【鳥取】 ラッキョウと薬味の健康効果


らっきょうの里「福部町」の料理。

焼きらっきょう、カツ、佃煮、ドレッシング。


<健康効果>

食物繊維が豊富で、その多くは水溶性のフルクタン。

血糖値の上昇やコレステロール値の増加を、抑制してくれる。

アリシンには、抗がん作用も。


<3つの薬味>

みょうがは、夏バテや食欲低下対策に。天ぷらがおススメ。

シソは、抗酸化作用、夏の紫外線対策に。チーズと相性がよい。

山椒は、食欲増進や消化吸収を促進してくれる。炊き込みご飯でどうぞ。



ドクネット:京都光華女子大学 健康科学部 廣田孝子 教授。

ゲンキスチューデント:春香クリスティーン。

ゲンキリサーチャー:えとう窓口。



2017年6月25日放送の「健康カプセル! ゲンキの時間」より、「~ 夏を乗り切る健康パワーは主役級 ~ 食卓の名脇役“薬味”」からのメモ書きです。




ゲンキの時間 鳥取のラッキョウと薬味




ラッキョウの健康効果


ササミ
番組冒頭、衝撃の情報が!

味噌汁の定番コンビである、ネギとワカメ。

これが、相性の悪い「地獄の食べ合わせ」だというのです。


理由はこう。

ネギに含まれる硫化アリルが、ワカメのカルシウム吸収を阻害してしまうのだ。


普段、味のアクセントに欠かせない薬味ですが、食材との相性次第で、天国にも地獄にもなるようです。




まずは、恒例の基礎クイズから。


Q)薬味の定番ニンニクですが、健康により効果的な使い方は?

 A:スライス。

 B:みじん切り。

 C:すりおろし。











答えは、「C:すりおろし」

することで、酸素と触れ合い、水分を使いながら、酵素反応を起こし、健康的な成分が増加するとのこと。






今回の舞台は、鳥取県。

そこで待っている、健康的な夏野菜とは、何なのでしょうか?


鳥取県は福部町。

この町は、ある野菜の産地として知られ、その出荷量は全国1位!

小学校の給食でも、それは出てくるらしいですよ。


それが何かといえば、子どもたちからも愛される生きた宝石、「らっきょう」

鳥取では、パンが主食の時でも、ラッキョウがそえられることも。


日本でラッキョウが食べられるようになったのは、平安時代。

中国から、多くの効能を持つ薬用野菜として、伝わってきたのだそう。

ラッキョウは、砂丘地など、水はけがよく、寒暖差が大きい土地で、育ちやすい。

なので、鳥取は産地として、ベストなのです。

収穫されるラッキョウは、その透き通るような白さから、「生きた宝石」と呼ばれるようになりました。


鳥取県全体の収穫量は、年間3000トン以上。

福部町では、そのうちのほとんど、約2750トンものラッキョウがとれる。

そのことから、「らっきょうの里」とも呼ばれているのだとか。


ラッキョウ農家歴45年、68歳の女性に、畑を見せてもらいました。

鳥取のラッキョウは、細かい砂の中で、根がしっかり張っているようです。

とれたての生ラッキョウは、シャッキシャキ。

とっても、みずみずしい。


病気知らずだという、この女性。

これからの時期、村中に、ラッキョウのニオイがするそうです。

いわく、「ニオイが健康」とのこと。


ラッキョウのニオイは、ニンニクなどにも含まれる、「アリシン」という成分。

食べると、血液をサラサラにし、脳梗塞や心筋梗塞を予防。

また、免疫力も高めてくれるので、夏風邪対策にもピッタリなのだそう。


鳥取県福部町のらっきょう



専門家の先生に、詳しく教えてもらいましょう。

京都光華女子大学 健康科学部の 廣田孝子 教授のお話。

「ラッキョウっていうのは、食物繊維がすごく多いんです」

「野菜の中で、トップクラスじゃないでしょうかね」


100gあたり、ゴボウが「5.7g」なのに対し、ラッキョウは「20.7g」。

約4倍もあるのだ!


しかも、ラッキョウに含まれるその多くは、「フルクタン」と呼ばれる水溶性食物繊維。

水に溶けてゼリーのようになり、分解された食べ物を包み込んで、血糖値の上昇やコレステロール値の増加を、抑制してくれます。


本来、身体にとっては理想の割合は、不溶性「2」に対し、水溶性が「1」。

便秘解消やデトックス効果につながります。

しかし、日本人は、水溶性食物繊維が不足しがち。

ですが、ラッキョウを食べれば、足りない部分を手軽に補えるってわけ。



ラッキョウの定番といえば、「甘酢漬け」

よく、カレーにトッピングしたりしますよね。


健康面について、廣田先生に教えてもらいましょう。

「カレーっていうのは、香辛料で食欲増進してくれるんですけども、けっこう脂分が多くって、胃がもたれるんですね」

「その時に、ラッキョウの酢が、消化を助けてくれます」


味をさっぱりさせ、胃の働きを助けてくれる。

カレーとラッキョウは、ベストマッチ!


しかし、そこには、落とし穴が…。


廣田先生によると、甘酢漬けよりも、生のラッキョウの方が、よいそう。

ラッキョウは、甘酢漬けにすると、発酵の際、フルクタンが乳酸菌に食べられてしまったり、健康成分が汁に溶け出してしまうんです。

というわけで、効果を最大限に引き出すには、生ラッキョウが一番。


でも、こんな食べ方なら、甘酢漬けでも大丈夫。

福部町の方が、教えてくれましたよ。

実は、鳥取県は、カレーの消費量も全国1位なんです。

「ラッキョウだけじゃなくて、漬け汁ごとかけて食べる」

これなら、溶け出た成分も、一緒に摂取できます。




福部町のラッキョウ料理


ササミ
福部町が誇るラッキョウ料理の達人たちに、教えてもらいましょう。


テーブルには、ラッキョウ料理がズラ~リ。


まずは、「焼きらっきょう」から。

油を引かずに、生のラッキョウを、軽く焦げ目がつく程度に焼きます。

それを、みりんや砂糖、醤油などを合わせた特製のタレに、漬け込む。

夏は、タッパーに入れて、冷蔵庫で冷やしておくと、冷たくておいしいのだとか。



続いては、「らっきょうカツ」

豆板醤を塗った豚肉で、ラッキョウを巻いて、揚げます。

ラッキョウのアリシンが、豚肉のビタミンB1の吸収を高め、疲労回復につながる。



「ラッキョウの佃煮」

ラッキョウの皮を、ごま油などで煮詰めて作ります。

ごはんがすすむ一品なのだ。



生のラッキョウの効果を、最大限に生かすメニューも。

「らっきょうドレッシング」

ラッキョウ、からし、漬け汁、オリーブオイルなどを、ミキサーにかけます。

サラダにピッタリですね。

野菜をモリモリ食べられそう。


福部町のラッキョウ料理




ラッキョウ料理で、健康になろう!




ドクネット


引き続き、京都光華女子大学 健康科学部 廣田孝子 教授(医学博士、管理栄養士)に、教えていただきます。


アリシンには、まだまだ健康効果が!


ラッキョウのアリシンは、ニンニクに比べると少ないんですが、抗がん作用が期待できるのだとか。

特に、胃がんに効果があると言われている。


ラッキョウのニオイが苦手な人は、食べた後、リンゴなどポリフェノールの多い果物を食べるとよい。

すると、臭みを抑えてくれます。


食べる目安は、小粒のラッキョウなら、10粒。

大粒なら、3粒。

血糖値を下げる効果が、期待できます。


ただ、食べ過ぎると、胃が荒れることもあるので、注意してください。
 



3つの薬味


ササミ
ここからは、ミョウガ、シソ、山椒。

3つの薬味について。



<みょうが>


食が進まなくなることもある、これからの季節。

みょうがの香りが、食欲増進に。

疲れた身体をサポートしてくれます。


「αピネン」という香り成分が、胃液の分泌を活発にし、夏バテによる食欲の低下を防いでくれる。


さらに、ミョウガの健康効果をアップしてくれるのが、油。

αピネンは、油に溶けやすいんです。

なので、油料理と相性がよいのだ。

ミョウガの天ぷらは、胃もたれ防止に。




<シソ>


ソーメンやお刺身など、多くの料理に合う、シソ。

β-カロテンなど、抗酸化作用のある成分が、豊富です。

また、ビタミンB2も含まれており、夏の紫外線対策にも つながります。


シソには、ビタミンB2、ビタミンCが多い。

これと相性がいいのが、チーズ。

廣田先生によると、お肌が美しくなるそうです。


シソとチーズを豚肉で巻けば、疲労回復にも一役買ってくれる。




<山椒>


スタミナといえば、ウナギ。

ウナギといえば、山椒です。


山椒の辛み成分は、サンショオール。

食欲増進や消化吸収を促進してくれます。


また、現代人が不足しがちなマグネシウムも、摂取できるのだ。

マグネシウムとカルシウムを一緒に摂ると、心臓や筋肉の働きを正常に保つことができます。


和歌山県 有田川町で開催される、山椒料理コンテスト。

そこで去年のグランプリに輝いたのが、「山椒の炊き込みご飯」です。

炊飯器の中に、みりんや醤油などの合わせダシ、野菜、キノコ類、山椒の実を入れます。

そのまま炊けば、完成。

山椒の香りが たち込め、ピリッとした辛さが味を引き締める、癖になる一品。


3つの薬味





他にも、暑い時期におススメの薬味が。


それは、「わさび」

わさびに含まれる辛み成分「ワサオール」には、防腐効果があるんです。

抗菌作用があり、食中毒予防に効果あり。

また、香りには、食欲増進の効果も。


三宅さんは、寿司屋で「わさび巻き」を作ってもらうのだとか。





薬味で、暑い夏を乗り切りましょう!





最新決定版  食材事典: 栄養がわかる 体によく効く (学研実用BEST)






[関係する記事]

 → 「らっきょう料理」

 → 「薬味 わさびの殺菌 ショウガの温め」

 → 【大根おろし】おいしく簡単に作る方法+アレンジ料理




関連記事




tag : 健康カプセル!ゲンキの時間 食べ物


<スポンサードリンク>



web拍手 by FC2

にほんブログ村 健康ブログへ

人気ブログランキングへ




FC2カウンター

 RSSリーダーで購読する

 メールで購読する



アーカイブ
 ためしてガッテンの
 アーカイブ 過去記事


 → 2011年 前半
 → 2011年 後半

 → 2012年 1月~3月
 → 2012年 4月~7月
 → 2012年 8月~12月

 → 2013年 1月~3月
 → 2013年 4月~6月

 → 食べ物・料理

 [全記事表示]

にほんブログ村 にほんブログ村へ

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

荒巻ケンコー

Author:荒巻ケンコー
カラダを労わるためのメモ帳。

栄養管理でメタボは脱出。
できるところから、他もメンテナンス。

最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【水虫】 感染ルートは家族、対策はスリッパ/ガッテン Jul 27, 2017
【夏の病気】 ラクナ梗塞と腎臓病 【予防は水分補給】/ゲンキの時間 Jul 23, 2017
【疲れ目の原因】 寄せ目チェックと対策/ガッテン Jul 20, 2017
【むくみ改善】 パンパン法&ウンパニ体操/ゲンキの時間 Jul 16, 2017
【ひざ痛】 原因は関節包? 足伸ばし&風呂正座/ガッテン Jul 13, 2017
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
忍者

検索フォーム Google

記事内検索フォーム。
Google
注目記事
注目記事
忍者

注目記事
広告
食べ物の記事
健康の新常識
ダイエット 痩身
検索フォーム FC2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Flashゲーム&占いおみくじ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
にほんブログ村
ブログパーツ