「夏の応急手当~誤飲に熱中症~/カラダのキモチ」

夏の事故、ピンチの時に、どうしよう?

熱中症に、子どもの誤飲、ハチにケガ、そんな時は、どう動けばいい?

夏の応急手当について、カラダのキモチが教えてくれました。



8月7日放送の「カラダのキモチ」より、「この知識で命を救え! もしもシュミレーション~夏の応急手当編~」からのメモ書きです。




夏の応急手当




誤飲したら?


子どもが「大変なモノ」を飲み込みました。
どう対処すればいいでしょう?

大変なモノは、以下の4つ。

・タバコ
・洗剤(アルカリ性)
・化粧品(香水・化粧水)
・ボタン電池




 ↓



<答え>

タバコは、吐かせる。

・水などを飲むと、毒素が染み出して、危険。
・無理せずに吐かせる。


洗剤は、牛乳を飲ませる。

・牛乳を飲むことで、胃に膜が張られる。
・それによって、体内への吸収を防ぐことが期待されます。


化粧品は、何もしない。

・化粧品には、エタノールが入っていることが多い。
・エタノールは毒素が強いため、何もせずに早く病院へ


ボタン電池も、なにもしない。

・ボタン電池には、腐食作用がある。
・胃酸と反応して、胃に穴を開けてしまう場合も。
何もせずに、すぐに病院へ





ハチに刺されやすいのは?


次の3人のうち、誰がハチに刺されやすいでしょう?

(A) 酔っ払っている、お父さん。
(B) 香水プンプンの、お母さん。
(C) シャツが汗だくの、子ども。



 ↓



正解は、(B) 香水プンプンの、お母さん。

・ハチは、甘い香りに引き寄せられる習性がある。
・なので、野山に行く時は、香りの強い香水や整髪料は、つけないほうがいい。


・ちなみに、お酒を飲んだ人や汗をかいた人によってくるのは、蚊。
・こちらは、呼気中の二酸化炭素に反応しています。



・ハチに刺された時は、針がちょっと出ている場合、軽くはらう。
・針を不用意につまむと、毒が広がってしまうことがあるから。
・つまんだ時に、針に残っている毒が注入されてしまう可能性があります。

・払ってもとれない場合は、5円玉などを患部に当て、
 刺された場所を盛り上げて、慎重に針を抜く。




クラゲに刺されたら?


クラゲに刺されてしまった時の、正しい対処法はどれ?

(A) 真水で洗う。
(B) 海水で洗う。
(C) 毒を吸い出す。




 ↓



正解は、(B) 海水で洗う。

・真水で洗うと、浸透圧の関係で、毒素が広がってしまうから。
・毒を吸い出すと、口の中の傷から毒が入ってしまう可能性があるので、これもやめる。




ガラスが刺さったら?


掃除中にガラスが割れて、腕に深く刺さってしまいました。
こんな時の対処法は?




 ↓



・ガラスは、抜かない。
・深く刺さっているのを抜くと、大量出血の恐れがある。

・腕を、心臓より上にあげる。
・心臓より患部を上にあげると、血が止まりやすくなります。

・119番するのも、お忘れなく。

・一番いいのは、ガラスを抜かずに固定して、その上から包帯を巻くこと。
・両サイドに丸めたガーゼを当て、さらにタオルで固定する。
・タオルで固定できない場合は、コップなどで代用するといい。





熱中症になったら?


屋外でスポーツ中に、熱中症で倒れてしまいました。
そんな時の対処法は?




 ↓



・意識があるか、問いかける。
・呼吸しているか、確かめる。
・119番する。

・日陰を作る。
・霧吹きで水を吹き付けたり、うちわであおぐ。
・それにより、気化熱で体温を下げます。

・意識がある場合には、スポーツドリンクなどを飲ませる。
・意識が無い場合は、誤嚥(ごえん)の可能性があるので、飲ませるのは危険。
・嘔吐の可能性もあるので、できれば顔を横に向け、気道を確保する。

・氷は直接当てると凍傷になる可能性があるので、氷のうやタオルを巻いて、使用する。





水難事故のガイドライン


・水難事故の救命処置が、2010年に改訂されました。
・ガイドラインの改訂点は、以下の通り。


溺れた人を見つけたら?

・なるべく自分は水の中に入らずに、救助するように心がける。
・ペットボトルを投げたり、枝などの長い棒をのばしたりする。


海難事故の緊急連絡先

・海での事故は119番ではなくて、118番
・海上保安庁の緊急通報用番号。



・溺れた人を水から上げたら、まずは意識と呼吸の確認をする。
・呼吸の確認は服をめくり、口と胸が上下しているか、見る。

・意識がなかった場合は、119番通報と、AED要請を。
・周囲に助けを求めましょう。

・そして重要なのが、胸部圧迫マッサージ。
・両乳首の中央に両手を置き、1分間に100回のリズムで、5cmほど胸が沈み込む強さで、行う。


・ガイドラインの変更により、人工呼吸が重要視されなくなったそう。
・(行う場合は、専用の器具を用いる)
・理由は、胸部圧迫マッサージを行うと、心臓の他に肺も圧迫するため、呼吸ができるようになるから。


・意識が回復したら、低体温症防止のため、タオルなどで保温しましょう。

・意識が戻っても安心せずに、病院に連れて行くこと。
・二次溺水(にじできすい)といって、肺に水が入ることによって、肺炎や肺水腫を合併し、呼吸困難に陥ることがあります。





最新図解 救命・応急手当の手引き







ドラマなんかでよく見る人工呼吸ですが、今ではそんなに重要視されてないんですね。

そういえば、最近は、ドラマでも胸部圧迫マッサージが多いかな。


最近は、携帯を持っている人がほとんどなので、すぐに通報するとともに、専門家の指示に従った方がいいのかもしれない。

でも、急に言われてもできないので、定期的に練習しておくのも、大事なのかな。

AEDの使用が分かれ目になったりするというし。


それと、昔の常識と今の常識が、違っていたりするようですね。

今は、すり傷なんかは、水で洗うだけで、消毒しないのだとか。

一度身についたことはなかなか変えられないので、チェックしないといけないかな?


 → 参考:「傷は消毒してはいけない?“ここまで変わった医療の常識”ビーバップ!ハイヒール」





 → 冬の対処法:「餅がノドに詰まったら? /カラダのキモチ 健康クイズSP」
 → 「カラダのキモチ 最終回と目次」






関連記事




tag : カラダのキモチ


<スポンサードリンク>



web拍手 by FC2

にほんブログ村 健康ブログへ

人気ブログランキングへ




FC2カウンター

 RSSリーダーで購読する

 メールで購読する



アーカイブ
 ためしてガッテンの
 アーカイブ 過去記事


 → 2011年 前半
 → 2011年 後半

 → 2012年 1月~3月
 → 2012年 4月~7月
 → 2012年 8月~12月

 → 2013年 1月~3月
 → 2013年 4月~6月

 → 食べ物・料理

 [全記事表示]

にほんブログ村 にほんブログ村へ

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

荒巻ケンコー

Author:荒巻ケンコー
カラダを労わるためのメモ帳。

栄養管理でメタボは脱出。
できるところから、他もメンテナンス。

最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【鳥取】 ラッキョウと薬味の健康効果 Jun 25, 2017
【すりおろしゴボウ】 作り方と保存法/ガッテン 3/3 Jun 22, 2017
【ごぼう】 甘くする方法と素揚げの作り方/ガッテン 2/3 Jun 22, 2017
【ゴボウ】 セルビア流 お茶の作り方/ガッテン 1/3 Jun 22, 2017
【ゴースト血管】簡単テスト&ルイボスティー効果/ゲンキの時間 Jun 18, 2017
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
忍者

検索フォーム Google

記事内検索フォーム。
Google
注目記事
注目記事
忍者

注目記事
広告
食べ物の記事
健康の新常識
ダイエット 痩身
検索フォーム FC2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Flashゲーム&占いおみくじ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
にほんブログ村
ブログパーツ