炎の原因から。


辞書には、こう書かれています。


【肺炎】

肺炎球菌などの細菌やマイコプラズマ・ウイルスなどの感染により、肺に起きる炎症。発熱・咳・喀痰・胸痛・呼吸困難などを呈する。化学物質やアレルギーによって起こる場合もある。

(大辞林より)




肺炎の元になるのは、「肺炎球菌」

肺炎球菌は、肺炎の原因菌の中で、感染率・致死率が最も高いんです。


肺炎球菌


肺炎球菌の最大の特徴は、まわりについている膜だという。


免疫細胞の「好中球(こうちゅうきゅう)」は、大腸菌などを見つけたら、食べてくれます。

しかし、肺炎球菌の場合は、見逃しちゃうんです。

外側にある膜のせいで、すぐに敵だと見なすことができないのだ。


なので、肺炎球菌は、増殖し放題。

あっという間に、大増殖しちゃうのでした。


肺炎球菌の増殖



(* 肺炎球菌 以外が原因で 肺炎になることもあります)




でも、この肺炎球菌、どこから来るんだろうか?




肺炎球菌は、どこにある?


ササミ
さてさて、原因となる肺炎球菌は、どこから襲ってくるんでしょう?


ガッテンが、徹底的に調査してくれましたよ。

なんと、1週間かけて、合計30か所から採取。

菌があるかないか、調べてくれたのでした。


バスの手すり、つり革、降車ボタン、

駅のトイレ、洗面台、

子どもの手、公園の砂場、公園の蛇口、

落ち葉、農業用水、鳩のふん、カラスのふん、

レジの千円札、レジの10円玉、

マンガ喫茶のパソコン、マウス、

車の排気ガス、舗装道路、水たまり、ドブ、

団地の貯水池、人ごみの空気中、エレベーターのボタン、

タバコの煙、灰皿、ゴミ集積所、

病院のソファー、使用済みペットボトル、革靴の中。


結果は、全部にあった。

ただし、昔は

つまり、今は上記のどこにも無い

肺炎球菌は、どこからも見つかりませんでした。


あれ?

じゃあ、どこにいるの?


実は、肺炎球菌は、1か所にしかいないんです。


慶應義塾大学病院 感染制御センターの 岩田敏 教授に、聞いてみました。

「机の上とか、流しとか、ドアノブとか、そういうところを探しても、肺炎球菌はいないんですよね」


一説によると、肺炎球菌は、太古の昔には、空気中などに存在していたと考えられるのだそう。

でも、高温すぎたり、低温すぎたりと、菌にとっては住みにくい場所だった。

そこで肺炎球菌は、ほどほど暖かいし、湿度もちょうどいいという、最適な場所を見つけたんです。


気温と湿度が、一年中、一定な場所。

温度はだいたい、36℃。

そう、その場所とは、人間の体内。

それも、「鼻の奥」だったのです。

「咽頭(いんとう)」と呼ばれる部分ですね。


番組の実験では、30人中6人に、肺炎球菌が見つかりました。



肺炎球菌は、人の鼻の奥に住んでいるため、感染はまず、人から人にうつって、広がる。

でも、鼻の奥、咽頭にいるだけでは、悪さをしません。

熱や咳が出ることもなく、自覚症状はない。


問題は、風邪やインフルエンザなどで咽頭が傷ついた時。

すると、菌が肺に落ちやすくなるんです。

そうなると、一気に増殖を始めて、肺炎を発症してしまうのだ。


肺炎球菌の保菌者は、成人で、10人に1人ほど。

一般の医療機関で調べることはできないとのこと。




脾臓はどこにある?


ササミ
さて、いよいよ、ワクチンについてです。


インフルエンザのワクチンは、全身の免疫細胞に働きかけます。

でも、肺炎球菌ワクチンは、そうではないらしい。

身体の「ある部分」に、効力を発揮する。


その場所を探すため、身体を張ってくれた人がいます。

そう、ガッテンの過酷実験担当、宮森右京くん。


効力を発揮する部分とは、「脾臓(ひぞう)」

でも、脾臓って、どこにあるか知ってますか?

胃や腸、心臓や肝臓ほど、メジャーじゃないですよね。


脾臓に詳しい人物を訪ねた、宮森くん。

場所は、極真会館 代官山道場だった。


でも、脾臓と空手に、どんな関係があるんでしょう?


と、その時、こんな技が。

「裏拳ひぞう打ち!」

「手刀ひぞう打ち!」


極真会館の 松井章奎(章圭)館長が、教えてくれました。

「我々の空手の攻撃というのは、相手の急所をめがけていくわけですね」

「その急所の一つ、脾臓を打つと」

「そこを打って、ず~んという鈍い痛みがあるんですけど、それによって、人が持っている臓器の機能を失わせるというかね、機能を低下させる」

「マンガでいうところの、三年殺し」


「空手バカ一代」には、こう描かれています。

ほぼ一年後に病人となり、

二年後には廃人となり、

三年後には狂い死にする。

(あくまでマンガです)


ここは、極真会館。

極真流に従ってもらいます。

「武の道において真の極意は体験のみにある。よって、体験を恐るべからず」


というわけで、宮森くんには、脾臓打ちを受けてもらうことに。

だっ、だいじょうぶか?


空手着に着替えると、子どもたちがアドバイスをくれました。

「打撲では済まないと思いますよ」

「ドスってくるよ」

「試合では、救急車で運ばれる人もいるけど」


しっ、心配です。


覚悟を決めて、帯を締めなおし、宮森右京、いざ挑む。

頑張れ宮森、君のことは忘れない。


脾臓を打たれ、もんどりうって倒れる、宮森くん。


脾臓打ち


これを見ると、背中の左後ろ裏かな。

これで、脾臓の場所が分かりました。

ありがとう、宮森くん。

安らかに眠れ。


MRI画像では、こうなります。

縦に切った断層写真。


脾臓の場所


肝臓の反対側。

大きさは、腎臓と同じぐらいで、拳大(こぶしだい)だという。




マージナルゾーンB細胞


ササミ
ここからは、脾臓と肺炎の意外な関係について。

模型で説明してくれましたよ。



鼻の奥の肺炎球菌が、肺に落ちてきます。

この時、動き出すのが、免疫細胞の「好中球」

体内に侵入した細菌やウイルスを異物とみなし、パクパク食べてくれる働き者です。

しかし、先述の通り、肺炎球菌のまわりにある膜のせいで、好中球は肺炎球菌を敵だと認識してくれません。

なので、このままだと増殖し、肺炎になってしまう。


この時、脾臓が何をしてくれるのか?


脾臓の中には、マージナルゾーンB細胞という免疫細胞がいる。

このマージナルゾーンB細胞が肺炎球菌に触ると、敵だと認識。

「ふりかけ」をかけるんですね。

このふりかけの正体は、「抗体」


マージナルゾーンB細胞が出した抗体が肺炎球菌にくっつくと、どうなるか?

途端に、好中球が敵だと認識し、食べてくれるのでした。

これで、簡単には、肺炎にならなくなります。


脾臓の中のマージナルゾーンB細胞が出した抗体を合図に、好中球が肺炎球菌を食べてくれるようになるのだ。



ところが、脾臓って、加齢により小さくなってしまうんです。


獨協医科大学に協力していただき、20代と60代の脾臓を、MRIで比べてみました。

すると、こんな結果に。


脾臓は小さくなる


やっぱり、若い人と比べて、脾臓が小さくなってますね。


獨協医科大学 松野健二郎 特任教授のお話。

「マージナルゾーンB細胞が、脾臓にある程度の割合でいると考えれば、小さい方が絶対数は少ないですよね」

「(肺炎球菌に)感染した時に、水際で防ぐのは難しい」



脾臓の重さの違いのグラフ。


脾臓の重さの違い


これを見ると、40代から60代までの間に、一気に小さくなっています。




ワクチンの効果


ササミ
さあ、ここで真打登場。

小さくなってしまった脾臓に、肺炎球菌ワクチンが、何をしてくれるんでしょう?


和光駅前クリニックで、効き目を実験しました。

65歳以上の方、5名に協力してもらい、ワクチン接種の前後で、血液の成分を測定。


するとこうなった。

ワクチン接種後は、血液中の抗体が、10倍以上 活性化してたんです。

(大阪大学微生物病研究所)


つまり、ワクチンを打てば、脾臓が小さくても、抗体がたくさん出て、肺炎になりにくくなると。



ワクチン接種が65歳以上なのは、このためなんですね。




寺本信嗣 先生の解説


ここで、専門家の先生が登場。

筑波大学元教授で、肺炎治療が専門の、寺本信嗣先生です。



<肺炎球菌ワクチン>


効果:肺炎球菌による重症化を防ぐ。

効果の持続:5年間。

費用:約8000円。

(今だけ補助あり)




肺炎球菌ワクチンの接種率ですが、アメリカ・イギリスでは 7割。

これに対し、日本は 3~4割。

少ないですね。



志の輔さんからは、こんな質問が。

「ワクチンをもっと早く打つことを推奨できないんでしょうか?」


寺本先生のこたえは、こう。

「ワクチンの量に限りがありますので」

「ナマモノですから、ずっと使えるわけではないので」

「それを輸入してますから」

「そうすると、貴重なワクチンを、どのように使うかという時に、リスクが高くて重要性がいかされる人に使われるべきだとなると、やっぱり、60代以上の方々にまず使いたい」





ササミ
肺炎球菌ワクチンは、貴重なもの!

小さくなった脾臓を、元気にしてくれるんです!

エノキ
ガッテン! ガッテン!




赤ちゃんが世界を救う?


ササミ
実は今、世界各国で、ある画期的な計画が進んでいるんです。


名付けて、「肺炎球菌 撲滅計画」


日本でも、その計画は始まっているらしい。


そのカギとなるのは、赤ちゃん。

赤ちゃんに、肺炎球菌ワクチンを打つという。


あれ?

65歳以上ではないの?


子どもの場合は、2013年からの定期接種になっている。

合計4回も打つのだ。


赤ちゃんが打つワクチンは、大人用のワクチンの後に開発された新しいもの。

これを打つと、肺炎球菌が鼻の奥に住めなくなる。


なるほど、まさに撲滅計画だ。

このワクチンによって、菌を持たない人が増えれば、世の中から、肺炎球菌が劇的に減っていきそう。



このワクチンを世界に先駆けて導入したアメリカでは、肺炎球菌による重症感染が、76%も減少!

赤ちゃんたちのおかげで、肺炎が減っているんですね。



<大人用ワクチン PPSV23>


効果:肺炎球菌による重症化を防ぐ。

効果の持続:5年間。

費用:約8000円。

(今だけ補助あり)




<子ども用ワクチン(大人も可) PCV13>


効果:鼻の保菌もしなくなる。

効果の持続:一生。

費用:約1万円(大人が打った場合)。

(大人は任意接種、補助なし)




ただし、強力な子ども用ワクチンは、大人の場合、リスクが高い65歳以上しか、打つことができません。



大人用のワクチンは、対応する菌が 23種類。

子ども用のは、13種類。

(日本国内で感染する肺炎球菌は、およそ30種類だと考えられている)

(その上位から対応しているとのこと)



両方のワクチンを打つ場合は、1年 期間をあけることになっています。

アメリカでは、子ども用ワクチンを先に打って、1年後に大人用を打つそう。


ただ、補助制度を使うなら、その後(1年後)に子ども用を打ってもいいかも。


肺炎球菌ワクチンの接種にあたっては、かかりつけのお医者さんとよく相談してください。



大人用と子ども用のワクチン





誤嚥性肺炎予防


ササミ
最後は、寝ながらできる肺炎予防について。


最近、むせやすくなった人におススメ。

誤嚥性肺炎を防ぐ、簡単な方法です。



<誤嚥性肺炎予防>


ちょっとだけ、頭を高くして寝る。


例えば、布団の下に、座布団やクッションを敷けばいい。

ベッドの場合は、大きめのクッションを敷いて、肩から上を上げるだけでも、OK。


ただし、無理せず、気持ちよく眠れる範囲で、試してください。



誤嚥性肺炎予防




この方法は、病院でも行われているという。

ベッドを傾斜させて、寝る。

確かに、高齢者でよく見ますよね。


松山赤十字病院 呼吸器科の 兼松貴則 診療部長のお話。

「唾液を咽頭にためず、飲みやすくなる」


実は、寝ている間に、唾液が肺に入って、誤嚥性肺炎を起こすことがあるのだ。


でも、頭をちょっと高くすれば、肺への侵入を予防することができます。





NHKガッテン!  2017年 冬号



予防接種コンシェルジュ―現場で役立つワクチン接種の実践法



介護する人のための誤嚥性肺炎 こうすれば防げる! 助かる!


 



次回は、これ。

恵方巻きバラバラ事件の真相は?

「福が来る! 豪華な巻きずしを 誰でもカンタンに巻けちゃうスゴ技SP」。




[関係する記事]

 → 「痰で分かる危険なセキ パフィング&ハチミツ」

 → 「風邪と線毛細胞、新型ドライマウス」

 → 【口内フローラ】 緑茶うがいで悪玉菌を減らす




関連記事




tag : ためしてガッテン 呼吸器科


<スポンサードリンク>



web拍手 by FC2

にほんブログ村 健康ブログへ

人気ブログランキングへ




FC2カウンター

 RSSリーダーで購読する

 メールで購読する



アーカイブ
 ためしてガッテンの
 アーカイブ 過去記事


 → 2011年 前半
 → 2011年 後半

 → 2012年 1月~3月
 → 2012年 4月~7月
 → 2012年 8月~12月

 → 2013年 1月~3月
 → 2013年 4月~6月

 → 食べ物・料理

 [全記事表示]

にほんブログ村 にほんブログ村へ

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

荒巻ケンコー

Author:荒巻ケンコー
カラダを労わるためのメモ帳。

栄養管理でメタボは脱出。
できるところから、他もメンテナンス。

最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【鳥取】 ラッキョウと薬味の健康効果 Jun 25, 2017
【すりおろしゴボウ】 作り方と保存法/ガッテン 3/3 Jun 22, 2017
【ごぼう】 甘くする方法と素揚げの作り方/ガッテン 2/3 Jun 22, 2017
【ゴボウ】 セルビア流 お茶の作り方/ガッテン 1/3 Jun 22, 2017
【ゴースト血管】簡単テスト&ルイボスティー効果/ゲンキの時間 Jun 18, 2017
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
忍者

検索フォーム Google

記事内検索フォーム。
Google
注目記事
注目記事
忍者

注目記事
広告
食べ物の記事
健康の新常識
ダイエット 痩身
検索フォーム FC2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Flashゲーム&占いおみくじ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
にほんブログ村
ブログパーツ