「がん発見!最先端SP リンチ症候群/ためしてガッテン」

今週のテーマは、ずばり “がん”

医療や技術の進歩により、がんの超早期発見が可能になっているといいます。

「見つけたい大腸がんが、ほぼ100%見つかる」との言葉まで。

直径1㎜ の がんも、見逃さないのだとか。

さらには、10万個の細胞の中から、たった1個のがん細胞を見分ける方法も、開発された。

そして驚くことに、将来どんな がんになりやすいのか、遺伝子でわかる検査まであるといいます。


2月2日放送の「ためしてガッテン」より、「がん発見!最先端SP」からのメモ書きです。





がんはどこまで治せるのか―すべての疑問に専門医が答える





がん探知犬


九州大学医学部では、犬が がん患者を嗅ぎ分ける能力を研究しているのだそうです。

番組の映像では、ラブラドール・レトリバーのマリーンちゃんが、腎臓がんの患者の吐く息を嗅ぎ分ける実験をしていました。

結果は、百発百中とのこと。

大腸がんでも、脅威の正解率だったそうです。

 → 「がん探知犬の患者かぎ分け 成功率9割超」:イザ!
 → 犬の嗅覚は大腸内視鏡検査に匹敵-がん「特有の臭い」、検査法改善も - Bloomberg




つらくない、夢の内視鏡

大腸がんの患者さんの数は、1975年には2万人でした。

それが2005年には、10万にまで増え、5倍の数に。


大腸がんの検査と言えば、大腸内視鏡が思い浮かびますよね。

テレビの企画などでも、やったりします。

お尻から内視鏡を入れる、あれ。

ちょっと、抵抗がありますよね。


でも、今、まったく新しい検査法ができたらしい。

しかも、それを使うと大腸のがんがほぼ100%見つかるといいます。

そんなこと言って、大丈夫なの?


さっそく検査を受ける、番組スタッフ。

むむ? CT?

え? CTで検査しただけなのに、内視鏡のような画像が。

これって、どういうこと?


これは、“CT撮影による仮想内視鏡

特殊なCTで撮った体の中の画像をデータ化して、大腸の部分だけを忠実に、CGで再現するんだって。

大腸の長さや太さはもちろん、内部のひだ 一つひとつの形まで、そのまま映し出してくれます。


仮想内視鏡の利点は、

・視点の向きを自由に変えられること
 これなら、ひだの裏側のポリープも見つけられる

(普通の内視鏡だと、前方しか見ることができません)

・大腸を切り開いた状態で見ることが可能
 全体を一望でき、ひだも邪魔になりません



実際にカメラを飲むわけではないから、痛くありません。

また、お尻を見せるわけでもないので、恥ずかしくない。

それでいて見つけやすいのですから、仮想内視鏡、恐るべし!



ただ、今までの内視鏡にもメリットがあって、

早期発見したら、その場で切除もできます

というわけで、

仮想内視鏡でまず検査をして、異常があった場所を、通常の内視鏡で再検査する、という方法がいいのではないかと。



[dimension 仮想内視鏡 大腸解析]




ちなみに、仮想内視鏡の費用は、国立がんセンターで、3万円

このレベルの施設があるのは、全国で10か所ほどだということです。




見えない肺がんを見つける検査


肺がんの検診といえば、胸部X線と “喀痰細胞診”(かくたんさいぼうしん)

肺のどこかに がん細胞ができると、その一部は剥がれ落ちる。それが外から入って来たチリやホコリなどと一緒に、痰(たん)となって体の外に運ばれます。

喀痰細胞診では、顕微鏡を用いて、痰に含まれる肺の細胞を調べる。

そこで形や大きさを頼りに、がんなど異常な細胞を、一つひとつ目で探すんですね。


ただ、1枚のスライドガラスには、数千もの細胞が含まれるといいます。

それを1日に100枚も見るというのですから、これはたいへん。

そして早期の場合、がん細胞がうまくスライドガラスに乗るかどうかという不安も。

痰の一部を乗せるので、含まれない場合もあるんですね。


そんな中、新しい検査方法が。

その方法を発見した間野博行 教授は、「極めて好感度に、しかも極めて正確に、ほとんど間違いないほどの正確性をもって、肺がんを見つけることができます」と言います。

その精度は、細胞100万個の中に がん細胞が10個あるだけでも見つけられるのだとか。


痰を検査するのは、通常の検査と同じです。

ただ次に、薬剤と混ぜて、細胞を溶かす。

それを使って検査するんですね。


喀痰細胞診では、細胞の形や大きさを見て検査していました。

なのに、この検査では、細胞を溶かしてしまった。

それでどうやって、肺がんだと分かるんでしょうか?


この検査で調べているのは、遺伝子

遺伝子とは大雑把にいえば、細胞のための設計図。

いうなれば、分厚い本のようなイメージです。

およそ2万3千項目の情報が書かれている。

例えばあるページでは、「一定間隔で分裂せよ」という細胞への指令が書き込まれています。

ところが、発がん物質が、この設計図を傷つけてしまいます。

結果、例えば、「どんどん水分補給せよ」と「一定間隔で分裂せよ」という指令がそれぞれ壊され、「どんどん分裂せよ」という指令に書き換えられたりする。


間野教授が発見した検査では、細胞の中の遺伝子に注目します。

なので、一度細胞を溶かして、検査する。

上の例でいえば、本を分解して、1ページ1ページ広げるんですね。

そして、その中に異常がないか調べる、というわけ。

これが、「極めて好感度に、しかも極めて正確に、ほとんど間違いないほどの正確性をもって、肺がんを見つけることができます」と言われた理由です。

検査漏れがありません。



注意したいのは、肺がんにも種類があって、すべての肺がんにこの検査が適用できるわけではないそう。

ただ、50歳以下の肺がんの人の3人に1人は、この検査で見つかるタイプなのだそうです。




リンチ症候群


ある女性は、今から28年前に、子宮体がんが発見されました。

幸い、手術は無事成功。しかし、この後、思わぬことが。

その2年後に、胃がんが判明したのです。

早期発見のため、この胃がんは内視鏡で切り取ることができました。

が、6年後、今度は大腸がんが発覚。

その後も次々と、胃がんや大腸がんが見つかります。

結局、84歳までに、13回も がんにかかることになってしまった。


これは、どういうことなんでしょう?


どうもこの方は、がんになりやすい体質なようなのです。

リンチ症候群というのが、それ。遺伝性大腸がんのひとつです。

リンチ症候群の方では、70歳までに大腸がんになる確率が 70%

子宮体がんでは 40%に。

日本人の場合は、胃がんの発症率も高く、45歳ころから発症するそう。


最近の病院では、遺伝カウンセリングというものが受けられるらしい。

家族の状況、本人のがん履歴などから、遺伝要因の有無を判断。遺伝子検査をするかどうか、本人と相談して決めます。

そして、がんにかかりやすい体質と診断された方には、計画的な がん検診を行ってもらう。


定期検診して早期発見し、ちゃんと対応すれば、元気に暮らすことも可能に。

上述の女性は、今もお元気です。




今ここにある脅威


日本人男性が生涯で がんになる確率は、50%

女性の場合は、41%

にもかかわらず、がんの検診率2割台だといいます。

しかも、検査する人は、普段から健康に気をつけていたりする。

健康をあまり気にしない8割が、検診を受けていないのです。


上の数字を見れば、およそ2人に1人が がんになることになります。

そして、肺がんや胃がん、大腸がん、乳がん、子宮頸がんなどは、検診を受けることで早期発見につながり、死亡率が下がることが分かっているという。

しかも、検査方法は比較的簡単で、価格も安くなってきています。

ちょっとの手間で、大きな危機を避けられるんですね。


国立がん研究センターの森山紀之センター長は、誕生日に行くとか、何らかのきっかけを作ることを推奨しておられました。


市区町村のがん検診は ずいぶん受けやすくなっており、

・ハガキ、広報、健康カレンダーなど、お知らせが届く
・検査がまとめて受けられる場所も多くなってきた


まずは検査で、自分を守ろう!




がんの危険度チェック


喫煙する人

 肺がんにかかる確率が、男性で4.4倍、女性で2.8倍。
 子宮頸がんになる確率が、2.3倍(死亡の確立)


肥満の人

 大腸がんになる確率が、男性で1.4倍。(BMIが 27以上の人と25以下の人の比較)
 子宮体がんになる確率が、4倍。(BMIが 30以上の女性と 18.5~24.9の人の比較)

( BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m) )
(数字を入力すると計算してくれます → BMI計算


飲酒する人

 大腸がんになる確率が、男性で2倍。(日本酒換算で、1日2合~3合飲む人)
 乳がんになる確率が、女性で1.7倍。(日本酒換算で、1日1合以上)


糖尿病の人

 肝がん(男性)が、2.2倍。
 腎臓がん(男性)が、1.9倍。
 胃がん(女性)が、1.6倍。


ピロリ菌に感染している人

 ピロリ菌に感染して高血糖(HbA1cが 7以上)の場合、胃がんが4倍。
 ピロリ菌に感染して喫煙している場合、胃がんが11倍。



 番組HP → がん発見!最先端SP : ためしてガッテン - NHK





がんは8割防げる (祥伝社新書)



今日の治療薬2011







検査が手軽になったとはいえ、どうしても億劫になる、がん検査。

でも、した方がよさそうですね。

年齢の節目には市区町村からハガキが届くし、場合によっては無料だったり、安くなったりするみたいです。

病気の怖いところは、放っておくとどんどん進行することなので、やっぱり検査は大事。

早期発見、早期治療を心がけたいですね。

これが体の基本なのかな。



NHKためしてガッテン カンタン!極うま!火加減レシピ




関連記事




tag : ためしてガッテン がん


<スポンサードリンク>



web拍手 by FC2

にほんブログ村 健康ブログへ

人気ブログランキングへ




FC2カウンター

 RSSリーダーで購読する

 メールで購読する



アーカイブ
 ためしてガッテンの
 アーカイブ 過去記事


 → 2011年 前半
 → 2011年 後半

 → 2012年 1月~3月
 → 2012年 4月~7月
 → 2012年 8月~12月

 → 2013年 1月~3月
 → 2013年 4月~6月

 → 食べ物・料理

 [全記事表示]

にほんブログ村 にほんブログ村へ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

荒巻ケンコー

Author:荒巻ケンコー
カラダを労わるためのメモ帳。

栄養管理でメタボは脱出。
できるところから、他もメンテナンス。

最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【水中運動】 ART&お風呂ストレッチ 須藤明治/ゲンキの時間 Aug 13, 2017
【認知症】 接する時のポイント/きょうの健康 Aug 10, 2017
【熱中症クイズ】 室内でも要注意な理由と対策/ゲンキの時間 Aug 06, 2017
【部屋を広く見せる方法】 ホームステージング/ウラマヨ Aug 03, 2017
【不応性貧血】 樋口大悟さんの体験/ゲンキの時間 後編 Jul 30, 2017
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
忍者

検索フォーム Google

記事内検索フォーム。
Google
注目記事
注目記事
忍者

注目記事
広告
食べ物の記事
健康の新常識
ダイエット 痩身
検索フォーム FC2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Flashゲーム&占いおみくじ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
にほんブログ村
ブログパーツ