「脂肪肝から、肝臓ガンに?/ためしてガッテン」

肝臓がある意外な原因で、肝炎や肝硬変、肝臓ガンにまで悪化してしまうことが分かったそうです。

それを見つけたのは、日本の研究者。

ウイルス感染でもなく、アルコールでもない、思いもよらなかった原因とは、果たして何なんでしょう?

ある栄養素が肝臓にたまることでガンができるというのですが、それは何?

そして、それとは別に、肝臓に悪いものがあるらしい。

しかも、肝臓によいと思って、それを飲んでいたりする。

その栄養素とは、何だろう?


6月29日放送の「ためしてガッテン」より、「肝臓の健康を守れSP」からのメモ書きです。





脂肪肝から肝臓ガンに?





脂肪肝から、肝臓ガンに?


・肝臓に ある栄養素がたまると、肝臓が燃えるようになる。
・これを、バーンアウトというそう。


・その前に、肝臓の働きとは何か?

 ・アルコールの分解。
 ・老廃物の処理。
 ・エネルギーをつくる。
 ・脂肪の保管。
 ・胆汁をつくる。
 ・ビタミンの合成。
 ・解毒など。


・ある男性に、肝臓ガンが発見されました。
・この時の身長体重は、身長165cmに体重62kg。
・特に大きな病気もなかった。

・そんな中、肝臓ガンの原因が調べられます。
・輸血などで感染する肝炎ウイルスでは、ないらしい。
・アルコールも飲まない。
・なかなか原因が、分かりません。

・この男性は27年前に、同じ病院で肝臓の検査をし、
 その時に採取した組織が、保管されていました。
・その組織から、肝臓ガンの原因が分かった。

・この男性は、脂肪肝だったのです。
・そして、お医者さんが言うには、
「脂肪肝も進行してくると、典型的な肝硬変になって、“ガン”が出てくる」と。




ミトコンドリアの異変


・肝臓の化学工場を稼働させるのに欠かせない存在なのが、“ミトコンドリア”。
・肝臓が行う分解や解毒などすべての処理に必要な、エネルギーを作っています。
・細胞に入ってきた糖を食べて、エネルギーに変えてくれる。

・でも、脂肪肝になると、事態は一変。
・細胞の中に脂肪が入り込み、脹れ上がります。
・この時、異常をきたしたミトコンドリアは、脂肪でエネルギーを作りはじめる。
・が、この後、さらに異変が。
・ミトコンドリアはどんどん大きくなって、もうフラフラ。
・“ジャイアントミトコンドリア”と呼ばれるものに。

・このジャイアントミトコンドリアが死ぬと、細胞自体が死んでしまいます。
・しかもこの時、肝臓が炎症を起こす。
・この状態が、肝炎。

・そこに、星細胞がやって来て、ある仕事を。
・死んだ細胞の跡地を埋めるために、繊維=コラーゲンを、吐き出すのです。
・この結果、肝臓は、繊維でガチガチに。
・これが、肝硬変の状態。

・しかし、さらに最悪のパターンも。
・ここから、肝臓ガンに進行することも、あるそう。




NASH


・脂肪肝から進行する肝臓病を、NASHと呼びます。
・Non Alcoholic Steato Hepatitis.
・非アルコール性脂肪肝炎。

・NASHの予備軍は、1000万人ともいわれます。
・過度にお酒を飲まない脂肪肝。
・そのうち約2割が、10年でNASHに進行するともいわれる。


・日本人の肝硬変や肝臓ガンの原因は、肝炎ウイルスやアルコールがほとんど。
・一方、NASHは肥満や糖尿病がベース。
・生活習慣病の人が増えているので、NASHも増える傾向に。


・NASHからの肝がんは、途中で脂肪が消えていく。
・最後は、バーンアウト、焼けただれた NASHに。
・ジャイアントミトコンドリアが脂肪を食べているため、脂肪が見当たりません。

・このため、以前は、原因不明の肝臓ガンとされていた。
・原因となる脂肪が消失してしまっていたから。
・進行するにつれ脂肪がなくなるので、NASHからの肝臓ガンと診断できない。


・生活習慣病が増えてきている傾向を考えると、NASHからの肝臓ガンは、これから増えるかもしれません。






肝臓の脂肪を減らす技


・では、肝臓の脂肪を減らすには、どうしたらいいんだろう?
・双子のお笑いコンビ“ダイタク”に協力してもらい、番組で実験してみました。
・8時間で何グラム脂肪が燃焼できるか、試します。

・まずは、ウォーキングから。
・190kcalほど消費しましたが、肝臓で燃焼したのは、ほとんど糖。
・食後血糖値が高いうちは、糖がエネルギーとして消費されます。

・2時間後、ふたりは別の部屋で、脂肪燃焼の競争を。
・ここで差が出ました。

・8時間起きていた弟のタクさんに対し、兄のダイさんは4時間後以降、眠っていました。
・この差が、どう出るか?

・起きていたタクさんは、はじめ糖を消費する割合が多く、それが時間とともに下がり、脂肪が燃える割合が多くなっている。
・脂肪の方がよく燃えるようになったのは、7時間後から。

・一方、眠っていたダイさんは、眠りはじめた4時間後以降、常に脂肪の方がよく燃えています。
・糖質の燃焼は、起きている時に比べて、かなり少ない。

・この実験データから計算すると、理論的には、週に3日夜更かしする人とそうでない人とでは、1年間で1kg 脂肪燃焼に差が出るのだそう。


・この差には、脳が関係していました。

・脳は、糖で作られたエネルギーを好みます。
・そして心臓は、脂肪で作られたエネルギーを好む。

・そこで肝臓は、脳が起きている間は、糖をエネルギーにする。
・その間、心臓は、血液中の脂肪を使う。

・逆に寝ると、脳はそれほどエネルギーが必要でなくなるので、肝臓は糖をエネルギーにすることを止める。
・その代りに、脂肪を使って、心臓のためのエネルギーを作るようになります。

・このような働きがあるので、寝ている間の方が、肝臓の脂肪が燃焼すると。


・寝ている間に肝臓は、溜まった脂肪を燃焼してくれていたんですね。
・なので、できるだけ十分な睡眠をとることは大事になる。




ウコンの落とし穴


・脂質の他に、肝臓に悪さをするものがあるらしい。
・実は、その栄養素を含んだものを、けっこう飲んでいる。
・しかも、肝臓にいいからと。

・それは、ウコン
・でも、ウコンの栄養素って、何だ?


・ある女性は、肝炎の進行を抑えようと、頑張っておられました。
・けれど、なかなか症状がよくなりません。

・その原因は、意外なところに。
・肝臓にいいからと毎日飲んでいたウコン茶。
・さらに、ウコンの錠剤まで飲んでいた。
・これが、影響を与えていました。

・ウコンの中に含まれているある栄養素が、肝機能を悪化させていたのです。
・毎日毎日摂取したのが、悪かった。

・ウコンを飲むのを止めた女性。
・肝機能を示す値は、みるみる改善したといいます。



・C型肝炎やNASHに影響を及ぼすのは、“鉄分

・健康な人は、鉄分を貯蔵しないと、貧血などを起こします。
・しかし、C型肝炎やNASHだと、過剰鉄の状態になる。

・鉄が過剰にたまると、肝臓にたまった鉄が酸化します。
・これが、炎症を引き起こすのです。


・市販されているウコンの鉄量を測ったデータがあります。
・数値は、1日の摂取量。

 粉末ウコンA:3.4mg
 錠剤ウコンB:2.7mg
 粉末ウコンB:1.2mg
 錠剤ウコンB:0.3mg
 顆粒ウコンA:0.006mg
 カプセル状ウコンA:0.008mg


・C型肝炎やNASHでは、肝臓に鉄分がたまるということで、鉄の摂取を制限するそう。
・6mg/日 以下に抑えます。
・が、食事の他に鉄を多く含むウコンを摂取すると、制限量を超える場合も。

・ウコン自体が悪影響を与えるというよりは、ウコンの中の鉄分が影響を与える。
・そして、市販されているウコンの鉄分は、上記のようにいろいろあるようです。

・番組によると、市販されている約150個のウコン関連商品を調べたところ、鉄分の量が記載されていたのは、13個しかなかったそう。


フェリチン値というものがあります。
・これは、血液中に貯蔵されている鉄の量。
・血液検査で測定することができます。

・上述の女性は、ウコンの摂取を止めたことでフェリチン値が下がり、肝機能を示すALTも下がった。
・改善されました。

・C型肝炎やNASHの患者さんは、一度フェリチン値の測定を。


・なお、健康な人や、フェリチン値に異常のない人は、ウコンを飲んでも問題ありません。
・逆に、鉄分が制限されている人は、ウコンの他にも鉄分が含まれる健康食品があるので、注意を。






NASH・NAFLDの診療ガイド 2010




NHK ためしてガッテン 2011年 08月号 [雑誌]








今週も、いろんなことを教えられました。

肝臓にいいとされているウコンも、C型肝炎やNASHの人には、悪影響になる可能性が。

でも、これは、それぞれの条件によります。

「鉄分が制限されている人が、(知らずに)鉄分を摂取しているのがまずい」

また、「慢性的に摂取するのが、まずい」

逆に、健康な人なら問題ないし、制限されている人でも、一度や二度なら、あまり問題なさそう。

知らずに毎日続けるのが、問題なんですね。


あと、ウコン自体が万人に悪い影響を与えるという訳ではないので、注意。

関係するのはウコン内の鉄分量だし、その鉄分量も、商品によっていろいろ。

ただ、表示されていないと確認できないので、制限されている人にとっては、困るかな。

あと、どんなものを摂取しているか、お医者さんに話すことも、大事なようです。


さらに、鉄分を制限する必要のない人が、鉄分の摂取を止めてしまうと、貧血などになる可能性もあるので、注意。

何事も、ほどほど、適正範囲に。

あと、健康診断の時など、お医者さんのアドバイスを聞きましょう。





肝臓病の食事 (NHKきょうの料理 生活習慣病の食事シリーズ)






関連記事




tag : ためしてガッテン 肝臓


<スポンサードリンク>



web拍手 by FC2

にほんブログ村 健康ブログへ

人気ブログランキングへ




FC2カウンター

 RSSリーダーで購読する

 メールで購読する



アーカイブ
 ためしてガッテンの
 アーカイブ 過去記事


 → 2011年 前半
 → 2011年 後半

 → 2012年 1月~3月
 → 2012年 4月~7月
 → 2012年 8月~12月

 → 2013年 1月~3月
 → 2013年 4月~6月

 → 食べ物・料理

 [全記事表示]

にほんブログ村 にほんブログ村へ

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

荒巻ケンコー

Author:荒巻ケンコー
カラダを労わるためのメモ帳。

栄養管理でメタボは脱出。
できるところから、他もメンテナンス。

最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【鳥取】 ラッキョウと薬味の健康効果 Jun 25, 2017
【すりおろしゴボウ】 作り方と保存法/ガッテン 3/3 Jun 22, 2017
【ごぼう】 甘くする方法と素揚げの作り方/ガッテン 2/3 Jun 22, 2017
【ゴボウ】 セルビア流 お茶の作り方/ガッテン 1/3 Jun 22, 2017
【ゴースト血管】簡単テスト&ルイボスティー効果/ゲンキの時間 Jun 18, 2017
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
忍者

検索フォーム Google

記事内検索フォーム。
Google
注目記事
注目記事
忍者

注目記事
広告
食べ物の記事
健康の新常識
ダイエット 痩身
検索フォーム FC2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Flashゲーム&占いおみくじ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
にほんブログ村
ブログパーツ