【脳動脈瘤手術】 坂井伸幸/健康カプセル! ゲンキの時間(2/2)


スーパードクター二人目は、神戸市立医療センター中央市民病院 脳神経外科部長 脳卒中センター長の坂井伸幸 先生。

人呼んで、巨漢のゴッドハンド。

未破裂脳動脈瘤の治療で、7500人以上の命を救ってきた。

先生の考える、医者の在り方とは?



2017年2月19日放送の「健康カプセル! ゲンキの時間」より、「密着名医!脳卒中&謎の病」からのメモ書きです。




ゲンキの時間 脳動脈瘤のスーパードクター 坂井伸幸




脳外科医 坂井伸幸 


ササミ
続いてのスーパードクターは、この方。

兵庫県は神戸市にある、神戸市立医療センター中央市民病院。

脳神経外科部長で 脳卒中センター長の、坂井伸幸 先生。


体重およそ 100kg という、巨漢です。

太い指で操るのは、およそ 1mm のカテーテル。

繊細な技術力が求められる 脳外科の権威なんです。


坂井先生が考える、医師の在り方とは?


先生は言います。

「僕らは、職人や」

「最新の技術、機器の上に成り立つ医療やから、あたかも すごいこと やってるみたいに見えるけど、ま、基本的にはさ、道具と経験を使いこなして、目的を達する」

「まあ、職人や」



そんな職人技が発揮されるのが、「未破裂脳動脈瘤の予防治療」


脳動脈瘤とは、血管の壁に強い圧力がかかり、膨れてできた、やわらかい瘤(こぶ)のようなもの。

一度破裂してしまうと、くも膜下出血を引き起こし、およそ半数の人は命を落とす危険性があるため、破裂する前に処置することが大切なんです。


脳は言うまでもなく、とてもデリケートな場所。

その治療には、細心の注意と、高い技術力が要求されるのだ。


先生は、この動脈瘤の破裂を防ぐ治療を、年間200例行い、これまで救った命は、7500人以上。

飛び抜けた治療件数にもかかわらず、驚異の成功率を誇っているのだとか。





[治療の現場]


61歳の女性、Bさん。

自覚症状は、まったくなかったという。


昨年の5月、5年ごとに受けていた脳ドックで、2つの動脈瘤が見つかりました。

検査入院の結果、その大きさが発覚。

旦那さんの強い勧めで、治療を決めました。


一般的に治療した方がよいとされている動脈瘤の大きさは、5mm 以上。

Bさんの場合、1つは 5.4mm ですが、もう1つは 2.8mm という小ささ。

小さい方は 一般的には治療しないでよいとされる大きさですが、2つが隣り合っているのが、悩ましいところです。


けた外れの経験を持つ坂井先生をも、悩ませる症例でした。




そして、手術の日を迎えた。


今回行うのは、「脳動脈瘤コイル塞栓術(そくせんじゅつ)」

太ももの付け根の大動脈から、脳までカテーテルを挿入。

丸くなるように形状記憶された プラチナ製のコイルを、動脈瘤の中に詰める方法です。

コイルが詰まった動脈瘤には、血液が流れ込まないため、破裂を防ぐことができるのです。

日本では、1997年3月から、保険適用になった。

血管内治療のため、X線で透視しながら、カテーテルを進めます。


まずは、全長およそ 150cm のカテーテルを、太ももの付け根から、動脈瘤の入り口まで進めていく。

ただ入れればいいというわけではなく、血流のわずかな抵抗を、指先で読み取り、血管のカーブに合わせて、微妙にスピードを調節していかねばならない。


坂井先生は、わずか1分で、動脈瘤の手前に到着させました。

これは、通常の倍以上の速さだという。


患者さんは、カテーテルが脳に入った状態で、先生と会話しています。

実は、局所麻酔なので、患者さんは起きたまま。

会話などで様子を見ながら、治療を進める。


患部に到達し、いよいよコイルを挿入します。

コイルを詰めすぎれば破裂し、隙間が残ると血流を止められない。

職人技がものを言うのだ。


コイルの放出を数回繰り返し、隙間なく詰めていく。

コイルを入れ始めてからおよそ20分で、大きい方の動脈瘤が終了しました。

続いて、小さい方に着手する。


小さい方が難しいはずですが、さずか10分で終了。


脳動脈瘤コイル塞栓術


治療は無事、終わりました。

通常3時間以上かかるという治療を、約60分という驚異的なスピードで完了。

治療時間を短くすることで、ストレスや薬の量を減らし、患者の負担を軽くできます。




坂井先生は言う。

「一番大事なことは、治療の目的を見失わないこと」

「予防治療だから、完全を目指して 危険なことをやってはいけません」



患者さんの不安を、全力で取り去る。

坂井先生は、これからの患者の人生をも考慮して、治療にあたっているんです。



「医者は、ひと言で患者さんを、ホントに毎日、暗くしてしまうことができる職業なので、『大丈夫だと思う』という ひと言をいう」

「大丈夫じゃなかった時の医者にとってのリスク。だから、予防線を、医者が張りすぎない」

「自分の身を守るために、患者さんを不愉快な思いにさせるくらいだったら、自分の身がちょっと危うくても、科学的な根拠とか、医者の勘で、これは大丈夫やと思ったら、あえて、あんまり予防線を張らない」

「滅多に起こりそうもないような危険を、誇大に説明しない」






今回密着した、二人のスーパードクター。

その素晴らしい技術の裏には、たゆまぬ努力と、燃えるような情熱が秘められていました。





脳動脈瘤がみつかったら (健康ライブラリーイラスト版)






前半の記事 → 【総合診療科】 スーパードクター 生坂政臣





[関係する記事]

 → 「総合診療医ドクターGスペシャル」

 → 【動脈硬化】 簡単チェック法 アキレス腱&食後の眠気




関連記事




tag : 健康カプセル!ゲンキの時間 脳卒中 動脈硬化


<スポンサードリンク>



web拍手 by FC2

にほんブログ村 健康ブログへ

人気ブログランキングへ




FC2カウンター

 RSSリーダーで購読する

 メールで購読する



アーカイブ
 ためしてガッテンの
 アーカイブ 過去記事


 → 2011年 前半
 → 2011年 後半

 → 2012年 1月~3月
 → 2012年 4月~7月
 → 2012年 8月~12月

 → 2013年 1月~3月
 → 2013年 4月~6月

 → 食べ物・料理

 [全記事表示]

にほんブログ村 にほんブログ村へ

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

荒巻ケンコー

Author:荒巻ケンコー
カラダを労わるためのメモ帳。

栄養管理でメタボは脱出。
できるところから、他もメンテナンス。

最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【交通事故防止】 4秒ルールと踏み間違い防止ペダル/ガッテン Apr 27, 2017
【天気痛】 耳マッサージ&スマホアプリ/ゲンキの時間 Apr 23, 2017
【強い心臓を作る方法】 心拍数110/ガッテン Apr 20, 2017
【脳疲労】 慢性疲労症候群/健康カプセル! ゲンキの時間 Apr 16, 2017
【緑内障】 なりやすい人は? コンタクトレンズ型眼圧計/ガッテン Apr 13, 2017
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
忍者

検索フォーム Google

記事内検索フォーム。
Google
注目記事
注目記事
忍者

注目記事
広告
食べ物の記事
健康の新常識
ダイエット 痩身
検索フォーム FC2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Flashゲーム&占いおみくじ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
にほんブログ村
ブログパーツ