「糖尿病と歯周病菌/ためしてガッテン」

生活習慣と関係するといわれる糖尿病。

ある身近な病気と関係するといいます。

何と、その病気は、日本人の7割が罹っているらしい。

心臓病や脳梗塞のリスクも高めるというその病気は、いったい何なんでしょう?


6月22日放送の「ためしてガッテン」より、「免疫力を低下・突然死を招く感染症」からのメモ書きです。





糖尿病と歯周病菌





糖尿病が改善?


・食事の偏りや肥満などによって血液中の糖分が増えてしまう、糖尿病。
・ひどくなると、全身の血管がボロボロになってしまいます。

・ある男性は、血糖値の状態を示すヘモグロビンA1c の値が10%以上になるほど、病状が悪化していました。
・ヘモグロビンA1c は、過去数か月間の 血液中の糖分量を示す値。
・正常値は、5.8%以下です。
・さまざまな治療を試しますが、ヘモグロビンA1c の値は下がりませんでした。

・そんなある日、男性はまったく違う病院に行くように、医師から勧められます。
・そこで検査したところ、ある病状が発覚した。
・実は、ある細菌が大量に増殖し、男性の体を蝕んでいたのです。

・さっそく治療を受けた、男性。
・すると、治療前は9.8%だったヘモグロビンA1c の値が、治療後は 8.8%にまで下がった。
・別の男性も、この治療を受けた結果、ヘモグロビンA1c の値が、7.7% から 6.1%にまで下がりました。
・10年間、なかなか改善されなかったのに、です。

・糖尿病とは直接関係ないはずの治療で、どうして下がったんだろう?
・減らした細菌って、何?




鍵は、歯周病菌


・男性が受けた治療とは、歯科治療。
・減らした細菌とは、歯周病菌でした。

・あれ?
・でも、歯周病菌と糖尿病って、関係あるの?


・歯周病とは、細菌が口の中で繁殖して、歯ぐきが炎症を起こす病気。
・歯を支える骨にまで影響が及ぶと、いつの間にか歯が抜けてしまいます。
・中高年が歯を失う最大の原因が、この歯周病。
・痛みがないため、気づかない内に症状が悪化してしまいます。


・糖尿病は、2型の場合、運動不足や食事の偏りなどによって、血液中の糖分が高くなってしまう病気。
・健康な体の場合、食事をして血液中に糖分が増えても、インスリンがやって来て、細胞の中に糖分をしまってくれます。
・しかし、糖尿病の人の場合、細胞が糖分を取り込めなくなって、血液中に糖分が増えてしまう。
・その原因となるのが、インスリンの働きを悪くする通称“阻害君”。
・脂肪細胞から阻害君がどっと出て、インスリンの働きを邪魔する。


・歯周病には、たくさんの細菌が関係しています。
・粒状に見える菌、通称“つぶ太”。
・また、スピロヘータも。これはヘビのような姿をしているので、“へびぞう”と名付けられた。
・さらに、ジンジバリスという細菌も。
・実は、ジンジバリスが増えると、歯周病特有のあの臭いが発生します。
・番組はこれを、“ジンの輔”と名付けた。


・つぶ太は、歯周病菌軍団の切り込み隊長。
・健康な歯に取りついて、歯垢を作ります。
・すると、歯ぐきが腫れて、歯周ポケットが広がる。

・その次に現れるのが、へびぞう と ジンの輔。
・歯周ポケットに入り込み、毒を吐きます。
・歯ぐきをボロボロにしながら突き進み、仲間を増やす。
・そしてついには、歯の土台となる骨まで溶かしてしまう。
・これでは、歯がグラグラです。

・それを阻止しようと頑張ってくれるのが、“免疫細胞”。
・へびぞう と ジンの輔 を、食べてくれます。
・しかし、歯周病菌は増え続けるので、キリがありません。
・そこで、免疫細胞は、仲間を呼びました。
・免疫細胞と歯周病菌の戦いは続き、激しい戦場となった歯ぐきは、炎症が広がってボロボロに。


・ここでポイントとなるのが、「助けを呼ぶ免疫細胞」のシーン。
・免疫細胞マクロファージ。体内に侵入した細菌やウイルスと戦う免疫細胞です。

・マクロファージは敵が多すぎると、仲間を呼びました。
・この時、マクロファージは、援軍要請の合図に、ある物質を放出します。
・それが、あの、阻害君だったのです。

・阻害君は、インスリンの働きを阻害するほかに、他の免疫細胞を集める作用があったんですね。

・マクロファージはそもそも、歯周病菌と戦うために、やって来た。
・そして、援軍が必要だから、阻害君を出します。
・そうすると、どんどん阻害君が増えていく。
・結果、阻害君により、インスリンの働きが悪くなります。
・これで、糖尿病は悪化する。
・また、糖尿病が悪化すると、抵抗力が落ちる。
・抵抗力が落ちると、歯周病が増えやすくなる。
・そして、歯周病菌が増えると、マクロファージは頑張ろうとする。
・すると、阻害君が増えて…

・このような悪循環が。

・そして、悪循環を解消するために、歯周病菌を治療で取り除くと。
・上述の男性は、歯周病治療で、この悪循環を断ち切ったんですね。




他の病気も


・(進行した)歯周病がある人は、健康な人に比べて、以下のようにリスクが増大します。
・心臓病が、2.8倍。
・脳梗塞が、2.9倍。


・歯周病菌は、血管が詰まる病気や血管が膨らむ病気などの部位や静脈から、見つかっているそう。
・これが心臓の中で起これば、冠動脈を詰まらせて、心不全や心筋梗塞に。
・頭でも、脳の血栓が増えるのを助長する可能性が。


・歯周病菌が血管に入り込むメカニズムは、諸説あります。
・そのひとつが、これ。
・歯ぐきに炎症が起きると、そこに新しい血管を作ろうとする。
・そこから、歯周病菌が入り込んでしまう。


・ジンの輔ことジンジバリスですが、以下のような性質が。
・好きな物が、鉄分。
・嫌いな物が、酸素。
・だから、血管の中に入りたがります。
・血管の中には鉄分があるから。
・また、酸素を嫌うので、酸素の少ない歯周ポケットの奥に潜ろうとする。

・でも実は、血液中にも、酸素はあります。
・そこでジンジバリスは、血小板に入り込んで、酸素に触れないようにする。
・また、その血小板が、血栓の材料になるんですね。

・血小板の中に潜んできたジンジバリスは、血流が悪くなったところに溜まって、毒素を出します。
・すると、赤血球や血小板が固まって、血栓になる。






歯のお手入れの、落とし穴


・厚生労働省の調べだと、98%の人が毎日歯を磨いているそう。
・でも、それならどうして、多くの人が歯周病になってしまうんだろう?

・歯周病予防の落とし穴は、3つあるといいます。


(1) 磨き方

  歯ブラシを大きく動かしすぎている。
  ゴシゴシ磨きだと、隙間に毛先が入らない。

  おすすめは、クシュクシュ磨き。
  細かい毛先の動きで、歯石を落とします。
  毛先の動きは、1mm~3mmにおさめるのが理想。
  鉛筆を持つように、2本から3本の指で軽く握る。

  また、電動歯ブラシも、そのまま当てるだけだと、
  歯と歯の間に毛先が入らない。
  なので、毛先の角のところを使って、隙間を磨く。


(2) 生活習慣

  喫煙は、歯周病を悪化させやすい。
  ニコチンなどの成分が血管を収縮させ、
  歯肉は酸素や栄養の不足になりやすい。
  酸素の嫌いなジンの輔は、大喜び。


(3) 歯に自信のある人

  虫歯の場合は自覚症状があって、早期発見が可能。
  でも、歯周病は自覚症状がないため、悪化しやすい。

  定期検診が鍵です。
  専門家に診てもらって、プラークを取り除いてもらいましょう。
  磨き方も、指導してくれるはずです。



・歯垢が固まりはじめるのが、4~8時間。
・歯石化すると、歯ブラシでは落とせなくなります。
・ぜひ、歯科医院へ。

・また、歯周病菌が一番増殖するのが、夜寝てから。
・夜寝る前には、丁寧に磨きましょう。






NHK ためしてガッテン 2011年 08月号 [雑誌]



歯周病が治る歯ブラシ法 大人のための歯ブラシ教室







半年に1回は、定期検診に行くようにしています。

そこでプラークを除去してもらうとともに、歯ぐきの状態をチェックしてもらう。

磨き残しが多い場所なんかを、指摘してくれますよ。

また、最初は、歯の磨き方も指導してくれます。

半年もたつと、ちゃんと磨いているつもりでも、どうしても歯垢がついたりするんですよね。

口の中は自分ではなかなか見えないので、専門家に診てもらうのが、いいようです。

その方が、結果的に、歯医者に行く回数が減る。





ここ10年で、これだけ変わった! 最新医学常識99 (祥伝社黄金文庫)





関連記事




tag : ためしてガッテン 糖尿病


<スポンサードリンク>



web拍手 by FC2

にほんブログ村 健康ブログへ

人気ブログランキングへ




FC2カウンター

 RSSリーダーで購読する

 メールで購読する



アーカイブ
 ためしてガッテンの
 アーカイブ 過去記事


 → 2011年 前半
 → 2011年 後半

 → 2012年 1月~3月
 → 2012年 4月~7月
 → 2012年 8月~12月

 → 2013年 1月~3月
 → 2013年 4月~6月

 → 食べ物・料理

 [全記事表示]

にほんブログ村 にほんブログ村へ

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

荒巻ケンコー

Author:荒巻ケンコー
カラダを労わるためのメモ帳。

栄養管理でメタボは脱出。
できるところから、他もメンテナンス。

最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【低栄養】 高齢者は 肉を食べよう 10食品群チェックシート/ガッテン May 25, 2017
【新ストレッチ法】 ゆらゆら コロコロ ぐ~るぐる/ゲンキの時間 May 21, 2017
【アルツハイマー病&認知症予防】 睡眠とマインド食/ガッテン May 20, 2017
【アルツハイマー病】 原因は アミロイドβの排出だった/ガッテン May 19, 2017
【納豆&ヨーグル】 効果的な食べ方 最強トッピングは?/ゲンキの時間 May 14, 2017
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
忍者

検索フォーム Google

記事内検索フォーム。
Google
注目記事
注目記事
忍者

注目記事
広告
食べ物の記事
健康の新常識
ダイエット 痩身
検索フォーム FC2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Flashゲーム&占いおみくじ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
にほんブログ村
ブログパーツ