【青木功 江連忠】 ゴルフ上達ストレッチ/ゲンキの時間


江連プロに教えてもらう、スコアアップの秘訣。

<脱! 力み>

アンギュラーモーションで、チェック。

肩甲骨ストレッチで、やわらかくする。



青木功さんに学ぶ、柔軟性の大切さ。

上手くなりたいなら、努力する。


ゴルフ上達への道。

・バレリーナ風 筋膜リリース。

・腰痛予防にも! 股関節ターン。


ルーティンの大切さ。



指導:首都大学東京 健康福祉学部 理学療法学科 竹井仁 教授。

ゲスト:モト冬樹。

ゲンキスチューデント:春香クリスティーン。

ゲンキリサーチャー:X-GUN(西尾季隆&さがね正裕)。



2017年4月30日放送の「健康カプセル! ゲンキの時間」より、「~ 世界の青木が教える ~ ゴルフのスコアアップ&マル秘健康法」からのメモ書きです。




ゲンキの時間 世界の青木 ゴルフ上達法




江連プロのコーチング


ササミ
今週のテーマは、「ゴルフ」

あの世界の青木が、スコアアップの秘密を教えてくれます。

「あんまり、こういう風に、言いたくないよ」

「だって、俺の財産だもの」

そう前置きする秘訣とは?


カリスマコーチが教える、飛距離アップ術も、大公開だ!


そこには、ゴルフをやらない人にも通じる、健康のヒントが。




スコアが伸び悩むゲンキチャレンジャー二人と一緒に、X-GUNの二人が向かったのは、こちら。

東京都は港区にある、ETGA東京校。

校長である 江連忠(えづれ ただし)プロに、教えていただきます。

江連プロは、片山晋呉プロ、上田桃子プロなど、世界で活躍するプロゴルファーを数多く指導してきた、プロを教えるプロの第一人者なのだ。



まずは、シミュレーターで、飛距離を測定します。

画面に向けてボールを打つことで、方向や飛距離を計測してくれる。


そこで、問題点が見えてきました。

江連プロは言います。

「身体の使い方を理解したら、必ずうまくなります」



<スコアアップの秘訣>

 脱! 力み。



遠くへ飛ばそうとすればするほど、思わず力が入ってしまいますよね。

でも、それが、スイングを台無しにしてしまうのです。



<力みがダメな理由>


(1) 姿勢が悪くなる。


力みと姿勢


悪い方は、窮屈ですね。余計な力が入っている。

よい方は、自然体だ。リラックスして構えている。



 姿勢が悪い → 手に力が入っている → 力任せに振る。


「これではボールを打っただけで、スイングとは言わない」と、江連プロ。



「アンギュラーモーション」という器具で、力んでいるかどうかが分かるという。

腕に力が入ると、ボールの手前で音が鳴ります。

力が入ってないと、ボールの先で鳴る。


アンギュラーモーション


これで、脱力スイングかどうか、チェックできるのだ。



でも、なぜ、力むと、伸び伸びしたスイングができないんでしょう?

これを、体感しちゃいましょう。


まず、楽に、気をつけをする。

そのまま手を上げて、頭上で、両手の甲を合わせてください。

これを、手にちょっと力を入れてやると、できなくなりませんか?


力を入れると…


腕に力を入れただけで、肩関節の可動域が、大幅に減少するんです。


 力を入れる → 関節が動きにくくなる → 良いスイングができない




しかし、力を抜いて、正しい姿勢でスイングしたとしても、新たな邪魔者が…。

それは、「凝り固まった肩甲骨まわり」。

ここをやわらかくすることで、力まず自然に振りぬくことができるのだとか。


江連プロによれば、長くやってるプロゴルファーたちは、みんな肩甲骨がやわらかいのだとか。

石川遼くんなどは、その典型。




<肩甲骨ストレッチ>


フェイスタオルを1枚、用意します。


肩幅程度にタオルを持ち、左右に引っ張らせながら、頭の後ろで、ゆっくり上下させてください。

大切なのは、肩甲骨を動かすことを意識して、呼吸を止めずに行うこと。

痛みを感じない程度で、1日に15~20回を目安に、行いましょう。



肩甲骨ストレッチ





青木功流ストレッチ


ササミ
ゴルフ界のレジェンド、世界の青木も、柔軟性を大切にしています。

身体をやわらかくする努力を、長年続けてきたという。


青木功さんといえば、国内外のツアーで通算80勝。

2004年には世界ゴルフ殿堂入りを果たし、2008年には紫綬褒章を受賞しています。

75歳を目前にし、今なお現役。

その若さを支える青木流ストレッチについて、教えていただきましょう。


まずは、ゴルファーにとっての「ストレッチの重要性」から。


青木さんは言います。

「お相撲さんって、股を開いて、身体がつくでしょ?」

「だから、転んでも、ケガしないのよ」

「ゴルファーは、肩甲骨って、こう(ストレッチを)やるじゃない」

「この肩甲骨がうんと動けば動くほど、身体は自然に、可動範囲が広くなるわけ」

「その動きが、ゴルフに適してる」



青木さんは、毎日 数十種類のストレッチを行っているのだそう。

その一部を、見せていただくことに。


自分でトレーニングしだしたのは、24~25歳だという。

なので、かれこれ50年。

「継続は財産なり」ですね。


前屈も、床にピッタリつく。


ゴルファーの筋肉は、硬くてはダメ。

上側ではなく、下側(内側)の細い筋肉を鍛える。


スイングの軸となる「体幹」のトレーニングも、怠りません。

股関節も、やわらかい。


青木功さんのストレッチ


「自分の身体を、どれだけやわらかく使えるかっていうのが、ゴルフなんですよ」と、青木さん。


でも、最初は、億劫だったという。

でも、やらないと、自分の好きなゴルフができない。

勝ちたい、長くやりたい、そのためにはやるんだと、自分に言い聞かせたのだ。

「ゴルフを仕事にしたんだから、上手くならなきゃいけないんだよ」

上手くなりたいなら、努力すること。

「やりたいことをやりたいなら、そのくらい努力しましょうや」



青木さんの活躍の裏には、50年間 毎日休まず続けてきた、地道な身体づくりがあったのです。




竹井仁先生の上達法


ササミ
さてさて、ゲンキチャレンジャーたちですが、ストレッチを中心に、江連プロから、身体の使い方を学びました。


そうなると、その成果が気になりますよね。

ほとんどグラブには触ってなかったのですが、1日の終わりに、どうなっているか?


その結果が、こちら。


 Aさん:194 → 221ヤード。

 Bさん:151 → 218ヤード。

 西尾さん:115 → 150ヤード。


力が抜けた、いいスイングになってます。

脱 力みに、ストレッチ。

大事なんですね。





さてここからは、ゴルフと健康に詳しい、スペシャルなドクターに、教えていただきましょう。

首都大学東京 健康福祉学部 理学療法学科の、竹井仁 教授です。

竹井先生は 理学療法士でありながら、「ゴルフ フィジオセラピスト オフィシャルインストラクター」という資格も持っているんです。


ゴルフ フィジオセラピスト オフィシャルインストラクターとは、ヘルシーゴルフを目的に、ゴルファーの身体のメンテナンスや、ケガの予防につながるフォームを指導する資格のこと。



肩甲骨まわりのほかに、どのような大切な箇所があるのでしょう?


それは、「広背筋」だという。

骨盤の後ろから、肩までの、非常に広く長い筋肉です。


テイクバックの時に、左腕が伸びるかどうか?

フォロースルーの時に、右腕が伸びるかどうか?

こういうところに、作用するらしい。



<ゴルフ上達への道>



<バレリーナ風 筋膜リリース>


(1) 右足に体重をかけ、左のヒザを少し曲げます。

(2) 右手のひらは、顔に。左手の甲は、お尻に。

(3) そのまま、右手は天井へ、左手は床へ、同時に伸ばす。

上下に動かしてください。

(4) 30~45秒キープした後、上体を左にひねる。

上体をひねった状態で、30~45秒キープ。

(5) 1日に3回が目安です。

ヒジが開かないよう、注意してくださいね。



バレリーナ風 筋膜リリース



竹井先生によると、洗濯物を干すなど、腕を上げる時の肩や腰への負担が減るとのこと。




次は、股関節です。

男性は、股関節のひねりの動きが、硬い人が多いらしい。

なので、腰でカバーしようとしてしまう。

これが、腰痛の原因に。




<腰痛予防にも! 股関節ターン>


転倒防止のため、イスなどに手を添え、行ってください。


(1) 右足のつま先を、軽く地面に着けます。

(2) 左の股関節を軸に、上半身をターンさせましょう。

骨盤と肩は、一枚の板。

その板を回す感じ。

(3) 目安は、左右それぞれ10回を、3セットです。



股関節ターン

 



ルーティンの大切さ


ササミ
最後に、三宅さんから、ド直球な質問が。

「どうやったら、ゴルフ上手くなりますか?」



そこで、こんなクイズが出ました。



Q)次の画像は、ボールを打つ時の様子をイメージした、脳の活動です。どちらが、プロゴルファーの脳活動でしょう?


脳の活動











答えは、「B」


でも、集中力が高いはずのプロの脳が、どうして、活性化してないんでしょうね。


脳の働きに詳しい専門家に、教えてもらいましょう。

杏林大学の名誉教授で 精神科医の、古賀良彦 先生。

「これが、ルーティンによる効果ですね」


ラグビーの五郎丸選手で注目された、ルーティン。

決まった動作をすることで、普段通りの実力を発揮する効果があると言われています。


実は、青木功さんにも、ルーティンが。

シャツの左肩をつまむ、あれです。


プロゴルファーの脳が活性化していないのは、活動が低下しているからではありません。

「限りなく平常心」だということなんです。


一方、アマチュアゴルファーの場合、あれこれ考えすぎているんですね。

これが、力みにつながっている。



古賀先生は、ルーティンを生活に取り入れることで、病気やケガの予防に役立つと期待しているのだとか。


例)

 風呂上がりに、体重をはかる。

 就寝前に、コップ1杯の水を飲む。

 朝起きたら、布団から出て、伸びをする。


このような決まりを日常生活に設けるというもの。

ルーティンにしておくだけで、不調に気づきやすいのだとか。



ゴルフや日常に「ルーティン」を取り入れて、生活のスコアもアップしちゃいましょう!





青木功「体」の奥義―「プロ生活50年、72歳まだまだ現役」を可能にした考え方とエクササイズ



NHK 趣味悠々 江連忠の出直しゴルフレッスン Vol.1 [DVD]






[関係する記事]

 → 「リズムとオノマトペで上達、ゴルフに料理!」

 → 「肩こりの原因はシワ! 筋膜リリース法&ストレートネック」

 → 「ハムストリングス&肩甲骨 ストレッチ」




関連記事




tag : 健康カプセル!ゲンキの時間 ストレッチ 腰痛・関節痛


<スポンサードリンク>



web拍手 by FC2

にほんブログ村 健康ブログへ

人気ブログランキングへ




FC2カウンター

 RSSリーダーで購読する

 メールで購読する



アーカイブ
 ためしてガッテンの
 アーカイブ 過去記事


 → 2011年 前半
 → 2011年 後半

 → 2012年 1月~3月
 → 2012年 4月~7月
 → 2012年 8月~12月

 → 2013年 1月~3月
 → 2013年 4月~6月

 → 食べ物・料理

 [全記事表示]

にほんブログ村 にほんブログ村へ

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

荒巻ケンコー

Author:荒巻ケンコー
カラダを労わるためのメモ帳。

栄養管理でメタボは脱出。
できるところから、他もメンテナンス。

最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【天然甘味料】ネイチャスイートソース/ゲンキの時間 May 28, 2017
【低栄養】 高齢者は 肉を食べよう 10食品群チェックシート/ガッテン May 25, 2017
【新ストレッチ法】 ゆらゆら コロコロ ぐ~るぐる/ゲンキの時間 May 21, 2017
【アルツハイマー病&認知症予防】 睡眠とマインド食/ガッテン May 20, 2017
【アルツハイマー病】 原因は アミロイドβの排出だった/ガッテン May 19, 2017
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
忍者

検索フォーム Google

記事内検索フォーム。
Google
注目記事
注目記事
忍者

注目記事
広告
食べ物の記事
健康の新常識
ダイエット 痩身
検索フォーム FC2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Flashゲーム&占いおみくじ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
にほんブログ村
ブログパーツ