【血圧を下げるツボ】合谷(ごうこく)/健康カプセル! ゲンキの時間


急上昇に要注意! 冬に血圧が変動する暮らしのポイントと対策。


 ・外出時(温度差) → 首を温める。

 ・ストレスや緊張 → 息を吐くことを意識した深呼吸を。

 ・脱衣所や浴室 → シャワーの蒸気で暖めておく。

 ・夜中のトイレ → スリッパや上着を。

 ・起床時 → 布団の中で手足をユラユラ。



たった10分で血圧が下がるツボ、「合谷」。



ドクネット:東京女子医科大学 東医療センター 内科 渡辺尚彦 教授。

ゲンキスチューデント:滝裕可里。

ゲンキリサーチャー:X-GUN(さがね正裕 西尾季隆)。



2017年1月29日放送の「健康カプセル! ゲンキの時間」より、「~ ちょっとの油断が血管ボロボロ!? ~ 冬の血圧トラブル対策」からのメモ書きです。




ゲンキの時間 血圧を下げるツボ




血圧が変動するポイント


ササミ
冬は、血圧が高い人には「魔の季節」だといいます。

脳梗塞と心筋梗塞による突然死の件数は、冬から春にかけてが多いんです。

自覚症状が無いからと油断していたら、いつの間にか、血管がボロボロになっているかも。



X-GUNのさがねさんは、「高血圧芸人」だという。

基本、上が「190」。

そして、番組MCの三宅さんも、上が「190」で下が「106」。


これは何とかしたいですね。




まずは恒例の、基本クイズから。



Q)高血圧の基準値は、家庭で測った時、上が「135」ですが、病院では?










答えは、「140」


 <高血圧の基準値>

  家庭:上135~ 下85~

  診察室:上140~ 下90~



診察室では緊張して、血圧が上がる人もいるから。

これを「白衣高血圧」という。


逆に、自宅で測定すると高血圧なのに、病院では正常値になることを、「仮面高血圧」とか「逆白衣高血圧」というそう。







さて、血圧は普段、どんな時に、大きく変動するんでしょう?


さがねさん、52歳女性、76歳男性がゲンキチャレンジャーとなり、調査してくれました。

3人には、24時間 血圧を測定できる装置をつけてもらい、日常生活を過ごしてもらった。

血圧を上昇させる落とし穴は、どこにあるんでしょうか?



東京都は荒川区にある、東京女子医科大学 東医療センター。

内科の渡辺尚彦 教授に、チェックしてもらいましたよ。


「高血圧は、ほとんど症状がないんですね」と、渡辺先生。

「気が付かないうちに、いろんな病気、例えば、脳卒中や心筋梗塞になる場合がありますので、自分がどういう血圧かということを、よく知っておくことが大事だと思いますね」


そもそも血圧とは、心臓から送り出される血液が、血管の壁に与える圧力のこと。

例えば、正常な血圧と高血圧を、ホースの水圧に例えると、正常な血圧を「120」とした場合、水が上がる高さは、およそ「1メートル60センチ」ほど。

一方、血圧「200」の高血圧だと、水の高さは、およそ「2メートル70センチ」に。

1メートル以上の差があるのだ。


高血圧で勢いよく血液が流れ続けると、血管の壁がボロボロに。

動脈が傷ついて、さらに、その傷を修復することで、動脈硬化が進行してしまいます。

これでは、脳卒中や心筋梗塞など、命に係わる病気になってしまうことも。





[血圧上昇ポイント(1)]


<外出した時>


暖かい所から、急に寒い所に行くと、血圧が上がるんです。

血管が開きっぱなしだと、熱が放散し、身体が冷えてしまう。

だから、体温を逃がさないようにするために、血管が締まり、血圧が上がるんですね。


冬に血圧が上がる一番の落とし穴は、「温度差」

外出は、最も気をつけねばならない行動なのだ。




<渡辺先生のアドバイス>


いきなり外出しないで、30分ぐらい前に、首にマフラーを巻いておく。

首を温めると、手足にある「動静脈吻合(どうじょうみゃくふんごう)」が30分くらいで開いて、手足が温かくなるんです。

これだと、手足がポカポカの状態で外出できる。

末梢の血管までが開くので、血圧は下がります。


また、帰宅した際は、まず暖房をつけて室内を暖め、30分くらいしてから、コートなど上着を脱ぐとよい。

洗濯物を干す時など、ちょっと外に出る場合も、上着を羽織ったり、靴下やスリッパを履くなどしましょう。

短時間でも、防寒を忘れずに。





[血圧上昇ポイント(2)]


<ストレス>


献立を考えることが、ストレスになることも。

特に、夕食時は時間に追われることが多いので、血圧が上がりやすい。

なので、できれば、時間に余裕を持たせて作るとよい。


さがねさんの場合、ライブの直前で、それがストレスを生み、血圧が上がってしまったようです。

「さあ、やるぞ!」という時、血圧を上げるホルモンが出る。


そういう時は、深呼吸するとよいそうです。

ゆっくり息を吐くと、静脈から心臓に戻る血液の量が減る。

すると、心臓から出る血液の量が減るので、血圧は下がります。


会議や商談など、緊張する時には、息を大きく吐くことを意識した呼吸で、リラックスしましょう。





[血圧上昇ポイント(3)]


<カラオケ>


曲にもよりますが、歌っていると、声を張り上げるところで、血圧が上がってしまう。


連続して歌わずに、交代して、休み休み、順番に歌いましょう。





[血圧上昇ポイント(4)]


<飲み会 打ち上げ>


乾杯して、テンションが上がって、血圧が上がる。


盛り上がる飲み会での注意ポイントは?


一つは、あまり飲み過ぎないこと。

お酒は、飲むと 1時間から7時間ぐらいまでは、血圧が下がる。

でも、翌朝の血圧は、上がっちゃうんですね。


もう一つは、おつまみ。

塩分が多いものは、要注意です。





[血圧上昇ポイント(5)]


<お風呂 脱衣所>


12月と1月は、入浴中の心肺停止発生件数が、非常に多いんです。

脱衣場や浴室は、暖めておいた方がよい。


でも、脱衣場にヒーターが無い時、どうしたらいいのでしょうか?


改善策は、シャワーにあり。

入浴前に、湯船にシャワーをかけ、戸を開けておきます。

蒸気を脱衣所にも充満させることで、浴室も脱衣所も、暖めることができます。


お風呂から上がる前にも 戸を開けて、暖かい蒸気を脱衣所に送り込むと、よいようですね。





[血圧上昇ポイント(6)]


<夜中のトイレ>


排尿だけでも、血圧は上がるそう。

さらに、布団で身体を温めている状態から、寒いトイレに行くと、温度差が生じてしまいます。

室温10℃の部屋で寝ている場合、寝具内は 28~33℃で、トイレは 8℃。

その温度差は、20℃以上に。


夜中のトイレは、急激な温度差によって、心筋梗塞などを引き起こす危険が。


トイレに行く時は、スリッパを履き、上着を羽織りましょう。


渡辺先生は、トイレの電気をつけっぱなしにすることを、勧めています。

白熱電球や蛍光灯を使用している場合、それで暖かくなると。

先生の試算だと、月に80円くらいだそうです。





[血圧上昇ポイント(7)]


<起床時>


1日の中で、血圧の変動が最も大きいのが、朝なんです。

就寝中に下がった血圧が、目覚めと共に 身体にエンジンをかけようとして、急上昇するんですね。


しかも、冬は身体が冷えて血管が収縮しているため、より血圧が上がりやすい状態なんです。


起床後1時間は、心筋梗塞の発生率が、最も高い時間帯。

特に注意しましょう。


起床時は血圧が上がりやすい



対策としては、目覚めてもすぐには、布団から出ないこと。

布団の中で横になったまま、2分から3分、手足をユラユラと動かして、血液循環を良くしましょう。




ドクネット


引き続き、渡辺尚彦 先生に、教えていただきます。


高血圧には、種類があるという。


「本態性高血圧」

高血圧の原因の9割を占める。

遺伝、塩分の摂り過ぎなどの生活習慣、ストレス、運動不足、肥満、加齢などが関係。


「二次性高血圧」

腎臓やホルモン異常などが原因。



さらに、気をつけねばならないのが、「脈圧」


 収縮期血圧=上の血圧。

 拡張期血圧=下の血圧。

この差を、脈圧と呼ぶ。


 上の血圧 - 下の血圧=脈圧

(例) 120-80=40

60以上は、要注意!


脈圧が「60」以上だと、動脈硬化が進行している可能性が。

そのままだと、血管が詰まる脳梗塞や、血管が破れる脳出血に、つながる可能性も。




高血圧の人は、特に冬場が要注意。

寒さで血管が収縮し、ダメージが生じるのだという。

そうすると、アクシデントが起こりやすいと。


どのような行動で血圧が上がるのかを理解し、血圧を上げる要因を重ねないようにしましょう。




数分で血圧を低下させる方法


ササミ
血圧を簡単に下げる方法を、渡辺先生が教えてくれました。


それは、ツボを押すこと。


<血圧を下げるツボ>


「合谷(ごうこく)」と呼ばれるツボを押します。

親指と人差し指の間にある、ツボのことですね。


ここを少し痛みを感じる程度に、強めに押すと、上半身の血管が開き、血圧が下がります。

1日3回、左右5分ずつ、押してください。



血圧を下げる合谷のツボ


痛みで一瞬上がりますが、15分くらいたってから測ると、前値に比べて、血圧は下がるとのこと。



さがねさんの血圧は、15分で、こう変化しました。


 上の血圧:146 → 132

 下の血圧:103 → 100





<高血圧対策として普段から気をつけるべきこと>


血圧が上がる大きな原因は、塩分の摂り過ぎ。

減塩を、徹底的に行いましょう。





たったこれだけ! 面白いように血圧が下がる渡辺式降圧生活のすすめ



ズボラでもみるみる下がる 測るだけ血圧手帳 (予約の取れないドクターシリーズ)






[関係する記事]

 → 「減塩水の豚汁+隠れ塩分に注意!」

 → 【動脈硬化】 簡単チェック法 アキレス腱&食後の眠気

 → 「メリハリ作戦で減塩&ラべリング効果」




関連記事




tag : 健康カプセル!ゲンキの時間 生活習慣病 高血圧 動脈硬化


<スポンサードリンク>



web拍手 by FC2

にほんブログ村 健康ブログへ

人気ブログランキングへ




FC2カウンター

 RSSリーダーで購読する

 メールで購読する



アーカイブ
 ためしてガッテンの
 アーカイブ 過去記事


 → 2011年 前半
 → 2011年 後半

 → 2012年 1月~3月
 → 2012年 4月~7月
 → 2012年 8月~12月

 → 2013年 1月~3月
 → 2013年 4月~6月

 → 食べ物・料理

 [全記事表示]

にほんブログ村 にほんブログ村へ

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

荒巻ケンコー

Author:荒巻ケンコー
カラダを労わるためのメモ帳。

栄養管理でメタボは脱出。
できるところから、他もメンテナンス。

最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【鳥取】 ラッキョウと薬味の健康効果 Jun 25, 2017
【すりおろしゴボウ】 作り方と保存法/ガッテン 3/3 Jun 22, 2017
【ごぼう】 甘くする方法と素揚げの作り方/ガッテン 2/3 Jun 22, 2017
【ゴボウ】 セルビア流 お茶の作り方/ガッテン 1/3 Jun 22, 2017
【ゴースト血管】簡単テスト&ルイボスティー効果/ゲンキの時間 Jun 18, 2017
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
忍者

検索フォーム Google

記事内検索フォーム。
Google
注目記事
注目記事
忍者

注目記事
広告
食べ物の記事
健康の新常識
ダイエット 痩身
検索フォーム FC2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Flashゲーム&占いおみくじ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
にほんブログ村
ブログパーツ