【スーパーミネラル】 亜鉛と味覚障害/ゲンキの時間


夏が旬の、スーパーミネラル食材。

三重県鳥羽市畔蛸町の牡蠣(カキ)。

豊富に含まれる亜鉛は、約300種類の酵素の働きに欠かすことができない、非常に重要なミネラルなのだ。


低亜鉛血症の体験談。

 (1) 体重が激減。食事が楽しくない。

 (2) 手のしびれ。うつ症状。


味覚障害との関係。

ミネラル不足のサインも紹介。



ドクネット:順天堂大学医学部 総合診療科 内藤俊夫 主任教授。

ゲスト:西郷輝彦。

ゲンキスチューデント:春香クリスティーン。

ゲンキリサーチャー:TKO 木本武宏。



2017年7月2日放送の「健康カプセル! ゲンキの時間」より、「~ この夏を乗り切るために! ~ 発見! スーパーミネラル」からのメモ書きです。




ゲンキの時間 スーパーミネラル 亜鉛




スーパーミネラルと畔蛸町の牡蠣


ササミ
暑くなってきましたね。

水分不足、ビタミン不足に、気をつけたい季節です。

でも、夏にこそ積極的に摂りたいものが、もう一つあったんです。

それが、スーパーミネラル


潜在的なケースを含めると、このスーパーミネラルは、日本人の約30%以上が不足しているといわれているのだそう。


不足した状態が長引けは、以下のような症状が出る可能性も。

 ・免疫低下

 ・うつ

 ・認知機能低下

 ・皮膚疾患

 ・貧血

 ・味覚障害

 ・下痢

 ・白内障

 ・活力低下

 ・生活習慣病

 ・脱毛

 ・かゆみ

 ・床ずれ

 ・自己免疫疾患


こんなにも影響が。







まずは恒例の、基礎クイズから。



Q)ミネラルについて、次の中で、誤っているのはどれでしょうか?

 A:骨や筋肉など、組織を構成している。

 B:体内で作られる。

 C:熱に強い。











答えは、「B:体内で作られる」

人間の骨や筋肉などを構成しているミネラルは、エネルギー源となる三大栄養素(たんぱく質・脂質・炭水化物)の代謝を助け、ビタミンと並んで、生命維持に欠かせない栄養素。

たんぱく質、脂質、炭水化物、ビタミン、ミネラルが、五大栄養素と呼ばれます。

ミネラルは体内で合成することができないため、食べ物などから摂取しなければなりません。





そんなミネラルの中でも、夏にこそ摂りたいスーパーミネラルがあるという。

そこで訪れたのは、三重県鳥羽市畔蛸町(あだこちょう)。


漁業歴40年の男性に、教えてもらいます。

スーパーミネラルが豊富な食材とは、「牡蠣(かき)」でした。


 冬に旬を迎える、真ガキ。

 夏に旬を迎える、岩ガキ。


三重県的矢湾では、この両方が養殖されており、年中、新鮮な牡蠣が食べられるのだ。


とれたての牡蠣を木本さんが食べることになったのですが、もう、プリップリ。

しかも、大きいですね~。


的矢湾の牡蠣


いや~、うらやまし~~い!



牡蠣を食べているこの漁師さんは、風邪もひかないし、夏バテもしないという。


水産物の栄養に詳しい専門家に、聞いてみましょう。

三重大学 大学院 生物資源学研究科の 柴田敏行 准教授です。


牡蠣は、「海のミルク」とか「海の完全食品」と言われています。

健康や美容にうれしい成分が、たくさん入っているのだ。

中でも特筆すべきが、「亜鉛」だという。


そう、スーパーミネラルとは、亜鉛のことなのです。


人間の身体の中には、約2000種類以上の酵素があります。

それが、生命の活動に関与しているんです。

その中の約300種類の酵素の働きに欠かすことができない、非常に重要なミネラルが、亜鉛なのだ。


酵素は、取り入れた栄養素を消化、吸収し、体内の各所で、それぞれ必要な役割をするよう働きかける、いわば、「生命の源」。

亜鉛は、300種類もの酵素の材料となり、主に細胞の新陳代謝を助けてくれる。

したがって、肌や毛髪はもちろん、内臓や筋肉、脳に至るまで、全身の健康を保ってくれるんです。

また、性ホルモンとも密接な関係があり、男性ホルモンの材料、そして、女性ホルモンの分泌を、促してくれます。


そんな亜鉛は、肉類や海産物、チーズや卵などに多く含まれますが、その中でも牡蠣は、ダントツの含有量を誇るのだ。


亜鉛を多く含む食材


さらに、畔蛸町沖で育った岩ガキには、他と比べて優れた点があるのだという。


牡蠣養殖の本場、的矢湾の中でも、畔蛸町沖は、伊勢湾からの海流と黒潮がぶつかり、栄養価豊富な海水が流れ込むのに加え、山からもミネラル豊かな水が。

したがって、牡蠣のエサとなるプランクトンが、すごく豊富なんです。

そのため、ここで養殖された岩ガキは、タグ付きのブランド「畔蛸の岩ガキ」として、他の養殖産地に比べ、1年近くも早く出荷できるのだとか。




そんな牡蠣を毎日食べている人は、亜鉛が十分に足りているのでしょうか?


先ほどの漁師さんに加え、岩ガキの生産者仲間4人にも協力していただき、検査してもらいました。

何と、全員、10年以上、風邪をひいていないのだという。

健康診断の結果も、問題なし。


5人には、分析のため、毛髪を少量、提供してもらいました。

毛髪には、体内のミネラルが蓄積しているので、亜鉛の過不足が分かるんです。


分析の結果は、全員問題なし。

さすがだ。


でも、牡蠣を食べていれば、OKなのでしょうか?


柴田先生のお話。

「亜鉛の吸収率というものは、腸管からはですね、残念ながら、30%程度しか吸収されないことが分かっています」

「約70%は、(体外に)出てしまいます」


また、亜鉛は水溶性のため、多くが汗で流れ出てしまうのだとか。

夏に積極的に摂りたい訳は、ここにあったんですね。


さらに、ストレスを受けると、大量に消費されるといいます。


亜鉛は身体にとって大切なミネラルでありながら、とても不足しやすいんですね。

事実、日本人の推計30~40%が、亜鉛不足だという報告も。


では、今回の検査で、全員 亜鉛が十分だった秘密は、どこにあるのでしょうか?




食べ方のポイント


ササミ
実は、今回お世話になった漁師さんは、民宿も営んでおられます(民宿旅館 北川)。

亜鉛が十分だった謎も、そこにあるらしい。

普段よく食べているという、岩ガキ料理を教えてもらうことになりました。


まずは、囲炉裏で焼いた「焼きガキ」。

レモンをジュッとしぼって、いただきます。

調味料は一切使わないんですね~。


続いては、「カキの味噌炒め」だ。

味噌にニンニクを入れて作るのが、ポイントだとか。


さらには、「カキのあおさ磯部揚げ」。

名産のあおさを、衣にしています。

サックサク。


そして、シメには「カキ飯」を。


岩ガキ料理



これらの食べ方について、専門家の話を聞いてみましょう。

お茶の水健康長寿クリニックの 白澤卓二 院長です。

「非常に効果的な食べ方をしてると思います」

「牡蠣とレモンは定番の組み合わせなんですが、実はレモンにはクエン酸とかビタミンCが含まれていて、これが亜鉛の吸収をアップしてくれる組み合わせなんです」


味噌炒めは、ニンニクを入れたのが大正解。

ニンニクに豊富に含まれているビタミンB6は、亜鉛の大敵であるストレスを軽減してくれる上、吸収した亜鉛が正常に働くよう、サポートしてくれるんです。


あおさ磯部揚げにも、ポイントが。

「牡蠣には亜鉛だけじゃなくて、銅という必須ミネラルも、含まれているんですね」

「あおさの方には、マンガンという必須ミネラルが含まれているんです」

亜鉛、銅、マンガンという3つのミネラルは、体内で抗酸化能力を持つ酵素の材料なんです。

つまり、免疫力アップや、動脈硬化などの生活習慣病予防が、期待できるのだ。


カキ飯のポイント。

亜鉛は水溶性のため、煮たりすると、水に溶けだしてしまいます。

ですが、カキ飯の場合、溶け出た亜鉛を米が吸収するので、余すことなく摂取することができる。




今が旬、岩ガキの亜鉛パワーで、夏を乗り越えましょう!




ドクネット


順天堂大学医学部 総合診療科の 内藤俊夫 主任教授に、解説していただきます。



<老化にもいいの?>


 → 亜鉛は、細胞の老化に対して、再生を促進してくれます。




亜鉛は、必ずしも、多ければいいというわけでもないのだそう。

足りないことが、むしろ心配。


足りない状態のことを、「低亜鉛血症」といいます。

診断基準が定められていないため、血清亜鉛値や症状と合わせて、総合的に診断されるのだとか。


内藤先生によると、低亜鉛血症になると、全身のいたるところに様々な症状が出るらしい。

しかも、深刻化するまでなかなか本人は気づかないという特徴も。
 



低亜鉛血症の事例


ササミ
亜鉛欠乏の症状とは、どういったものなんでしょう。

実際に内藤先生のもとを訪れた患者さんの例を、紹介してもらいました。





[ケース(1)]


63歳の主婦、Aさん。

3年前のこと、体重計に乗って、驚いた。

50kg だった体重が、45kg に。

3か月で、5kg も減っていたのです。


夏バテの影響かと思い、当初は気にしなかったものの、体重は徐々に減っていくばかり。

さすがに気になって、病院へ。

ガンなどの重い病気も疑い検査を受けるも、結果は異常なし。

原因が何か分からず、病院を転々とする日々。

そして、たどり着いたのが、内藤先生だったのです。


内藤先生のお話。

「体重が減るといってもですね、いろんな理由があるんですね」

「で、そういった方の場合には、我々は、いろんなお話を聞いてみるんですね」

「最初に聞いたところですね、引っかかる言葉がありまして…」

「私は、亜鉛を測ってみたんですね」

「そうしますと、普通 60μg/dL ぐらいある数値が、20μg/dL しかなくて、低亜鉛血症と診断しました」


先生が引っかかった言葉とは、「食事が楽しくない」ということ。

そこで、亜鉛の欠乏による味覚の障害を疑ったのです。


低亜鉛血症の典型的な症状の一つが、「味覚障害」

舌の表面には、味を感じるセンサーの役割をする「味蕾(みらい)」という器官があります。

味蕾は細胞を代謝する周期が短いため、多くの亜鉛を必要とする。

したがって、亜鉛が欠乏すると、細胞の生まれ変わりが進まず、味覚障害に陥ってしまうことがあるんです。


この女性は、食事がおいしくないということで、知らぬ間に、食事の量が減っていたんですね。

無自覚の食欲減退が、体重減少の原因だったってわけ。


徐々に進行していくため、初期だと自覚しづらい、味覚障害。

重症化すると、何を食べても味がしなかったり、時には、砂や粘土を食べている感覚になることも。


では、Aさんは、なぜ、低亜鉛血症になってしまったのでしょうか?


Aさんの場合、年齢の影響が大きかったようです。

加齢とともに、総体的に食事の量は減ってくるし、腸管からの亜鉛の吸収も落ちてくる。


しかも、Aさんの場合、味覚障害がさらなる悪循環をもたらしていました。

それが、インスタント食品。

料理が億劫になり、頻繁に食べるようになっていたそう。

インスタント食品には、亜鉛の吸収を阻害する添加物「ポリリン酸」などを含むものがあるんです。

これらを多く摂り過ぎてしまうと、低亜鉛の原因になることも。





[ケース(2)]


50歳の会社員、Bさん(男性)。

異変に気づいたのは、5年前でした。

最初に現れた身体の変化は、手のしびれ。

さらに、うつのような症状に、悩まされたことも。


不安になり、内藤先生のもとを受診したところ、「低亜鉛血症」と診断されました。


内藤先生のお話。

「亜鉛はですね、いろんな細胞の再生に関わってますので、神経の細胞なんかにも関わってるんですね」

「欠乏してしまうと、どうしても末梢の神経に影響が出て、しびれが出ることがあります」

「亜鉛は、ホルモンの生成にも影響してますので、亜鉛が足りなくなると、ホルモンの分泌が悪くなって、精神症状にも影響してきます」


Bさんの低亜鉛血症の原因は、何だったのでしょうか?


このケースは、極端な食事制限が原因でした。

実は、Bさんは健康診断でコレステロールが高かったことを受け、肉や卵など、動物性の食品を控えていたんです。

動物性の食品は、亜鉛を多く含み、たんぱく質がその吸収を高めてくれるので、極端な制限は、亜鉛欠乏を招くことがあるんですね。

若い人でも、過激なダイエットをすると、こういったケースがあるので、注意が必要。





気づかぬうちに陥っているかもしれない、低亜鉛血症。

注意したいところです。




スタジオのみなさんも、亜鉛の量を調べてみました。

毛髪から、亜鉛とそれ以外のミネラルを測定。


その結果、みなさん、亜鉛の量は十分でした。


そのほかのミネラルについては、三宅さんは、セレンの値が低め。

セレンの深刻な不足は、心臓のポンプ機能が低下する心筋症を招き、動機や息切れなどの症状が現れることがあるとのこと。

セレンを多く含む食材は、魚介類やレバー、卵など。


春香さんと西郷さんは、マンガンの値が低めでした。

マンガンの不足が深刻化すると、脂質代謝などに影響を及ぼし、肥満などの原因に。

マンガンは、あおさや海苔などの海藻類や、大豆製品、ナッツ類に多く含まれます。





<ミネラル不足のサイン>

 ・貧血気味。

 ・脱毛。

 ・肌荒れ。

 ・足がつりやすい。

 ・疲れやすい。



ミネラル不足のサイン


このうち、1つでも当てはまると、すでにミネラルが不足している可能性が。


貧血は、鉄分や銅などの不足で起きます。

脱毛や肌荒れは、亜鉛などの不足。

足がつるのは、カルシウムやマグネシウムなどの不足が影響。

疲れやすさは、いろんなミネラルが関わっている可能性が。





夏だからこそ、ミネラル摂取に気をつけましょう!





ミネラルの働きと人間の健康: 糖尿病、認知症、骨粗しょう症を防ぐ






[関係する記事]

 → 「亜鉛欠乏の恐怖! 花粉症対策は雨の翌日に!」

 → 【更年期障害と橋本病】 ヨガと筋トレでホルモンを増やす

 → 【牡蠣】生食用と加熱用の違い&カキペースト&から揚げ




関連記事




tag : 健康カプセル!ゲンキの時間


<スポンサードリンク>



web拍手 by FC2

にほんブログ村 健康ブログへ

人気ブログランキングへ




FC2カウンター

 RSSリーダーで購読する

 メールで購読する



アーカイブ
 ためしてガッテンの
 アーカイブ 過去記事


 → 2011年 前半
 → 2011年 後半

 → 2012年 1月~3月
 → 2012年 4月~7月
 → 2012年 8月~12月

 → 2013年 1月~3月
 → 2013年 4月~6月

 → 食べ物・料理

 [全記事表示]

にほんブログ村 にほんブログ村へ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

荒巻ケンコー

Author:荒巻ケンコー
カラダを労わるためのメモ帳。

栄養管理でメタボは脱出。
できるところから、他もメンテナンス。

最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【水中運動】 ART&お風呂ストレッチ 須藤明治/ゲンキの時間 Aug 13, 2017
【認知症】 接する時のポイント/きょうの健康 Aug 10, 2017
【熱中症クイズ】 室内でも要注意な理由と対策/ゲンキの時間 Aug 06, 2017
【部屋を広く見せる方法】 ホームステージング/ウラマヨ Aug 03, 2017
【不応性貧血】 樋口大悟さんの体験/ゲンキの時間 後編 Jul 30, 2017
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
忍者

検索フォーム Google

記事内検索フォーム。
Google
注目記事
注目記事
忍者

注目記事
広告
食べ物の記事
健康の新常識
ダイエット 痩身
検索フォーム FC2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Flashゲーム&占いおみくじ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
にほんブログ村
ブログパーツ