【新ストレッチ法】 ゆらゆら コロコロ ぐ~るぐる/ゲンキの時間


肩コリ、腰痛に、悩んでいる人は、多いですよね。

でも、ストレッチは、なかなか続かない。

楽にできるものは、無いものか?


実は、あったんです。

キーワードは、「ゆらゆら コロコロ ぐ~るぐる」。

姿勢まで、良くなっちゃうんです。


指導:東葉コンディショニング 東京院 岡山茉未 院長。

ドクネット:慶應義塾大学 医学部 スポーツ医学総合センター 松本秀男 教授。

ゲンキスチューデント:滝裕可里。

ゲンキリサーチャー:木本武宏(TKO)。



2017年5月21日放送の「健康カプセル! ゲンキの時間」より、「~ 全く痛くない! 革命的ストレッチ ~ ゆら・コロ・ぐる で肩コリ腰痛 大改善!」からのメモ書きです。




ゲンキの時間 革命的ストレッチ ゆら・コロ・ぐる で肩コリ腰痛 大改善!




姿勢チェック


ササミ
街のみなさんに、気になる身体の不調について、聞いてみました。

すると、こんな答えが。


 ・肩コリがひどいです。

 ・どうも、腰と肩が痛い。

 ・腰痛で困ってる。


肩コリや腰痛となると、改善してくれるのが、ストレッチです。

でも、これがなかなか続かない。


そこで今回は、画期的なストレッチが紹介されちゃったのだ。

面倒くさがりでも、身体ガチガチでも、大丈夫!

キーワードは、ゆらゆら、コロコロ、ぐ~るぐる。



向かったのは、東京都は千代田区にある整体院。

「東葉コンディショニング 東京院」です。

整体師で院長である、 岡山茉未さんに、効果絶大な簡単ストレッチを教えてもらいましょう。


岡山先生が教えてくれるのは、身体の歪みを整えることを目的としたストレッチです。

バランスを整えていくことで、筋肉への負荷が分散するのだ。



と、ここで、肩コリや腰痛に悩むゲンキチャレンジャー4人が登場。


 Aさん(60歳女性):肩コリ+腰痛

 Bさん(54歳女性):肩コリ+腰痛

 Cさん(54歳男性):肩コリ+腰痛

 Dさん(55歳男性):肩コリ



つらい肩コリや腰痛ですが、その要因の多くが、日常生活の姿勢やクセにあるといいます。


これについて、専門家の話を聞いてみましょう。

慶應義塾大学 医学部 スポーツ医学総合センターの 松本秀男 教授。

「頭って、けっこう重いんですよ」

「この重い頭を支えるのは、体幹があって、そして、足で支えてるんですけど、これが姿勢が悪いとですね、本来の真ん中に体重がかからないと」

「そうすると、余分な肩の筋肉、それから腰の筋肉、いろんな余分な筋肉を使うので、肩コリが起こったり、腰に負担がかかったり、こういうことが起こります」


悪い姿勢は、肩コリや腰痛の要因に!



そこで、木本さんとゲンキチャレンジャーの姿勢をチェックすることになりました。

「姿勢診断システム」を使って、詳しく測定します。

身体の17か所にシールを貼り、前後左右の姿勢を、カメラで撮影。

その画像を、パソコンで解析するのだ。


(1) は、理想の姿勢。

おへそと眉間を結ぶラインが、垂直の赤い線上に重なっています。

横は、耳と肩とヒザが、一直線上に並んでいますね。


(2) は、木本さん。

横から見ると、理想に近い。

でも、正面から見ると、眉間の位置が少しずれています。

さらに、肩は右が 5ミリ下がり、腰は左が 3ミリ下がっていました。


姿勢チェック



(3) Aさんの場合。

アゴ先や眉間の中心線が、全体的に左寄りに。

横から見た時も、肩の位置が前に入っている。


(4) Bさんの場合。

おへそから眉間にかけてのラインが、真ん中からズレています。

横から見ると、ヒザは線から前に出ているのに、肩と耳は線より後ろです。

全体的に、後傾姿勢だ。


姿勢チェック



(5) Cさんの場合。

額の位置が、中心線からズレています。

横は、耳の位置が前に出ているので、猫背型。


(6) Dさんの場合。

横から見ると、耳の位置が大きく前に出ています。

前傾姿勢ですね。

正面では、右肩が 3センチ以上下がっていました。


姿勢チェック





続いて、腰の痛みや張りにもつながる、腰まわりの筋肉チェックを。


松本先生が、すぐにチェックできる方法を教えてくれました。

「腰まわりの筋肉が硬くなっている人は、ヘソの部分の筋肉が伸びにくくなっていますので、前屈すると、それが伸ばされる」

「したがって、前屈しづらいということが、起こります」


前屈がしにくい人は、腰まわりの筋肉が硬くなっている可能性大!


ゲンキチャレンジャーのみなさんも、こんな結果に。


 Aさん:床上7センチ

 Bさん:床上30センチ

 Cさん:床上17センチ

 Dさん:床上27センチ


みなさん、床に手がつきませんでした。




3つの簡単ストレッチ


ササミ
さあ、ここからが本題です。

身体が硬い人でもできる簡単ストレッチを伝授してもらいましょう。


ストレッチのキーワードは、「ゆらゆら」「コロコロ」「ぐ~るぐる」





<ゆらゆらストレッチ>


(1) イスに 浅めに腰をかけて、かかとを揃えます。

(2) ヒザの先端に、指を当ててください。

真上から見て、長さを調べます。

この時、ズレがないか確認する。

(3) 短くなっていた方の足を上にして、組みましょう。

(ヒザ先までが短い方の足を上に!)

(4) 軽く手をそえ、下の足を 10~20回 ゆらゆらと 揺らしてください

(5) 再び ヒザまでの長さを測って、改善していれば、OK!



(注意:痛みがある方、しびれなどがある方は、お控えください)


ゆらゆらストレッチ


ゲンキチャレンジャーには、ズレがありました。

長さが違っているようです。

でも、ストレッチを終えると、差が小さくなっていました。



松本先生の解説。

骨盤は、座り方やクセで、傾くことがあるんです。

ヒザを組んで骨盤の周囲の筋肉を動かすことで、そこがやわらかくなる。

それによって、骨盤が正常な位置へと戻りやすくなるのだ。





<コロコロストレッチ>


特に、腰痛の人におススメだという。


(1) 骨盤を転がすように、前後に動かします。

上から吊るされているようなイメージで、肩の位置は動かさないのが、ポイント。

(2) 骨盤をコロコロと転がすように、30回くらい 前後させてください。



コロコロストレッチ






<ぐるぐるストレッチ>


これは、肩コリの方におススメ。


(1) 両手を正面で組み、ぐるぐると 10回まわします。

左に10回まわしたら、次は、右回りで10回。

(2) 少し上の位置でも、両方向に、10回くらいまわしてください。



ぐるぐるストレッチ





3つのストレッチを行った、ゲンキチャレンジャーたち。

これで腰まわりの筋肉は、どうなったでしょうか?

前屈で、チェックします。


すると、このような結果に。


 Aさん:床上7センチ → -15センチ

 Bさん:床上30センチ → -45センチ

 Cさん:床上17センチ → -17センチ

 Dさん:床上27センチ → -14センチ


みんな、驚くほど改善しています。

腰まわりの筋肉が、ほぐれたようですね。



スタジオの3人さんも、こんなに改善されていました。


 三宅裕司さん:床上4.4センチ → -1センチ

 渡辺満里奈さん:床上1.4センチ → -1.6センチ

 滝裕可里さん:床上5センチ → -5センチ




ドクネット


引き続き、慶應義塾大学 医学部 スポーツ医学総合センターの 松本秀男 教授に、教えていただきます。


医学的な見地から、3つのストレッチは、どうなんでしょうか?


運動には3種類あると、松本先生は言います。

1つは、筋肉を鍛える、筋トレ。

もう1つは、筋肉を伸ばす、ストレッチ。

さらに、関節を動かす運動。


 (1) 筋肉を鍛える

 (2) 筋肉を伸ばす

 (3) 関節を動かす


コロコロストレッチは、腹筋・背筋を伸ばすと同時に、脊柱の関節を動かしています。

ぐるぐるストレッチは、筋肉を伸ばすと同時に、肩甲骨などの関節を動かしている。

このように、2つを同時にやっているところが良いと、松本先生。



ストレッチは関節が やわらかくなるので、年配の方や運動不足の人にも、おススメ。

ただし、急にハードなストレッチをやると、関節などを痛めるので、注意が必要です。

ゆるいストレッチから、徐々に始めましょう。



ストレッチは繰り返すことで、筋肉や関節がやわらかくなってきます。

なので、個人差はありますが、肩コリや腰痛が改善する可能性はある。

(腰痛は、筋肉の硬さに起因する場合です)



肩コリ腰痛の予防については、同じ姿勢をずっとしているのは、よくない。

特に、悪い姿勢を続けるのは、よくありません。



また、腰痛といっても、いろんな病気があります。

単に筋肉が硬くなっているだけの腰痛だったらいいのですが、もともとの病気があったりすると困るので、痛みが強い場合や、しびれなどの症状がある人は、整形外科で診断を受けてください。




ストレッチの効果


ササミ
ゲンキチャレンジャー4人に、3種類のストレッチをそれぞれ、1日3セット、1週間続けてもらいました。


さて、その成果は?



みなさん、肩コリ、腰痛ともに、改善したと感じたそうです。


Aさんは、足が高く上がるようになりました。


Bさんは、特に肩こりの改善を実感。

腕を上げるのも嫌だったのが、苦もなくやれるようになった。


Cさんは、肩のコリが、バキバキから、フニャフニャに。

腰も、ここ最近、違和感があったのが、普通に生活できるようになった。




姿勢も、改善されていました。


Bさんは、身体の軸が、かなり中心に近づいています。

前方に出ていたヒザの位置も、理想のラインに近づきました。


左右前後のバランスが悪かった Dさんも、だいぶ中心線へと近づいています。




簡単なストレッチでも、肩コリ腰痛だけでなく、姿勢にも良い兆候が!


難しくないので、ストレスなく続けられるのが、いいですね。





簡単しながらエクササイズ (エイムック 2545)






[関係する記事]

 → 「斑目先生の首コリほぐし&チェック方法」

 → 「転倒防止&肩こり解消 ふりふりストレッチ」

 → 「タイプ別肩こり解消法」




関連記事




tag : 健康カプセル!ゲンキの時間 腰痛・関節痛 肩こり


<スポンサードリンク>



web拍手 by FC2

にほんブログ村 健康ブログへ

人気ブログランキングへ




FC2カウンター

 RSSリーダーで購読する

 メールで購読する



アーカイブ
 ためしてガッテンの
 アーカイブ 過去記事


 → 2011年 前半
 → 2011年 後半

 → 2012年 1月~3月
 → 2012年 4月~7月
 → 2012年 8月~12月

 → 2013年 1月~3月
 → 2013年 4月~6月

 → 食べ物・料理

 [全記事表示]

にほんブログ村 にほんブログ村へ

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

荒巻ケンコー

Author:荒巻ケンコー
カラダを労わるためのメモ帳。

栄養管理でメタボは脱出。
できるところから、他もメンテナンス。

最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【鳥取】 ラッキョウと薬味の健康効果 Jun 25, 2017
【すりおろしゴボウ】 作り方と保存法/ガッテン 3/3 Jun 22, 2017
【ごぼう】 甘くする方法と素揚げの作り方/ガッテン 2/3 Jun 22, 2017
【ゴボウ】 セルビア流 お茶の作り方/ガッテン 1/3 Jun 22, 2017
【ゴースト血管】簡単テスト&ルイボスティー効果/ゲンキの時間 Jun 18, 2017
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
忍者

検索フォーム Google

記事内検索フォーム。
Google
注目記事
注目記事
忍者

注目記事
広告
食べ物の記事
健康の新常識
ダイエット 痩身
検索フォーム FC2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Flashゲーム&占いおみくじ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
にほんブログ村
ブログパーツ