【手首の痛み】 スマートフォンサム/ガッテン


世界で広がる、謎の手首の痛み。

昔は職業病だったのが、今は一般の人にまで。

原因は、フリックやスワイプなど、スマホの操作にあった。

(子育て中になることもあります)


宮森くんと亀井くんが体験、手首の個性とは?

腱鞘炎になりやすいタイプがあった。

カギは、腱が通る鞘のトンネル。


簡単なチェック法も、紹介します。


解説:東京女子医科大学 講師 酒井直隆。



2017年9月13日放送の「ガッテン」より、「新・現代病! 世界に広がる謎の痛み」からのメモ書きです。




ためしてガッテン 謎の手首の痛み スマートフォンサム




謎の手首の痛み


エノキ
さあ、今回のテーマは何でしょうか?

ササミ
「手首の痛み」です。

原因は、意外なものでした。

現代病と言っても、いいかもしれません。





2014年のデング熱。

ダニによる感染症、SFTS。

2017年には、ヒアリの問題が発生。

そして今、新たな脅威が!


なんと、世界で「謎の痛み」が広がりつつあるのだという。

アメリカでも、中国でも、ニュースになっています。


世界に広がる、謎の痛み。

その震源地は、アメリカでした。

2017年5月のニュースで、「工場などで働く人によく見られたある症状が、一般の人にまで広がっています」との報道。

手を使っていると、手首の周りが痛むのだという。


中国でも、ニュースになりました。

「手に痛みが出る人が、増えています」「10大生活習慣病の一つに、認定されました」と。

力が入らないし、動かしにくいという人も。

手が痛いと、手首を押さえています。



実はこれ、「腱鞘炎」「手首の炎症」だという。

この症状、もともとは、ピアニストや工場の労働者、料理人など、手を酷使する人の病気でした。

いわば、職業病。

でも、今は、ごく普通の人たちが手首を痛め、病院を訪れる人も少なくないのだ。

ある患者さんは、「動かすと電気が走るような」と話しました。

手首にとって 受難の時代、到来か!



昔は、手を酷使する人の職業病だった。

それがなぜ、一般の人まで?




[体験談(1)]


埼玉県にお住いの女性、Aさん。

2年前から、手首の痛みが続いています。

手首を動かしたり、グッと力を入れた時、親指から手首にかけて、ズキンズキンと痛むのだそう。

今では、ギュッと力を入れるのが怖いぐらいだという。

物を握ったり、手首をひねったりすると、とりわけ強い痛みが走るらしい。

Aさんが痛めたのは、利き手である右手。

家事をするにも、不便の連続です。

痛む右手をかばって、左手を使う生活が、続きました。

洗濯ものをたたむのも、一苦労。

痛みがひどいと、箸すら、左手で使わざるを得ません。


この手首の痛み、原因はいったい、何なのでしょうか?


ぶつけた記憶もありません。

思い当たることといえば、孫を抱っこしたり、スマートフォンを使ったり、アイドルのコンサートでサイリュウムやライトを振るくらい。




[体験談(2)]


埼玉県にお住いの男性、Bさん。

2年前から両手首が痛み、今もテーピングが欠かせません。

動かすと痛くて、ビーンと響く。

特に、手首を前の方に伸ばすと、腕の方にまで、広く痛みが走ります。


日々の生活でも、苦労の連続。

ジョッキの持ち方にも、工夫がいります。

40年来の趣味だった大型バイクですが、手首が痛むので、最近はすっかりご無沙汰。


病院を受診すると、手首に炎症が起きていると診断されました。

でも、Bさんも、原因に心当たりはないという。

強いて挙げるとするなら、仕事で使うパソコンや、奥さんの花屋を手伝って、花を持ち上げることぐらいです。




さて、痛みの原因は、何なのでしょうか?



ゲストのみなさんにも、手首を痛めた経験が。


ずんの飯尾和樹さんは、部活のバレーボールで痛めたことがある。

その頃は、そばはOKでも、うどんはダメだったのだとか。

うどんの重さでも、痛かった。


井森美幸さんは二十歳の頃、バイクの中型免許をとりに行って、痛めたらしい。

クラッチとブレーキが固くて、そうなったそうです。

その時は、物をちょっと持っただけで、激痛が走ったという。




さて、AさんやBさんの病気ですが、名前があります。

海外のニュースでは、こう呼ばれている。

「スマートフォン・サム ( Smartphone thumb )」



アメリカの臨床医療の拠点である、ミネソタ州のメイヨークリニック。

手の専門家、サンジーブ・カカー医師に聞いてみました。


「携帯電話などが原因で、20年前から、この手首の痛みを訴える人が増えているんです」

「彼らは、手首の周辺に炎症が起きています。動かすたびに、強い痛みが出てしまうんです」

「俗に、スマートフォンサムと呼んでいます」



体験談のAさんも、医師から、スマートフォンが原因だと指摘されました。

できるだけ控えるようにと、言われたそう。



街でスマホを使う人に聞いてみると、やっぱり、いました。

「手のひらのあたりから、腕にかけて、しびれたりとか、重だるかったりする」

「何時間もやってたら、痛くなって、触れないくらいになる」



この痛み、スマートフォンだけが原因ではありません。

体験談のBさんは、パソコンが原因だと考えられています。


さらには、ゲームが原因になることもあるのだとか。


こうした様々な電子機器の操作で起こる痛みが、通称「スマートフォンサム」と呼ばれているのだ。



でも、スマートフォンは分かるとして、サムって何だ?


サムとは、「親指」のこと。

「サム(Thumb)」。「Tom Thumb(親指トム)」とか言いますもんね。


あれ?

でも、痛いのって、親指ではなく、手首なのでは?


なぜ、手首の痛みなのに、親指という名前がついてるのでしょうか?




親指と進化


ササミ
どうして、親指が原因で、手首が痛くなっちゃうんでしょうね。


そこには、人間の進化が、深く関わっているらしいぞ。


2万体もの動物の骨を収蔵する、東京大学 総合研究博物館。

進化を学ぶには、うってつけの場所です。

解剖学の専門家、遠藤秀紀 教授に、お話を伺います。

遠藤先生は、動物の骨の形から その機能を読み解くエキスパートなのだ。


動物の親指は、どんな働きを持っているのでしょうか?


「動物の手の指というのはね、一番内側にあったり、一番外側にあったりすると、退化して無くなってしまったりとか、逆に、それが特別な役割を果たしたりする」


例えば、牛の分かれた蹄(ひづめ)。

実はこれ、薬指と中指なのだそう。

親指は必要がなくなり、消滅したとのこと。



パンダの指の骨も、変わってますね。


パンダの指の骨


外側にある2本は、何なのでしょう?


実は、パンダが笹をつかむ時に、固定しやすいようにする、特殊な骨の出っ張りなのだとか。

その役割は、遠藤先生が世界で初めて、発見したんですよ。



ネコちゃんは、どうでしょう。

骨格標本を見ると、親指だけ、地面に触れずに、浮いてますねえ。


ネコの親指


ネコの親指は、体重を支えたり地面を蹴ったりは、しないらしい。

いざ使う時は、5本目の武装のための指として、機能するのだとか。

そもそも、四足歩行する動物は、親指が大きいと、邪魔になってしまいます。



では、人間の親指は、どう進化したんでしょうね?


向かったのは、千葉市動物公園。

同じ霊長類である、お猿さんたちの親指と、比べてみましょう。


まずは、アフリカに生息するオナガザルの仲間、アビシニアコロブス。

つかみ方は、ちょっと、ぎこちないかな。

その理由は、親指にありました。

人間に比べ、小さい。


アビシニアコロブスは、木の上で暮らす猿。

手は何より、木にぶら下がるために、使われるんですね。

それに比べれば、物を器用に扱ったりする必要はなく、親指はあまり発達しませんでした。


一方、人間の親指は、長く大きく発達しています。


アビシニアコロブスの親指


他の4本の指と向き合い、物をしっかりと、つかむ。

これは、人間だけが持つ、特別な機能なんですね。


この、物をつかむ能力のおかげで、私たちの祖先は、様々な道具を手にし、種としての繁栄を成し遂げることができたのです。


ところが、この進化をしたことで、人類が背負ってしまった宿命こそが、今回のテーマ「手首の痛み」らしいのだ。




スマートフォンサムの原因


ササミ
さて、話を戻しましょう。


「スマートフォンサム」

「スマートフォン親指」

親指は、物をつかむためにある。


これがなぜ、手首の痛みに?

どんな動きが、負担になるのでしょうか?



スマホをよく使う人は、小指で下を支えて、親指で操作しますよね。

使うのは片手。

一方、片手は持つだけで、もう一方の手の人差し指で打つ人もいます。


実はこれで、大きな差が出るのだとか。



さあ、いよいよ、スマートフォンサムの原因が明らかに!

それは、これだ!


「フリック」とか「スワイプ」と呼ばれる、画面上で指を滑らせたり、はじいたりする、操作。


スマホの操作で





【フリック flick】

物を軽く打つこと。指先などで軽くはじくこと。「タッチパネルをフリックする」

【フリック入力】

タッチパネル式ディスプレーで、フリック操作によって文字を入力する方式。スマートホンやタブレット型端末の多くで採用される。

【スワイプ swipe】

スマートホンやタブレット型端末などの操作方法の一。マルチタッチ機能をもつタッチスクリーンを、指で触れたまま横に滑らせる動作のこと。


(大辞泉より)




片手でスマートフォンを持ち、親指で操作する。

これが、原因らしい。





親指を使った操作が、どれだけ負担が大きいのか、検証です。


協力してくれたのは、埼玉大学 大学院 基礎理学療法研究室。

人の運動と身体への負担を分析している、研究室です。


手首につながる筋肉に、筋電計を取り付けて、負担のかかり具合を測定しました。


まず調べたのは、ピアノの演奏。

ピアニストは、手首を痛める人が多い職業です。

筋電計を見ると、大きな反応が出ている。

かなりの負担が、かかっていますね。


では、スマホの操作では、どうなるか。

グラフが、強い反応を示しました。

親指が動くたびに、ピアノに匹敵する反応が出ています。


パソコンでは、どうなるでしょう?

親指を使った時に、大きな反応が。

さらに、親指で連打すると、すごいことになった。


手首につながる筋肉の負担


これを毎日、長時間となると、かなり負担がかかりそうです。



こうした親指の動きが、どうして負担になるのか?

解剖学の遠藤先生に、聞いてみました。


「携帯電話をこんな風に(片手で)動かすことは、あり得ないことだったわけですけど」

「それまでだったら、そんなに使い込んでなかった、役割の低い、機能性の低い筋肉だったものを、ものすごくよく使うようになってるんです」


今まで使ってなかった筋肉を、酷使するようになったというわけ。




スタジオに、模型が運ばれてきました。

(まるで、ウデゲルゲのようです)



人間の優れているところは、物をつかむことができるところ。

実は、つかむことができるのは、「つかむ君」のおかげなんです。

つかむ君は、筋肉。

親指の付け根のあたりに、プックリしている部分がありますよね。

そこです。


つかむ君は、親指から伸びている腱を、つかんでるんですね。

そして、ぎゅ~っと引っ張る。

そう、腱を引っ張ることで、親指が曲がり、人間は物をつかむことができるのだ。


では、つかんだ物を、はなす動作は、どうでしょう。


実は、つかんだ物をはなす担当は、つかむ君ではありません。

その子がいるのは、ずっと下の方。

手首なんですね。


そう、手を開いて物をはなす時は、手首の下の筋肉を使っているんです。

この「はなす君」は、「つかむ君」に比べて、ほっそりしている。

もともと、つかむことが最優先で、はなす方には強い力が必要じゃなかったとのこと。

必要性が低かったので、ほっそりしてるってわけ。


はなす君は、使うべき場所(親指)と、すごく離れたところにいます。

ですから、親指から伸びている腱を、ちゃんと、はなす君が握れるように、途中に「鞘(さや)」がついてるんです。


普段、意識することはありませんが、物をはなすという動作は、けっこうたいへん。

はなす君は、一生懸命、働いているのだ。


スマホを片手で操作すると、どうなるか?

毎日毎日、何度も何度も、やることになるので、腱と鞘がこすれて、炎症が起きてしまいます。

これが、「腱鞘炎」ってわけ。


親指の酷使が、手首の痛みを引き起こしていた!




手首の個性


ササミ
実は、もう一つ、腱鞘炎になりやすい秘密があります。


向かったのは、JR東京総合病院。

手の専門家である、整形外科部長の 三浦俊樹 先生に、協力していただきました。


まずは、ガッテンボーイの宮森右京くんから。

超音波エコーで、手首の腱を検査します。


手を輪切りにした断面ですが、腱が見えますね。

その周りが、トンネルの鞘になります。

鞘の中を、2種類の腱が通ってますね。


宮森くんの腱



亀井賢治くんは、どうでしょう。


どうも、宮森くんのとは、違うようですよ。

鞘の中に、筋のようなものが見えます。

真ん中部分に、2種類の腱を分ける、隔壁があるようだ。


亀井くんの腱



三浦先生のお話。

「猿から発達してくる間で、ずいぶん進化して、変わってきてますから、人間の中でも、個人差があるんです」

「(亀井くんは)手を使いすぎると、痛くなる可能性は高いかもしれません」



実は、この違いが、腱鞘炎のなりやすさに関係するポイントだという。


手首の鞘のトンネルは、もともと狭く、空間にそれほど余裕はありません。

トンネルが2つに分かれると、さらに余裕がなくなって、腱とこすれやすくなり、炎症が起きやすくなると考えられています。


番組のスタッフ(音声さん)も調べてもらったのですが、2種類の腱のうち、1種類がありませんでした。

でも、もう1本の腱が代用してくれるので、特に問題はないとのこと。



9人、検査したのですが、みんな形はバラバラでした。

そのうち、4人が、腱鞘炎を起こしやすいタイプ。トンネルが2つの鞘を持っていました。


腱鞘炎になりやすいタイプ


だから、人によっては、そんなに親指を使っていなくても、手首に炎症が起きやすくなることがあるんです。



では、どうやって、親指を守ればいいのでしょうか?


親指にやさしい生活法を、教えてもらいましょう。




酒井直隆先生の解説


ここでスタジオに、専門家の先生が登場。

東京女子医科大学 非常勤講師の 酒井直隆 先生です。


診療していても、前は、ピアニストさん、美容師さん、調理師さんなど、手の特定の動作を繰り返す職業の人たちが、多かったのだそう。

それが最近は、職業にかかわらず、老若男女、いろんな人が病院に来るようになったといいます。


酒井先生が、すでに痛めているかどうかチェックする方法を、教えてくれました。



<手首の腱鞘炎 チェック法>


(1) 親指を曲げます。

(2) そして、他の4本で、親指を握りこむ。

(3) そのまま、小指側に曲げてください。

手首に強い痛みがあれば、腱鞘炎である可能性があります。


* 強い痛みが出たら、すぐに中止してください。


チェック法




では、手首に異常を感じたら、どうすればいいのでしょうか?


スマホでは、フリック動作に頼らない方がよい。

親指だけでなく、人差し指も、使うようにしましょう。

親指の負担を、できるだけ減らしてください。


パソコンの場合は、手首の下にクッションを置くとよい。

そうすることで、腱の緊張が少なくてすみます。

負担を軽くできる。

筋電計でも、その効果が確認できました。


痛みがあっても、揉(も)まないでくださいね。

腱鞘炎は、揉むと悪化してしまう可能性があります。

休めてあげることが、一番。


手首を守るコツ


痛みがひどい時は、病院へ。

整形外科を受診してください。



三浦先生によると、女性の場合、更年期になると、ホルモンのバランスの変化が原因で、腱鞘炎を引き起こしやすいと考えられているのだとか。


そして、もう一つ、この痛みを起こしやすいのが、子育て中のお母さんたち。

赤ちゃんの頭を支えるために、手を添えますよね。

この時、親指が大きく開いています。

これが、手首の筋肉に、大きな負担を与えてしまうんです。

抱っこの時なんかも、そう。


さらに、出産前後は、ホルモンバランスの変化で、炎症が治まりにくくなるため、炎症が長引いてしまう人も。


海外では、「スマートフォンサム」ならぬ、「マムズサム」なんて言い方も、あるそうですよ。


マムズサム


長引く場合は、医師に相談してくださいね。





ササミ
スマホやパソコンなど、電子機器の操作で広がる、手首の痛み。

親指を適度に休ませることで、防げます。

指や目にも、休暇を!

エノキ
ガッテン! ガッテン!




ビンやフタを開ける時


ササミ
実は、他にも、親指の使い過ぎが原因で起こる、注意したい痛みがあります。


固いフタやビンを開ける時、親指の付け根が痛む人、けっこう多いみたいですよ。


痛みのもとは、親指の関節です。

親指の使い過ぎや老化で、関節がずれてしまうことが、あるんですね。


関節のずれ


親指を曲げた時に、付け根のあたりが出っ張っている人は、関節のズレが始まっているかも。

(痛みがなければ、大丈夫だそうです)


症状を進行させないためにも、固いフタを開けたり、親指に強い力を入れる動作は、できる限り避けましょう。


痛みがひどくなったり、指が広がりづらいと感じるようになったら、早めに整形外科を受診してください。





NHKガッテン!  2017年 秋号



ピアニストならだれでも知っておきたい「からだ」のこと



NHKきょうの健康 耳鳴り・難聴、めまい、手の痛み・しびれ、不眠「不調」スッキリ解消法 (主婦と生活生活シリーズ)


 



次回は、この食材。

煮込んでも、味がしみない?

でも、ある粉で モミモミするだけで、大変身します。

「世界が注目! “こんにゃく”パワー」。




[関係する記事]

 → 【手の病気】 ばね指&腱鞘炎 セルフチェック

 → 「腱鞘炎とバネ指、痛み日記と腰痛ウォーキング」




関連記事




tag : ためしてガッテン 腰痛・関節痛


<スポンサードリンク>



web拍手 by FC2

にほんブログ村 健康ブログへ

人気ブログランキングへ




FC2カウンター

 RSSリーダーで購読する

 メールで購読する



アーカイブ
 ためしてガッテンの
 アーカイブ 過去記事


 → 2011年 前半
 → 2011年 後半

 → 2012年 1月~3月
 → 2012年 4月~7月
 → 2012年 8月~12月

 → 2013年 1月~3月
 → 2013年 4月~6月

 → 食べ物・料理

 [全記事表示]

にほんブログ村 にほんブログ村へ

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

荒巻ケンコー

Author:荒巻ケンコー
カラダを労わるためのメモ帳。

栄養管理でメタボは脱出。
できるところから、他もメンテナンス。

最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【卵】 1日何個まで? 認知症に効く鶏肉は?/ゲンキの時間 Sep 24, 2017
【こんにゃく 後編】 丹野益夫さんの しらたき料理/ガッテン Sep 21, 2017
【コンニャク 前編】 しみやすくする方法は砂糖/ガッテン Sep 21, 2017
【長寿】 フレイルチェック/健康カプセル! ゲンキの時間 Sep 17, 2017
【手首の痛み】 スマートフォンサム/ガッテン Sep 14, 2017
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
忍者

検索フォーム Google

記事内検索フォーム。
Google
注目記事
注目記事
忍者

注目記事
広告
食べ物の記事
健康の新常識
ダイエット 痩身
検索フォーム FC2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Flashゲーム&占いおみくじ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
にほんブログ村
ブログパーツ